楽天 モバイル から 楽天 アン リミット へ 移行。 楽天モバイル(UN

キャリア、格安SIMから楽天UN

楽天 モバイル から 楽天 アン リミット へ 移行

楽天モバイルの、MVNOからMNOへの移行の案内。 2019年9月以前に申し込んだユーザーは、プランを楽天回線で使えることが明記されている Rakuten UN-LIMITは300万人を対象に1年間は無料とするが、2年目以降は月額2980円(税別、以下同)が掛かる。 楽天エリアは使い放題とはいえ、auのローミングエリアは月に2GBしか使えないため、楽天モバイルがエリア化していない地域のユーザーは2980円で2GBしか使えないことになる。 MVNOサービスのスーパーホーダイも、「プランS」は2GBで月額2980円(2年目以降)だが、2GBを超えても最大1Mbpsで使い放題なので、楽天エリア外のユーザーにとってはMVNOの方がお得といえる。 ただし4月8日のサービス開始時点では引き継ぎはできず、MVNOプランの移行開始時期は未定。 楽天回線と(ローミング先の)au回線でデータ容量をどうカウントするのか、au回線も1Mbps使い放題になるのか、といった点も未定。 詳細は2020年夏以降に案内するとしている。 楽天モバイルのMVNOサービスは2020年4月7日に新規受付を停止するが、サービスの終了時期は未定。 MVNOユーザーは、夏以降の案内を待ってから、移行を決めるといいだろう。 関連記事• 楽天モバイルのMVNOユーザーや、MNP契約のユーザーも、楽天モバイルのMNOサービスに先行申し込みが3月12日から可能になる。 多くのユーザーから要望があったという。 Rakuten UN-LIMITは、楽天エリア内ならデータ通信が使い放題となり、au回線では2GBまで利用できる。 4月8日のキャリア(MNO)サービス開始に伴い、楽天モバイルがMVNOサービスの新規申し込みの受け付けを終了する。 4月7日までに契約した分については、当面の間はそのまま利用できるが、最終的にはMNOサービスへの移行を迫られることになる。 4月8日に本格サービスを開始する「楽天モバイル」の料金プランが、ついにベールを脱いだ。 プランは「Rakuten UN-LIMIT」と銘打った1種類のみで、月額2980円で楽天エリアでデータ通信し放題、KDDIのローミングエリアは2GBまで利用できる。 スマートフォンは11機種が対応しているが、他の機種にも拡大していく。 楽天モバイルが、MVNOサービスの料金プラン「スーパーホーダイ」を2019年10月1日に改定。 これまで設けていた「最低利用期間」と「契約解除料」を撤廃する。 MNOサービスを始める10月1日以降も新規契約は継続して受け付ける。 楽天モバイルのMNO事業開始から3カ月を切ったタイミングでのDMM mobile買収は、業界に大きな衝撃を与えた。 楽天モバイルは買収の理由として「顧客基盤の強化」を挙げている。 MNOへの新規参入を控えたこの時期に、なぜあえて他のMVNOを買収したのか? 関連リンク•

次の

【楽天モバイル】アンリミットが遂に利用者登録からの契約が可能に!ただし名義変更要!

楽天 モバイル から 楽天 アン リミット へ 移行

先に準備しておくと申込みがとってもスムーズになるよ! 必要なモノは以下の4つです。 MNP予約番号(MNP時のみ)• 本人確認書類• クレジットカード• フリーメールアドレス ポイントのみをサラっと確認していきます。 一番手っ取り早いのは「電話」です。 以下の電話番号に電話をかけ「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝えれば、後はオペレーターが話を進めてくれます。 MNP(解約)に伴う説明• MNP転出手数料3,000円の説明• 違約金の説明(契約更新月以外の方)• 端末残金の一括か分割か(残金が残っている方)• 簡単なアンケート この流れに沿って進み、これら15分程度の後に「 MNP予約番号」と「 MNP予約番号の有効期限」を口頭で伝えられます。 以下画像のようにSMSでも受取れますが念の為に「SMSでも受取れますか?」と確認すれば完璧です! 本人確認書類ならどれか1点• 運転免許証、運転経歴証明書、個人番号カード マイナンバーカード 、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳 本人確認書類だと本人確認書類に加えて補助書類1点• 健康保険証+補助書類、日本国パスポート+補助書類、住民基本台帳カード+補助書類 僕は免許証を選択しました。 同じく運転免許証の方は表面と裏面を撮影しておきましょう。 また、楽天モバイルの毎月の支払い方法はクレジットカードの他に口座振替も可能です。 ただし、口座振替の場合は「 毎月手数料100円かかる」「 楽天ポイントを基本料金の支払いに当てることはできない」などがあります。 申込み日数も通常より数日多くかかるので、余程の理由がない限りはクレジットカードを選択した方がスムーズです。 また、「学校の連絡網」「ネットショッピングで登録」でもキャリアメールを使っている方は特に注意してくださいね。 Rakuten UN-LIMITの申込み手順 それでは事前準備も確認できたので、実際に「Rakuten UN-LIMIT」を申込んでいきましょう。 今後改善されれば楽天市場を経由しなくても直で申込むことができるようになるかもしれませんね。 この辺りはメンテナンスなどその時の状況で変わるかもしれません。 持込み端末を使う場合は「SIMカードのみ」を選択しましょう。 ) 今回はiPhone 11で使う予定だったので僕は「SIMカードのみ」を選択しました。 契約と同時に機種変更を考えている方は「端末セット」から入り、希望する機種を選択しましょう。 申込み内容を確認すると「割引」で基本料金が丸ごと割引きになっているのが確認できます。 そしてそのまま「次へ進む」をタップします。 アップロード可能サイズは5MB以下• 以上で楽天モバイル UN-LIMITの申込みは完了です。 申込み内容に不備などがなければ2~3日を目安に荷物が届きます。 eSIMを希望する方は途中で変更しよう! 物理SIMではなく、eSIMを希望する方は最後の「お申し込み内容の確認」の時に「eSIM」に変更させます。 「お申し込み内容の確認」の時に「変更」をタップ• 「SIMカードタイプ」の画面で「変更する」をタップ• 「nanoSIM」と「eSIM」が表示されるのでeSIMをタップ• 「お申し込み内容の確認」で「eSIM」に変更されます これで申込みからMNPまで全て完了だよ! 後は楽天モバイルのSIMカードを端末にセットしてアクティベートすればOKです。 今回僕はSIMフリー版のiPhone 11で設定をしました。 レビューもあるので合わせて参考にしてください。 即使えます。 利用開始になったら「Rakuten Link」もインストールしておこう! こちらは 楽天アンリミット開通後の話ですが、楽天アンリミットを開通させたらそのまま「Rakuten Linkアプリ」も一緒にインストールしておきましょう。 楽天ポイントがもらえる特典の条件にもなってるっスもんね 因みに、iPhoneでは「楽天リンク」の利用はできませんが、使い方や注意点もレビューしているので、申込み完了後は覗いてみてくださいね。 まとめ:Rakuten UN-LIMITの申込みは1つ1つ行えばとっても簡単だよ! Rakuten UN-LIMITは料金プランが1つしかないのでとてもシンプルです。 ただし、既存のスマホを持ち込みという形で楽天モバイルに申込む場合は【SIMのみ】となりますが、楽天モバイルでは基本「楽天モバイルで販売している端末」以外は全て動作保証外となっています。 SIMカードを入れ替えて使える端末も記載されていますが、必ずOSを最新バージョンにしてから行いましょう。 AQUOS zero SH-M10• AQUOS R2 compact SH-M09• AQUOS sense2 SH-M08• AQUOS sense plus SH-M07• AQUOS R compact SH-M06• AQUOS sense lite SH-M05• Reno 10x Zoom• AX7• R17 Pro• Find X• 僕も現時点では特に不自由なく使えてます。 一部、4月27日より「動作確認ページ」も開設され、今ではSIMフリー版のiPhoneやキャリア版も一部確認が取れてきています。 [ 追記:6月17日] ><.

次の

【朗報】楽天モバイルいきなりのプラン改善!スーパーホーダイからの移行がグッと近付いた

楽天 モバイル から 楽天 アン リミット へ 移行

移行に関する取説・ガイドは無し ヤマト運輸で届いた箱の中身は、購入したRakuten mini、専用ケース800円、ガラスフィルム800円の3点。 Amazonの梱包のように、ビニールのフィルムでガッツリ固定されて入ってます。 特に開通に関する説明書、スタートアップガイド的なものが入っていません。 楽天モバイルのサイトに行けばなんとかなるんだろうと思って、「my楽天モバイル」のサイトにログイン。 すると、出荷準備中の文字。 いやいや、発送されて届いていますので、なんて思いつつとりあえずRakuten miniの電源をいれました。 Android端末は久しぶりでしたが、Googleアカウントの設定ぐらいで済むのでそれほど面倒ではないですね。 設定が終わると、楽天モバイルから開通完了のメールが。 そこには、「eSIMのプロファイルのダウンロードを30日間以内に行え」との案内。 スタートガイドにある QRコードを読み込めとの指示があるのですが、スタートガイドなんてものはありません。 my楽天モバイルの申込み履歴にいってみると、準備中の文字。 そこをクリックすると、QRコードが現れました。 しかし、今度はRakuten mini でのQRコードの読み方がわからない。 カメラを立ち上げて見るも、iPhoneのようにQRコードを読み込んでくれるわけでもなし。 ネット検索して、楽天モバイルじゃないサイトで情報を得て、なんとかなりました。 やり方は、Rakuten miniで 「設定」>「ネットワークとインターネット」>「携帯電話会社」>「+携帯電話会社を追加」と進むと、QRコードを読み込めるようになります。 これで設定完了です。 完了した後も、my楽天モバイルは出荷準備中のままだったりしました。 (翌日には、直っていました。 ) 移行はWi-Fi環境とパソコンが無いとできない 開通の際は、Rakuten mini をWi-Fiに繋いで初期設定をするので、Wi-Fi環境が無いと設定はできませんね。 あと、QRコードを表示させて読み込むので、パソコンやタブレット、などが必要です。 そういった環境が無い方や、こういった設定が苦手な方は、楽天モバイルのショップに行って購入したほうがいいかもしれません。 Rakuten miniは、これから使ってみて、感想を書いていこうと思います。

次の