立川 映画。 立川の映画館情報

立川シネマシティは「極上爆音上映」が楽しめる映画館で、重低音と空間デザインまでがヤバ過ぎる!

立川 映画

映画産業で沸いた時代 映画の街・立川は生まれた 立川で最初に映画館を開いたのは並木吉蔵が大正14年に現在のシネマ通りに開いた、キネマ立川だと伝わる。 南口にも名画座 演芸館 といわれる映画館があり、ここは戦後、川手が引き継いだ。 テレビがまだ普及していない昭和30年代、各映画会社から生まれる銀幕のスターに人々は魅了され、日本の映画産業は大きな賑わいを見せた立川もまた同様に、映画会社が各社、映画館を開き現在も残る、名画座通り、大映通り、日活大通り、シネマ通りは、その名残を残すものだ。 写真提供:シネマシティ・立川印刷所 立川日活は現在の南口いなげやのところにあり、立川では一番大きな映画館だった。 石原裕次郎や小林旭など日活全盛期には、大きな劇場が1日中満員で、他社がオールスターの忠臣蔵をやっても、ゴジラをやっても、裕次郎1人に敵わなかったという。 同じく南口の、今の庄やの辺りにあった立川東宝は、比較的小さな映画館で、近くには東映南座があり、更に川野病院の近く人は錦座という2階席のある映画館や、立川大映などもあった。 地域の想い、地域の変革と共に歩んできた映画館 写真提供:シネマシティ・立川印刷所 北口の映画館は現在の鈴春ビルから高島屋にかけた辺りに、木造の映画館3軒並んでいた。 最初にできた立川セントラル劇場は、いなげやの創業者など地元の商店主や市民の人々が「北口にも、外国の映画が楽しめる映画館を」と資金を募り開いたもので昭和26年、シネマシティが借り営業をスタートした。 現在もその「大家と店子」の関係は続いている。 昭和30年、立川セントラル場の西側に川手は、立川中央劇場を建て、翌年には鈴春興業が立川松竹を建てた。 平成4年、北口の大規模な区画整理とファーレ立川の構想により、そのエリアにあった3つの映画館もビルへと移り変わり、東京では初のシネマコンプレックスとなる「シネマシティ」が誕生。 写真提供:シネマシティ・立川印刷所 平成16年、 究極の映画館を目指し、館内構造から音響、照明などに徹底的にこだわって設計された「シネマ・ツー」をオープンさせ、シネマシティはシネマ・ワンと改名した。 激変する映画業界 「映画を映画館で観る意味」を追求 ここ20年で映画館はシネマコンプレックス、通称シネコンと呼ばれる1館で複数のスクリーンを抱える業態にすっかり様変わりした。 シネコンとは映画を観るだけでなく、ショッピングや食事もひとつの場所で楽しめるようにしたことで、アメリカで成功した業態だ。 そうした意味では、シネマシティは実は正しい「シネコン」ではないのだが、同社はこれを逆手に取り、「シネマシティは立川という街とコンプレックスしている」と考えている。 大型書店、レコード店、コトブキヤなど、同じくサブカルチャーを支える企業が周囲に点在し、徒歩で回遊できる。 飲食店や百貨店も、立川の中心部は狭く、駅周辺にぎゅっと凝縮されているた「立川という街とコンプレックスできる」のだ。 映画だけでなく、周辺にも他に楽しいことがたくさんあることも、シネマシティに日本全国から映画ファンが集うきっかけとなっている。 しかし昨今、映画業界は激変を続けている。 かつては映画館でしか観られなかったものが、やがてテレビが放送するようになり、レンタルビデオ店が現われて好きな作品を自宅で観られるようになり、最近ではネット配信が本格的に始まって、格安の料金で、好きな時、好きな作品を、パソコンはもちろん、スマホでも観られるようになった。 このような状況の中、映画館はこれまでの単なる「再生装置」という機能だけではお客様を惹きつけられなくなってきている。 映画館は「映画を映画館で観る意味」を追求していなかなければいけなくなったのだ。 全国から足を運ぶ映画館へ 立川カルチャーをけん引する存在へ挑戦を続ける そのソリューションとしてシネマシティが考えたのは、「映画館の当たり前の機能を、もう一度すべての映画ファンの視点からリデザインする」ということだ。 手元のスマホで観られるのに、わざわざ映画館まで高い料金を払って足を運ぼうという映画が大好きな人、まずはこの人たちのための劇場にしようと考えた。 「作品本来が持つ音響や画質を高めること。 料金形態、Web予約システムや入場方法、売店の在り方。 宣伝告知のやり方。 これらの長く続いてきて慣習化していることも、果たしてそれが最適なのか、時代に即しているのか、映画館や配給会社の都合が優先されているのではないか、と見直していくと、このままではダメだと思うことが多く、それを少しずつ改革していっているのです」と同社スタッフは話す。 その結果、シネマシティには作品によって、日本全国各地から足を運ぶ客が増えてきた。 また、その評判を聞きつけた、これまで映画館にほとんど足を運んでこなかった人たちが「映画館で映画を観る面白さを知ってしまった」とこぼすほど、映画ファンに変わったという話も寄せられている。 「やがてそれらの課題を完全にクリアし、今よりなお映画ファンの心を掴み、新たな映画ファンを生み出すことが出来るようになれたら。 そしてこの方法論が他の全国の劇場に模倣されることによって、世界的に映画館離れが加速していく中、日本だけは映画館で映画を観る人の減少があからさまに緩やかである、という状況にしたいですね」。 シネマ・ツーの隣の敷地には現在、新しいホテルやホールなどの大型商業施設が進んでいる。 東京都の西側の交通のハブの中心にして、まだまだ発展の余地を大きく残している希有な存在である立川。 その発展のカルチャー部門をリーディングしていくため、今もシネマシティは、最初に掲げた課題を漸進的に解決する挑戦を続けている。

次の

TOHOシネマズ立川 2020年9月10日(木)開業!どのような映画館に?

立川 映画

自身が監督した映画『SF小町』にヒロインとして出演したことがきっかけで知り合って交際に発展した。 4年間交際した後に結婚した。 2020年3月12日号の『週刊文春』が酒井莉加と弟子の不倫関係を報じた。 同年3月5日、志らくは自身が司会を務める朝の情報番組「グッとラック!」の冒頭で釈明し、妻を信じており離婚することはないという旨の発言をした。 好きなタイプ 立川志らくは、女優の酒井莉加と結婚している。 酒井莉加はアイドルグループLink Link Linkのメンバーとして活動しており、その後は劇団に入り女優として活動している。 主に舞台を中心に活動しているため、テレビドラマでは顔を見る機会はなかなかない。 立川志らくと酒井莉加さんの交際のきっかけは、2002年に公開された立川志らくさんが監督を務めた映画『SF小町』に、酒井莉加が出演したことである。 2人は意気投合し、4年間同棲して、2006年に結婚に至った。 立川志らくの好きなタイプは、女優であろう。 性格 立川志らくは、偉そうや態度がでかいなどと色々な人に言われている。 「立川志らくはツイッターで偉そうなことばっかり呟いているなあ」「相撲愛のない奴が、分かった顔して、一般論を持ちだしては偉そうなコメントをするんじゃない」「評論家になってしまった落語家は、芸人としてはおしまいだな」「本人はコメントすると「偉そうに」と叩かれると言ってたけどそうではなくて「これが国民の意見」みたいに勘違いしてるからじゃないかな」などの意見が上がっている。 これに対して立川志らくは、「炎上しようが何しようが、視聴者にコメントが引っかからなければ、テレビに出ている意味がない、そう思ってるんです」と語っている。 趣味 立川志らくの趣味は、料理、ブルースハープなどである。 好きな食べものは、そば、スナック菓子などである。 特にそばは大好物である。 音感がよく、カラオケも比較的得意である。 戦前の歌謡曲に詳しい。 好きな映画は、「男はつらいよ」シリーズである。 好きな映画俳優は、チャップリン。 ネコを2匹飼っている。 自宅リビングの一角に落語用の高座がある。 アンテナショップが好きで、定期的に新しい店を開拓している。 カラオケボックスでブルースハープを練習する。 特技 立川志らくの特技は、料理、ブルースハープなどである。 また体力にも自信があり、テレビに出始める前は年間250席落語を行っており、テレビに出始めてからも舞台、執筆などの多忙なスケジュールの合間をぬって年間180席も落語を行っている。 2日に1回のペースである。 また批判されても臆さないメンタルの持ち主で、「よくなんで志らくの奴は偉そうなんだと言われるが、この世界に34年いて年齢も55歳、弟子は東京の落語界で最多の18人で、映画監督協会に所属し、演劇20本作った演出家でキネマ旬報の賞を4回受賞した評論家だから実際に偉いのです。 でもテレビのバラエティではりゅうちぇるが同期。 なるほど」と語っている。 デビュー前の経歴 立川志らくは、日本の落語家、映画評論家、映画監督、司会者などである。 1963年8月16日生まれ。 出身は東京都世田谷区である。 父親がギタリスト、母親が長唄という芸人の家庭で育ち、中学生の頃から落語と映画を好きになる。 落語については、小学校高学年の頃から父親が落語好きで家にあった落語の本とレコードで親しみ始めたという。 1985年10月、大学4年生の時、同サークルのOB高田文夫の紹介で7代目立川談志に入門し、前座名立川志らくを名乗る。 出身・家族・学歴 兄弟 弟 出生国 日本 出生地域 東京都 高校 日本大学第三高校 大学 日本大学 家族のエピソード・詳細 父親がギタリスト、母親が長唄という芸人である。 周囲からの評判 立川志らくは、映画監督としても知られているが、映画評論でも知られる快楽亭ブラックは、つまらない邦画のベストスリーに、志らく監督作品の「異常暮色」など3作品をランクインさせた。 映画監督の大林宣彦は、志らくの落語や舞台は好きだが、映画については「許せる」という表現をしている。 現在の日本映画界を嘆いており、小津安二郎や黒澤明が撮るような重厚な作品が日本映画界の中心にあるべきだと苦言を呈している。 一方で、黒澤明監督の作品を映画賞をもらってから観始めた北野武については、「菊次郎の夏」「Dolls」を傑作と認めている。 好きな食べ物 そば 公式サイト・SNS.

次の

立川の映画館情報

立川 映画

学生(大・専) 1,500円 1,300円 1,500円 1,300円 1,100円 学生証をご提示下さい。 中・高校生 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 生徒手帳をご提示下さい。 幼児(3才以上)・小学生 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 障がい者(学生以上) 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 同伴者1名様も同額。 手帳をご提示下さい。 障がい者(高校以下) 900円 900円 900円 900円 900円 同伴者1名様も同額。 手帳をご提示下さい。 夫婦50割引 2,200円 2,200円 2,200円 2,200円 適用なし 2019年3月31日をもって終了しました。 エムアイカード 1,600円 1,300円 1,600円 1,300円 適用なし 1枚につき1名様。 他割引との併用不可。 3Dメガネ(Real D)持参の場合は、100円引き。

次の