ディズニー吉田。 【カリフォルニア・ディズニー】攻略ガイド 2020

【公式】shopDisney(ショップディズニー)

ディズニー吉田

みなさんはディズニー大好き「吉田さんファミリー」をご存知でしょうか? 東京ディズニーリゾートに限らず世界中のディズニー・パークスや関連施設を訪れまくり、そのレポートが人気のトップブロガーさんです。 instagram. ということで、またしてもご本人に確認したら、またしても本当でした。 この点吉田よしかさんにお話をうかがうと、 「今回、トラベルスタンダードジャパン様より『アナハイムディズニーのハロウィンシーズンに、ディズニーファンの方が心から喜べるスペシャルイベントを企画しました!』とお話を伺い、ハロウィンシーズンをアナハイムディズニーを更に楽しんでいただけるよう、微力ながらツアーのお手伝いをさせていただくこととなりました。 現地でわからないことがありましたらご相談に乗りますので直接ご質問ください。 みなさまの旅がより素敵なものとなりますよう頑張ります!」 とのことで、うまい話は本当でした。 しかも現地では、吉田さんファミリーがツアコンに! わからないことは聞けばよく、贅沢なツアーです。 そして気になるツアー内容、カンタンに書くとこういう感じだそうです! ・豪華なコスチュームを着たディズニーキャラクター4人同時とグリーティングできる。 ・ハロウィーンナイトを楽しめるパーティチケット付き。 ・ワールドオブカラーの鑑賞席確保 ・2デーパークホッパーチケット ・朝食ブッフェ付き ・空港からホテル間の往復送迎 ・現地でインターネットができるようWi-Fiを一台無料で貸し出し ・日本語ガイド付き ・ホテル(クラリオン)アレンジ可能 ・航空会社(成田発 シンガポール航空 羽田発 デルタ航空)またはJAL、ANAのどれか。 ディズニーキャラクター4人が気になりますよね! でも4人ともストームトゥルパーだったら嫌ですねえ。 そんなことはないと思いますが、ともあれ公式サイトには「お問い合わせ殺到中!お急ぎください!」と書いてあるので、この記事がアップされた頃にはもう売切れ御免かもしれないですが、筆者個人としては当該ツアーの内容はともかく、吉田さんファミリーというガイドがいる点で、完全なる海外ディズニー初心者におすすめしてもいいかなと思います。 ビギナーはわからないことも多々出てくるもので、いい船頭がいればいい旅になるはず。 興味がある方は下記をどうぞ。 html?

次の

ディズニーランドであの吉田さんを見たことのある方いらっしゃいます...

ディズニー吉田

さん yoshidasan. disney がシェアした投稿 — 2018年 7月月6日午後12時47分PDT 本名:吉田よしかさん 家族構成:4人家族 夫:吉田護さん 娘:吉田未来さん、息子:実佑さん お住まい:横浜 今年35周年を迎える東京ディズニーリゾート。 お祝いモード全開ですがそんなディズニーリゾート、ディズニーランドが1983年4月15日にオープンしてからほぼ毎日通われていらっしゃいます。 2015年は1年間に320回も通ったそうです。 吉田さんは年間パスポート(両パーク共通ではなく単品パス)を所持されていて、パーク内に1日中いるということはなく、朝だけ遊ぶために、夕飯を食べるためにとほとんどの日をディズニーリゾートで過ごしています。 そのため、横浜からディズニーリゾートのある舞浜駅までの定期券を所有されているほどです。 吉田よしかさんの職業は? 1年間に300回以上もディズニーリゾートに通える人ってそうそうしませんよね。 職業を調べてみると、吉田よしかさんは専業主婦と記載されていますが、お子さまたちが小さい頃は専業主婦として子育てや家事とおうちでの仕事を頑張っていらっしゃたのでしょう。 しかし、吉田さんちのディズニー日記ブログのトップページを見る限りではお子様たちも成人されていらっしゃるように感じます。 今現在は子育てからも解放され時間に余裕ができ、ディズニーリゾートへ足を運ぶ回数も増えたのでしょう。 いわゆる、 職業はディズニーリゾートを愛するブロガーですよね。 ブログを開設して10周年ということなので、10年もブログを継続されていらっしゃる歴としたブロガーです。 よしかさんが好きなキャラクターは、ミッキーマウスだそうです。 吉田よしかさんの経歴• ブログ• 情報サイトの記事執筆• ディズニーグッズの監修• TV出演 TVチャンピョンのディズニー選手権、東京ディズニーリゾート知識王で優勝経験があります。 本の執筆 吉田よしかさんの職業は歴としたブロガーです。 アメーバブログをされていて登録者数や閲覧者数(PV数)が多いと書籍化などのお声がかかったり、グッズの監修を頼まれたりするそうです。 「継続は力なり」「好きこそものの上手なれ」とはまさにこのことですね。 また、吉田さんファミリーの吉田さんちのディズニー日記のブログは、 2017年にBest of the yearの一般部門で優秀賞を受賞されています。 ブログでは多くの写真を使い、パークの施設紹介や期間限定イベントからグッズ、レストランの限定メニューやお役立ち情報までととにかく幅広く、かつ丁寧に細かく書かれており、「ディズニー情報が役立つ」「毎日見ているだけで楽しい」などの支持が集まりました。 (受賞コメント) 2018年の今年で「吉田さんちのディズニー日記」開設10周年を迎えます!そんな記念すべき年に、BLOG of the year 2年連続受賞のご連絡をいただき家族一同感激しております!!投票してくださったみなさま本当にありがとうございました!これからもディズニーの世界の素晴らしさをみなさまと共有していけたらと思っております。 今後とも末永くよろしくお願いいたします! 引用: グノシーでのディズニー情報の執筆活動もされていらっしゃいます。 職業にライターを追記してもいいですね。 吉田さんちのディズニー日記ブログ 吉田護さんの職業は? さん yoshidasan. disney がシェアした投稿 — 2018年 5月月10日午後10時31分PDT 吉田さんちのディズニー日記ブログの執筆活動をされているもうひと方、ご主人の護さんです。 護さんは、1日20個以上のアトラクションを楽しむディズニーリゾートの名人です。 吉田護さんの職業は、社長ということだけは分かっていますがどのような職種の社長さんであるかは不明です。 しかし、奥様のよしかさんと同様、10年ブログを継続されていらっしゃるので 職業はブロガーです。 ブロガーをされていると、広告収入も入ってきているのかな?と思いますが、吉田さんちのディズニー日記ブログでは広告収入は得ていないようです。 しかし、ブログが書籍化もされているので印税は入ってきますね。 テレビ出演もされていらっしゃるので、テレビへの出演料なども収入としてあるでしょう。

次の

【カリフォルニア・ディズニー】攻略ガイド 2020

ディズニー吉田

新着レポート• 基礎知識• 場所・行き方• 所在地は、アメリカ合衆国 カリフォルニア州アナハイム()• 最寄り空港はロサンゼルス空港(LAX)で、成田空港または羽田空港から直行便で約10時間。 ロサンゼルス空港からディズニーランド周辺ホテルまでは車で50分ほど。 移動手段のクチコミ情報は「」にまとめています。 日本マイナス17時間。 サマータイム時はマイナス16時間。 日本と半日ずれているのでお昼過ぎるとかなり眠いです。 アトラクションやショーを満喫するには十分な時差ボケ対策が必要。 時差ボケ対策については「」にまとめています。 対応言語• 日本語は通じませんが、は用意されています。 公式サイト・アプリ• チケット購入• パークチケットの種類と価格は「」で確認できます。 2パークあるので2日以上のチケットがおすすめ。 2パークを自由に出入りしたければ「パークホッパーチケット」を選択しましょう。 ちょっとだけ価格が高いですがパークホッパーにしておいた方が安心です。 3日以上のパークホッパーチケットを購入すると「」と呼ばれるディズニーランドに一般開園より1時間早く入れる特典を1回分もらえます。 24時間営業など特別イベントがある日は入場制限になる可能性が高いので、1度パークに入園したら絶対にパークから出ないようにしましょう。 再入園スタンプがあっても問答無用でゲートを閉じる可能性があります。 エキストラ・マジック・アワー(優先入場特典)• エキストラ・マジック・アワー(Extra Magic Hours)とは、一般開園より1時間早く入園できる制度。 対象のパークは曜日によって切り替わるので「」で確認を。 対象者はディズニー直営ホテルの宿泊者のみ。 ルームキーを持参して入場ゲートで提示すればOK。 エキストラ・マジックアワーの時間帯はファストパスを発券できません。 ファストパスは一般開園後に発券できます。 ディズニーランド側にはマジック・モーニング(Magic Morning)という別の早朝入場制度があるので意外と混雑しているので注意が必要。 カリフォルニア・アドベンチャー側はディズニーホテル宿泊者限定です。 マジック・モーニング(早朝入場特典)• マジック・モーニング(Magic Morning)とは、一般開園時間より1時間早く入園できる制度。 基本的にはエキストラ・マジックアワーと同じシステムですが、対象者と対象日と対象パークが違います。 対象パークは「ディズニーランド」のみ。 対象日は「」で確認を。 対象者は「オンラインで3日以上のパークホッパーチケットを購入した人」など。 現地のチケットブースで購入すると対象外になるので要注意()。 特典はパークチケット裏面に印字されるので、そのままパークチケットで入園すればOK。 この特典は滞在中1回だけ使えます。 ディズニーホテル・周辺ホテル• が3軒あります。 ディズニー直営ホテルに泊まれば、一般開園より1時間早く入園できる特典「」があります。 混雑期はかなりメリットのある特典。 リゾート周辺には格安ホテルが多数あるので、ディズニーホテルにこだわらなければ相当安く滞在できるのがアナハイムの魅力です。 ホテル選びについては、以下の記事にまとめています。 旅行にかかる費用 3泊5日で個人手配をした場合の大まかな費用は以下の通り(1ドル=120円で計算) 10万円/人 2. 8万円/人 (1泊1室1. 3万円~) 3. 9万円 0. 3万円 1日1パークだとゆっくり楽しめないと思うので、時差ボケも考慮すると最低4泊6日は確保した方が安心です。 気候と服装• アナハイムは1年を通じて暖かくて乾燥していて過ごしやすい気候。 冬季にちょっと雨が降るだけでほとんど雨が降りません。 年間平均気温や降水量についてはを参照。 夏季でも朝や夜はかなり冷え込むので十分な防寒を用意しましょう。 6月中旬でも夕方からダウンが必要なぐらい寒いです。 ユニクロの小さく畳めるポータブル・ダウンが軽くて暖かくてオススメ。 レストランはテラス席が多いです。 寒い時に暖をとれる室内レストランを事前に確認しておきましょう。 「」などを参考に。 週間天気はなどを参照。 混雑対策• 年末年始、独立記念日、夏休み(6月上旬~8月中旬)、ハロウィーン、クリスマスなどの混雑期を避けると快適。 ただし、混雑期は花火やショーやグリーティングが毎日開催されるのでお得だったりもします。 通常シーズンは花火などのナイトショーを金・土・日しか実施しない場合があるので注意。 混雑予想カレンダーを活用すると具体的にどの日が混みそうか分かりやすいです。 やなどを参照。 混雑期に行く場合は、があるディズニー直営ホテルも検討の価値アリ。 ディズニーホテル以外の宿泊者は、エキストラ・マジックアワーが設定されているパークを避けて開園待ちしましょう。 エキストラ・マジックアワーが設定されているパークに一般開園時間に入園しても人気アトラクションには既に列ができてしまっています。 開園45分前を目安にエントランスに向かいましょう。 開園時間の直前に行くとセキュリティチェックに長蛇の列ができていて、かなり出遅れます。 通常、開園時間の30分前にエントランスがオープンして入場手続きが開始されます。 エキストラ・マジックアワーやマジック・モーニングだからと言って入園開始10分前にエントランスに到着すると驚くほどの混雑に巻き込まれます。 入場開始30分前にはエントランスに到着する気持ちが大事です。 必ず公式アプリ「Disneyland App」をインストールしておきましょう。 iPhone、Android対応。 アトラクション待ち時間をリアルタイムに確認できる便利アプリ。 インストール方法は「」にまとめています。 アプリでファストパスを予約できる「マックスパス(MaxPass)」を活用しましょう。 詳しくは「」にまとめています。 ファストパスを活用しましょう。 詳しくは「」の項目を参照。 ファストパス• 詳細は「」にまとめています。 開園時間・ショースケジュール• 開園時間は「」でチェックできます。 日付をクリックすればショースケジュールや休止アトラクション(Closed for Refurbishment)も確認できます。 アトラクション休止情報をまとめて確認したい場合は「」などを参考に。 混雑期以外は、花火などのナイトショーが金・土・日のみの開催だったりするので、旅行日を決めるときは金・土・日を含めて予約すると安心です。 どんなキャラクターグリーティングが実施されているかは「」を参照。 年間イベント• 年間イベントのスケジュールはで確認できます。 年間イベントの詳しい様子は「」と「」にまとめています。 パークMAP• 日本語ガイドマップはゲストリレーションやシティホールなどでもらえます。 タイムガイドは英語版しか用意されていません。 キャラクター・ダイニング• 「」にまとめています。 ダッフィー&フレンズ• ダッフィーのグリーティング施設はにありましたが人気低迷により廃止されました。 当時の様子は「」を参照。 近年、ダッフィーグッズの取り扱いも大幅に減っています。 支払い・クレジットカード• ディズニーリゾート内ではワゴンも含めてほとんどの場所でクレジットカードが使えます。 現金いらず。 パーク内やホテル内にATMがあるので、必要に応じて海外キャッシングを利用すれば両替所に行かなくても現金を確保できます。 チップの目安• サービス料込の伝票なら払う必要なし。 ホテルのハウスキーパー:ベッド1台につき1~2ドル• ホテルのベルボーイ:荷物1個につき1~2ドル• 手荷物ロッカー• 「」に料金や使い方をまとめています。 無料Wi-Fi• 2017年5月末、パーク内の一部エリアに無料Wi-Fiが導入されました。 詳しくは「」を参照。 ディズニーホテルはロビーも客室も無料Wi-Fiを完備。 電源コンセント• コンセントは日本と同じAタイプ• 電圧が日本より高いので要注意。 120Vに対応した製品なら、そのまま使える。 未対応なら変圧器を購入して持っていく必要あり。 製品の電圧の確認方法はを参照。 飲料水• ミネラルウォーターを購入するのが無難です。 パーク内で買うと1本3ドルしますが、近くのセブンイレブンで買うと1本1ドルほど。 旅券パスポートの残存期間• 帰国時まで有効なもの。 入国時90日以上が望ましい。 90日以内の観光は査証不要。 ただし、の登録が必要。 の条件を満たしていること。 最新情報はで必ず確認を。 治安・注意点• ディズニーランド周辺は夜でも安心して歩ける雰囲気です。 閉園直後は人通りも多いので周辺ホテルでも安心。 とは言うものの、夜間外出や置き引きには十分に気を付けましょう。 部屋に帰ったら必ず防犯チェーンをかけておき、ノックされても不用意にドアを開けないように心がけましょう。 ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにも行きたい場合• は、1964年にオープンしたユニバーサル・スタジオの本家です。 映画撮影スタジオから発展した歴史あるパークで、実際に映画撮影で使われたセットを見学できる「」はここでしか体験できません。 ディズニーランド・リゾートからは「」で約2時間(約110ドル)です。 ロサンゼルスの中心部を通過することになるため、週末や夕方以降は大渋滞に巻き込まれやすいです。 おすすめアトラクションやグッズ、周辺ホテル、チケット情報などは以下のページにまとめています。 新規オープン予定 「」にまとめています。 ブログ記事•

次の