芸能2ちゃんねる。 「2ちゃんねる」西村博之氏 東京五輪開催「無理なんですよ」/芸能/デイリースポーツ online

江頭2:50「エガちゃんねる」登録者数100万人突破!親友草なぎ剛との関係性は?

芸能2ちゃんねる

nifty. その名も「エガちゃんねる」!このチャンネル、実はすでに登録者数100万人を突破しています。 江頭2:50はどんな人物? まずは江頭2:50という人物が一体どんな人物なのかについて説明していきましょう。 佐賀県出身で1965年7月1日生まれの54歳です。 1988年から現在まで、芸能事務所大川興業に所属しています。 エガちゃんプロフをご紹介しますね。 先ほども書いた通り、彼は過激な芸風を売りにしています。 上半身裸・下半身黒スパッツといったいでたちがトレードマークで、テレビに出演する際も基本的にこの格好で出演しているようです。 過激なネタをやっていると私生活も同じような生活なのかな?と思ってしまいがちですが、意外とそんなことはないようですね。 エガちゃんの誕生日占いです。 1965年7月1日 あーそうですか、、、 とてもやさしい性格の持ち主ですね。 そしてご先祖を大切にしていますのでご加護があります。 また金運はめちゃくちゃいいのでお金には困らないと思います。 それから根っからのユニークな人物ですね。 彼の芸風でもあり人間性でもありますが他人を喜ばせてやろうというよりも元々が変わった人なんですね。 でも芸能界で活躍するのにはそのくらいでちょうどいいのかもしれません。 またユニークな視点を持っていますので他人が思いつかないようなアイデアを実践してくるので他人からは奇抜なことやるおっさんやなーと常に思われていてまた芸風にも表れています。 しかし表現者としてはずば抜けて目立つ芸風なので他の追随をものともしません。 これからの彼はもっともっと自由に自分を表現することで運が開けていくでしょう。 「エガちゃんねる」の魅力とは? そんな江頭さんですが、今年の2月1日にYouTubeチャンネルを開設しています。 冒頭でも紹介しましたが、チャンネル名は「エガちゃんねる」です! 江頭さんは愛称でもエガちゃんと呼ばれることが多く、チャンネル名にも江頭さんらしさがあふれていますね。 いったいどんな動画を投稿しているのか確認してみましょう。 こちらは2本目に投稿された動画ですね。 この動画では2020年中に「エガちゃんねる」のチャンネル登録者数100万人を達成するという公約を掲げています。 そしてこの公約ですが、なんと「エガちゃんねる」では2020年2月9日の午前中にチャンネル登録者数100万人を達成しています! 出典:エガちゃんねる公式Twitter チャンネル開設からわずか1週間程度で達成しているので、とんでもない速さですね。 かの嵐の1日という記録に次いで日本人YouTuber歴代2番目の速さだそうです。 個性的な江頭さんの動画にひかれて皆さんすぐに登録したようです。 最近はあまり地上波では見なかったような気もするので、懐かしさもあるのかもしれませんね。 果たして本当に草彅剛は「エガちゃんねる」に出演するのでしょうか? 地上波で見かけることが少なくなってしまった二人のコラボが見られるとなると、非常に盛り上がりそうな予感がします。 今後も注目していきたいですね。 非常に仲が良くないとこの言葉は出ないと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか? そこで二人の関係性について確認していきたいと思います。 次の記事をご覧ください。 お笑いタレント江頭2:50(51)が、年末に解散したSMAPの草なぎ剛(42)を心配するあまり大川興業に勧誘した。 6日深夜放送のテレビ朝日系「『ぷっ』すま」は、「日帰りアルバム旅行in箱根」と題し、出演者らが箱根に赴く内容。 その道中、神奈川の海老名サービスエリアに立ち寄った際に屋台でバイト中(?)の江頭2:50と遭遇する。 そのやりとりの中で江頭は「ちょっと待て、もう一言言いたいんだよ」と発言。 それまでの流れとは無関係に、「草なぎ! 大丈夫か?」と渦中の草なぎに声をかけた。 草なぎが「大丈夫大丈夫」と笑っても、江頭は「俺はすごい心配で」と続け、「もし何かあったら大川興業に入れ!」とまさかのヘッドハンティング。 「俺が絶対面倒みてやる! パチンコのルートもすごいぜ。 毎週土日パチンコ屋の営業、絶対やらせてあげる」と具体的にパチンコ営業の仕事まで提示していた。 nikkansports. html これは2017年年始の記事なのでSMAPが解散した直後の記事ですね。 心配するあまり自分の会社に勧誘してしまうというのはすごいですね。 解散についてあまり直接は触れない芸能人が多かった印象ですが、やはりしがらみの少ない江頭さんが本気で心配していたからこそだと思われます。 やはりこの2人はかなり親しいようですね。 話は変わりますが、草彅さんもYouTubeチャンネルを2017年10月に開設しています。 twipple. ネット上では祝福の声が相次いでいます。 それだけ注目されているという事ですね。 先ほども話題に出ましたが、「エガちゃんねる」のチャンネル登録者数100万人の公約達成で、草彅さんをチャンネルに呼ぶと宣言していましたね。 お2人のコラボが待ち遠しいですね。 youtube. youtube. 明日の芸能とスポーツの気になる話題レポでした。 お読みいただきありがとうございました。

次の

エンタメ芸能ちゃんねるさんのプロフィールページ

芸能2ちゃんねる

nifty. その名も「エガちゃんねる」!このチャンネル、実はすでに登録者数100万人を突破しています。 江頭2:50はどんな人物? まずは江頭2:50という人物が一体どんな人物なのかについて説明していきましょう。 佐賀県出身で1965年7月1日生まれの54歳です。 1988年から現在まで、芸能事務所大川興業に所属しています。 エガちゃんプロフをご紹介しますね。 先ほども書いた通り、彼は過激な芸風を売りにしています。 上半身裸・下半身黒スパッツといったいでたちがトレードマークで、テレビに出演する際も基本的にこの格好で出演しているようです。 過激なネタをやっていると私生活も同じような生活なのかな?と思ってしまいがちですが、意外とそんなことはないようですね。 エガちゃんの誕生日占いです。 1965年7月1日 あーそうですか、、、 とてもやさしい性格の持ち主ですね。 そしてご先祖を大切にしていますのでご加護があります。 また金運はめちゃくちゃいいのでお金には困らないと思います。 それから根っからのユニークな人物ですね。 彼の芸風でもあり人間性でもありますが他人を喜ばせてやろうというよりも元々が変わった人なんですね。 でも芸能界で活躍するのにはそのくらいでちょうどいいのかもしれません。 またユニークな視点を持っていますので他人が思いつかないようなアイデアを実践してくるので他人からは奇抜なことやるおっさんやなーと常に思われていてまた芸風にも表れています。 しかし表現者としてはずば抜けて目立つ芸風なので他の追随をものともしません。 これからの彼はもっともっと自由に自分を表現することで運が開けていくでしょう。 「エガちゃんねる」の魅力とは? そんな江頭さんですが、今年の2月1日にYouTubeチャンネルを開設しています。 冒頭でも紹介しましたが、チャンネル名は「エガちゃんねる」です! 江頭さんは愛称でもエガちゃんと呼ばれることが多く、チャンネル名にも江頭さんらしさがあふれていますね。 いったいどんな動画を投稿しているのか確認してみましょう。 こちらは2本目に投稿された動画ですね。 この動画では2020年中に「エガちゃんねる」のチャンネル登録者数100万人を達成するという公約を掲げています。 そしてこの公約ですが、なんと「エガちゃんねる」では2020年2月9日の午前中にチャンネル登録者数100万人を達成しています! 出典:エガちゃんねる公式Twitter チャンネル開設からわずか1週間程度で達成しているので、とんでもない速さですね。 かの嵐の1日という記録に次いで日本人YouTuber歴代2番目の速さだそうです。 個性的な江頭さんの動画にひかれて皆さんすぐに登録したようです。 最近はあまり地上波では見なかったような気もするので、懐かしさもあるのかもしれませんね。 果たして本当に草彅剛は「エガちゃんねる」に出演するのでしょうか? 地上波で見かけることが少なくなってしまった二人のコラボが見られるとなると、非常に盛り上がりそうな予感がします。 今後も注目していきたいですね。 非常に仲が良くないとこの言葉は出ないと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか? そこで二人の関係性について確認していきたいと思います。 次の記事をご覧ください。 お笑いタレント江頭2:50(51)が、年末に解散したSMAPの草なぎ剛(42)を心配するあまり大川興業に勧誘した。 6日深夜放送のテレビ朝日系「『ぷっ』すま」は、「日帰りアルバム旅行in箱根」と題し、出演者らが箱根に赴く内容。 その道中、神奈川の海老名サービスエリアに立ち寄った際に屋台でバイト中(?)の江頭2:50と遭遇する。 そのやりとりの中で江頭は「ちょっと待て、もう一言言いたいんだよ」と発言。 それまでの流れとは無関係に、「草なぎ! 大丈夫か?」と渦中の草なぎに声をかけた。 草なぎが「大丈夫大丈夫」と笑っても、江頭は「俺はすごい心配で」と続け、「もし何かあったら大川興業に入れ!」とまさかのヘッドハンティング。 「俺が絶対面倒みてやる! パチンコのルートもすごいぜ。 毎週土日パチンコ屋の営業、絶対やらせてあげる」と具体的にパチンコ営業の仕事まで提示していた。 nikkansports. html これは2017年年始の記事なのでSMAPが解散した直後の記事ですね。 心配するあまり自分の会社に勧誘してしまうというのはすごいですね。 解散についてあまり直接は触れない芸能人が多かった印象ですが、やはりしがらみの少ない江頭さんが本気で心配していたからこそだと思われます。 やはりこの2人はかなり親しいようですね。 話は変わりますが、草彅さんもYouTubeチャンネルを2017年10月に開設しています。 twipple. ネット上では祝福の声が相次いでいます。 それだけ注目されているという事ですね。 先ほども話題に出ましたが、「エガちゃんねる」のチャンネル登録者数100万人の公約達成で、草彅さんをチャンネルに呼ぶと宣言していましたね。 お2人のコラボが待ち遠しいですね。 youtube. youtube. 明日の芸能とスポーツの気になる話題レポでした。 お読みいただきありがとうございました。

次の

芸能文化音楽速報

芸能2ちゃんねる

7月の豪雨被災地に向け応援メッセージも投稿(YouTubeより) お笑い芸人のが、九州豪雨の被災地に100万円を寄付すると表明して注目を集めている。 先日も女性誌『anan』(7月15日号)に12年ぶりにインタビューが掲載されるなど、かつて「嫌いな男ランキング」で3年連続1位を獲得した彼は、今や好感度の高い芸人として話題を呼んでいるのである。 それはなぜなのか。 江頭といえば過激な芸風のイメージが強い。 上半身裸の黒スパッツ姿で暴れまわり、腰に手を当てて「お前に一言物申ーす!」と人差し指を突きつけるポーズは有名だ。 スパッツの中に手を入れて股間を突き出す持ちネタをはじめ、放送できるギリギリのアクションで視聴者の笑いを誘ってきた。 一方で破天荒なキャラクターは一部の視聴者から顰蹙を買うことにもなった。 情報誌『日経エンタテインメント!』による「嫌いな芸人ランキング」で2002年から2010年まで9年連続1位、『anan』の「嫌いな男ランキング」では2006年から2008年まで3連覇を果たすなど、ネガティヴな地位を確保し続けていた。 だが潜在的なファンから支持されてきたことも事実である。 今年2月1日、江頭は公式YouTubeチャンネル『エガちゃんねる』を開設。 1年間でチャンネル登録者数100万人を達成することを目標として掲げたところ、なんと9日目にクリアしてしまう。 人気アイドルグループ・嵐に次ぐ日本人歴代2位のスピードで100万人突破を果たすという偉業を成し遂げたのである。 7月現在ではすでに目標の2倍を超える200万人以上のチャンネル登録者数を獲得している。 新型コロナウイルスの影響により、お笑いライヴやテレビ番組の収録が続々と休止するなか、自宅で視聴可能なインターネット上のコンテンツが注目を集めはじめたことも追い風になったのかもしれない。 それにしてもなぜこのタイミングでYouTubeデビューを飾ったのだろうか。 前述した『anan』のインタビューではこう語っている。 〈そもそも、俺はYouTubeなんて知らなかったんだよ。 その時にそいつらがいい奴だったんだよな。 だから悪いものじゃないとは思ったな。 で、そのあとYouTubeは好きなことができる、世界中で見てもらえるって聞いたんだよ。 それで面白そうだって思ってやることにした〉 もちろんYouTubeではどんな過激なパフォーマンスでも許されるわけではない。 むしろ男女問わず乳首の露出がコンプライアンスに抵触してしまうなど、テレビよりも厳しい制約が敷かれている側面もある。 クセのある芸風でありながら根強い人気を保っている秘訣はどこにあるのだろうか。 お笑い評論家のラリー遠田氏はその理由を次のように指摘する。 「YouTubeの世界で成功するには、広く浅く好かれている人よりも、狭く深く好かれている人のほうが有利です。 限界まで体を張って必死で笑いを生み出そうとする江頭さんには、潜在的なファンが少なからず存在しているのです」 過激なアクションで顰蹙を買う一方、芸風はあくまでも作られたキャラクターであり、ときには社会貢献をする真摯な姿勢がネット上で話題になることもあった。 東日本大震災発生直後、あくまでも個人の活動で2トントラックを運転して救援物資を福島県いわき市の避難所等に届けたこともその一つだ。 そうした人柄の良さが根底にあることが、どれほど表面的に嫌われても多くの支持を集める理由なのだろう。 「ネット上では以前から、オリンピックを自腹で現地観戦したり、東日本大震災の被災地に救援物資を届けに行ったりしたことが伝説として語られていて、『実はいい人なのでは?』といった声が高まっていました。 最近も、九州などでの豪雨災害に遭った人たちにエールを送る動画を公開していました。 YouTubeでは江頭さんの人柄が見えるような企画も多く、そういうところも評判を呼んでいます。 その芸風もキャラクターも実はYouTube向きだったということが成功の理由だと思います」(ラリー遠田氏) 江頭の座右の銘は、「ワンクールのレギュラーより1回の伝説」。 ルーティンワークとしてお笑いの仕事をこなすのではなく、つねに1回きりの伝説に挑み続けるという姿勢もまた、視聴者を刺激してやまない彼の魅力なのかもしれない。

次の