アンチ オキシダント。 サプリメントのご紹介 ~ スーパーアンチオキシダント(ヘルシーパス社)

アンチオキシダント⑤(抗酸化物質)

アンチ オキシダント

Nature Medicine 13, 688 - 694 2007 Ikuroh Ohsawa, Masahiro Ishikawa, Kumiko Takahashi, Megumi Watanabe, Kiyomi Nishimaki, Kumi Yamagata, Ken-ichiro Katsura, Yasuo Katayama, Sadamitsu Asoh, Shigeo Ohta H 2にはヒドロキシラジカルを選択的に還元する作用があるが、他の活性酸素種には反応しない。 ラット脳の虚血再灌流モデルにおいて水素ガス吸引は脳の損傷を有意に抑制します。 【文献】: Hydrogen mediates suppression of colon inflammation induced by dextran sodium sulfate. Biochemical and Biophysical Research Communications 386 1 ,p11-15 2009 Mikihito Kajiya, Marcelo J. Silva, Kimihiro Sato, Kazuhisa Ouhara, Toshihisa Kawai マウスを使った炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease: IBD)モデルにおける水素含有水の検証試験。 【文献】: Hydrogen-rich medium protects human skin fibroblasts from high glucose or mannitol induced oxidative damage. Biochemical and Biophysical Research Communications 409 2,3 , p350-355 2011 Pan Yu, Zhenxiang Wang, Xuejun Sun, Xiaohua Chen, Suyun Zeng, Liang Chen, and Shirong Li ヒト繊維芽細胞を使った研究により、培地中に水素を添加すると、マロンジアルデヒド(MDA)、8-ヒドロキシ-2'-デオキシグアノシン(8-OHdG)、 ニトロチロシン(3-NT)の形成が抑制されることが報告されています。 【文献】: The Clinical Application of Hydrogen as a Medical Treatment. Acta Med Okayama 70 5 ,p331-337 2016 Iida A, Nosaka N, Yumoto T, Knaup E, Naito H, Nishiyama C, Yamakawa Y, Tsukahara K, Terado M, Sato K, Ugawa T, Nakao A. 水素投与の作用機序は、ROS消去だけとは限らない。 SOD発現上昇、HO-1発現上昇、Mtにおける呼吸鎖複合体の活性上昇、Bcl-2発現上昇を誘導する。 【文献】: Supplementation of hydrogen-rich water improves lipid and glucose metabolism in patients with type 2 diabetes or impaired glucose tolerance. Nutr Res. 28 3 ,p137-143 2008. doi: 10. nutres. 2008. 008. Kajiyama S, Hasegawa G, Asano M, Hosoda H, Fukui M, Nakamura N, Kitawaki J, Imai S, Nakano K, Ohta M, Adachi T, Obayashi H, Yoshikawa T. J Clin Biochem Nutr. 46 2 ,p140-149 2010. doi: 10. 09-100. Nakao A, Toyoda Y, Sharma P, Evans M, Guthrie N. メタボリック症候群20名を対象に1. 尿中SOD活性39%上昇、尿中TBARS 43%低下、HDL-CHO 8%上昇。 尿中8-OHdGは女性で低下傾向、男性で上昇傾向。 尿中イソプラスタンは上昇傾向。 尿中SOD活性は男性のみ有意に上昇。 【文献】: Effects of drinking hydrogen-rich water on the quality of life of patients treated with radiotherapy for liver tumors. Med Gas Res. 1 1 :11 2011 doi: 10. Kang KM, Kang YN, Choi IB, Gu Y, Kawamura T, Toyoda Y, Nakao A. 肝がん患者25名の放射線治療の際に水素水投与。 dROM上昇を有意に抑制、BAP低下を有意に抑制。 【ご注意】 弊社の提供する試薬、受託分析サービス等は全て研究用です。 弊社ホームページに掲載されている酸化ストレス研究用試薬/受託分析に関する 商品情報、文献情報等は、お客様の研究のための参考資料としてご紹介するものです。 これらの情報は研究用のバイオマーカーの臨床的意義を示すものではなく、また臨床検査や医療活動等に用いることを 推奨するものでもありません。 内容を引用される場合には、出典として「日本老化制御研究所」または「JaICA」と記載するようにお願いいたします。 また、図や写真を引用される場合には 弊社の書面による許諾を必ず事前に得るようにしてください。 弊社は本ホームページおよび製品、添付文書等を作成するにあたり細心の注意を払っておりますが、これらによる損害が万一発生した場合でも、 弊社は 責を負いませんので予めご了承ください。

次の

アンチオキシダントと抗酸化物質

アンチ オキシダント

免疫力を高め、癌、心臓病、脳卒中を予防し、 脳の活力と生活の質を高める「抗酸化物」の科学的実証! 抗酸化物は体内で「抗酸化ネットワーク」を形成し、癌、心臓病、神経疾患、関節炎など、万病を予防して健康長寿に貢献している。 本書では、この抗酸化ネットワークの主役であるビタミンC、ビタミンE、グルタチオン、コエンザイムQ10、およびリポ酸と、その応援団であるフラボノイド、カロテノイド、セレンなどを中心に、抗酸化物の重要性と健康維持作用をわかりやすく解説した。 さらに、薬食同源思想に基づき抗酸化食品を上手に利用し、癌、心臓病、動脈硬化、糖尿病などを遠ざけるための具体的な処方なども紹介している。 たとえば、お茶は癌や血栓症を予防し、トマトベースのピザは男性高齢者の前立腺癌を予防するなど、豊富な事例が満載されている。 〈第1部〉驚異の抗酸化物• 第1章 抗酸化物の奇跡的効果• 第2章 抗酸化ネットワークの生理機能• 第3章 フリーラジカルの功罪• 〈第2章〉天然の抗酸化防御ネットワーク• 第1章 万能の抗酸化物リポ酸• 第2章 抗酸化ネットワークの王者ビタミンE• 第3章 抗酸化物の女王ビタミンC• 第4章 心臓に不可欠な抗酸化物コエンザイムQ10• 第5章 最良の天然抗酸化物グルタチオン• 〈第3部〉抗酸化ネットワーク応援団• 第1章 フラボノイドの薬効• 第2章 カロテノイドの薬効• 第3章 驚異のセレン• 第1章 薬食同源• 第2章 抗酸化食事療法• 第3章 健康美肌のための抗酸化剤.

次の

BABY&MEのサイトです | アンチオキシダントフォーメンVer.3

アンチ オキシダント

COPD発症の危険因子に曝されていると、末梢気道に炎症細胞の集簇が起こり、粘液分泌、血漿滲出物の気管支への集積が起こる。 炎症は、好中球、マクロファージからのプロテアーゼ活性を亢進させる一方、オキシダント産生へと働き、組織の傷害とリモデリングを引き起こす。 COPDの成因としては、このプロテアーゼ・抗プロテアーゼ不均衡とオキシダント・抗オキシダント不均衡が重要と考えられている。 早期には、これらの変化は急性一過性の炎症であり、リモデリングも軽度であるため、治療により可逆性を示すが、曝露が長期に渡ると気道炎症は慢性化し気道の線維化と狭窄、肺胞の破壊による拡張と肺弾性収縮力の低下、小気道の開通性を維持している肺胞支持部の破壊などのリモデリングが生じ、その変化は非可逆的となる。 オキシダント・抗オキシダント不均衡: オキシダントと内在性アンチオキシダントの不均衡により生ずる酸化ストレスは、炎症性遺伝子の活性化、アンチプロテアーゼのさらなる不活化、粘液分泌の刺激、血漿滲出物増加などを引き起こす。 これらの悪影響の多くには、スーパーオキシドアニオンと一酸化窒素の相互作用で生成されるペルオキシナイトライトが関与している。 酸化ストレスは、COPD患者の肺組織で見られるヒストン脱アセチル化酵素 HDAC 活性の低下の原因となっている可能性もある。 HDAC活性の低下は、炎症性遺伝子発現の促進、グルココルチコステロイドの抗炎症作用の抑制につながる可能性がある。 COPD患者では、炎症性細胞や上皮細胞から放出される数種のプロテアーゼが増量している。 プロテアーゼによるエラスチンの分解は、肺の気腫性変化の重要な特徴である。

次の