スプラ ランク ブキ。 【スプラトゥーン攻略】効率よくランクを上げる方法とお金を稼ぐ方法

【スプラ2】ランク上限と解放はどうなる?

スプラ ランク ブキ

【この記事は約10分で読めます】 「第5回スプラトゥーン甲子園」の地区予選大会まで2ヵ月を切り、大会に向けての活動が増えつつある「スプラトゥーン2」。 ガチルールとは違い、普段プレイすることの少ないであろう「ナワバリバトル」での大会ということで、「どのように戦えばいいかわからない」と考えるプレイヤーは多いはず。 そこで今回は、僕が主観で選んだ「ナワバリバトルのブキ評価ランキング」と、スプラトゥーン甲子園で勝つための練習方法や、当日意識しておくべきここだけの話をお届けしたいと思う。 スプラトゥーンをプレイする方や大会観戦する方に向けて、この記事を通じて役に立てれば幸いだ。 出典: Sランク ほぼすべてのチームで採用されることになる、いわゆるトップメタ。 対策は必須であり、このブキをどのように活かせるか、対策できるかでそのままチームの強さが決まると言える。 L3リールガン メインウェポンの性能、「カーリングボム」による機動力の高さ、「イカスフィア」の回転率の高さ、どれをとっても高水準な超高性能ブキ。 相手と対面する性能もさることながら、特筆すべきは塗り性能の高さ。 自分自身で塗りを広げることができるため、味方に塗り枠を必要とせず、2人がL3リールガンを採用するチーム編成も多い。 また、カーリングボムを活かした相手陣地に侵入する動きも強く、相手に倒されてしまう状況でもイカスフィアで生き残ることができるため、安定感と爆発力を兼ね備えたブキになっている。 あらゆる状況に強い反面、常に最善手を選び続けることで真価を発揮するため、使い手の技量が試される。 明日6月17日午前11時、新しいブキ「L3リールガン」が追加される。 1トリガーで3発の弾を連射するシューターだ。 独特な性能には慣れが必要だが、命中精度は高い。 サブは「ポイズンボール」、スペシャルは「メガホンレーザー」だ。 Sランクと同じく対策は必須。 また、他のチームと被ることが多いので、この枠のブキを使う場合は、他の使い手にはない強みが求められることが多い。 シャープマーカーネオ ナワバリバトルで猛威を振るい続けてきたシャープマーカーネオはAランクに。 高い塗り性能に、味方の戦闘をカバーできる「クイックボム」。 スペシャルウェポンの「キューバンボムピッチャー」は一気に塗りを広げることができ、味方のサポートにおいて優秀なブキでありながら、ときには試合を決定づけるエースの立ち位置にもなることができるブキだ。 しかし、L3リールガンの増加により一方的に倒されてしまうことが増えたり、チームの塗り枠としてライバルが増えてきてしまったため、個人的にはAランクの中でも下の方だと考えている。 シャープマーカーネオの評価については、ので、そちらを合わせて読んでほしい。 4月25日午前11時、新しいブキ「シャープマーカーネオ」が追加される。 メインの性能はシャープマーカーと同じで、シューターの中では比較的射程が短いが、サブの「クイックボム」とスペシャルの「キューバンボムピッチャー」を使いこなしてナワバリを支配しよう。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP N-ZAP89 トッププレイヤーの開拓により、評価を大きく上げたブキ。 高い塗り性能を持ちながら、機動力の高さを活かして自身も戦闘に参加できる点が強み。 特に撃ち歩きが速く、射程もそれなりに兼ね備えているのは、シャープマーカーネオにない強みと言えるだろう。 また、スペシャルウェポンの「マルチミサイル」は、クイックボムやキューバンボムピッチャーよりも素早く、かつ正確に味方の戦闘のカバーに入ることができ、イカスフィアでどんどん押し上げていく立ち回りととても相性が良い。 このブキのように、かつて評価が低かったブキが、プレイヤーの開拓により数を増やすというのは、対人戦ゲームならではの魅力だと思う。 明日12月9日午前11時、新しいブキ「N-ZAP89」が追加される。 N-ZAP85のボディがオレンジ色に変更されたモデルだ。 機動力のあるメインの性能を活かしながら、サブの「ロボットボム」で相手をけん制し、スペシャルの「マルチミサイル」で一網打尽にしよう。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP L3リールガンD L3リールガンをより攻めに特化させたブキ。 「クイックボム」も「ジェットパック」も、ニュートラルゲーム(試合中、状況有利/不利が存在しない時間。 均衡状態)から1キルをもぎとる性能がとても高く、チームの攻撃の要としての活躍が期待される。 L3リールガンと同時に採用されることも多く、L3リールガンDと思い戦闘を始めたら、実はL3リールガンの方でイカスフィアで倒されてしまう……なんてこともあるので、相手にする場合は注意しておこう。 明日1月6日午前11時、新しいブキ「L3リールガンD」が追加される。 L3リールガンの特徴的な性能は残しながら、さまざまな局面で使えるサブ「クイックボム」がセットされている。 スペシャルの「ジェットパック」による高所からの逆転も狙えるぞ。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP パブロ・ヒュー Sランクと迷ったが、使い手の少なさと難易度の高さからAランクに置いた。 理論値に関しては全ブキでもトップクラスの性能を持っており、大会でも優勝を目指すならほぼ確実に当たると予想されるので、事前に対策を練っておくことをオススメする。 機動力の高いフデ移動や瞬間的な塗り性能など、メインウェポンの性能がずば抜けて高く、「イカスフィア」を発動し続けることで、常に相手に圧力をかけることが可能になっている。 また、サブウェポンの「トラップ」は、スプラトゥーン甲子園のルールと相性が最高に良い。 ナワバリバトルは他のルールと違い、相手陣地に侵入することでアドバンテージを稼ぐことができるのだが、侵入ルートにトラップを仕掛けておくことで、気づかない間に相手が抜けてくることを阻止することができるからだ。 状況報告が難しいオフライン大会であっても、トラップのセンサーにより相手の位置を目視することができるため、確実に意思疎通を図ることができる。 「5、6人目の味方」として、チームの安定感を底上げしてくれることだろう。 明日11月11日午前11時、新しいブキ「パブロ・ヒュー」が追加される。 メインウェポンの性能は、素早い動きが特徴のパブロと同じだ。 戦場を駆け巡りながらサブの「トラップ」を設置し、スペシャルの「イカスフィア」で相手の注目を集め、守りを崩そう。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP スプラチャージャーコラボ/スプラスコープコラボ 後方から味方を支援する、いわゆる後衛枠。 その中で頭一つ抜けた性能を持っていると考えている。 チャージャー種でありながら高い塗り性能を持ち、必要な場面では「キューバンボムピッチャー」で瞬間的な爆発力も発揮できる。 1本先取の大会において、スペシャルウェポンの抱え落ちを狙うことのできる確定1発の攻撃はとても重要であり、対戦環境にいるブキの中では最も射程が長く、かつ1撃で相手を落とすことができるメインウェポンを持ちながら、ナワバリバトルで求められる基本的な性能が搭載されている……と言えば、その強みがわかるだろうか。 また、チャージャー種はイカスフィアへの被ダメージ補正が1. 3倍になるため、後衛枠の中でもイカスフィアに対して強いというのも長所の1つだ。 バケットスロッシャーデコ 第3回大会から使用され続けており、スプラトゥーン2において最も性能が高いブキの1つと言える。 攻撃力や射程、発生の速さなど高い性能を持つメインウェポンに、戦闘と塗りを同時並行することができる「スプリンクラー」。 高いメインウェポンを活かした攻めをサポートする「イカスフィア」など、安定感抜群なブキになっている。 ただ、今年はイカスフィアを高い回転率で使用することのできるL3リールガンやパブロ・ヒューが環境上位を占めているため、メインウェポンの練度がこれまで以上に求められるだろう。 明日12月15日午前11時、新しいブキ「バケットスロッシャーデコ」が追加される。 バケットスロッシャーにステッカーで装飾が施されたブキだ。 サブの「スプリンクラー」でナワバリを確保しつつ、スペシャルの「イカスフィア」で相手をひきつけて、チームの勝利につなげよう。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP スクリュースロッシャーベッチュー バケットスロッシャーデコと同じく、攻めのスロッシャーとして採用されることが多い。 「タンサンボム」は塗りを広げながら攻撃することができ、メインウェポンと合わせて、地形を無視した攻撃で攻めることができる。 バケットスロッシャーデコのプレイヤーが、ステージや相手の編成によって持ち替えるブキとして選ばれることが多いのではないだろうか。 ただ今年はイカスフィアが多く、機動力が心もとなく対抗策が少ないこのブキは、少し向かい風か。 Aランクの中でも下の方に位置するのではないかと考えている。 10月3日午前11時、新しいブキ「スクリュースロッシャーベッチュー」が追加される。 黒いボディが美しい別注品で、赤い洗濯バサミがよく似合う。 新登場のサブウェポン「タンサンボム」の連続爆発とメインを組み合わせ、ステージを自分のインクで洗浄してやろう。 スペシャルは「スーパーチャクチ」だ。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP オーバーフロッシャーデコ N-ZAP89のように、ユーザーの開拓によって評価が上がっているブキ。 シャープマーカーネオがイカスフィアに弱かったり、射程の短さに困る場面が多く、同じ「キューバンボムピッチャー」を持ちながら、弱点を克服した性能がオーバーフロッシャーデコにはあると思っている。 メインウェポンは全弾命中するとそのまま相手を倒すことができるため、ラッキーキルをとれることもあり、1本先取の大会では実力差を覆す要素になりかねない、という強みもあるのではないだろうか。 欠点は、機動力もなければ相手に囲まれてしまうと何もできずに倒されてしまうブキなので、一朝一夕で扱える代物ではないこと。 12月5日午前11時、新しいブキ「オーバーフロッシャーデコ」が追加される。 オーバーフロッシャーをステッカーでデコったブキだ。 飛び跳ねる泡での攻撃に加えて、サブの「スプリンクラー」、スペシャルの「キューバンボムピッチャー」で、広い範囲のナワバリ確保もバッチリだ。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP エクスプロッシャーカスタム 「スプラチャージャーコラボ」と並んで採用されることの多い、後衛枠の1つ。 前線の戦闘にカバーに入る性能に関しては、後衛枠の中でも抜けたものを持っており、今年はイカスフィアによる抜けが多いため、事前にイカスフィア持ちの位置を特定できる「ポイントセンサー」は優秀なサブウェポンと言えるだろう。 ただ、イカスフィアで抜けてきた相手を食い止めるのも後衛枠であるエクスプロッシャーカスタムになりやすいので、地力の高さはこれまで以上に求められるのではないだろうか。 12月5日午前11時、新しいブキ「エクスプロッシャーカスタム」が追加される。 エクスプロッシャーのメーカー純正カスタムモデルだ。 サブの「ポイントセンサー」で、地形裏へ攻撃できるメインウェポンの長所が活かせる。 詰め寄られると弱い点は、スペシャルの「イカスフィア」でカバーだ。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP スプラスピナー 「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」から採用されることが増えてきた、塗り枠の1つ。 やはりシャープマーカーネオに代わって採用されることが多く、N-ZAP89で説明した「マルチミサイル」を持ち、かつ「クイックボム」でのカバーの速さが強み。 射程もほどほどに長く、自身の対面性能も高いので、攻めっ気のある味方に合わせるなら、スプラスピナーが選ばれることも多くなるだろう。 明日9月5日午前11時、新しいブキ「スプラスピナー」が追加される。 射程は短いが素早くチャージできるスピナーだ。 扱いやすい分、制圧力には欠けるので、サブの「キューバンボム」とスペシャルの「スーパーショット」を組み合わせて戦おう。 メインウェポンの性能の高さが長所で、後衛枠の中では攻撃に振り切った性能をしている。 「ジャンプビーコン」で前線の復帰をサポートしながら、「アメフラシ」で味方に有利な状況を作り上げることができ、チームに居れば助かる存在になるだろう。 ただ、現状はスプラチャージャーコラボとエクスプロッシャーカスタムといった他の後衛枠が数を増やしているような印象を受ける。 塗り性能の低さ、サブ/スペシャルの爆発力の無さなどがその要因なのかもしれないし、ガチルールと違い、相手の対応をしなくても勝利条件を満たすことができるため、ナワバリバトルでの運用は少し難しいか。 12月5日午前11時、新しいブキ「クーゲルシュライバー・ヒュー」が追加される。 サブの「ジャンプビーコン」を、素早い動きでの奇襲に使うか、長射程を活かせる場所の維持に使うか、メインの性能と同じく作戦を切り替えながら戦おう。 スペシャルは「アメフラシ」だ。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP キャンピングシェルターカーモ メインウェポンのパージを活かして、前線で注目を集め、味方のカバーでキルを発生させるムーブが純粋に強力。 サブウェポンの「トラップ」はパブロ・ヒューの欄で挙げた理由と同じ強さを持ち、パージで集めた注目を活かして連続キルを狙うことのできる「ウルトラハンコ」は、大会シーンにおいて普段以上の強さを発揮するだろうと睨んでいる。 「コンブトラック」など、一部のステージではステージ構造と噛み合い、より性能を活かしきることができるため、採用される数以上の存在感を示すブキになるだろう。 これは「キャンピングシェルターカーモ」。 パージしたシェルターは盾にも囮にもなる。 うかつに近づいてくる相手には「トラップ」を仕掛け、虚を突いて「ウルトラハンコ」を叩きこめ。 攻めて来るカーモ?来ないカーモ? 心理戦を迫るクレバーな立ち回りで、相手を翻弄しよう。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP Bランク ここからは各ランク帯の意図を挙げさせてもらう。 Sランク、Aランクには劣るものの、チームの軸としての活躍がじゅうぶんに見込まれる。 他のチームとの差別化を生む要素になりやすいので、ランク以上に重要な役割が求められる、チームの色が出る部分と言えるだろう。 潜伏から強気にキルを狙うことができ、専用の対策を必要とさせる「スプラローラー」や、イカスフィアに対して強く、一部ステージではマルチミサイルを発動させるだけの奇妙な存在と化した「14式竹筒銃・甲」など。 これは「スプラローラー」。 近接戦が得意なブキで、ローラーを振ってインクを飛ばし、ローラーを転がして地面を塗ることもできる。 ジャンプ中のタテ振りが加わったことで、さらに戦術の幅が広がった。 サブは「カーリングボム」、スペシャルは「スーパーチャクチ」だ。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP 明日10月7日午前11時、新しいブキ「14式竹筒銃・甲」が追加される。 威力は低いが、チャージせずに撃っても射程距離が変わらない、非常に特殊なチャージャーだ。 100年前の戦いで使われたブキのレプリカモデルらしい。 サブは「カーリングボム」、スペシャルは「マルチミサイル」だ。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP Cランク 上位ランク帯のブキの役割と被りがちではあるが、ステージや編成によってはワンチャンスあるランク帯。 特定のステージでだけ採用するプレイヤーがいることもあり、開拓次第では上位ランクに後れを取らない性能を持つ。 弾の速度が速くなるアップデートにより、相手のスペシャルウェポンを抱え落とす性能が高い「ノーチラス47」や、瞬間的な火力がとても高く、NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2では敢闘賞のNorishio選手()が使用していた「カーボンローラーデコ」など。 「ノーチラス47」は、ゼンマイ仕掛けの新しいスピナーだ。 スピナータイプのブキとしては初めて、チャージキープを行うことができる。 渋みのあるブリキの質感、様々な機能と、ブキマニアの心をくすぐる逸品だ。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP 6月1日午前9時、新しいブキ「カーボンローラーデコ」が追加される。 素早い振りが特徴のカーボンローラーにステッカーでデコレーションを施したモデルだ。 サブの「クイックボム」でより機動力をイカしたバトルが行えるぞ。 スペシャルは初登場となる「ロボットボムピッチャー」だ。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP D/Eランク 上位ランク帯の下位互換になりがちで、基本的には採用されることは少ない。 だが使用するメリットもあり、対戦相手としての経験の少なさから、情報を掴まれてしまう前に倒してしまう、いわゆる初見殺しの強みを持っている。 1本先取の大会においてはじゅうぶんな強みと考えていいだろう。 今は環境の最上位に位置する「パブロ・ヒュー」も、かつてはこの枠に位置していたブキだった。 癖の強いブキが多いので、採用する際は弱点をカバーするための専用の編成を組む必要があるが、決して性能が高いわけではないブキで勝ちを目指し工夫するのも、対人戦ゲームの魅力のはず。 スプラトゥーン甲子園で勝つために必要な知識 スプラトゥーン甲子園は、他のユーザー主催大会と違う点が多い。 たとえばこれまでの記事でも再三述べているが、オフライン大会は流れや雰囲気が及ぼす影響が大きく、メンタル面での強さも求められる……など。 そこで今回は、スプラトゥーン甲子園で勝つために役立つ知識などをお届けしていこうと思う。 本番と普段のプレイ環境を合わせる スプラトゥーン甲子園は、読者の方が普段プレイする環境と違う点が多い。 1つずつ挙げていくと、以下のとおりになる。 座るのはドラム缶のような、背もたれのない椅子 普段、ゲーミングチェアなどに座ってプレイしている方は、バランスが取りづらく少しやりづらく感じるかもしれない。 深く座りすぎたりしないように、少しずつ練習しておくといいだろう。 知り合いのプレイヤーはスプラトゥーン甲子園に向けて、週刊誌を積み重ねて疑似的に椅子を作り上げていた(さすがに僕はそこまでしなかった)。 コントローラーはプロコンを有線接続 コントローラーはNintendo Switch Proコントローラーの有線接続で、振動はオンとなっている。 当日困惑しているプレイヤーがとても多いので、今の段階から知っておいてほしい。 有線接続の上、何らかの機材が取り付けられている影響で、コントローラーがとても重く感じてしまうのだ。 また、普段は振動オフでプレイしていたため、当日振動のせいで操作しづらく感じたという事案も聞いている。 こちらも今の段階から矯正することのできる部分。 今年はどうなるかわからないが、意識しておいて損はないだろう。 通話による報告ができない これも意外に気づきにくい部分。 当日は無線機器の使用が制限されているので、当然だが通話による報告などはできない。 その中で連携を取るための方法は2つあり、1つは「大きな声で直接報告をする」ことだが、これは正直オススメできない。 というのも、大会は超大盛り上がりの歓声の中で開催されている。 その中で声を出しても聞こえづらく、余計集中を乱してしまうことに繋がる。 僕がおすすめしたいのは、「普段から通話による報告をせず、ゲーム内の要素だけで意思疎通をとる」というもの。 スプラトゥーンでは、試合中に十字キーの上下を押すことで「カモン!」「ナイス!」「やられた!」のサインを送ることができる機能がある。 これを駆使して、「カモン=相手と戦闘しているからカバーに来てほしい」「ナイス=相手が自陣に抜けているから確認してほしい」など、事前に打ち合わせしておくことで、報告が無くても連携を取ることがじゅうぶんに可能になる。 是非とも試していただきたい。 大会期間中に個人的な対策がしやすい これもスプラトゥーン甲子園ならではの知識。 大会開催の2週間ほど前から、大会の当選チームが公式Twitterで公開されるのだが、当選したプレイヤーはTwitterで報告していることが多く、検索することである程度予測できる。 その中に、この記事の前半で挙げたブキ性能ランクのCランクやDランクに位置するブキの使い手がいた場合、対策をせずに挑んでしまうと情報の差で負けてしまうことに。 そうならないためにも、他にそのブキを使っているプレイヤーに練習に付き合ってもらったりと、個人に向けた対策を練り上げることが大事になる。 このような戦略は他の対戦ゲームでも行われているものであり、決して軽く見ることのできない要素だろう。 体調を整えておくことが大事 地区予選に向けて、住んでいる地域から遠征するプレイヤーも多いのがスプラトゥーン甲子園。 学生プレイヤーなどは夜行バスなど、肉体的な負担が大きい方法で遠征することもあるだろう。 スプラトゥーン甲子園は、丸々1日を使って開催される大会であるため、どうしても大会中に疲労がたまり、集中が乱れてしまうことも多い。 あらかじめトレーニングをしておいて、移動+当日の疲労を乗り切れるように体調を整えておくことも、大会に向けた練習の1つと言えるだろう。 これはかつて僕が経験したことであり、夜行バスで関東地区大会に遠征した際、寝不足と疲労でプレイに集中できなかったことがあったため、今後参加するプレイヤーは同じ目に遭わないことを祈る。 イカがだろうか。 今回は「スプラトゥーン2」における、ナワバリバトルのブキ評価ランキングと、スプラトゥーン甲子園に向けて役立つ知識を書かせていただいた。 来月はいよいよ第5回スプラトゥーン甲子園の近畿地区が開催されるということで、次回はナワバリバトルの知識や、ステージ攻略をお届けしたいと思う。 プレイヤーとしてもライターとしてもこれからのスプラトゥーン2の盛り上がりが非常に楽しみである。 少しでもその発展に携われるのであれば光栄に思う。

次の

ブキの強さランキング【スプラトゥーン考察 / Splatoon攻略】

スプラ ランク ブキ

New!! New!! 初心者ガイド• 最強武器ランキング• New!! Xランキング上位者使用武器• モード別攻略• スペシャルウェポン• 基本情報・旧情報• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の

【スプラトゥーン2】全ブキ一覧・解放ランクまとめ【攻略】

スプラ ランク ブキ

New!! New!! 初心者ガイド• 最強武器ランキング• New!! Xランキング上位者使用武器• モード別攻略• スペシャルウェポン• 基本情報・旧情報• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の