あぶない 刑事 課長。 あぶない刑事の近藤課長が復活!/芸能/デイリースポーツ online

#あぶない刑事 あぶない課長

あぶない 刑事 課長

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) あぶない刑事リターンズ 監督 村川透 脚本 柏原寛司 大川俊道 製作 出演者 舘ひろし 柴田恭兵 浅野温子 仲村トオル 木の実ナナ 音楽 OSNY MELO ほか 主題歌 エンディングテーマ:舘ひろし「冷たい太陽(NEW BLOOD VERSION)」 挿入歌:柴田恭兵「RUNNING SHOT ALBUM"SHOUT"MIX 」 撮影 編集 配給 東映 公開 上映時間 108分 製作国 言語 興行収入 9億1000万円 配給収入 5億円 前作 次作 『 あぶない刑事リターンズ』(あぶないでかリターンズ)は、に東映系で公開されたである。 『』劇場版シリーズの第4作。 概要 [ ] 前作『』以来7年振りに製作された劇場版第4作。 に逝去した近藤課長役のに代わり、本作より新たに新任課長・深町役としてがキャスティングされた。 また、視覚効果プロデューサーであるが本作よりスタッフとして招かれ、やなどのVFXやを前面に出すことによるアクションシーンの大幅なスケールアップが図られているほか、音声面ではシリーズとしては初めてステレオ方式が採用された。 キャッチコピーは「 ヨコハマ9. 14 事件。 」「 人生、腹の立つこともあるけれど、あぶデカが戻ってくることもある。 ストーリー [ ] の高級クラブが爆破された。 鷹山と大下は負傷したホステス・樋口麻美を事情聴取をするべく病院を訪れると、そこには麻美が何者かによって拉致される姿があった。 地下駐車場での激しい銃撃戦の末、辛くも麻美の保護に成功する。 その後、大下は使用された爆弾の特徴を元に単独で捜査を開始、鷹山も麻美から話を聞こうとするが目立った進展もない。 そんな中、大下が爆弾の主であるマッドボンバー・唐木を逮捕するとともに、の営利集団誘拐計画の情報を得る。 計画は鷹山と大下らの活躍で失敗に終わるも、新人刑事の虎井が犯人グループに拉致されてしまう。 必死の捜査の中で浮かび上がった「ブレーメン」という名の組織、そして旧製の密輸入。 彼らの最終目的とは? 登場人物 [ ] レギュラーメンバーについてはを参照 柊誠 貿易会社経営者であり、国際的反体制カルト集団「ブレーメン」の最高権力者。 一流総合商社・八百富物産勤務時代、社内のシステムを悪用した麻薬密輸容疑で逮捕された前歴があるが、その時に培ったコンピュータネットワーク技術を駆使し、世界中に賛同者を抱える巨大秘密結社を一代で築き上げた。 者であり、「新世界の創造」という理想の下、資金集めのために頭取集団誘拐計画を実行。 さらに旧ソビエト製のSRBM「SS-30X」を密かに日本へ持ち込み、の破壊によるを目論んでいた。 最期は鷹山たちの活躍で計画を砕かれ、制御不能となったミサイルと運命を共する。 樋口麻美 関内のクラブに勤めるホステス。 かつては八百富物産に勤めており、柊の恋人だった。 柊から手渡された花をが仕掛けられていることも知らずにクラブへ持ち込んだことから、結果的に爆破事件に加担してしまうこととなった。 償いとして柊の手にかかることを望んだが、最終的に薫や鷹山たちに救われた。 唐木保 かつて大下が逮捕した爆弾マニア。 柊の異母弟であり、出所後はの電気ジャンクショップに勤務していたが、裏では組織の手先として再び爆弾製造に手を染めていた。 爆弾の電気信管に豆電球を用いるこだわりを持ち、それが犯行を露見させる仇となった。 鷹山たちが組織と接触した直後、「これがルールだ」との言葉を遺して自決。 青柳耕作 写真家。 モデルスカウトを装って薫に接近するが、その正体はブレーメンの末端構成員。 薫に盗聴器を忍ばせたポシェットを渡し、警察の動向を探っていた。 木内 東横銀行頭取・渡辺の秘書だが、裏では柊の片腕として頭取集団誘拐を手引きしていた。 での銃撃戦で町田に右耳を吹き飛ばされ、最期は巨大倉庫での銃撃戦で大下に射殺された。 キャスト [ ]• 鷹山敏樹:• 大下勇次:• 真山薫:• 町田透:• 松村優子:• 田中文男:• 吉井浩一:• 愛川史郎:• 柊誠:• 樋口麻美:• 虎井祐輔:• 唐木保:• 佐伯真理:• 逃げる男:(日本テレビ)• 東横銀行頭取・渡辺:• 新町銀行頭取・篠崎:• 関内西銀行頭取・上原:• 振興銀行頭取・磯野:• 港町銀行頭取・木下:• ピザ屋:• 木内:• 川辺:• 今井:• 山本:• 青柳耕作:• ダンスホールの女:(友情出演)• 深町新三: スタッフ [ ]• 製作総指揮 - (NTV)、()• 企画 - 、(NTV)、黒澤満• プロデューサー - (NTV)、()、服部紹男• 脚本 - 、• 撮影 -• 照明 - 井上幸男• 美術 - 小林正義、山崎秀満• 録音 - 曽我薫• 編集 - 西東清明• 助監督 -• 音楽 - Fuji-Yama(諸藤彰彦・山崎茂之)、オズニー・メロ• 音楽監督 -• 音楽プロデューサー - 高桑忠男(東映音楽出版)• 音楽プロデューサー補 - 町田尚己• エンディングテーマ - 舘ひろし「冷たい太陽(NEW BLOOD VERSION)」• プロデュース -• 作詞 - 舘ひろし• 作曲 - 舘ひろし、久邇洋資• 編曲 - T2(トーマス・サワダ、玉木鉄太郎)• 挿入歌 - 柴田恭兵「RUNNING SHOT」• 作詞 - 、門間裕• 作曲・編曲 - 吉松隆• 挿入曲 - 「DAY BREAK SOMEONE」• 作曲・編曲 -• オリジナルサウンドトラック盤 発売 -• 音響効果 - 真道正樹()• スタジオ -• ガン・アドバイザー -• VFXプロデューサー - (マリンポスト)• CG - 、、日本テレビ放送網編成局美術制作部、東映化学デジタルテック• ミニチュア - 特殊美術GAM、亀甲船• ダンス指導 -• 出版担当 - (NTV)• 現像 -• 協賛 - 、、• 制作協力 -• 配給 - 東映• 監督 -• 製作 - あぶない刑事製作委員会(、) 映像ソフト [ ] DVD 発売。 販売元:VAP VPBT11595/4,500円(税別)• カラー本編110分 映像特典• シークレットファイル、劇場予告、フォトギャラリー Blu-ray 発売。 0ch 映像特典• 前半の銀行頭取誘拐エピソードは、に放映されたテレビドラマ『』第37話「頭取集団誘拐」を原案としている。 脚本を担当した柏原寛司が、「頭取~」の脚本家であるからプロットの使用許諾を得た上で執筆したという。 本作は劇場公開時、鷹山・大下と町田との電話でのやりとりのシーンにおいて、「お前、この間紹介したって子どうしたんだよ? 」という楽屋落ち的なセリフが存在したが、このセリフはビデオソフト化の際に騒音の効果音を被せる形で音声修正された。 現在は地上波放送・DVDなどもこの音声修正ヴァージョンがデフォルトとなっているが、2003年5月4日、の資本外であるにて音声修正されていない劇場公開ヴァージョンのプリントが放送されている。 その後、日本映画専門チャンネル2012年10月1日放送分では音声修正ヴァージョンが放送された。 「1996年邦画作品配給収入」『』(9年)下旬号、、1997年、 157頁。 『』2012年11月号 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

【ノワール作家ガイド】チャールズ・ウィルフォード『危険なやつら』『マイアミ・ブルース』『あぶない部長刑事』

あぶない 刑事 課長

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) あぶない刑事リターンズ 監督 村川透 脚本 柏原寛司 大川俊道 製作 出演者 舘ひろし 柴田恭兵 浅野温子 仲村トオル 木の実ナナ 音楽 OSNY MELO ほか 主題歌 エンディングテーマ:舘ひろし「冷たい太陽(NEW BLOOD VERSION)」 挿入歌:柴田恭兵「RUNNING SHOT ALBUM"SHOUT"MIX 」 撮影 編集 配給 東映 公開 上映時間 108分 製作国 言語 興行収入 9億1000万円 配給収入 5億円 前作 次作 『 あぶない刑事リターンズ』(あぶないでかリターンズ)は、に東映系で公開されたである。 『』劇場版シリーズの第4作。 概要 [ ] 前作『』以来7年振りに製作された劇場版第4作。 に逝去した近藤課長役のに代わり、本作より新たに新任課長・深町役としてがキャスティングされた。 また、視覚効果プロデューサーであるが本作よりスタッフとして招かれ、やなどのVFXやを前面に出すことによるアクションシーンの大幅なスケールアップが図られているほか、音声面ではシリーズとしては初めてステレオ方式が採用された。 キャッチコピーは「 ヨコハマ9. 14 事件。 」「 人生、腹の立つこともあるけれど、あぶデカが戻ってくることもある。 ストーリー [ ] の高級クラブが爆破された。 鷹山と大下は負傷したホステス・樋口麻美を事情聴取をするべく病院を訪れると、そこには麻美が何者かによって拉致される姿があった。 地下駐車場での激しい銃撃戦の末、辛くも麻美の保護に成功する。 その後、大下は使用された爆弾の特徴を元に単独で捜査を開始、鷹山も麻美から話を聞こうとするが目立った進展もない。 そんな中、大下が爆弾の主であるマッドボンバー・唐木を逮捕するとともに、の営利集団誘拐計画の情報を得る。 計画は鷹山と大下らの活躍で失敗に終わるも、新人刑事の虎井が犯人グループに拉致されてしまう。 必死の捜査の中で浮かび上がった「ブレーメン」という名の組織、そして旧製の密輸入。 彼らの最終目的とは? 登場人物 [ ] レギュラーメンバーについてはを参照 柊誠 貿易会社経営者であり、国際的反体制カルト集団「ブレーメン」の最高権力者。 一流総合商社・八百富物産勤務時代、社内のシステムを悪用した麻薬密輸容疑で逮捕された前歴があるが、その時に培ったコンピュータネットワーク技術を駆使し、世界中に賛同者を抱える巨大秘密結社を一代で築き上げた。 者であり、「新世界の創造」という理想の下、資金集めのために頭取集団誘拐計画を実行。 さらに旧ソビエト製のSRBM「SS-30X」を密かに日本へ持ち込み、の破壊によるを目論んでいた。 最期は鷹山たちの活躍で計画を砕かれ、制御不能となったミサイルと運命を共する。 樋口麻美 関内のクラブに勤めるホステス。 かつては八百富物産に勤めており、柊の恋人だった。 柊から手渡された花をが仕掛けられていることも知らずにクラブへ持ち込んだことから、結果的に爆破事件に加担してしまうこととなった。 償いとして柊の手にかかることを望んだが、最終的に薫や鷹山たちに救われた。 唐木保 かつて大下が逮捕した爆弾マニア。 柊の異母弟であり、出所後はの電気ジャンクショップに勤務していたが、裏では組織の手先として再び爆弾製造に手を染めていた。 爆弾の電気信管に豆電球を用いるこだわりを持ち、それが犯行を露見させる仇となった。 鷹山たちが組織と接触した直後、「これがルールだ」との言葉を遺して自決。 青柳耕作 写真家。 モデルスカウトを装って薫に接近するが、その正体はブレーメンの末端構成員。 薫に盗聴器を忍ばせたポシェットを渡し、警察の動向を探っていた。 木内 東横銀行頭取・渡辺の秘書だが、裏では柊の片腕として頭取集団誘拐を手引きしていた。 での銃撃戦で町田に右耳を吹き飛ばされ、最期は巨大倉庫での銃撃戦で大下に射殺された。 キャスト [ ]• 鷹山敏樹:• 大下勇次:• 真山薫:• 町田透:• 松村優子:• 田中文男:• 吉井浩一:• 愛川史郎:• 柊誠:• 樋口麻美:• 虎井祐輔:• 唐木保:• 佐伯真理:• 逃げる男:(日本テレビ)• 東横銀行頭取・渡辺:• 新町銀行頭取・篠崎:• 関内西銀行頭取・上原:• 振興銀行頭取・磯野:• 港町銀行頭取・木下:• ピザ屋:• 木内:• 川辺:• 今井:• 山本:• 青柳耕作:• ダンスホールの女:(友情出演)• 深町新三: スタッフ [ ]• 製作総指揮 - (NTV)、()• 企画 - 、(NTV)、黒澤満• プロデューサー - (NTV)、()、服部紹男• 脚本 - 、• 撮影 -• 照明 - 井上幸男• 美術 - 小林正義、山崎秀満• 録音 - 曽我薫• 編集 - 西東清明• 助監督 -• 音楽 - Fuji-Yama(諸藤彰彦・山崎茂之)、オズニー・メロ• 音楽監督 -• 音楽プロデューサー - 高桑忠男(東映音楽出版)• 音楽プロデューサー補 - 町田尚己• エンディングテーマ - 舘ひろし「冷たい太陽(NEW BLOOD VERSION)」• プロデュース -• 作詞 - 舘ひろし• 作曲 - 舘ひろし、久邇洋資• 編曲 - T2(トーマス・サワダ、玉木鉄太郎)• 挿入歌 - 柴田恭兵「RUNNING SHOT」• 作詞 - 、門間裕• 作曲・編曲 - 吉松隆• 挿入曲 - 「DAY BREAK SOMEONE」• 作曲・編曲 -• オリジナルサウンドトラック盤 発売 -• 音響効果 - 真道正樹()• スタジオ -• ガン・アドバイザー -• VFXプロデューサー - (マリンポスト)• CG - 、、日本テレビ放送網編成局美術制作部、東映化学デジタルテック• ミニチュア - 特殊美術GAM、亀甲船• ダンス指導 -• 出版担当 - (NTV)• 現像 -• 協賛 - 、、• 制作協力 -• 配給 - 東映• 監督 -• 製作 - あぶない刑事製作委員会(、) 映像ソフト [ ] DVD 発売。 販売元:VAP VPBT11595/4,500円(税別)• カラー本編110分 映像特典• シークレットファイル、劇場予告、フォトギャラリー Blu-ray 発売。 0ch 映像特典• 前半の銀行頭取誘拐エピソードは、に放映されたテレビドラマ『』第37話「頭取集団誘拐」を原案としている。 脚本を担当した柏原寛司が、「頭取~」の脚本家であるからプロットの使用許諾を得た上で執筆したという。 本作は劇場公開時、鷹山・大下と町田との電話でのやりとりのシーンにおいて、「お前、この間紹介したって子どうしたんだよ? 」という楽屋落ち的なセリフが存在したが、このセリフはビデオソフト化の際に騒音の効果音を被せる形で音声修正された。 現在は地上波放送・DVDなどもこの音声修正ヴァージョンがデフォルトとなっているが、2003年5月4日、の資本外であるにて音声修正されていない劇場公開ヴァージョンのプリントが放送されている。 その後、日本映画専門チャンネル2012年10月1日放送分では音声修正ヴァージョンが放送された。 「1996年邦画作品配給収入」『』(9年)下旬号、、1997年、 157頁。 『』2012年11月号 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

仲村トオル(町田透 まちだとおる役)

あぶない 刑事 課長

今村明彦(浪人生) - 鹿又裕司• 麻生レミ(デート喫茶「パピヨン」の女の子) -• 吉野久(偽名「岩田一男」) -• 堂本健児(デート喫茶「パピヨン」のマスター) -• 、 第2話「救出」• 依田(銀行強盗) -• 相沢タモツ(銀行強盗) -• 村井リョウ(銀行強盗) - 兼松隆 第3話「挑発」• 野本麗子(株式会社スコープ電業 社員) - 吉宮君子• 脇坂四郎(株式会社スコープ電業 社員) - 阿部雅彦• 竹上(仕出弁当屋「三幸給食」) - 第4話「逆転」• 小松美由紀(先月まで叔父のアクセサリー工場勤務) -• 須藤(クラブ「クローバー」のバーテン) -• クラブ「クローバー」の店長 - 第5話「襲撃」• 石塚(石塚商会 社長) -• 中沢信也(元金庫破り) -• 中沢ヨリカ(中沢の妻) - 関根律子• 島崎徳次(元銀星会幹部) -• 福永(銀星会幹部) - 第6話「誘惑」• 玉木緑(バー「ノーザン・ライト」の雇われママ) -• 金森良一(元組員) - 飯田浩幾• 宮本浩二 - 三上剛仙• 永井俊男(バー「ノーザン・ライト」のマスター) - 第7話「標的」• 片倉肇(前科1犯) - 黒田真澄• 玉村駿太郎、 第8話「偽装」• 坂本治(チンピラ) -• 南川マキ(坂本の彼女) - 小島みづほ• 郷田修平(貿易会社オーシャン実業 社長) -• 中川順一(貿易会社オーシャン実業 共同経営者) -• ドヤのオヤジ - 第9話「迎撃」• 斉藤(元自衛隊特殊部隊) -• 吉村明美(斉藤の情婦) - 江崎和代• 源六 - 第10話「激突」• 長尾彰(銀星総業社長・礼次郎のひとり息子) -• 宮内紘子(クラブ「倫敦」のホステス) -• 長尾礼次郎(銀星会会長) -• 宮崎(長尾彰の部下) -• 小宮(長尾彰の部下) - 第11話「奇襲」• 鳴海治郎(船の運転士) -• 美咲涼子(三笠出版勤務) -• 内藤孝昭(ブティック「NAITOU」オーナー) -• 寺西英二(輸入車販売会社「チェッカー・モータース」社長) -• 寺西靖子(英二の娘) - 志賀律子 第12話「衝動」• 野島公次(銀星会No. 1の取立屋) -• 富岡健一(シャブの売人) -• 橋爪道子(歌手になりたくて横浜に出てきた) - 藤本恭子• 赤松浩(前科者) -• のぞき趣味の園長 -• 橘弁護士 -• 影山英俊、 第13話「追跡」• 沢村(ガソリンスタンド「太陽石油」の店員・港署の元刑事) -• 稲垣保夫(6年前に沢村から拳銃を奪った) -• 庄司守(信用金庫の元ガードマン) -• はるこ(小料理屋「鶴平」の女将、沢村の元妻) -• 松山署刑事課長 - 第14話「死闘」• 小堺(横浜中央警備保障のガードマン) -• 吉浦茂(強盗未遂で手配中) -• 久松恒男(吉浦と現金輸送車を襲撃) -• 梶谷(逃がし屋・元税関吏) - 三島新太郎• 中原れいこ -• 井上たまみ -• 二瓶 -• 猫田 - 第15話「説得」• 高村仁(ガソリンスタンド「太陽石油」の店員) -• 早見晃(スナック「ルイ」ウェイター) -• マリー(コールガール) - 仁科まり子• 奥村春美(仁の恋人) - 第16話「誤算」• 河野淳(開港病院のインターン) -• 由香里 -• 森口(飛鳥興業 社長) -• 常山(ヤクザ) - 田中公行• 飯岡(ハスラー) - 流健二郎 第17話「不信」• 白石昌平(殺人現場を目撃した少年) - 斉藤良• 中屋圭介(神奈川分室の麻薬取締官) -• 白石典子(昌平の叔母・昌平の面倒を見ている) - 阿弥陽子• 八木沢(麻薬取締官) - 藤岡洋右• 野々村 -• バーのママ -• 第18話「興奮」• 野沢(京浜証券勤務のサラリーマン) - 貞永敏• 高橋由美(東陽銀行支店長の娘) -• 明夫 -• 野沢の恋人 - 第19話「潜入」• 佐久間悦子(ナイトクラブ「Kingston Club」のホステス) -• 森岡安男(篠崎の相棒) -• 田畑博巳(貿易商社「TABATA TRADING」社長) -• 篠崎(強盗犯) - 赤坂広人• 田端の部下 - 第20話「奪還」• 三村恵理香(尾崎と奈津子の娘) -• 東条(銀星会系東条会会長) -• 銀星会組員 - 友金敏雄• 長尾礼次郎(銀星会会長) -• 冒頭部の密輸の運び屋 -• 冒頭部の警官隊の一警官 - (ノークレジット) 第21話「決着」• マリア・ベレ(マニラに住む大学生) - 佐々木美須加• 倉橋忠男(銀星会幹部) -• 後藤(銀星会) -• 松永(倉橋の舎弟) - 田辺年秋• 児島(マスター) - 第22話「動揺」• 菅沼和江(主婦) -• 花岡登(スナック「JO'S BAR」のバーテン) - 第23話「策略」• 岩見周平(前科2犯) -• 根岸友子(スナック「ポールスター」経営) -• 作間(作間不動産) -• 金井セイジ(住所不定の男) - 第24話「感傷」• 北村陽子(元教師・平和設備工業所勤務) - 第25話「受難」• 吉沢奈々(「THE Bee」のソープランド嬢) - 中川みず穂• 岩本明(自称カメラマン) -• 北川真紀(「THE Bee」のソープランド嬢) - 松本真季• 沼田 - 第26話「予感」• 結城順子(結城順子法律事務所 弁護士) -• 加藤誠(加藤商事 社長) -• 桑原正樹(銀星会の準構成員) - 第27話「魔性」• 大牟田一郎(印刷会社の御曹司) -• 滝沢信(本牧の塗装工・元暴走族ジャッカル所属) -• 菅井陽介(根岸の板金工・元暴走族ジャッカル所属) - 佐藤弘• 水村泰三 第28話「決断」• 岩城恒男 -• 牛島昇(中光運送の運転手) -• 若菜京子(港署に配属された交通課の新人婦警) -• 古屋良子(弁当屋・以前岩城と内縁関係だった) -• 火薬工場職員 -• 村上幹夫、 第29話「追撃」• 森山リサ(3年前殺人未遂を起こして少年院に入っていた) -• 高沢明(バーのオーナー) -• 安部修(大学生) - 岡竜也• 石橋英雄(神奈川県庁職員) -• 河野 - 沢村透• 平田 - 中村望• 戸村(横羽組) - 第30話「黙認」• 黒田優子(昼は保険の外交員で夜はカラオケスナックのホステス) -• 佐々木雅子(主婦・優子の双子の妹) - 栗田聖佐見• 黒田慎司(小学生) - 石野健司• 佐々木(銀星会幹部) - 椎谷建治• 安岡(銀星会組員) - 久保忠郎• 黒田優子の勤務先の上司 - (ノークレジット) 第31話「不覚」• 西山俊之(チンピラ) -• 早見(銀星会幹部) -• 井上(興龍会幹部) -• 飯島真紀(西山の女) - 椎名梢• 、加治良介 第32話「迷路」• 深見浩一(大学生) -• 間杉知佳子(東日グループの重役令嬢) -• 間杉守(知佳子の父) -• 深見浩一の母 -• 置き引き少年 -• たばこ屋のお婆ちゃん - 第33話「生還」• 須藤健(貿易商) -• 徳大寺康弘(徳大寺コーポレーション 社長) -• 藤城敬子(ブティック「PAGE HOUSE」勤務) -• 野上良江(須藤の仲間) -• 岡部(磯山組) -• 第34話「変身」• 関川誠(港栄海運 社長) -• 西島(県警麻薬捜査官) -• 飯岡早苗(かもめ組組長代理) -• 川島(若頭) - 大江徹• 鶴岡修 第35話「錯覚」• 渚ひろみ(歌手) -• 山西陽子(港ヶ丘高校定時制・詩人) - 勝沼のり子• 佐賀明(鉄の兄) -• 佐賀鉄(板前) -• 中塚(手配中の容疑者) - 白井達始• 丸内修(通称「マルチの修」、中塚の親友) - 第36話「疑惑」• 新田(港署警ら課 巡査) -• 九条(港署警ら課 巡査) - 深谷優隆• 新田かおり(元看護婦・新田の妹) -• 火野隆三(坂口の兄貴分) -• 坂口 - 渕上大二郎• 梶間(拳銃密輸で服役していた) -• 井上三千男 第37話「暴発」• 工藤(サルーワプロダクト 社長) -• 門田(サルーワプロダクト 社員) -• 土井正一(土井商事 社長) -• 斎藤貢(斉藤不動産 社長) -• 大沢 - 第38話「独断」• 長谷川瞬(元プロボクサー) -• アンズ(ストリートガール) -• 原熊(県警刑事) - 第39話「迷走」• 片岡猛(無職) -• 江尻恒雄(無職・片岡の相棒) -• 麻生万理(ダンスクラブのインストラクター) -• 陳(元拳銃ブローカー) -• 安田(売人) - 八田純 第40話「温情」• 田代慎介(サルビア号機関員) -• 久保山(麻薬仲買人) - 菊川予市• 北沢(麻薬仲買人) -• 君塚(麻薬仲買人) - 手島雅彦• 秋島(田代のヘロインの取引相手) - 高岡良平• 時本和也、大石源吾、安永憲司、樋口邦雄 第41話「仰天」• 前島正樹(連続爆破事件の犯人) -• 早見礼子 -• 服部清志(バーのマスター) -• 松本光次(服部の相棒) -• 鈴木(電気工事の作業員に変装して港署を襲撃) - 田島基吉• 大野(鈴木と港署を襲撃) - 第42話「恐怖」• 豹藤彰(無職・前科3犯) -• 萩原ゆかり(中学生・萩原の娘) - 川辺智恵• 倉中保(熱帯魚屋・元港南大ボート部) -• 関根義一(クレープ屋の元タクシー運転手・元港南大ボート部) -• 薄井正樹(会計士) -• 萩原(化粧品輸入会社社長) - 城海峰• 結城(タクシー会社部長) - 正木秀• 深作覚 第43話「脱線」• 高橋由香(殺された島田の彼女) -• 山野トメ吉(スリの常習犯・元医学生) -• 滝(銀星会組員) -• 沢村(銀星会組員) -• 島田 - 吉岡伸祥• 時田(銀星会組員) - 第44話「苦杯」• 岩木悟(パチンコ屋勤務) -• 笠間(笠間組組長) - 三輪猛雄• 松本新一(笠間組組員) - 萩原好峰• 松崎(銀星会幹部) - 志賀実• 杉山(笠間組幹部) -• 佐野(銀星会幹部) - 第45話「謹慎」• 栗田圭子(3ヶ月前まで新港電気勤務) -• 新谷浩(圭子の愛人・現金輸送車襲撃の3人組) - 麻生肇• 笹井(現金輸送車襲撃の3人組) -• 小松(現金輸送車襲撃の3人組) -• 山下公園にいたバイク乗り -• 、 第46話「脱出」• 三上恵次(元銀星会組員・2年前に傷害の前科) -• 高沢(銀星会極東支部長) -• 小山みか(三上の恋人・キャバクラ嬢) -• 佐山(銀星会の顧問弁護士) -• 森下(銀星会組員) -• 、室井奈穂子、 第47話「報復」• 一ノ瀬和夫(5年前に相棒の中野と金塊を強奪) -• 一ノ瀬千晶(一ノ瀬の腹違いの妹・青葉通の証券会社勤務) -• 緒方恒雄(宝石のブラックマーケット専用のブローカー) -• あけみ(ホステス) - 甲斐美恵• 中野(一ノ瀬の相棒) -• 磯村憲二 第48話「無謀」• 真木紀男(国際理科大学 4年生) -• 松下宏子(元町ギャラリー勤務・ピアノ講師のバイト) -• 中丸新将、志賀実 第49話「乱調」• 飯岡早苗(かもめ組組長代理) -• 島本照男(信次と奈美を追う強盗・傷害と強盗の前科) - 高岡良平• 坂口要三(島本の相棒・傷害と強盗の前科) -• 瀬川信次(冷凍車の運転手) -• 中野奈美(かまぼこ屋店員) - 石崎文也 第50話「狙撃」• 長尾礼次郎(銀星会会長) -• 玉井(須藤組幹部) -• 恩田(殺し屋) - 飯田浩幾• 恩田京子(恩田の娘) -• 西島(銀星会幹部) -• 荻野(銀星会幹部) - 最終話「悪夢」• 山中一郎(夜勤のガードマン) -• 美晴(ブティック店員) - 原田采知• まゆみ(美晴の友達) - もっとあぶない刑事(1988年) 第1話「多難」• 宮崎 -• 木戸昭義(宮崎のダチ) - 久保忠郎• 橋本(東和銀行を襲う強盗) - 黒田真澄• 平川(橋本の相棒) - 奥久俊樹• 志賀実、 第2話「攻防」• 黒井アキラ(サラリーマン) -• 野口(銀星会幹部) -• 時田(密輸拳銃ブローカー) -• 遠山礼子(モデルクラブの女社長) -• 長尾礼次郎(銀星会会長) - 第3話「閉口」• 一ノ瀬高志(元船員) -• 竹山恒雄(元バーテン) - 高山瑛光• 小島里沙(見習い美容師) -• 陣内(YM警備保障のガードマン) - 河合勇樹• 千種かおる、田村麻実 第4話「奇策」• 中沢信作(シャブの運び屋) -• 藤代美紀(根本の同棲相手) - 高山典子• 根本茂治 -• 榎木兵衛、星野晃、町田政則、榊原司郎、島村日出人、川本賢哲、、酒井盛陽、、 第5話「争奪」• 徳丸一三(和光貿易 専務) -• 本庄恭兵(恐喝犯) - 富士原恭平• 高井(弁護士) -• 秘密クラブのバーテン -• 団巌、小西山淳一、東城美帆 第6話「波乱」• 鹿島幸雄(凶悪犯) -• 鹿島清(鹿島の弟) -• 上原直美(横浜中央警備保障勤務・鹿島の女) - 古川明美• 宮田(2週間前に現金輸送車を襲撃) -• 坂本寿久 第7話「減俸」• 工藤直也(無職) -• 坂口恒雄(塗装工) -• 小沼実(塗装工・工藤の仲間) - 中村銀次• 田所(ビデオショップ「タクト」経営) -• 神奈川県警 刑事 - 第8話「秘密」• 坂上昭信(ハマインフォメーション 社長・元暴力団員) -• 西川(ハマインフォメーション 営業部長) -• ジロー(チンピラ) - 塩谷孝之• 島本(銀星会下部組織所属) -• 帯金伸行 第9話「乱脈」• 遠山明(大学生) -• 島田登(フリーター) - 高橋周二• 酔っ払いの男 -• 北見敏之、田村寛 第10話「悪戯」• 吉原(曙商事 社長・北竜会の元大幹部) -• 新見(曙商事 取締役・北竜会の元幹部) - 倉屋烈• 松本(銀星会系篠田組組員) -• 篠田(篠田組組長) -• 江藤漢、、金子研三 第11話「結婚」• 榎本まゆみ(函館西署 刑事) -• 河野(河野商会 経営者) -• 田畑(元ヤクザ) -• 小松誠(田畑とともにシャブを盗む) - 山崎克史• 瀬木一将、森聖二、片桐竜次 第12話「突破」• 香川敦司(ゲームプログラマー) -• 赤木彰久(東和銀行を襲う) -• 河合俊春、、、 第13話「代償」• 平尾明(平尾不動産 経営者) -• 柿崎正一(元町のブティック経営) -• 柿崎日出子(柿崎の妻) -• 田山真美子 第14話「切札」• アリス - 渡辺リカ• 工藤英男(殺し屋) -• 香山美樹(高級ブティック経営) -• 佐久間(ギャンブラー気取り) -• 阿部(ナイトクラブオーナー) -• 暴力団組長 -• 佐藤信一 第15話「不惑」• 今泉浩(電子機器会社「パシフィック」勤務) -• 牧野恵(横浜第一銀行桜木町支店預金課勤務) -• 山崎(ヤクの売人) -• 清水エンタープライズ 社長 - 久遠利三• 日野光夫 -• 改造拳銃ディーラー -• 黒田真澄、浦野眞彦 第16話「異変」• 八木沢(東海ゼミナール 理事) -• 尾崎(八木沢の秘書) -• 朱美(水沼の女) -• ゴロー(水沼の舎弟) - 岡本雄二朗• 若林(予備校職員) - 大場健司• 、細見良行 第17話「乱心」• 神崎京子(県警本部警部補・FBIアカデミーから来た女刑事) -• 小松夕子(アルファ航空スチュワーデス) -• 水本剛志(元ディスコ「ムーンブロー」のボーイ) - 森美智夫• 池辺哲也(元ディスコ「ムーンブロー」のボーイ) -• 深野修(元ディスコ「ムーンブロー」のボーイ) - 神谷潤 第18話「魅惑」• 立花祥子(コーヒーショップ「4ちょうめ」ウェイトレス) -• 角田茂(以前強盗傷害で多摩刑務所に服役) -• 星恒雄(角田の舎弟) - 山崎勘太• 中井久(以前多摩刑務所に服役) -• フェリーの操縦士 -• 和田周、斉藤暁、河合弦司 第19話「役得」• 石井由美(ホテルでメイドのバイト) -• 島田亮一(脱獄囚) - 田嶋基吉• 佐久間(画廊「聖美ギャラリー」オーナー) -• 岩崎和也(島田の仲間) -• 、船場牡丹、岸端浩也、影山誠二、森聖二 第20話「迷惑」• 橘(警視庁捜査一課 刑事・103号を追いつづけてる) -• 103号(殺し屋) -• 金子英二(バー「VFW」マスター・橘の元同僚で3年前103号に片脚を撃たれる) -• 銀二(密輸品ブローカー) - 脇坂奎平• 笞原(銀星会) -• 榊原司郎、 第21話「傷口」• 天野健次(強盗殺人終身刑の囚人) -• 加瀬優子(松原の元彼女) -• 松原弘和(会社社長) -• 手嶋雅彦 第22話「暴露」• 有田(シャブの密売組織「有田エンタープライズ」ボス) - 蔵一彦• 田宮アケミ(「有田エンタープライズ」一員・オカマ) -• 角脇(「有田エンタープライズ」一員) -• 横井(銀行強盗) - 小林一三• シャブ中の男 -• 大念寺誠、、多賀谷渉、清水一彦、酒井盛陽 第23話「心痛」• 池上修治(ミリオン不動産 社長) -• 池上公平(中学生) - 小野隆• 飯島(大洋不動産 専務) -• 毛利(暴走族) -• 林照高(日の出組のチンピラ) - 志賀実• マキ(林の女) - 桑田和美• 星沢(ミリオン不動産 常務) -• 狙撃犯 -• ただのあつ子 第24話「急転」• 三木泉(エレベーターガール・犯人を目撃する) - 杉浦一恵• 高木登(ブティック「グリーグレイ」社長) -• 高木美枝(グリーグレイ専属デザイナー・登の姉) -• 内山正(泉に好意を寄せている) -• 相馬剛三、東城美帆 最終話「一気」• 梶原仁(ヤクの売人) -• 美香(ゴールデンカップのウェイトレス・仁の彼女) -• 尾藤彰(ヤクの売人) - 間田憲輔• スナックのマスター - 伊藤裕平• 黒木(元銀星会系の暴力団員) -• 、小池雄介、大石源吾、浦野眞彦• テレビ1作目・第1話「暴走」の終盤で提出された報告書に『神奈川県司法警察員 巡査部長 鷹山敏樹』との署名がみられる。 しかし、フォーエヴァーTVでの一場面で港署のニュース中継が流れる際、『鷹山敏樹巡査長』と表示されている。 『さらば』DVDのトリビア字幕によれば新聞記者で、敏樹はそれに反抗して警察官になったという。 そのほかに「もっとも」ではを使用している(劇中で松村課長が乗っていたものを借り受けて使用した)。 テレビ1作目のDVD・第5巻収録の映像特典にあるプロフィールによると、四輪車の免許は持っていない旨の記述が見られるが真相は不明。 なお、免許を持っていなくても警官になることは現実に可能である。 第18話「興奮」にて。 第38話「独断」にて。 テレビ1作目ではを愛読している場面が何度かうかがえる。 「さらば」では刑事在職中はを、ニュージーランド移住後はを用いている描写がある。 この時シリーズで最初で最後となる涙を見せている。 また落ち込みようは大下ですら声がかけられないほどであった。 舘自身もラグビー経験者であり、同様にオールブラックスのファンである。 テレビ1作目・第1話『暴走』で提出された始末書には「神奈川県司法警察員 巡査部長 大下勇次」との署名がみられるが、その後の作品には巡査長と表示されているものもある。 但し、「もっと」第21話においては、町田とのやりとりで「静岡生まれ」と言われている。 なお、柴田本人も静岡県出身である。 5人兄弟説の初出はテレビ1作目・第37話「暴発」浅野のアドリブ。 なお、柴田本人は5人兄弟の3番目である。 一方で、鷹山とは対照的にバイク類の運転は全く出来ない。 しかし例外として、「もっと」第3話「閉口」ではに乗車、アクセルターンを見せる場面がある。 柴田の私物をそのまま使用していた。 テレビ1作目・第8話「偽装」と第9話「迎撃」を除く。 8話は松村課長とのツーショット、9話は松村課長メインの回であり、当人のアップで本編を締めくくったため。 テレビ1作目・37話「暴発」のみ、コルトローマン2インチを使用した事がある。 また、一時期も使用していた。 いわゆるとして監督のが導入したもの。 しかし、ラストで結婚詐欺だったことが判明(そのためか薫曰く警察嫌いであり式に警察関係者を呼ばないよう述べていたらしい)。 しかも株の話を持ち掛けられた際には退職金を前借りし全額株の購入に充ててしまっていた。 さらに小説版では重要物保管所を襲撃したディーノらに対し毅然な態度をとっている。 「さらば」トリビア字幕より• ただし数十年の歳月を経て流石に学んだのか、「さらば」では引っかかっていなかった。 これは舘・柴田がイメージキャラクターを務めていた『』ののである。 実は作品のために新造したわけではなく、鷹山が「もっとも」まで使っていたお古の銃を木製グリップに付け替えたものである。 ドラマ『シリーズ』にてが劇中衣裳として使用していたスーツを仕立て直して再使用していた。 この設定は、舘・柴田と並んでベテランの大物俳優になった仲村の芸能界での現状も暗示している。 脚本の柏原寛司によれば、この設定はアメリカでの事例であるが、二人の場合は日本人離れしていることから起用したという。 近藤の様に責任を負い切れる保証がないという理由もある。 大下曰く「少しだけ近藤課長に似てきた」。 また小説版では大下だけでなく鷹山のためにハーレーや銃器を用意している• 秋山は実際に船舶免許所持者であった。 アイドルの明日香()が港署を訪れたシーンでわずかに登場したのみであった。 「もっと」第8話「秘密」より。 「もっと」では、メモ帳に「 バカモン」と書き殴りをしている場面が見られた。 ただしOPは「もっと」最終回まで同じ映像を継続して使用したため、口髭のある近藤課長が映っている。 これについては、出演のために剃ったとされている。 それから2年後、中条は「勝手にしやがれヘイ! ブラザー」の開始にあたって再び口髭を生やし、あたかもテレビ1作目の頃に戻ったかのような風貌で出演していた。 奇しくもこの日は、テレビ1作目の開始からちょうど8年後のことであった。 Blu-rayのトリビア字幕では「リターンズ」同様「To the Memory of 中条静夫」と表示される。 着用している階級章による• テレビ1作目・第5話「襲撃」で真山と呑みに行ってたという鷹山に対して大下が言っている。 ただし、テレビ1作目・11話「奇襲」では鷹山に「よくそんな支離滅裂な絵を描けるな」と言われている。 「もっと」第23話「心痛」で、鷹山と真山のアドリブらしき台詞あり• 「さらば」トリビア字幕より• ただし成功率は低い。 実際に普通の警察署レベルでの逆探は技術上の問題からまず不可能とされている。 実際の警察署の無線は「署活系無線」と呼ばれ、署内各課にマイクとボリューム付のスピーカー「リモコン端末」があるため、交通課が無線を一手に引き受けることはない。 しかし逃げ出してパトカーは爆破したが本人は無傷であった。 舞台とのバッティングがあり、スケジュール上出演が不可能になったためで、オープニングでも降板以後は紹介テロップが消されている• 「リターンズ」内での吉井の発言。 このエピソードでは結果的に密輸入されたの存在が明らかになった。 「さらば」小説版ではそのことが退職後にラーメン屋を営むきっかけになったことが言及されている。 ただし、テレビ1作目・第3話とフォーエヴァーTVで運転の場面がある事から、免許は所持しているとみられる。 一方、舘のバイクシーンにおいてはなど一部の場面をスタントマンが担当している。 鷹山と大下に重火器を引き渡した挙句に「(黒幕組織を)逮捕しようなんて考えんでいい! ブッ殺すんだ! 」と命令する(リターンズ)、県警と対立し「県警が何だ! 一生港署に骨を埋める覚悟だ!」と激情する(フォーエヴァー)、鷹山と大下に射殺命令を出した内閣参事官を殴り気絶させる(まだまだ)など。 神奈川県警本部長は、道府県警察本部長の中でも大阪府警本部長に次ぐ高位ポストであり、現実には、ノンキャリア及びがここまでの地位に出世することはありえない。 実際、フォーエヴァーからまだまだの7年という期間で警部からへの昇進は、でも不可能である。 - 飯山弘章公式サイト• - 飯山弘章公式サイト.

次の