ドコモテレビターミナル 有線接続。 ドコモテレビターミナル02

ドコモ光の光テレビオプションは2種類!費用やサービス内容を比較

ドコモテレビターミナル 有線接続

ドコモテレビターミナルを2018年3月に購入し、すぐに気づいた重要な問題点と対策を掲載する。 一言でいうと、 ドコモテレビターミナルは熱に弱い。 そして 2時間以上連続で使用 特に録画中 すると、 熱暴走がほぼ毎回起きる。 私は本体を購入2日目にしてと判断し、すぐにで交換 8日以内の為修理ではなく交換できた してもらったが、症状は全く変わらなかったのである。 今更返品できないので何とか克服しようと思い悪戦苦闘した。 そして購入2か月位で完全に克服できた。 マニュアル通りの設置方法で 2時間以上連続で動画視聴すると、 本体の底面中央・後部あたりが集中的に発熱しだし、決まって以下の症状が出る。 1、動画が揺れだし非常に観づらくなる。 2、 for の強制終了 何らかのエラーコードが頻発 3、のみ視聴不可 4、ネットワークエラー多発で全てのコンテンツが視聴不可になり、特に 無線接続の場合、本体のステータスランプが 赤点滅繰り返す。 対象となる本体表面は思ったほど熱くはならない。 一般的な設置方法 底面を台に設置 だと本体底面の温度変化は気づかないので、 【熱暴走など起きていない】と勘違いしているユーザーが非常に多いと思われるが、 表面温度が40度を超える程度でもこの機器においては 【熱暴走】しているようだ。 このため、本体を一時スチール棚に直置きし、本体の底面が直接スチール棚の鉄の部分に触れるよう設置したら、極端に症状が抑えられた。 スチール棚の鉄に熱が伝導されて本体の温度が下がるのも確認できた。 これで本体底面の発熱が発生することが症状発生の原因であることが分かったので、より確実な以下の対策に着手した。 以下は、【マニュアル】に存在しない方法なので、残念ながらドコモに相談してもこのような変則的なことは案内されない。 以下はどこかに掲載していた内容ではなく、私自身が独自に考案した方法である。 まさに発熱部分に【】を専用の熱伝導シールで貼り付ける。 そして反対面は以下。 この本来の上面は下面にして設置するので、本体の熱がこもらないよう、4つ角に高さ10ミリくらいのゴムの足をつける これは両面テープで貼り付け可 そして【】のロゴ付近に 【M. これで貼り付け終わったら、 本来の底面を上、上面を下にひっくり返して以下のように設置。 この状態で24時間電源入れっぱなしで動画再生テストをしばらくおこなってみたが、全く熱暴走はなく安定した動作が確認できた。 ダブル録画も問題なし。 利用環境によって発熱の状況が異なるが、 負荷のかかっている時ほどにどんどん熱が吸い上げられるのがわかる。 発熱部分が気づきにくい底面の中央・後部であるために、ドコモ側でこのような対策を提示することがないのかもしれない。 特に 後部付近にたくさんが取り付けてあるが、これは平らな面が少なく、設置時に浮かないようにしたことと、できるだけ多くの面積に取り付ける為。 2019年8月中旬以降に更に増設したのだが、これによって負荷が大きくかかる【シングルチャネル録画・ダブル録画】時、更に裏番組視聴したり、録画中の番組の追っかけ再生等を行った時に 【緑のフラッシュのような画面のちらつき】 【音声だけ進んで動画が止まったりする】 等の症状をかなり軽減できた。 この方法なら設置する台の素材を選ばないので、万人向けの改善方法になる。 総費用で3000円程度であるが、確実な方法でありこれ以外に解決するのは困難である。 ドコモテレビターミナルを購入した全てのユーザーが実施すべき方法である。 効果は絶大であり、熱暴走が原因の動作不安定は9割以上改善する。 写真を見ても分かる通り、【ケーブル3本】しか接続していない。 つまり、最も本体に負担のかかる 【接続を24時間利用】 でも大丈夫、ということである。 但し接続は、条件が限定されるので、前回の投稿を必ず参照すること! 無線で【 for 】を快適に利用するのは、 【無線ルータの正しい選択と、正しい設定】 【熱暴走対策】 になる。 sptk000106.

次の

ドコモテレビターミナル02の特徴・評判・設定方法|ドコモで購入かレンタルが選べる

ドコモテレビターミナル 有線接続

POINT• 「4K画質」に対応• ドコモ系のdTV、dTVアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomoが利用可能• Android TV搭載により、YouTubeなどのアプリが使用できる• 便利に使える「録画機能」• 「Google Cast機能」でスマホの画面をテレビで見れる• 音声検索可能で、テレビも操作できる多機能リモコン• 家族それぞれの「マルチアカウント」対応• 有線と無線LANが使用可能 1.「4K画質」に対応 ドコモテレビターミナルは、「 4K HDR対応」ですので高画質な4Kを視聴することが可能です。 また、「DOLBY VISOIN」「DOLBY AUDIO」に対応しており、高品質な映像と音を楽しむことができます。 2.ドコモ系のVODが利用可能 ドコモ系の動画配信サービスの専門端末といえるものなので、もちろん「 dTV、dTVアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomo、ひかりTV for docomo」を利用できます。 そして、Android TV搭載なのでYouTubeが見れたり、Google Playからお好みのアプリをダウンロードすることができます。 また、お買い上げ時には、「Google Playストア」「Google Play Music」「Google Playゲーム」「Google Playムービー&TV」のアプリがそろってます。 3.便利に使える「録画機能」 STBに珍しい機能として「 録画機能」があります。 外付けのHDDを接続することで、 同時2番組を録画することができます。 専用アプリを使うことで、家の別室や外出先から、スマートフォン等でドコモテレビターミナルを操作して録画予約をしたり、外出先で映像コンテンツを視聴することが可能となります。 しかし、録画は「ひかりTV for docomo」に加入している人だけが使えるもの。 加入してない人が、普通のレコーダーのように使えるわけじゃないようですね。 ちなみに、録画できるものは「ひかりTV for docomoの専門チャンネル、地上・BSデジタル放送」となってます(ただし、一部録画できない番組があり。 また、dTVなどの個別の動画配信サービスの録画は無理)。 4.「Google Cast機能」でスマホの画面をテレビで見れる Google Cast機能があるので、スマホやタブレット(Android)の映像をテレビに映すことも可能。 通常はキャストするのにChromecastの機器が必要ですが、Chromecastがなくても利用できます。 ちなみに、こちらの機能を使うにはスマホやタブレットがGoogle Cast機能に対応している必要があり。 5.音声検索可能で、テレビも操作できる多機能リモコン リモコンは、テレビも操作できるので便利に使えます。 また、専用のボタンがあり、ひかりTV for docomoを表示する「専門chキー」、Google検索画面を表示する「Googleキー」、ドコモ、各アプリからのお知らせを表示する「お知らせキー」、録画に関する「録画リストキー」などがあります。 さらに、最近流行りの内蔵マイクが搭載されており「 音声検索」も可能です。 6.家族それぞれの「マルチアカウント」 マルチアカウントに対応。 家族のそれぞれがアカウントを登録でき、アカウントごとにドコモ契約のアプリを視聴できます。 7.有線と無線LAN、Bluetoothが使える 有線LANと無線LANが使用可能できます。 また、Bluetooth機能もあり。 そして、前面にUSB端子(USB2. 0)にはマウスやキーボードをつけて使用でき、後面にUSB端子(USB3. 0)にはハードディスクなどを使用できます。 5mm 重量 209g OS Android TV 7. 0 プロセッサ Quad Core 1. 6GHz メモリ 3GB ストレージ 16GB Wi-Fi 802. 2 インターフェース HDMI2. 0、1000Base-TX、USB2. 0、USB3. 0 最大出力 2160p(4K画質) オーディオ Dolby Audio 必要なもの HDMI端子対応テレビ(また4Kを視聴するなら4K対応テレビ)、Wi-Fiネットワークまたはイーサネット、電源用コンセント 同梱内容 ドコモターミナル本体、ドコモテレビターミナル専用リモコン、ACアダプタ、クイックスタートガイド、HDMIケーブル、LANケーブル、リモコン用電池 対応している動画配信サービス(VOD)アプリ 基本的に対応している動画配信サービスは、以下のドコモ系のサービスとなっております。 Hulu• Paravi(パラビ)• music. ビデオマーケット• バンダイチャンネル• AbemaTV• GAYO!• 他の加入してないサービスは、誰でもみれる無料動画を視聴してみましたが普通に動作しました。 主な動画配信サービスがけっこう利用できるので、それほど困らないと思います(検索すると他にも動画配信サービスはあるかも)。 ただし、定番どころである「 Amazonプライム・ビデオ」と「 Netflix」は確認できませんでした。 検索してもアプリが見当たらない。 こちらを利用したい人は、Fire TVがオススメですかね。 ドコモテレビターミナルのデメリット ドコモテレビターミナルには悪い点もあります。 POINT• ドコモ系の動画配信サービスを利用している人• 4Kの高画質作品がみたい人• 録画機能で便利に使いたい人 ドコモ系の動画配信サービスの「dTV、dアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomo」を利用している方におすすめしたいです。 ドコモ専用端末なので、これらのサービスを利用するには性能や操作面で使いやすい端末。 特に「ひかりTV for docomo」を利用する方には、専用端末となります。 また、「4K」の動画にも対応しているので、4Kの高画質で視聴したい方にもオススメ。 動画配信サービスによっては、まだ4Kに対応してませんが、「dTV」では4Kに対応した作品もあります。 2番組同時録画でき、外出先からも録画したものの視聴や操作ができます。 他のSTBにはないので、大きなウリ。 「ひかりTV for docomo」を契約している人には便利に使えて、より動画ライフを楽しめますね。 ドコモテレビターミナルはどこで購入できるのか?安く購入するには? ドコモテレビターミナルは、ドコモ公式ページで購入できます。 購入時に少しdポイントがつき、またある条件によっては大きなポイントがつくみたいですね(人によってはハードルが高いですが)。 また、一部の家電量販店のネット通販でも販売されています。

次の

録画方法

ドコモテレビターミナル 有線接続

先日『ひかりTV for docomo』を契約してドコモテレビターミナルを購入しました。 しかし、コイツが曲者でこんなにネットワーク機器の接続に苦労したことはないというほど、頭を悩ませましたので備忘録として情報を共有しておきます。 最初は何も考えずにひかりTV視聴用のドコモテレビターミナルをWiFiルーターに有線で接続してみましたが、ブロックノイズだらけでまともに見ることが出来ませんでした。 今までなんの問題もなくGMOとくとくBBのレンタルルーター『バッファロー WXR-1750DHP2』を利用していました。 無線接続なら理解できるのですが、有線で回線速度も出ているのになんでだろう。。。 ググってみると、ひかりTV関連のノイズ発生情報が出るわ出るわ… え…これってまさか設定とかじゃなくてそもそもサービスに問題があるんでは?と思ってしまいましたが、ちゃんと見れている人もいるようなので色々設定をいじってみることに。 ひかりTV for ドコモを見るにはipv6ブリッジ機能(パススルー機能)が必要 まず、出てきた情報がこれです。 手持ちのレンタルルーターWXR-1750DHP2は一応対応しているようです。 設定も有効になっています。 スイッチングハブで分岐してみる onuから直結でドコモテレビターミナルに接続するとノイズは発生せず、ふつうに視聴できる。 ということはハブで分岐すればいけるんじゃないだろうか? 使用したスイッチングハブはこちら(バッファロー LSW5-GT-8NS) こんな感じで繋いでみましたが… 結果は、ダメ。。 ノイズどころか通信不可。 一切ネットワークに繋がる気配がありません。 なんで…??? このためだけにハブを購入したので若干心折れそうデス… ちなみになにがダメなのか検索した結果、こちらのサイトの記事がとても参考になりましたので引用しておきます。 ひかりTVは、【IPv6マルチキャスト通信】であり、通常の通信と全く特性が違う。 少し難しい技術内容になるが、ハブを中間に接続すると、ドコモテレビターミナル側のみに送信されるべきのひかりTVの信号が他のLANポート全てに送信される。 肝心なドコモテレビターミナル側への信号が不足しブロックノイズ発生、ハブの空きポートへ送信されたパケットがルータへ逆戻りして処理できなくなり強制再起動、番組表が映らない等の症状が【後で不定期に】多発するからである。 専門用語で言うと、【MLDスヌーピング】機能が無いハブが原因。 引用: ひかりTV for ドコモにはsnooping機能が必要 全くひかりTVを見れずにかれこれ3日…諦めずにググっているとこんな記事を見つけました。 なになに… 『 ひかりTV for docomoにはMLD snoopingという機能が必要』 MLD snoopingとは 調べてみると、 MLD snoopingとは不要なマルチキャストパケットを抑制し、無線帯域への負担を軽減してくれるもののようです。 IPv6パススルーでIPv6接続を行うと、ひかりTVで利用される大量の映像データが他の接続機器へも転送されてしまい、LANネットワーク全体で通信がしづらい状況(つまり超絶通信が遅くなる)になります。 メーカーごとのMLD snoopingの呼び名 ちなみにルーターのメーカーによって機能の呼び名も違うみたいです。 スペック表、マニュアルなどを確認して上記の機能が付いている機種を選べば問題なくひかりTVが見られるというわけdす。 現在利用中のバッファロー WXR-1750DHP2のマニュアルを確認してみたところ、snooping機能に関する記載がない… どうやらsnooping機能が付いていないWiFiルーターだったようです。 ドコモ光ルーター01ならMLD snooping TVモード 有りでひかりTVに対応 結果として、手持ちのルーターがひかりTVに対応していないということが判明しましたので『ドコモ光ルーター01』に交換することに。 ドコモ光ルーター01はドコモ仕様のNEC製WiFiルーターです。 ひかりTV for docomoのブロックノイズ発生の原因と対策のまとめ• IPv6パススルー(ブリッジ)機能が必要。 MLD snoopingの機能が必要。 ドコモ光ルーター01を利用するのが一番無難。 ひかり電話対応ルーターならそのままでOK。 NEC製のルーターはひかりTVと相性が良い。 ひかりTV for docomoを視聴するのにこんなに苦労するとは思いませんでした。 新しくこちらのサービス申し込みを検討されている方はお持ちのWiFiルーターのスペックを確認してからの申し込みをオススメします。 以上、ひかりTVのブロックノイズ発生の原因と対策についてでした。

次の