転職理由 ランキング。 パートの辞める理由ランキングTOP5~嘘でも大丈夫?ほか

本音と建前は必須? 退職理由ランキングと好印象な伝え方・例文

転職理由 ランキング

現在の会社で頑張るべきか、新天地を求めるべきか。 転職を考え始めた段階では、誰しも迷いがあるもの。 納得のいく決断をするためにも、まずは自分の気持ちを整理してみましょう。 転職成功者に聞きました「転職理由は何ですか?」 「仕事内容に不満」が第1位。 「収入が少ない」、「会社の将来が不安」が2位、3位に続き、「労働時間が長い」などの理由は5位圏外となりました。 成功者の中には、不満や不安をきっかけに転職した人が多いようです。 一般的には「前向きな理由がなければ成功しない」といわれる転職ですが、本当に不満や不安がきっかけでもよいのでしょうか?キャリアアドバイザーのアドバイスを見てみましょう。 小さなきっかけを大切にする 「今の仕事や職場には不満があるが、だからといって安易に転職していいのだろうか?」と迷う方がいらっしゃいます。 しかし、どんなに小さな不満であっても現状に違和感を抱いたということは、一度立ち止まって将来を考えるタイミングがきたというサイン。 これを機会に、自分の今後のキャリアを見直してはいかがでしょうか。 まずは、このまま働き続けた場合、半年先、1年先、あるいは5年先、10年先、自分はどうなっているかを具体的に考えてみてください。 先輩や上司の姿をもとにすれば、想像しやすいでしょう。 その将来のイメージに対して、「もっとこうなっていたい」という希望や目標はありませんか? 自分が目指したい姿は、今の会社で実現できそうでしょうか? このようにして、将来の「なりたい姿」をもとに現状を振り返れば、「今の職場でまだ努力できることがある」「違う部署に異動を希望しよう」など、今の会社で新たな目標が見つかるかもしれません。 もしくは、今の会社では無理だと判断して、転職活動に踏み切る決断ができるかもしれません。 考えることを先送りしない 転職を真剣に考えると決めたら、転職に対するモチベーションを、ぜひ維持してください。 日常の忙しさで気がまぎれたり、たまたま目先の不満が一時的に解消したりすることがあったとしても、将来にわたっての課題が解決されたわけではないはず。 自ら行動を起こさなければ、自分の将来を変えることはできません。 考えることを先送りしない、ということが大切なのです。

次の

転職理由の1位は「ほかにやりたい仕事がある」――8回連続でトップ

転職理由 ランキング

人間関係に対する不満• 社風に対する不満• 給料に対する不満• 労働時間に対する不満• 評価方法に対する不満• 仕事内容に対する不満 「不満」と聞くとネガティブな印象を抱いてしまうかもしれないが、 必ずしも全てがネガティブな転職理由というわけではない。 とくに「仕事内容に対する不満」に関しては、今の仕事内容ではキャリアップ・スキルアップできないなどの不満もあるだろう。 キャリアアップ・スキルアップできない原因が自分由来のものではなく、会社の環境や仕事内容であるならばポジティブな転職理由になる。 【参考】 ネガティブな転職理由とは? 転職のきっかけになる不満として一般的なのが 「給料」「人間関係」「労働時間」である。 これらはいずれもネガティブな転職理由として捉えられる恐れがあるものだ。 なぜ正当なのかというと、ライフステージの変化に伴い、仕事に求める優先順位は変わってくるからだ。 しかし、「本音と建前」というバランスを保つべきシーンでは、そういった転職理由に好印象を持たれないことが多いというのが現状だ。 面接・書類で「退職理由」を聞く理由 転職活動を成功させる上で、採用担当者の質問の意図を読み取ることは重要なこと。 「退職理由」を聞く意図を知っておくことで、採用担当者が満足のいく回答をすることができるはずだ。 働き始めてもすぐに辞めてしまうのではないか• 転職後、周囲の社員と良好な関係を築けるか• 仕事に対する姿勢が甘くないかどうか• 不満ばかりで、他責思考な人間ではないか 採用担当者は、転職希望者が会社で働くことをイメージするために退職理由を聞いているといえる。 「(転職理由の内容が)自社にも当てはまることなのか、逆に自社であれば解決できることなのかどうか」という目線で見られているということを意識した上で、転職理由を回答しよう。 面接で転職理由を伝えるときのポイント 面接で転職理由を伝えるとき、「本音で転職理由を話すべきか?」「嘘をついてでもポジティブな転職理由にするべきか?」と悩む人もいるのではなだいろうか。 転職活動の面接や書類で転職理由を伝える際は、以下の3点を最低限守ってもらいたい。 ネガティブな理由を話さないために嘘をつくことはNGだ。 経歴を詐称したり、実績を誇張してしまったりすると、ミスマッチに繋がってしまうからである。 最悪なパターンとしては経歴詐称として訴えられることもあるかもしれない。 「社内の上司にパワーハラスメントを受けたことがきっかけで転職を決意しました」など、ハラスメント関係のことを転職理由として話すのもNG。 ハラスメントが転職理由の場合、書類や面接でその事実を伝えるのは控えておこう。 キャリアップ・スキルアップを建前として話すのがベターだ。 その他にも仕事・職種に関する不満は述べず、前向きな転職理由のみを述べよう。 【パターン別】面接官を納得させる「転職理由」例文5つ それでは、以下からパターン別に面接官を納得させる転職理由の例文を紹介していきたい。 紹介していく例文はあくまで一例であるため、参考程度にしてきちんと自分の言葉で転職理由を考えよう。 転職理由が「人間関係」の場合 職場の人間関係を理由に転職を考えている場合、 退職理由を「人間関係」と率直に話すのはNG。 人間関係がいい職場でどんな仕事をしたいのか?どんな働き方をしたいのか?を考えた上で、転職理由を考えてみよう。 チームで何かを成し遂げるような仕事をしてみたいというのが転職理由です。 これまでは〇〇の新規開拓営業を行ってきました。 前職は個人プレー型の営業スタイルで、開拓先企業のリスト作成・計画的な営業提案・顧客獲得するための営業トークスキルを身につけました。 今後はチーム一丸となって仕事を成し遂げる・目標達成できる力を身につけたいと思っています。 そのため、顧客の課題をチームで解決していく営業スタイルの御社を志望しました。 転職理由が「残業時間の多さ」の場合 転職理由に「残業時間の多さ」を挙げる場合、 応募先企業の平均残業時間を把握しておく必要がある。 転職面接の前にカジュアル面談の機会を設けてもらい、社員の1日のスケジュールなどを把握した上で面接に望むといいだろう。 転職理由を伝える際には、残業時間の多さについて明言するというより、キャリアアップ・スキルアップといったことが目的であると話すとよい。 スキルアップのための時間を確保したい、というのが転職理由です。 前職の人間関係や仕事には満足しておりましたが、休日出勤や平日の労働時間の兼ね合いからセミナー参加や語学学習など、スキルアップの時間を確保できませんでした。 アプリケーション開発という仕事には魅力を感じているため、今後はPythonなどの他言語も身につけて開発に活かしたり、開発チームのスクラムを組むということに関わったりすることで、さらに成長したいと思っています。 転職理由が「結婚」の場合 結婚を機に転職するという人もいるだろう。 結婚に伴って退職した場合、採用担当者は家族都合での退職や、妊娠・出産といったライフイベントでの退職を懸念することがある。 退職した理由が「結婚」である場合は、採用担当者の心配を考慮した上で退職理由を話してほしい。 前職では経理として働きながら、以前から興味のあったプログラムについて独学で学んできました。 現在もなお夜間大学に通うことでスキル向上を図っています。 どの会社でも経理部は無くてはならない部署であり、社内のあらゆる部署との調整を図ったり、営業や開発などの前線部署へ経理の視点から意見を述べたり会社の根幹を支える重要な職務を果たしています。 5年間の勤務の間、新たな会計システムを導入したり経理として新たなプロジェクトの立ち上げにも参画したりしました。 この経験を活かし、SEとして社内のニーズをしっかりくみ取ることで、貴社の企業理念の実現と共に業務の効率性や経済性を高める事ができるシステムを創れるようにと、業界のトップを独走する貴社で学び成長していきたいと考えております。 前職の仕事と志望している仕事の繋がりを明示したり、企業理念の実現を目指したりと、全体的にポジティブであったり、一見良さそうに思える志望動機である。 しかし、この中にはいくつかのNGポイントが含まれている。 どのようなプロジェクト、どのようなシステム、どのような企業理念、どうやって効率性・経済性を高めるのかをはっきりすべきである。 志望理由の軸がずれてしまっては、転職面接通過とはならない。 例文では、システムを創りたいという目標で良いのに、後半に飾り言葉を重ねて印象を悪くしている例である。 前向きな転職理由がない場合はどうする? 前向きな転職理由が無いと思うときには、 「 後向きの転職理由しか思いつかない場合」と「何も転職理由を思いつかない場合」の二通りがある。 前者の場合には、上で述べたようにポジティブに言い換えれば良い。 後者の場合には、何が何でも転職理由を見つけ出すしかない。 以下では転職理由を考えるポイントを紹介する。 過去の経験:幼少期〜社会人生活までの経験• 現状への不満:上司や同僚、キャリアプラン、異動などの不満• 転職先の魅力:待遇、業界でのポジション、社風など 上記に挙げた3つの理由に当てはまらない場合、無理して転職する必要もないだろう。 どれにも当てはまらない場合は、改めて転職の必要有無を考え直してみてほしい。 ネガティブな志望理由は誰もが持っている理由であり、それ自体が良くないものではない。 ネガティブな志望理由も伝え方を工夫すればポジティブにもなり得るので、言葉の変換をしよう。 転職理由の伝え方や例文について解説してきた。 ぜひ本記事で説明した伝え方を試行錯誤して取り入れ、素敵な転職理由を考えてもらいたい。

次の

仕事を辞める理由ランキングベスト10!ってコレ本当の話かよ??

転職理由 ランキング

営業系の転職理由 ここでは、営業職が転職する理由を紹介します。 営業職をより理解するためにもぜひ参考にしてください。 キャリアアップのため 現在の職場で働いても今後のキャリアアップが望めない場合、別の企業へ転職を考える方は多いです。 この場合、転職をして新しい職場で成果を上げ、キャリアアップするという目標がありますので、面接の際に「ポジティブな転職理由」として採用担当者に好印象を与えることができます。 就業条件のよいところへ行きたい 「出勤時間が遅い企業がいい」「福利厚生が充実しているところがいい」など就業条件は働くうえで重要になります。 労働時間に関してもみなし残業が多かったり、出勤時間が早かったりすると、より自分に合った働きやすい職場を求める方も増えます。 また、現在の職場で環境や人間関係などに特に不満はなくとも、今後の生活を考え、より就業条件のよい企業へ転職したいと思う方も多いです。 ノルマが厳しい 営業職は、担当する営業先に訪問し、商品を販売したり契約を結んだりと成果を重視される職業です。 そのため、ノルマを決めている企業もあり、そのノルマがきつくて転職する方も多いです。 「1ヶ月に10件の新規契約を取る」「電話のセールスは1日に100件」など、高いモチベーションを維持できなければ達成できないノルマもあるため、ノルマのない、もしくは少ない企業に転職を希望するのです。 会社や職場の雰囲気になじめない 「会社や職場の雰囲気になじめない」という転職理由は、営業職だけではなく、どの職業でも共通してあります。 仕事内容や給与に問題なくとも「上司と合わない」「職場がギスギスしている」などという理由で転職を考えることもあります。 職場の人間関係は運もありますが、より自分にあった環境の職場で働くことで、仕事がうまくいく場合もあります。 人と話す仕事が合わない 営業先に訪問したり、電話でセールスをしたりする営業職は必ずといっていいほど人と話す仕事です。 そのため、人見知りな性格はあまり営業職に向いていないと言えます。 営業職でもメールや書類作成などの事務作業もありますが、そういった業務をメインとする仕事や、人と話すことの少ない仕事への転職を考えるようです。 転職理由の説明の仕方 ここでは、面接で転職理由を聞かれた場合、どのように答えるのがよいのかを解説します。 転職を考えたきっかけをあげる 「残業することが多く、帰宅は連日深夜だった」「仕事ができない上司と反りが合わなかった」などネガティブな理由でもよいので、まずは転職を考えたきっかけをあげましょう。 これを考えずに転職活動を始めると、転職のきっかけと転職した際に実現したいことがつながらないため、「なぜ転職を考えたのか」を最初に突き詰めます。 前向きな理由に言い換える ネガティブな転職理由をそのまま伝えずに、ポジティブな転職理由に言い換えます。 言い換えることで採用担当者に与える印象が変わり、よいイメージを持ってもらうことができます。 たとえば、「職場の人間関係がギスギスしていた」という理由ならば、「周囲と協力して仕事をしたい」などに言い換えられます。 転職先で実現したいことを考える 転職理由をポジティブな言葉に変えたら、次は転職した際に実現したいことを考えます。 「責任ある仕事を任されたい」という転職理由ならば、転職後にどのようなことを実現できるのかを言葉にします。 たとえば、「自分の能力を発揮し、仕事の成果をあげたい」「大きな目標に向かって周囲と協力して取り組みたい」などにします。 面接で転職理由を説明する際に気をつけること ここでは、面接で転職理由を説明する際に注意すべきポイントを解説します。 退職理由は転職を希望する会社と関係ない内容にする 転職理由を応募先の企業でも起こりうる内容にすることは、できるだけ避けましょう。 たとえば「出張や移動が多かった」「外回りばかりだった」などは、応募先の企業でも起こりうることです。 「採用しても辞めるかもしれない」と採用担当者に思われてしまうとマイナスです。 応募先とは関係のない転職理由にしましょう。 退職理由は具体的に説明する 転職理由が「キャリアアップをしたい」「自分のやりたい仕事ではなかった」などでは、採用担当者には伝わりません。 抽象的な説明ではなく、理由や考えをできるだけ明確に伝えます。 「キャリアアップをしたい」ではなく、なぜキャリアアップをしたいのか、どのようなキャリアを目標としているかなどできるだけ具体的に話しましょう。 現勤務先や前職の悪口を言わない 悪口では、面接官にポジティブなイメージを持ってもらうことができません。 自分がいくら「前の企業に問題がある」と訴えたところで、面接は悪口や不平不満を聞く場ではないからです。 また、悪口を言うと口が軽いと思われ「機密保持の意識が低い」と評価される恐れがあります。 ネガティブな言葉ではなく、できるだけポジティブな発言を心がけましょう。 退職理由は自信をもって話す 自信がなさそうに退職理由を述べていては「辞めたことに後悔しているのでは」「転職理由に嘘があるのでは」などと思われてしまう可能性があります。 ハキハキと大きな声でしっかりと受け答えした方がよい印象をもたれやすく、説得力も増します。 転職は自分にとってもステップアップになるのですから、自信を持って話しましょう。 回答例 前職では新規顧客の獲得のために、電話でアポイントをとる業務を行っていました。 しかし、アポイントが取れても顧客のもとに向かい、契約を結ぶのは先輩の仕事でしたので、私が顧客に直接商品やサービスの提案をすることはありませんでした。 そのため、顧客と直接会って提案することで自分の実力を伸ばしたいと思い、御社に応募いたしました。 電話でのアポイントの経験を活かし、御社ではさらに顧客に寄り添った仕事をしたいと考えております。 人間関係が原因の場合 人間関係が原因での転職は「採用後も同じ理由で辞めるのでは」と採用担当者に思われてしまいがちです。 そのため、「よりよい人間関係を構築したい」「チームで成果をあげたい」などポジティブな言い回しをして仕事に意欲があるというアピールをしましょう。 前の職場の悪口にならないよう注意も必要です。 回答例 前職も営業職でしたが、チームではなく個人の成果を重視している職場でした。 社内でコミュニケーションを取ることや協力体制も少なく、同僚や先輩と成果を競い合う雰囲気とは合わなかったため転職を決めました。 この経験をふまえて、御社では目標に向かって職場内でコミュニケーションを取りながら成果をあげたいと思っております。 勤務待遇が原因の場合 勤務待遇が原因の転職理由だとたとえば、「残業が多い」だけでは文句を言っているだけのようにも聞こえてしまい、責任感がない、自分勝手であると思われる可能性もあるため、注意が必要です。 不満を訴えるだけではなく、残業時間が減った場合なにをするのかを伝えると効果的です。 仕事の効率化を目指したり、自己研鑽したりするなど、会社に貢献できるアピールをしましょう。 回答例 前職では土日も仕事で、残業時間も月に100時間を超えるなど、あまり個人の時間が取れませんでした。 自己研鑽やスキルアップの勉強時間を持てず、この環境のままでは成長できないと感じ、転職を決意しました。 これからは、ただ仕事をこなすのではなく、日々業務の効率化をはかり、空いた時間を利用してより自己研鑽できるように努めたいと思っています。 短期間で転職する場合 短期間での転職は採用担当者に「採用後もすぐ辞めてしまうのでは」と思われがちです。 そのため、入社時の採用条件の違いや、転職が最善の選択であることを説明し、転職後に企業へ貢献できるポイントを話しましょう。 これまでの努力と、今後の仕事への意欲を伝えることが重要です。

次の