ポケカ シールド。 デッキシールド

【ポケカ】強化拡張パック「シールド」買取・販売価格(値段)レート相場一覧

ポケカ シールド

ポケカ「ソード」の注目レアカード ポケモンカードゲーム「ソード」の注目レアカードをレアリティ別でご紹介します。 レアリティは「UR」「HR」「SR」「RRR」の4つをご紹介。 ポケカ「ソード」のUR ポケカ「ソード」のURは全部で3種類あります。 URはグッズカードが多いです。 「ふつうのつりざお」と「ふうせん」がURで収録されています。 金色で装飾されていて、とても綺麗なカードです。 そして、今回はポケモンもURで収録されています。 ソードの伝説のポケモン「ザシアン」!! 金色でとても神々しいカードデザインですね。 ポケカ「ソード」のHR HRは全部で4種類あります。 ポケモンで2種類、サポートカードで2種類です。 今作初登場のVMAXカード2種類がHRで収録です。 「イシヘンジンVMAX」「ラプラスVMAX」 サポートカードの 「ビート」と 「博士の研究」もHRで収録されています。 HRのカードはどれも虹色で装飾されてとても綺麗な仕上がりになっています。 ポケカ「ソード」のSR レアリティがSRのカードは8種類収録されています。 ポケモンが6種類、サポートカードが2種類です。 ポケモンはすべて「V」カードになります。 「ザシアンV」「イシヘンジンV」「ラプラスV」「ウッウV」「ダダリンV」「ソーナンスV」 サポートカードのSRはHRと同様に「ビート」と「博士の研究」になります。 SRは虹色ではなく、色が塗られています。 ポケカ「ソード」のRRR 今作から、新しいレアリティの「RRR」が登場しています。 イシヘンジンのVMAXした姿と、ラプラスのVMAXした姿の2種類が収録されています。 ポケカ「シールド」の注目レアカード ポケモンカードゲーム「シールド」の注目レアカードをご紹介します。 「ソード」と同様のレアリティを挙げていきます。 ポケカ「シールド」のUR ポケカ「シールド」のURも「ソード」と同様に3種類収録されています。 グッズカードが2種類です。 「クイックボール」と「メタルソーサー」になります。 そしてポケモンが1種類、もちろん「シールド」のあのポケモン。 「ザマゼンタ」!! URは金色でやはり恰好良いですね。 ポケカ「シールド」のHR 「シールド」のHRも4種類収録されています。 ポケモンが2種類、サポートカードが2種類です。 ポケモンソードシールドから新登場した「モルペコ」、さらに「カビゴン」のVMAXカードです。 どちらも可愛いですね。 サポートカードでは「マリィ」と「エール団のしたっぱ」が収録されています。 個人的には「マリィ」がとても欲しいです。 ポケモン「シールド」のSR ポケモン「シールド」のSRもポケモン6種類、サポート2種類の8種類収録されています。 「ザマゼンタV」「モルペコV」「カビゴンV」「イエッサンV」「コータスV」「ヤミラミV」 すべて「V」カードです。 サポートカードはHRと同様「マリィ」と「エール団のしたっぱ」になります。 「マリィ」欲しい(2回目) ポケカ「シールド」のRRR 新レアリティRRRは2種類収録されています。 「モルペコVMAX」と「カビゴンVMAX」です。 カラーになって良い感じですね。 マリィ当たりました。 違うここじゃない! レアリティ「RR」はこれくらい出現した レアリティ「RR」は全部で5枚出ました! ザマゼンタとモルペコが出てるのが個人的に嬉しいです。 レアリティ「RRR」は出るのか? 2種類しかない「RRR」は1枚出てくれました。 しかも「モルペコ」です! 「モルペコ」はマリィの手持ちポケモンですよね。 RRでもRRRでも出ているということは、これは何かのフラグではないでしょうか!! レアリティ「SR」以上は何が出た? 一応、1BOXに「SR」以上は1枚確定で入っているそうです。 何が当たるかは分かりません。 多分「マリィ」でしょう。 うん、もう一度言います。 「マリィ」HRでしょう。 !? 「クイックボール」のURでした!! グッズのURカード!! 個人的に嬉しいんですが「マリィ」が良かったと思ってガッカリしていました。

次の

【ポケカ】拡張パック「シールド」収録カードリスト評価 通販最安値情報

ポケカ シールド

ザマゼンタV カード評価 7. 0点 ザシアンVのような派手さはなく、タッグチームGXやGXポケモンたちのダメージは防げないが、 強力なVMAXポケモンおよび特殊エネルギーが増えるごとに評価を上げていくポテンシャルを秘めているポケモン。 マリィ カード評価 9. 0点 ひとことでいうと「自分が得をし、相手が損をする状況を作ることができる」カード。 さらに「山札の下」に戻すため次のターンシロナなどのシャッフルするカードでも使われない限り戻したカードは引かれない。 先攻サポートが使えなくなるポケカVならではの強力すぎるカードデザイン。 モルペコV・モルペコVMAX モルペコV カード評価 7. 0点 エレキホイールはベンチに逃げることが出来るためピッピ人形などを壁にして150点を連打することが出来る。 ソード・シールド環境においてザシアンVとともに環境に一番乗りをあげたポケモン。 モルペコVMAX カード評価 7. 5点 新システムVMAX進化。 モルペコVより進化する。 サイドが3枚とられる代わりに圧倒的なHPとワザの威力を誇る。 HPが300もあるため確実に全体に40ダメージ刻んで、残りをコケコVで殲滅できるようになっている。 ワザ「ダイホウデン」そのものの威力も強力。 カビゴンV・カビゴンVMAX カビゴンV カード評価 7. 0点 驚異的な耐久を持つ「カビゴンVMAX」に進化することができる。 カビゴンVそのものもVポケモンのなかではHPがかなり高め。 進化前、進化後ともにに対応しており一気にサーチすることが可能。 カビゴンVMAX カード評価 8. 0点 込みでHP390という高いHPとベンチが揃ってれば安定して210打点が出せるのは魅力的。 エネルギーも無色で様々なポケモンと合わせやすい。 たとえばピカチュウ&ゼクロムGXのフルドライブやのアルティメットレイなどのエネ加速などにも対応している。 溶接工で2エネ加速することで炎エネルギーを手札からはるだけでいきなり攻撃が可能。 また、にも対応している。 欠点として無色ポケモンなので弱点をつくことができない。 しかし闘タイプには弱点をつかれるため注意。 カビゴンVMAXに限らず、無タイプはエネの色の指定がない代わりに弱点をつくことができないのがネックとなる。 イエッサンV カード評価 6. 0点 特性「こころくばり」でHPを回復させることがメインとなるポケモン。 イエッサンVを2体置くことで毎ターンHPを40回復できるなど、複数体並べることで油断ならない回復量を出すことができる。 ミステリートレジャーに対応しているのも評価点。 カビゴンVMAXのような高い耐久を持ったポケモンを回復させよう。 ヤミラミV カード評価 7. 0点 一見するとHPが低く使いにくいポケモンだが、ワザ「こうみゃくさがし」が唯一無二に近い性能を持つ。 ワザを使ってトラッシュからカードを回収できるカードは非常に貴重な存在。 ジュジュベ&ハチクマンやHANDアンノーンなどを使用したコントロールデッキで採用される可能性がある、上級者向けのカード。 また、アタッカーとしても極めて強力な性能のポケモン。 ジグザグマやタチフサグマといったダメカンをばらまけるポケモンと合わせればタッグチームすらワンパンできる。 コータスV カード評価 6. 0点 クイックボール カード評価 9. 0点 ポケモンカードでもっとも重要である「たねポケモン」をサーチすることができる超強力グッズ。 特にデデンネGXをサーチし、特性を発動できる点は強力。 それどころか、たねポケモン限定ではあるが臨機応変にサーチすることができるあらゆるデッキに採用されることが予想されるカード。 「シールド」収録 草ポケモン サッチムシ レドームシ イオルブ ヒメンカ カード評価 6. 0点 ワザ「なかまをよぶ」は無色エネルギーでたねポケモンを3枚も出すことができる。 などベンチで仕事をするポケモンやジラーチなどを呼ぶことができる。 進化後の「ワタシラガ」も強力。 草スターターの看板カード「セレビィV」はベンチにポケモンを並べる必要があるため、ヒメンカと相性が良い。 ワタシラガ カード評価 7. 0点 進化前のヒメンカでポケモンを展開したあと、さらにポケモンたちにエネルギーをつけることができる。 など、エネルギー要求が多いくさタイプのポケモンをサポートすることができる。 ただし1進化ポケモンにも関わらずHPが進化前たねポケモン並な点については注意。 似たような草ポケモンのエネ加速手段としてゴリランダーが存在する。 ゴリランダーは特性によりエネを加速させるためワザを使う必要がないが2進化ポケモンであり、手軽さと進化前の強さではヒメンカに軍配が上がる。 「シールド」収録 炎ポケモン コータスV ヒバニー ラビフット エースバーン カード評価 6. 0点 特性リベロにより炎エネルギーをトラッシュしても毎ターン190打点を出していくことが可能。 同じ炎タイプの2進化非GX・Vポケモンであるがライバルとなる。 たけるとうきリザードンと比較するとエースバーンはHPが高くエネルギーの用意がやりやすいが、のようにタッグチームを一撃で落とせるほどの火力がない。 安定感のエースバーン、爆発力のリザードンといったところか。 「シールド」収録 水ポケモン トサキント アズマオウ ハリーセン カムカメ カジリガメ ユキハミ カード評価 7. しかしモスノウが強力すぎるためかユキハミはHPが50と通常の進化前たねポケモンに比べるとかなり低め。 バトル場に出しておくのはできれば避けたい。 モスノウ カード評価 8. 0点 ソード・シールド発売時点では最強クラスのエネルギー加速カード。 手札から水エネルギーを何枚でも付けられるという一進化にしては破格の性能を誇り、モスノウの登場により水デッキはエネルギーに関してかなり楽になった。 ベンチにしか付けられないことと水ポケモンにしか付けられないことが欠点だが、ともにを使うことで解決できる。 「シールド」収録 雷ポケモン モルペコV カード評価 8. 0点 エレキホイールはベンチに逃げることが出来るためピッピ人形などを壁にして150点を連打することが出来る。 ソード・シールド環境においてザシアンVとともに環境に一番乗りをあげたポケモン。 モルペコVMAX カード評価 8. 0点 新システムVMAX進化。 モルペコVより進化する。 サイドが3枚とられる代わりに圧倒的なHPとワザの威力を誇る。 HPが300もあるため確実に全体に40ダメージ刻んで、残りをコケコVで殲滅できるようになっている。 ワザ「ダイホウデン」そのものの威力も強力。 進化前のモルペコVでも20ダメージを刻むことができるのでレシリザ等のタッグチームを倒しやすくなった。 雷ポケモンなためやに対応しているところが最大の強み。 チョンチー ランターン 「シールド」収録 超タイプ イエッサンV カード評価 7. 0点 特性「こころくばり」でHPを回復させることがメインとなるポケモン。 イエッサンVを2体置くことで毎ターンHPを40回復できるなど、複数体並べることで油断ならない回復量を出すことができる。 ミステリートレジャーに対応しているのも評価点。 カビゴンVMAXのような高い耐久を持ったポケモンを回復させよう。 ガラルポニータ ガラルギャロップ ムンナ ムシャーナ 「シールド」収録 闘タイプ エビワラー サワムラー サイホーン サイドン ドサイドン スナヘビ サダイジャ 「シールド」収録 悪タイプ ヤミラミV カード評価 7. 0点 一見するとHPが低く使いにくいポケモンだが、ワザ「こうみゃくさがし」が唯一無二に近い性能を持つ。 ワザを使ってトラッシュからカードを回収できるカードは非常に貴重な存在。 ジュジュベ&ハチクマンやHANDアンノーンなどを使用したコントロールデッキで採用される可能性がある、上級者向けのカード。 ガラルジグザグマ ガラルマッスグマ ガラルタチフサグマ カード評価 8. 0点 ワザ「ブロッキング」によりたねポケモンからのダメージを受けなくなる。 つまりタチフサグマを倒すためには進化ポケモンが必要であり、対抗手段を持っていないデッキ相手には無条件で勝つことができる。 三神ザシアンVなどたねポケモン偏重な環境において、進化ポケモンがまったくいないデッキに対して強い。 しかし進化ポケモンの「エースバーン」など進化ポケモンを中心としたデッキ相手には並以下の性能になってしまう点には注意。 スコルピ ドラピオン 「シールド」収録 鋼タイプ ザマゼンタV カード評価 7. 0点 超強力なポケモン「VMAX」。 VMAXポケモンはHPが非常に高くなる進化ポケモンだが、ザマゼンタVはそれらのポケモンのワザのダメージを一切受けない。 よってVMAXポケモンはザマゼンタV相手にはポケモンVのまま戦わざるを得ないようになる。 しかしザマゼンタVは Vたねポケモンでも最高クラスのHP230と弱点をつかない限り突破はかなり難しい。 まさに要塞のようなポケモンである。 ワザ「アサルトタックル」により相手の特殊エネルギーを潰しながら攻撃できる点も強力。 ザシアンVのような派手さはなく、タッグチームGXやGXポケモンたちのダメージは防げないが、 強力なVMAXポケモンおよび特殊エネルギーが増えるごとに評価を上げていくポテンシャルを秘めているポケモン。 クチート コマタナ キリキザン ゾウドウ ダイオウドウ ガラルマッギョ 「シールド」収録 無タイプ カビゴンV カビゴンVMAX ホーホー ヨルノズク ヤレユータン カード評価 8. 0点 マリィを使う前にカスタムキャッチャーをトップに置くことで揃えやすくなるなど汎用性が高い。 ウールー バイウールー 「シールド」収録 グッズ クイックボール メタルソーサー しあわせタマゴ カード評価 6. 0点 相手依存の受動的なカードでやや使いにくいカード。 しかし必要なときにカードが引けるとは限らないが、グッズにしてはドロー数はかなり多い。 「リセットスタンプ」に極端に弱いデッキでは非常に頼りになる存在となる。 また、面白い使い方では「リーリエのピッピ人形」に持たせるという使い方も可能。 げんきのハチマキ(シールド) オボンのみ(シールド) 「シールド」収録 サポートカード エール団のしたっぱ マリィ カード評価 9. 0点 ひとことでいうと「自分が得をし、相手が損をする状況を作ることができる」カード。 さらに「山札の下」に戻すため次のターンシロナなどのシャッフルするカードでも使われない限り戻したカードは引かれない。 先攻サポートが使えなくなるポケカVならではの強力すぎるカードデザイン。 オーロラエネルギー カード評価 9. 0点 スタンダードにおけるレインボーエネルギーの後継エネルギー。 ダメカン10乗せるデメリットが手札を1枚捨てる形に変わった。 ダメカン10だったレインボーエネルギーはHPが下がり、気絶しやすかったりシャドーボックスミミッキュの特性が発動したりする欠点があった。 オーロラエネルギーはその心配はいらなくなった点は大きい。 手札を1枚捨てる必要があるため手札の全てが重要なカードのため手貼りできないやそもそも手札がオーロラエネルギー1枚だけのときはつけることもできないといったレインボーエネルギーとは違う形での問題が生じるようになった。 しかしレインボーエネルギーの10ダメージではなく手札コストになったほうがマリィや博士の研究で手札を増やしやすいため実際のところ使い勝手は大幅に上がった。 の特性「おしながす」は水エネルギーを移動させることができるためオーロラエネルギーを移動させることも可能。 しかしでは移し替えることができないので注意(が移し替えることができるエネルギーは基本エネルギーのみ)。 強化拡張パック「シールド」を通販で購入.

次の

シールド戦とは

ポケカ シールド

自分の山札を上から3枚見て、その中から鋼エネルギーを好きなだけ選び、このポケモンにつける。 残りのカードは手札に加える。 ワザ 鋼鋼鋼 ブレイブキャリバー 230 次の自分の番、このポケモンはワザが使えない。 その後、このポケモンをベンチポケモンと入れ替える。 ワザ 水水水無 オーシャンループ 210 このポケモンについている水エネルギーを2個選び、手札にもどす。 自分の山札を2枚引く。 ワザ エネアシスト 40 自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける。 自分の山札から草エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモン1匹につける。 そして山札を切る。 自分の山札からトレーナーズを2枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。 そして山札を切る。 ワザ 水無 アクアバレット 120 相手のベンチポケモン1匹にも20ダメージ。 [ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。 ワザ 鋼鋼無 アサルトタックル 130 相手のバトルポケモンについている特殊エネルギーを1個選び、トラッシュする。 自分のバトルポケモンのHPを「20」回復する。 自分のバトルポケモンのHPを「20」回復する。 その後、自分は5枚、相手は4枚、山札を引く。 自分のトラッシュから炎エネルギーを2枚まで選び、このポケモンにつける。 ワザ 炎炎無 フレアストライカー 190 このポケモンについているエネルギーを2個選び、トラッシュする。 自分のトラッシュから炎エネルギーを2枚まで選び、このポケモンにつける。 ワザ 炎炎無 フレアストライカー 190 このポケモンについているエネルギーを2個選び、トラッシュする。 炎タイプ 2進化 HP170 弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ1 ポケカ ソードシールド発売の影響で高騰しそうなカードは? ポケカ ソードシールドの収録カードが公開されてから、すでにトレカ専門ショップなどではソードシールド収録カードとの相性がいいと思われるシングルカードの買取価格が高騰しています。 中でも「コレクションムーン」収録の「ベトベトン」の需要が高まっているようです。 今回は、今人気のポケモンカードを高く売りたい、アナタのためにポケモンカードの高価買取を行っているおすすめの買取店をご紹介させて頂きます! 買取コレクター 《ウリドキ編集部おすすめ店舗》 特徴• 細かいカードのデザインの違いなどをしっかりと査定• トレーディングカード専門の買取スタッフが常駐• 宅配買取の送料無料 同じカードでも柄などの細かい違いで査定額が大きく変動することが多いのがトレカ。 特にポケカではレアリティが複雑なためまとめて査定額が出されてしまうこともあります。 SRと同じ表記でもSRが2種類ことがあったりします。 ですがなら複雑なレアリティも1枚ずつ見て査定してくれます。 そんな査定が行えるのは、専門査定スタッフがいるからこそです。 しっかり査定してもらって、安心してカードを売りたいと考えるならば買取コレクターがおすすめ。 思ったよりも査定額がつかないという心配はなくなります。 買取コレクターでは宅配と出張の2つの方法で買取を行なっています。 いずれの場合も費用は無料で、万が一査定額に納得されない場合でもお店負担で返送してくれます。 カードの宅配買取の場合、送料はお客様負担としているところが多い中、送料無料でカード買取してもらえるのはありがたいですね。 キャンペーンはいつ終わるかわかりません。 売りたいと思ったらキャンペーンがやっている今が売り時です。 オルタージェネシスは、アルセウス&ディアルガ&パルキアGXなど人気なカードが多く出てることから買取価格が高いカードは早めに買取コレクターに査定に出しましょう。

次の