サッポロ ゴールド スター。 第三のビール「ゴールドスター」 サッポロの本気度を伝えた資料:日経クロストレンド

【楽天市場】【金星】 サッポロビール ゴールドスター 【350ml缶・ケース・24本入】(新ジャンル):酒のすぎた 楽天市場店

サッポロ ゴールド スター

スポンサードリンク サッポロ「ゴールドスター」呑んだ感想 普通にビールを呑むときはプレミアムモルツのように香りがあるものを好みます。 が、もう少しライトな、軽めのシュワシュワがいいな、なんていう時は「金麦」を買うんですね。 発泡酒とか第三のビールにありがちな添加されたアルコールを感じないというのが理由で、もう「金麦」ばっかりだったのですが、この牙城に「ゴールドスター」が食い込んできました。 大麦のスピリッツを使っているというのが、アルコールを添加してぽさを感じさせないのでしょうか。 カロリーは100mlあたり42kcalです。 それまでは、発泡酒とか第三のビールには興味を示さなかった人だそうです。 それほどなら呑んでみたくなりますよね。 旅先のセブンイレブンで入手。 晩酌に呑んでみました。 いや〜、しっかり美味しいです! この手の商品にビールぽいというのが褒め言葉なのかどうか分かりませんが、とにかくアルコール添加の違和感のようなものもありません。 ビールと飲み比べたらさすがに違いが分かると思いますが、これが単体で出てきたら普通に「美味い!」となりそうだと思いました。 さすが、金の星を背負った商品だけありますね。 ごちそうさま!!!!!.

次の

サッポロ「ゴールドスター」の味わい・特徴をレビュー。口コミの評判は?

サッポロ ゴールド スター

サッポロビール(株)は、新ジャンル「サッポロ GOLD STAR ゴールドスター 」を2020年2月4日に新発売します。 2019年10月の消費税増税等の影響もあり、消費者の節約志向がさらに進むなかで、新ジャンル商品への期待は今まで以上に高まることが予測されます。 当社は独自調査の結果から新ジャンルユーザーは「おいしいことが、より実感・確信できること」を期待していると推察しています。 当社はこの商品を通じて、おいしさを徹底追求し、新ジャンルの新時代を切り開くとともに、お客様の生活により楽しさと豊かさを提供していきます。 商品名 サッポロ GOLD STAR ゴールドスター 2. パッケージ 350ml缶・500ml缶 3. 発売日・地域 2020年2月4日・全国 5. 原材料名 発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦) 6. アルコール分 5% 7. 価格 オープン価格 8.

次の

第三のビール「ゴールドスター」 サッポロの本気度を伝えた資料:日経クロストレンド

サッポロ ゴールド スター

ビール系飲料には「ビール」「発泡酒」「第三のビール」の3種類がある。 ビールの原料である麦芽の使用率を下げたものが発泡酒。 発泡酒に別のアルコール飲料を加えたもの、あるいは麦芽以外の原料で醸造したものが第三のビールだ。 少しややこしいのだが、第三のビールにも3つの波(トレンド)があったらしい。 第1の波はビールや発泡酒より安い価格を打ち出したもの。 サッポロビールの製品では2004年発売の「ドラフトワン」がそれに該当する。 第2の波は、価格の安さだけでなく味わいなどを追求した製品で、08年の「麦とホップ」がそれだ。 第3の波は企業の看板を背負い、次世代の主力商品としての本気を訴える製品。 それこそが20年2月に発売された「ゴールドスター」というわけだ。 営業や開発も巻き込んでの資料作り 今回紹介するスライドは、マーケティングや開発の担当者が、新製品の開発背景や狙いを営業担当者に説明するためのものだ。 営業担当はこの資料を自分なりにカスタマイズして、コンビニやスーパーのような大手量販店との商談に利用する。 「私たちのチーム全員に加え、営業や開発も巻き込んだので、資料作成に関わったメンバーは30人ほどになった」と話すのは、サッポロビール新価値開発部 第1新価値開発グループ主任の新木絵理氏だ。 会社のイメージそのものとも言える「ゴールドスター」を掲げるだけに「サッポロの覚悟を携えた商品なので、営業部隊に納得してもらわないといけない。 そのためのストーリーを伝えようと考えた」と新木氏は言う。 今回見せてもらったプレゼンテーション資料は、なぜその製品が求められているのかを分析するデータの提示から始まっている。 新製品のプレゼン資料でよく目にする構成だ。 第三のビールの中で王道を目指すという位置付けの製品だが、プレゼン資料も王道の手法に沿っていると言えるだろう。 資料では18年ごろから第三のビール市場が伸びを見せており、同時に企業の本気を示す製品へのシフトが進んでいると分析している。 さらに、消費者への意識調査から「メーカーの自信や本気が感じられる商品」には購入意欲が高まっていることを示している。 これらのデータから、サッポロビールの本気を感じさせる新商品の必要性を訴えている。 18年は他社の第三のビールも新製品が登場し、大ヒットした年だ。 ライバル商品に対抗するという意味も含んでいるのだろう。

次の