猫 卵。 猫のための手作りご飯 …おすすめレシピや注意点 [猫] All About

猫が卵を食べる理由と「食べさせる」ことの問題

猫 卵

犬や猫に卵を与える時に注意するのは卵白 卵の卵黄にはビオチンという、ビタミンB群の一種で水溶性のビタミンが豊富に含まれています。 このビオチンはビタミンB7とも呼ばれています。 一方、生卵の卵白にはアビジンというタンパク質の一種が含まれています。 このアビジンは卵黄に含まれるビオチンと結合すると、離れないくらいにがっちり結合し分子が大きくなってしまいます。 ビオチンとアビジンが結合して分子が大きくなってしまうと困ったことがおきます。 生き物の腸は栄養を吸収する役目があり、腸内で栄養が吸収される時に腸壁のフィルターを通り栄養は吸収されるのですが、分子が大きくなってしまったことにより、そのフィルターを通れなくなってしまうのです。 そうすると、卵黄に含まれるビオチン(ビタミンB7)が吸収されないので、ビオチン欠乏症になる可能性がでてくるのです。 犬や猫に限らず、人間にもこの現象は起きます。 犬や猫に生卵の卵白を与えすぎることで起きる症状は、紅斑、全身性の落せつ、顔面や眼周囲の脱毛などが挙げられます。 紅斑とは、皮膚が赤い斑点のような炎症になることです。 全身性の落せつとは皮膚の一番上の層が薄い断片となって剥がれ落ちる現象で、フケによく似た症状です。 人間もお肌や髪の健康のために、ビオチンサプリメントを取る方がいるほど、ビオチンは皮膚や毛髪に大切な栄養素です。 ワンちゃんや猫ちゃんにとってもビオチンが不足することで、皮膚がトラブルを起こしたり、毛が抜けてしまったりするのですね。 卵焼きは大丈夫?犬や猫に卵を与える時の調理法 犬や猫にとって卵そのものはいい食べ物ですが、調理法には注意が必要です。 問題の卵白に含まれるアビジンは熱に弱く、熱を加えると変性といってその性質が変わります。 変性することで卵黄のビオチンと結合しなくなるので卵を与える時は熱を加える調理をしましょう。 体により良く吸収させるには半熟が良いとされていますが、卵白のアビジンを変性させるところまで熱を加えるのがベストです。 卵白のアビジンが変性したことを目で確かめる方法は、卵白が透明から不透明になったところです。 目玉焼きなどは変性の様子が確かめやすいですね。 ゆで卵は黄身が半熟でも白身が固まっていれば大丈夫です。 温泉卵などはちょっとグレーかなと思います。 また調理前に卵黄と卵白を混ぜるオムレツやスクランブルエッグ、 卵焼きなどは、生卵を混ぜたその時点で、ビオチンとアビジンが結合してしまうのでいい調理法ではありません。 また、体調が優れない時や、季節の変わり目などは消化機能が落ちているので十分に熱を加えた調理をしましょう。 生卵の場合は卵黄だけを与えてあげるのがいいですね。 犬や猫の健康にも役立つ卵の栄養素 成分 犬や猫、私たち人間を含めた生物の体を作っている主要な物質はタンパク質です。 そのタンパク質を構成するのは20種類のアミノ酸で、食事でしかとれないアミノ酸が9種類あります。 卵にはその9種類すべてがバランスよく含まれていて、そのバランスを数値化するとアミノ酸スコア100というほどのすごさです。 またビタミンA、ビタミンB2、 ビタミンB12 、ビタミンB6、ビタミンE、 ビタミンD、葉酸などのビタミン類と、カルシウム、マグネシウム、 リン、 亜鉛1、 鉄などのミネラルも含まれています。 卵には、ひよこが育つまでに必要な成分がパーフェクトに含まれているので、これらの栄養素は納得です。

次の

猫のための手作りご飯 …おすすめレシピや注意点 [猫] All About

猫 卵

愛猫のごはんにこだわりたい! 毎日キャットフードだけしか食べられないのは味気ないんじゃないか。 キャットフードの中身は信用できるのだろうか? うちの猫はお腹が弱くて、キャットフードだとあわないみたい。 アレルギーがあって食べられないものがあるので……など様々な理由でキャットフードより手作り食の方がよいのではないかと考えるオーナーさんが増えてきているようです。 食事は生きるための糧、大切な愛猫に手作り食をと思ったときには、どんなことに注意し、どんな食材をどのように調理すればよいでしょうか。 【猫の手作りご飯・目次】• 手作りというか市販品以外では、たまにササミをゆでたものやお刺身、馬肉などをおやつ程度にあげるくらい。 信頼できるメーカーの良質なキャットフードであれば、一生それだけを食べさせていても全く問題がないと思っています。 また作る手間がかかりますので、その分愛猫に愛情をかけているという気持ちになれます。 その猫の年齢、体重、代謝から必要カロリーを計算して、手に入る食材を組み合わせて猫の必要な栄養素を満たすためには相当高度な知識が必要です。 「少しくらい適当でも大丈夫」などと安易に手作り食を勧めているサイトなどもありますが、週1回程度食べさせるのでしたら問題はないでしょうが、その食事だけで猫の一生を賄うとなると大問題です。 猫は完全な肉食動物で、ネズミなどの小動物や小鳥、昆虫などを丸ごと食べることでメインの栄養を、そして地面に溜まった雨水を飲んだり、木を囓ったりしてミネラルなどを補給してきました。 猫は本来、野菜や穀物などをあまり必要としません。 猫という動物にとって一番適切な食事は?というと、ネズミを頭からしっぽまで丸ごと食べさせることですが、これは一般家庭では現実的ではありません。 これらの動物の消化器には未消化のその動物が食べていた食物が含まれていて、これも猫には必要な栄養素の一部となります。 ウズラなどを丸ごとミンチにして販売しているものもあるので、これでしたら猫本来の食事に近い食材として使えるでしょう。 しかし、これも死肉になって時間が経っているので、なくなってしまっている栄養素もあります。 確かに手に入る食材をうまく利用して、足りない栄養素はサプリメントでという考え方もあるでしょうが、果たしてそれで猫の健康を維持できるかというと疑問が残ります。 サプリメントはあくまでも代用にしかすぎないからです。 そして週に1回程度であれば、猫が好きな食材を利用した手作りごはんを与えてもかまわないのではないかと考えます。 一般的に、普通の猫は食べないだろうと思われる羊肉やカンガルー肉、ダチョウ肉、ウサギ肉などで行います。 このような単一タンパク質だけの食事は2ヶ月までだったら、猫の栄養的な健康を損なうことがないとされています。 猫にとっては、たった1種類だけのタンパク源しか摂れない食事でも2ヶ月までは大丈夫と考えれば、週1回程度栄養素が偏った食事になっても、それによって猫の健康を害することは少ないでしょう。 すべての猫が2ヶ月間同一タンパクのみの食事で健康状態を維持できるという保証のものではありません。 このレシピはわたしの友人が作ってくれました。 たいていの猫が気に入って食べてくれますが、ドライフード・オンリーで育ってきた猫の中には食べない子もいるかもしれません。 もし猫が好まないようでしたら、無理に食べさせず、いつもの食事に戻してください。 手作り食を与えるときは、いきなりすべての食事を変えるのではなく、便の様子などをみながら量を増やしてください。 猫には調味料が必要ないので、塩、砂糖、醤油などの他香辛料はいっさい使用しないでください。 また、ネギ類など中毒を引き起こす食材や生卵の白身など栄養吸収を阻害する食材などがあるので、こちらもチェックが必要です。 鶏や鯛の骨など、硬すぎたり折れるとささくれてしまう骨類も食べさせてはいけません。 人の感覚で最高の食材を選んでも意味がありません。 猫は人とは違う動物なのだということをきちんと理解してください。 どんなに評判の良いキャットフードでも合わない子に食べさせると下痢をすることもあるし、体調が悪くなることがあるのと同じように、手作り食にしたらすべての猫が健康になれるかというと、そんなことはありません。 中途半端な知識で完全手作り食に挑戦することはやめてください。 猫のためによかれと思ったことが徒(むだ)になるかも知れないことを理解してください。 牛肉赤身薄切り 70~80g• さつまいもは電子レンジでチンして角切りに。 南瓜でもOKです。 薄切り肉は、ミンチにするかそぎ切りにして葛を絡ませます。

次の

回虫は猫から人へも感染する?│猫のよくあるご相談│猫と暮らすお役立ち情報│ニャンとも清潔トイレ│花王株式会社

猫 卵

猫回虫の感染経路• 経口感染 猫回虫の主な感染経路は経口感染で、「猫回虫の卵を食べる」「すでに寄生されているネズミや鳥などの動物を食べる」ことで感染します。 回虫は非常に抵抗力が強く、土の中などでしぶとく生き続けて感染の機会を伺っているのです。 猫回虫の卵は地面や水たまりなどに落ちていることもあります。 猫が外で水を呑んだり、外で知らないうちに拾ってきて毛づくろいをしているうちに卵を舐めてしまったりするケースもありますよ。 子猫の場合は、感染した母猫の母乳からうることもあります。 猫回虫は人間に感染する? 猫回虫は人にも感染します。 猫への感染と同じく経口感染が主なルートで、幼児の感染例が多いです。 猫を飼っている家庭では注意が必要ですよ。 また、猫回虫が寄生した猫に口元を舐められたり、鶏レバーを鼻で食べたりすると感染する可能性があります。 人に感染した場合、症状は個々人で異なりますが、主に発熱や咳、全身の倦怠感、食欲不振、肝臓の腫れ、視力・視野障害などがみられます。 体力低下などで免疫力が落ちている場合、アレルギー反応が起きたり、神経に異常をきたすことがあります。 猫回虫の症状は?放置すると悪化する? 猫回虫の症状• 下痢をする• 食べているのに痩せる• 被毛の艶がなくなる• 腹部が腫れる• 嘔吐する• 咳がでる 猫回虫の感染による症状は「下痢をする」「食べているのに痩せる」「被毛の艶がなくなる」「腹部が腫れる」「嘔吐する」「咳がでる」などがあります。 猫回虫に感染しても成猫の場合は症状が出ないことがありますが、子猫の場合は重症化するので注意が必要です。 小腸が閉塞することもありますよ。 一度寄生すると基本的に住み続けるのが猫回虫の特徴なので、症状を放置していても自然治癒は見込めません。 猫回虫の成虫は肉眼でみることができるので、飼っている猫のうんちに白いひも状のものが見えたら動物病院に便を持ち込み、検査をしてもらってくださいね。 検査は検便によって行われ、1回あたり1500円ほどの費用です。 回虫の駆除はどうする?必要な費用や駆除薬の価格は? 駆除にかかる大まかな費用(1匹あたり)• 治療費 2000円• 治療にかかる費用は2000円ほどです。 ホームセンターに粉末、シロップ、錠剤の回虫を駆除するための駆虫剤(虫下し)が販売されています。 猫を複数飼っている場合は、他の猫も感染している可能性が高いため、一緒に検査してあげてくださいね。 猫回虫の対策、人間へ感染しないためにできる工夫を 猫回虫の対策には、飼っている猫が感染していないか、定期的な検査が欠かせません。 駆除薬を定期的に飲ませたり、完全な室内飼いにしてしまうのもおすすめです。 室内飼いにした場合も、愛猫が誤って糞を食べてしまわないよう、常にトイレは清潔に保ってあげてください。 また、人への感染をなくするには、外から帰宅したら必ず手洗いうがいを行うことが大切です。 土に触れた時には、特に念入りに行ってくださいね。 公園の砂場など野良猫が糞をしている可能性の高いところへは、なるべく立ち入らないようにする配慮も大切です。

次の