黒 ロング スカート コーデ 夏。 【2020】この夏決まるスカートコーデ29選|大切な人と会う日の着こなしはシルエット重視!

夏スカートコーデ24選【2019】白・黒・ロング・フレアのスカート着こなし特集

黒 ロング スカート コーデ 夏

細長く折ったスカーフを首にかけ、先端を結んで輪にしたら、くるっと胸元でねじって8の字に。 その輪に頭を通すと、ふわっと絶妙なふくらみと上品さが生まれる8の字巻きが完成。 90㎝角のスカーフが巻きやすい。 品よいタイトスカートでモードなコートを〝粋すぎない〟おしゃれに引き戻して。 ゆったりシルエットだからこそできる、ジャケットとのレイヤードは着こなしがマンネリ化する冬にぜひTRYしたい。 エレガントなダウンコートの下は、エフォートレスな雰囲気のニットのセットアップ。 テイストのギャップを前向きに取り入れるのがDomani世代のおしゃれ。 軽やかな薄手のダウンはオールジャパンメイドという、大人のための逸品。 ブランケットのような素材感で、切りっぱなしのすそが程よくカジュアル。 端正な紺ジャケットも、チェック柄コートとロングタイトの相乗効果でラフな印象に。 シンプルなモノトーンスタイルなので、足元はヘアカーフ素材のレオパード柄スニーカーで、ガツンとインパクトをオン。 モノトーンでまとめれば、ほんのりモードで品のいい、新たな魅力がにじみ出て。 その存在は裏地に薄い生地を貼ることで、より際立つ。 長めの丈、上品なAラインで大人っぽく着こなせる。 色味をそぎ落とすほど、赤の色気が効果的に引き立つ。 [Domani4月号 69ページ] 靴¥32,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉) ニット¥46,000(VINCE 表参道店〈VINCE〉) スカート¥15,000(DRWCYS) ひざにのせたコート¥48,000(アルアバイル) ピアス¥25,000(H. ベルトでウエストを絞れば、スタイリングの重厚感が軽減される。 ヘビーウエイトのコットンを100%使用したメンズTシャツは、リラックス感のあるシルエットに惚れる。 また、ジャケットのビッグシルエットがスカートのタイトさをさりげなく強調するので、女らしさも上々。 インにはボーダーカットソーを差し込んで、信頼感と親しみやすさを両立した着こなしに。 複雑なすその動きが周囲の視線を集めて、「なんだか素敵」と思わせる立ち姿に。 この黒スカートは、両サイドのスリットとサテンのパイピングがドレッシー。 甘めのドットブラウスもシックに受け止めてくれる。 一見、ガーリーなドットスカートは、ノースリーブの肌見せ感とインパクト小物で〝不真面目〟に着くずして、ガールズトークが盛り上がる夜遊びスタイルに。 流行のビビッドカラーも、色調が強すぎるとチープに見えるけれど、やや渋みのあるこのイエローは、大人が着ても似合います。 華やかな色は、つい気後れしてボトムで選んでしまいがちですが、トップスで着られるというのもうれしい。 そこでリッチ感が出るので。 小物もブランドを意識してコーディネート。 ダブルボタン、程よくふくらみのあるショルダー、長め丈、深いネイビー…。 今っぽさを凝縮したジャケットは、さらりと肩かけしただけでさまになる。 プリーツスカートで、あえてフェミニンにまとめると新鮮。 ワントーンスタイルに重宝するメッシュスカート。 目が細かいので透けすぎる心配なし。 こうして素材で遊ぶのも、今季のスカート選びの楽しみのひとつ。 D ルミネ新宿2店〈FRAY I. [Domani3月号 138ページ] 靴¥12,000(ナイキ カスタマーサービス〈ナイキスポーツウェア〉) 〝アパルトモン〟のニット¥45,000・〝アロンピ〟のストール¥79,000(アパルトモン 東京店) スカート¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) 手に持ったブルゾン¥80,000(エストネーション) ピアス[シングル]各¥18,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) バングル¥22,000・リング¥30,000(フレーク) バッグ¥12,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈MARCO BIANCHINI〉) 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

黒ロングスカートコーデ18選

黒 ロング スカート コーデ 夏

細長く折ったスカーフを首にかけ、先端を結んで輪にしたら、くるっと胸元でねじって8の字に。 その輪に頭を通すと、ふわっと絶妙なふくらみと上品さが生まれる8の字巻きが完成。 90㎝角のスカーフが巻きやすい。 品よいタイトスカートでモードなコートを〝粋すぎない〟おしゃれに引き戻して。 ゆったりシルエットだからこそできる、ジャケットとのレイヤードは着こなしがマンネリ化する冬にぜひTRYしたい。 エレガントなダウンコートの下は、エフォートレスな雰囲気のニットのセットアップ。 テイストのギャップを前向きに取り入れるのがDomani世代のおしゃれ。 軽やかな薄手のダウンはオールジャパンメイドという、大人のための逸品。 ブランケットのような素材感で、切りっぱなしのすそが程よくカジュアル。 端正な紺ジャケットも、チェック柄コートとロングタイトの相乗効果でラフな印象に。 シンプルなモノトーンスタイルなので、足元はヘアカーフ素材のレオパード柄スニーカーで、ガツンとインパクトをオン。 モノトーンでまとめれば、ほんのりモードで品のいい、新たな魅力がにじみ出て。 その存在は裏地に薄い生地を貼ることで、より際立つ。 長めの丈、上品なAラインで大人っぽく着こなせる。 色味をそぎ落とすほど、赤の色気が効果的に引き立つ。 [Domani4月号 69ページ] 靴¥32,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉) ニット¥46,000(VINCE 表参道店〈VINCE〉) スカート¥15,000(DRWCYS) ひざにのせたコート¥48,000(アルアバイル) ピアス¥25,000(H. ベルトでウエストを絞れば、スタイリングの重厚感が軽減される。 ヘビーウエイトのコットンを100%使用したメンズTシャツは、リラックス感のあるシルエットに惚れる。 また、ジャケットのビッグシルエットがスカートのタイトさをさりげなく強調するので、女らしさも上々。 インにはボーダーカットソーを差し込んで、信頼感と親しみやすさを両立した着こなしに。 複雑なすその動きが周囲の視線を集めて、「なんだか素敵」と思わせる立ち姿に。 この黒スカートは、両サイドのスリットとサテンのパイピングがドレッシー。 甘めのドットブラウスもシックに受け止めてくれる。 一見、ガーリーなドットスカートは、ノースリーブの肌見せ感とインパクト小物で〝不真面目〟に着くずして、ガールズトークが盛り上がる夜遊びスタイルに。 流行のビビッドカラーも、色調が強すぎるとチープに見えるけれど、やや渋みのあるこのイエローは、大人が着ても似合います。 華やかな色は、つい気後れしてボトムで選んでしまいがちですが、トップスで着られるというのもうれしい。 そこでリッチ感が出るので。 小物もブランドを意識してコーディネート。 ダブルボタン、程よくふくらみのあるショルダー、長め丈、深いネイビー…。 今っぽさを凝縮したジャケットは、さらりと肩かけしただけでさまになる。 プリーツスカートで、あえてフェミニンにまとめると新鮮。 ワントーンスタイルに重宝するメッシュスカート。 目が細かいので透けすぎる心配なし。 こうして素材で遊ぶのも、今季のスカート選びの楽しみのひとつ。 D ルミネ新宿2店〈FRAY I. [Domani3月号 138ページ] 靴¥12,000(ナイキ カスタマーサービス〈ナイキスポーツウェア〉) 〝アパルトモン〟のニット¥45,000・〝アロンピ〟のストール¥79,000(アパルトモン 東京店) スカート¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) 手に持ったブルゾン¥80,000(エストネーション) ピアス[シングル]各¥18,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) バングル¥22,000・リング¥30,000(フレーク) バッグ¥12,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈MARCO BIANCHINI〉) 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

【2020最新】レーススカートの夏コーデ特集!40代の大人カジュアルな着こなし

黒 ロング スカート コーデ 夏

細長く折ったスカーフを首にかけ、先端を結んで輪にしたら、くるっと胸元でねじって8の字に。 その輪に頭を通すと、ふわっと絶妙なふくらみと上品さが生まれる8の字巻きが完成。 90㎝角のスカーフが巻きやすい。 品よいタイトスカートでモードなコートを〝粋すぎない〟おしゃれに引き戻して。 ゆったりシルエットだからこそできる、ジャケットとのレイヤードは着こなしがマンネリ化する冬にぜひTRYしたい。 エレガントなダウンコートの下は、エフォートレスな雰囲気のニットのセットアップ。 テイストのギャップを前向きに取り入れるのがDomani世代のおしゃれ。 軽やかな薄手のダウンはオールジャパンメイドという、大人のための逸品。 ブランケットのような素材感で、切りっぱなしのすそが程よくカジュアル。 端正な紺ジャケットも、チェック柄コートとロングタイトの相乗効果でラフな印象に。 シンプルなモノトーンスタイルなので、足元はヘアカーフ素材のレオパード柄スニーカーで、ガツンとインパクトをオン。 モノトーンでまとめれば、ほんのりモードで品のいい、新たな魅力がにじみ出て。 その存在は裏地に薄い生地を貼ることで、より際立つ。 長めの丈、上品なAラインで大人っぽく着こなせる。 色味をそぎ落とすほど、赤の色気が効果的に引き立つ。 [Domani4月号 69ページ] 靴¥32,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉) ニット¥46,000(VINCE 表参道店〈VINCE〉) スカート¥15,000(DRWCYS) ひざにのせたコート¥48,000(アルアバイル) ピアス¥25,000(H. ベルトでウエストを絞れば、スタイリングの重厚感が軽減される。 ヘビーウエイトのコットンを100%使用したメンズTシャツは、リラックス感のあるシルエットに惚れる。 また、ジャケットのビッグシルエットがスカートのタイトさをさりげなく強調するので、女らしさも上々。 インにはボーダーカットソーを差し込んで、信頼感と親しみやすさを両立した着こなしに。 複雑なすその動きが周囲の視線を集めて、「なんだか素敵」と思わせる立ち姿に。 この黒スカートは、両サイドのスリットとサテンのパイピングがドレッシー。 甘めのドットブラウスもシックに受け止めてくれる。 一見、ガーリーなドットスカートは、ノースリーブの肌見せ感とインパクト小物で〝不真面目〟に着くずして、ガールズトークが盛り上がる夜遊びスタイルに。 流行のビビッドカラーも、色調が強すぎるとチープに見えるけれど、やや渋みのあるこのイエローは、大人が着ても似合います。 華やかな色は、つい気後れしてボトムで選んでしまいがちですが、トップスで着られるというのもうれしい。 そこでリッチ感が出るので。 小物もブランドを意識してコーディネート。 ダブルボタン、程よくふくらみのあるショルダー、長め丈、深いネイビー…。 今っぽさを凝縮したジャケットは、さらりと肩かけしただけでさまになる。 プリーツスカートで、あえてフェミニンにまとめると新鮮。 ワントーンスタイルに重宝するメッシュスカート。 目が細かいので透けすぎる心配なし。 こうして素材で遊ぶのも、今季のスカート選びの楽しみのひとつ。 D ルミネ新宿2店〈FRAY I. [Domani3月号 138ページ] 靴¥12,000(ナイキ カスタマーサービス〈ナイキスポーツウェア〉) 〝アパルトモン〟のニット¥45,000・〝アロンピ〟のストール¥79,000(アパルトモン 東京店) スカート¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) 手に持ったブルゾン¥80,000(エストネーション) ピアス[シングル]各¥18,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) バングル¥22,000・リング¥30,000(フレーク) バッグ¥12,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈MARCO BIANCHINI〉) 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の