アラン ドロン デヴィ。 デヴィ夫人がアランドロンと?フランス社交界では東洋の真珠?

アラン・ドロン

アラン ドロン デヴィ

デヴィ夫人の経歴・プロフィール• 名前:デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno)• 本名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ• 旧名:根本 七保子(ねもと なおこ)• 生年月日:1940年2月6日• 年齢:77歳• 出身:東京都• 国籍:インドネシア• 職業:タレント デヴィ夫人は日本生まれの インドネシア国籍のタレントです。 インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人です。 デヴィ夫人の生い立ち 父・母・弟のいる貧しい家庭で育ち、 中学卒業後は、三田高等学校定時制部に 進学すると同時に、千代田生命保険入社。 貧しい家計を助けるため 休日もアルバイトをしていました。 高級クラブからスカルノ大統領愛人~結婚 1956年にお父様が亡くなり高校を中退。 赤坂の高級クラブ「コパカバーナ」で 働いていました。 1959年に、インドネシアへの開発援助に伴い 「東日貿易の秘書」という名目で、 スカルノ大統領のもとへ。 3年間の愛人期間を経て、1962年に正式に スカルノ大統領と結婚しました。 スカルノ大統領失脚~デヴィ夫人は出産後フランスに亡命 1965年の軍事クーデターでスカルノ大統領が失脚。 1967年にスカルノ大統領の8番目の子供、 カリナをちゃんを出産します。 その後デヴィ夫人とともにフランスへと亡命しました。 フランス社交界の「東洋の真珠」 閉鎖的なフランス社交界でもその美貌から 「社交界の華」「東洋の真珠」と呼ばれ 多くの要人、有名人と関係を持ったとされます。 スペイン人の フランシスコ・パエサ氏、 フランス貴族のエルゼアル・ド・サブラン=ポントヴェスなどと 交際と婚約などしましたが破局しました。 アラン・ドロンとも交際 1960年代後半、デヴィ夫人は 人気俳優のアラン・ドロンさんと 知り合い「特別な関係」になったそうです。 パリの高級料理店「マキシム」で、 仲良さそうに食事デー トをする姿もあったとか。 馴れ初めは多分社交界なのでしょうね。 アメリカの俳優ウォーレン・ベイティと 交際していたこともあったとか。 今のお姿からは想像できませんが、 本当に美しかった恋多き女なのですね。 まとめ 貧しく育ったにも関わらず インドネシアの大統領に見初められ、 シンデレラストーリーを 駆け上がっていったデヴィ夫人。 社交界には知性も必要なので さぞ努力をしていたのでしょう。 アラン・ドロンさんなどの 多くの著名人と浮き名を流しましたが 結局再婚はしていません。 一人に縛られたくないのでしょうか。 今なお若々しさを保っているのは そんな奔放な性格によるものかもしれませんね。

次の

デヴィ夫人がドヤ顔で語ったアラン・ドロンとの「恋ゲーム」

アラン ドロン デヴィ

現在テレビに出ているデヴィ夫人からは想像もつきませんが、強烈なエロさだと話題にもなりました。 しかし、この写真集の出版後、スカルノ大統領亡きインドネシア国内では大問題となりました。 インドネシア国民からのバッシングが続き、それ以降インドネシアには行けなくなったと言われています。 ここからは、デヴィ夫人のプロフィールからヌード写真についてご紹介していきます。 デヴィ夫人のプロフィールを紹介! デヴィ夫人は、日本生まれのインドネシア国籍です。 本名は、ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(インドネシア名)、根本七保子(旧名:日本名)です。 1940年2月6日生まれの79歳です。 インドネシアのスカルノ元大統領の第3夫人です。 スカルノ大統領との間には一人娘カリナさんを儲けています。 カリナさんは2005年オランダで米系大手金融機関CEOフレデリック・シーガスさんと結婚しています。 息子キラン君を儲けており、最近では、デヴィ夫人と孫であるキラン君が度々テレビに出演し、キラン君が美少年であると話題にもなっています。 「実は熟女ヌード写真集を出していた芸能人」堂々の第1位に! 「実は熟女ヌード写真集を出していた芸能人」というランキングでデヴィ夫人は、堂々の第1位になっています。 最初のヌードは33歳のときに、2度目のヌードは自身の写真集でした。 現在では、バラエティ番組に多く出演しているデヴィ夫人ですので、ヌード写真集を出していると聞いて驚く方も多いようです。 高級クラブで働いていただけではなく、コールガールだったのではないかと長年言われてきました。 そういった噂は本当なのでしょうか。 ここからは、デヴィ夫人の色々な噂についてご紹介していきます。 若い頃にハーフ顔に整形した疑惑があるデヴィ夫人 デヴィ夫人は、若い頃にハーフ顔に整形した疑惑があります。 真相は分かりませんが、若い頃に比べ、デヴィ夫人の目元がぱっちりと西洋風の二重になっているように見えるため整形ではないかと言われているようです。 デヴィ夫人が若い頃にも整形手術は日本にも存在していたようです。 また、若い頃のデヴィ夫人はコールガールもしており、要人をもてなすために総入れ歯にしたという噂も長年言われてきました。 しかし、2018年にデヴィ夫人本人が出演したテレビ番組で、若い頃の総入れ歯の情報はデマであることが放送されました。 デヴィ夫人の華麗なる男性遍歴! 若い頃から美しい美貌に恵まれていたデヴィ夫人、国内外ともに男性からモテモテで、絶大な支持があったようです。 ここからは、そんなモテモテのデヴィ夫人の男性遍歴をご紹介していきます。 スカルノ大統領の8番目の子供を出産し、3年後にスカルノ大統領が死去 デヴィ夫人は、1959年19歳でインドネシアに渡り、スカルノ大統領の愛人となります。 その後、22歳でスカルノ大統領の4人の妻のうちの第3夫人となりました。 そして、スカルノ大統領の8番目の子供を27歳で出産します。 しかし、スカルノ大統領は3年後に死去してしまいます。 フランスへ亡命中だったデヴィ夫人は、未亡人となりますが、その後は再婚せず現在に至ります。 スカルノ大統領存命中にも日本で一流俳優たちと不倫関係になっていた デヴィ夫人は、スカルノ大統領存命中にも日本で一流俳優たちと不倫関係になっていたという噂もあります。 俳優の本郷功次郎さん、津川雅彦さんと不倫関係になり、勝新太郎さんや松方弘樹さんと京都で遊び、田宮次郎さんとはデートと、気に入った男性とはとにかく交流していたようです。 フランスで社交界デビューしサブラン公爵と婚約.

次の

デヴィ夫人とアランドロンの熱愛?馴れ初めは?亡命先のフランスで東洋の真珠と美男俳優は「特別な関係」

アラン ドロン デヴィ

Sponsored Link 「社交界の華」「東洋の真珠」~アラン・ドロンと? スカルノ大統領の失脚で、命からがらインドネシアを脱出し、 フランスに亡命されたデヴィ夫人ですが、 フランスでは、なんと、毎晩、パリの社交界に顔を出し、 週末はパーティーに出席されるなど、各界の著名人と交流を持たれると、 その美貌と知的な会話で、たちまち人々の注目を集め、 「社交界の華」「東洋の真珠」と言われて、 フランスの貴族やイギリスの伯爵など、 多くの要人らと恋愛を楽しまれたのです。 そして、なんと、あのフランスの俳優、 アラン・ドロンさんとも恋愛されていたことがあった(?) というのです。 当時のデヴィ夫人とアラン・ドロンさん。 さかのぼること、1964年、 スカルノ大統領の第3夫人だったデヴィ夫人が、 東京五輪のために帰国し、帝国ホテルを出入りしていた際には、 いつも決まって、ドロンさんの姿がロビーにあったそうで、 その姿を見たスカルノ大統領は、 「おまえが目当てなんじゃないか」 と、嫉妬されたとか。 (デヴィ夫人談) もちろん、この時には、 デヴィ夫人とドロンさんとの間には何もなかったのですが、 デヴィ夫人がフランスに亡命して、ロスチャイルド家(ヨーロッパの財閥) のパーティに参加されると、ドロンさんと再会。 デヴィ夫人は、 40年前の昔々のお話。 カレというほどではないですけど。 うたかたの恋ですね。 と、おっしゃっていたので、 実際には何もなかったのかもしれませんね。 社交界とは? ところで、私達にあまり馴染みのない、 「社交界」というところについてですが、 デヴィ夫人によると、社交界というのは、 王侯貴族の流れを引いたサロンのことを言うそうで、 例えば、フランスの場合だと、フランス国王ルイ16世の末裔を中心とした、 働かなくても大金を使えるエリートの集まりのことを言い、 一般人や政治家ほか、女優などのショービジネスの人達は、 そうは呼ばれないそうです。 また、社交界は、女性にとって、 美と知性を競うところでもあったそうで、 デヴィ夫人は、 会話がうまくできなかったら、どんな美人でも「壁の花」と呼ばれるし、 男性から「退屈だ」と言われたら、もう招かれなくなってしまうぐらい、 「会話」に対しては厳しいところですの。 本物のセレブリティたちが集い、オペラやコンサートを鑑賞、 カクテル・ガラ、大晩餐会、舞踏会など催される。 主催者はそれぞれに、館やお城、 大きなアパルトモンを持っているから、 今日は誰々のところという感じで、 毎晩のように豪華な会が開催されていたわ。 と、明かされていました。 サブラン侯爵とデヴィ夫人。 後にいるのは娘のカリナちゃん。

次の