ラジオ体操 著作権。 YouTubeに投稿するときにラジオ体操の曲をかけたら著作権法的にダメな

[企業法務]ラジオの著作権と報道

ラジオ体操 著作権

A ベストアンサー ラジオ放送を受信して録音し、時間をずらして一定の場所に流す行為は、放送事業者(著作権法2条9号)の専有する著作隣接権としての複製権(98条)および送信可能化権(99条の2)を侵害するおそれがあります。 これらの権利は、私的使用の場合には保護されず、従って私的使用であれば複製等しても法的に問題ありません(102条1項、30条1項)。 しかし、企業内で業務上利用するための著作権の複製行為は私的使用に該当しないものと考えられており(東京地判昭和52年7月22日)、著作隣接権が著作権の各条文を引用していることから著作隣接権についても同様に考えられます。 そして、企業の昼休みは休業日等とは異なり拘束時間内ですし、公共放送を社内に流せば社員の知識やスキル向上にも繋がりますから、企業がラジオ放送を受信して録音し昼休みにこれを流す行為は「業務上利用するため」とされるおそれが小さくありません。 よって、著作権法上問題となるおそれが小さくないものと思います。 なお、ラジオ放送については、著作権の客体としての保護を受けようとすると時事の報道等について保護されなくなり(10条2項)、また例えばCD音源の放送など別に著作権を有する者がいる場合にはやはり著作権の客体として保護されなくなるため(23条参照)、著作隣接権(89条以下)の客体としての保護を受けようとするのが通常です。 すなわち、ラジオ放送事業者は著作権者でなく著作隣接権者として保護を受けようとするのが通常です。 (ANo. 1のyoshi170さん、ANo. 4のkanpyouさんご紹介のURL参照。 ) ラジオ放送を受信して録音し、時間をずらして一定の場所に流す行為は、放送事業者(著作権法2条9号)の専有する著作隣接権としての複製権(98条)および送信可能化権(99条の2)を侵害するおそれがあります。 これらの権利は、私的使用の場合には保護されず、従って私的使用であれば複製等しても法的に問題ありません(102条1項、30条1項)。 しかし、企業内で業務上利用するための著作権の複製行為は私的使用に該当しないものと考えられており(東京地判昭和52年7月22日)、著作隣接権...

次の

ラジオ体操

ラジオ体操 著作権

出身地:埼玉県 経歴:2004年 日本体育大学体育学部 卒業 2016年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者(~現在) メッセージ:ラジオ体操を通して、多くの皆さんの健康づくりに関わる事ができて、大変うれしく思っています。 毎日の生活に体を動かす機会を少し取り入れるだけでも、健康な体を維持する事ができます。 無理のない範囲でテレビ・ラジオ体操を活用し、運動習慣を身に付けていきましょう!ラジオ体操の魅力は「いつでも、どこでも、だれでも」手軽に体を動かすことができることです。 ご自分のペースで楽しく体を動かしてみてください。 テレビやラジオ、巡回放送などを通して、皆さんと一緒に体操ができる事を楽しみにしています!!• 出身地:東京都 経歴:2016年 東京女子体育大学体育学部 卒業 同年 NHKテレビ・ラジオ体操 アシスタント(~現在) 趣味:写真撮影 特技:新体操 好きな運動:ラジオ体操、新体操、ドッジボール 好きな食べ物:お寿司 休みの過ごし方:美味しいものを探す旅 私のストレス解消法:好きなものをたくさん食べる 私のモットー:為せば成る、為さねばならぬ何事も メッセージ:一日の始まりに体操をすることで、心身ともにスッキリと、そして元気で明るい気持ちでスタートすることができます。 出身地:埼玉県 経歴:2004年 日本体育大学体育学部 卒業 2016年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者(~現在) メッセージ:ラジオ体操を通して、多くの皆さんの健康づくりに関わる事ができて、大変うれしく思っています。 毎日の生活に体を動かす機会を少し取り入れるだけでも、健康な体を維持する事ができます。 無理のない範囲でテレビ・ラジオ体操を活用し、運動習慣を身に付けていきましょう!ラジオ体操の魅力は「いつでも、どこでも、だれでも」手軽に体を動かすことができることです。 ご自分のペースで楽しく体を動かしてみてください。 テレビやラジオ、巡回放送などを通して、皆さんと一緒に体操ができる事を楽しみにしています!!.

次の

著作権の切れている作曲家・作品(音楽)リスト

ラジオ体操 著作権

「ラジオ体操 第一」と「ラジオ体操 第二」の効果 ラジオ体操は、誰でも手軽にできる体操です。 毎日続けることで、加齢や生活の偏りなどに起因する 身体のきしみを取り除き、人間が本来が持っている 機能を元の状態に戻して維持する効果があると言われています。 「ラジオ体操 第一」と「ラジオ体操 第二」の歴史 現在のラジオ体操は、第一・第二共に 「3代目」です。 「ラジオ体操」の図解 2. 「ラジオ体操」の伴奏譜 3. 「みんなの体操」の図解 4. 「みんなの体操」の伴奏譜 5. 「ラジオ体操の歌」の歌詞 このとき、返信用の切手を貼った封筒を同封すればよく、実質無料です。 ラジオ体操第一の楽曲の楽譜 ラジオ体操第一の楽曲の楽譜はこちらです。 ラジオ体操は無料でいいの?申請は必要? 「ラジオ体操第一」の所有権等に関することは、「株式会社かんぽ生命保険」が管理しています。 そこで、「ラジオ体操第一」は楽曲の使用にあたっても、以下のように「申請は不要」とされています。 「ラジオ体操第一伴奏曲」の楽曲の使用 「ラジオ体操第一伴奏曲」の楽曲の使用にあたり、次の場合は、 申請の必要はありません。 ・学校の授業で使用する場合(著作権法第35条) ・学校の学芸会、文化祭、部活動などで使用する場合 (著作権法第38条) ・企業、自治体等において職場の健康増進を目的として 始業前や昼休みなどに使用する場合 ・自治体がチャレンジデーで使用する場合 これなら音源をMP3などに落として学校や職場などでみんなで利用することができますね。 また、著作権法に即して、個人が家庭内などで利用するのも可能です。 商業利用にあたっては、 かんぽ生命への申請が必要です。 「ラジオ体操第二伴奏曲」に関しては、かんぽがNHKと情報共有しており、 「みんなの体操伴奏曲」「ラジオ体操の歌」についての管轄は「日本音楽著作権協会(JASRAC)」です。 音源に関する注意事項 音源の使用に関しては、以下にお問い合わせください。

次の