かくしごと泣ける。 『かくしごと』アニメの魅力を解説&ネタバレ感想|最終回12話 「ひめごと」 に号泣|アニメの缶づめ

かくしごと7話見た感想と反応評価まとめ!内容ネタバレあり注意!

かくしごと泣ける

姫の母(=可久士の妻)の死因 姫の母は昔、海難事故に遭い行方不明となっています。 で、「裏終い」が終わった後も、生存を信じて10年以上も探し続けていました。 (裏終い:うらじまい 海難事故後の捜索が打ち切られた後に行られる、読経や海への献花などの儀式のこと) ギャグマンガを描いている最中もずっと妻を探し続けていたそうで、のどかな姫の幼少期のエピソードのころも、ずっと妻の帰りを可久士は待っていたことになります。 また、妻の捜索に可久士はほとんど貯蓄を使っていたそうです。 可久士の秘密を載せた週刊誌とは 妻の海難事故は「有名漫画家G氏今も妻を待ち続ける」という題で週刊誌に美談として取り上げられるのですが、世間の目は可久士に冷たく当たります。 奥さんが死んでるのに、よく下ネタもりもりの漫画が描けるものだとネットでいわれ、「人として終わっている」「もうこいつの描く漫画笑えねーわ」などと書き込まれてしまいます。 結果、可久士が一番気にしていた「読者が心から笑ってくれなくなってしまう」こととなり、漫画家を廃業します。 アイドル志望だったのですが、あることをきっかけに(十丸院編集がグラビア雑誌の担当になってから挙動が怪しいので、可久士と一緒に千田奈留が調査することになる) 千田奈留はアイドル志望をやめて、ルポライターを目指すようになります。 そして未来編では、可久士の病室にて「私があんな記事書かなければ... 」と言っていることから、彼女が可久士の妻のことを記事に書いたとわかります。 肉体労働中の荷崩れによる事故でした。 漫画を描くことをやめてから、可久士は肉体労働の職場を転々としていました。 「印刷物倉庫の搬出作業」をやっている時、少年週刊誌のジャンボ(ジャンプが元ネタ)を移動させようとしていた所、突然荷崩れが起きて可久士は、大量のジャンボの下敷きになってしまいます。 荷崩れが起きたのは偶然ではなく、従業員の誰かがネタバレのために抜き取っていたことで積み荷のバランスが崩れてしまったことが原因のようです。 漫画家をやめて他の仕事を始めたのに、漫画に押しつぶされるなんて皮肉だと羅砂と十丸院は言っていました。 また大分そのころは生活も苦しくなっており、それに加えて妻の捜索のためにお金を使っていたのでした。 その後 可久士はその後、昏睡状態から意識を取り戻しますが、記憶の大部分を失っています。 姫をみて可久士は誰だかわからず、「自分の娘の姫は10歳だから、この子(高校生の姫)は知らない」と言うのです。 医者によると、「姫が10才の時の記憶のままで、ここ7年間の記憶を失っている」とのことでした。 辛い7年間だったため、仕事も生活も楽しかったころで記憶が止まっているのではないかと、羅砂は言っていました。 漫画「風のタイツ」を再び書き始める 目を覚ました可久士は、自身の作品「風のタイツ」の続きを描き始めます。 自身が昏睡していた理由は「週刊少年ジャンボが可久士の才能を脅威と感じてジャンボで潰した」と勘違いして納得。 俄然漫画制作へのやる気を出します。 当時のアシスタントが再び集結し、病室で可久士の描いた原稿を仕上げていきます。 しかし、内容は7年前とまったく同じものを書いているのでした。 既に刊行された単行本を可久士に見せても可久士は信じません。 印刷物じゃ可久士を説得できないと聞いた姫が何かを思いついて「お父さんは全部を思い出して、新しい話を描くべきなんだ」と姫が走り出すところで11巻が終わります。

次の

かくしごとネタバレお父さんは死亡?死んでるか原作から解説!

かくしごと泣ける

いやー。 面白いし癒やされるわー。 それだけに毎回ラストの現実パートがすげー気になる。 特に今回はなんか重たい… — ぴっぴ CZR13122 アニメに漫画が寄せちゃうで笑ったw 原作読んだ時あの話アニメ化したら面白そうって思ってたから嬉しい…… — その日暮らし 公式巡りの旅 Cb2Hmx 方向性の違うw — 龍騎士 busterlinker09 かくしごと 07 いぬほしき・母子を継ぐ者. みえみえで分かっている展開やギャグも多いのだけれども超安定して面白い。 芸の力か。 『未完に名作なし』手塚先生石ノ森先生激怒?ギャグ漫画家は短命なのは認めよう。 初めて妻の面影が表出(日本画だけど)。 瓜二つで沁みる。 一子先生との絡みを描き、高校生篇で満を持し登場の巧み。 日焼けに白ワンピ柄も素敵。 — シン. ジャイアン eFB1r018Mugu301 犬くらい飼える普通の家だっ!とお家を出るパパと、芥子くんが鎌倉の倉庫から犬と女の子が描かれた絵が姫ちゃんの母親という繋がる演出にぶわっとしてしまいます……。 犬も4代目。 「母子を継ぐもの」というタイトルにした久米田先生に完敗です…。 久米田先生特有のぶち抜きカットを壊さず画にしてくれてる嬉しい… とかくしごと見る度に思っています。 「漫画家と読者の10の約束」素晴らしいし、泣ける。 私もそうでありたい。 次回は…下書きを超えられない…ああー! — バナ dondabana 7話でさらにシリアスの度合いが増してきたぞ。 この匙加減がもうたまらないよね。 みんな制服が違うからバラバラの進路になっても絆は繋がってるのが尊いのです。 — 鳴神 seimei7777 ピアノと幼女…最高の取り合わせだと思います。 — 鳴神 seimei7777 大好きなパパと犬とどっちとも一緒に寝たいという願望が現れた寝相が可愛い。 — 鳴神 seimei7777 犬楽しみにしてる姫ちゃん可愛過ぎですね。 — 鳴神 seimei7777 幼女探偵団出動! — 鳴神 seimei7777 「かくしごと」第7話。 飼い犬回。 ギャグ満載のドタバタ展開が母との絆を感じさせるエピソードに繋がってくる構成がまたお見事。 そして未来パートで他のキャラまで姿を見せ始めてますますワクワクする展開に…。 あとサブタイで遂にハードSFまでパロし始めるの凄いですね(笑)。 — 鳴神 seimei7777 7話 Cパ不安の煽りが更に増したな。 で本編、犬を飼う展開。 4代目という系譜の運命性を折り込み、漫画家の系譜で笑わせて、姫にも掛けた血筋を意味的に描く。 その効かせ方が巧い。 しかし、姫は犬を飼うために何十冊もの本を読んで勉強をしていました。 犬を飼うということの責任をしっかりと理解していると知った可久士は、周りの知り合いたちに相談をします。 アシスタント達や犬を飼っている一子の話を聞き、犬がいれば一人っ子の姫も寂しくないと思った可久士は犬を飼うことを決意しました。 しかし、里親の募集先に電話をしたところ、すでに全ての子犬が引き取られてしまっていました。 週末にペットショップに子犬を見に行こうと声をかけましたが、姫はやっぱり犬は要らないと言い出します。 学校の帰り道で、主婦がいなければ犬は飼えないという立ち話を耳にしたことで、父親と 2 人暮らしの自分には資格がないと思ってしまったのです。 それを聞いた可久士は、自分達だって犬くらい飼える普通の家庭だと家を飛び出します。 そんな可久士の元に祖父がやってきて、自分の愛犬の子犬を譲ります。 こうして、後藤家に念願の犬がやってきたのでした。 自分と同じ画風の漫画家がデビュー 1 人の漫画家のアシスタントを長く続けていると、その作者に画風が似てくることを話し合う可久士とアシスタントたち。 そんな話をした後日、ジャンポに可久士の画風そっくりな新人がデビューしました。 しかし、作者の名前を見ても元アシスタントだった記憶がありません。 単発で来たことがある人である可能性も考えていたが、最近はネットのやり取りだけでも完結できるため、結局わかりませんでした。 結局、自分のことを好きすぎて画風が似てしまったのだと結論づけた可久士でしたが、後日事実が発覚します。 編集者に、売れっ子作家である後藤先生の画風に似せて描いて欲しいと言われた作者が、同じ苗字である可久士と勘違いをして描いてしまっていたのです。 描きなおす時間がなくそのまま出版した結果、なぜか腐女子から人気となり、この絵のタッチを続けることになったそうです。 それを聞いた可久士は自分の作品も女子受けを狙うため、自分の画風に似せた新人の画風を真似するというプライドの欠片もない行為を行います。 これにはアシスタントたちもドン引きするのでした。 かくしごと7話感想 ついに後藤家に犬がやってきました。 犬を見守るために今日は一緒に寝ないと言っていた姫が、寂しさからか足先だけは可久士に触れるようにして寝ていたのにはほっこりしました。 また、母親が使っていたグランドピアノと料理のレシピが姫の手に引き継がれました。 それを見て嬉しそうな反面、妻の面影を重ねてしまう可久士の葛藤は胸にくるものがあります。

次の

アニメ『かくしごと』感動の最終回で神回に! 作画も最後まで崩れず万策も尽きず、完璧にアニメ化したので監督がめっちゃ評価される!

かくしごと泣ける

アニメも漫画も泣ける内容だそうです。 泣いた感想と合わせて 久米田康治先生の『かくしごと』について まとめてみました。 アニメも漫画も泣ける内容って本当? 【あらすじ】 ちょっと下品な漫画をかいている漫画家の後藤可久士。 一人娘の小学4年生の姫。 可久士は、何においても、愛娘・姫が最優先。 親バカ・可久士が娘・姫に知られたくないこと。 それは・・・・・・ 自分の仕事が『漫画家』であること。 【姫10才編】ではコメディ要素とほのぼのとした 後藤親子のお話が続きますが 【姫18才編】はシリアスな雰囲気で進んでおり 姫の10歳編のその後や 後藤家の家庭事情について明らかになっていきます。 男手ひとつで育てていることや 時折入る回想に登場する、 姫の母の姿。 姫の年齢に合わせて、その年齢の姫に必要な物を 母親が用意してくれていた『箱』の存在。 この箱に入っていた手縫いの浴衣に 感動した感想が多かったです。 【姫18歳編】の謎もとても気になります。 後藤親子がハッピーエンドになってほしい・・・。 ファンタジーや異世界は ルパン三世シリーズに登場する、ルパン一味の紅一点! ルパンの味方な時もあれ pixiv累計約340万PVの超人気BL作品!! オカモト優先生の『好きで 長寿アニメは原作との兼ね合いもあるため、 主役の銀さんがアニメ内でも堂々と語っ どうも、ヤンユーです。

次の