甘露寺蜜璃 炭治郎 鼻血。 恋柱・甘露寺蜜璃の入浴シーンがやばいw裸の温泉回は何巻の何話?

甘露寺に囁かれて炭治郎が鼻血を出す?なぜ真面目な彼がドキドキしたのか解説|鬼滅の刃.info

甘露寺蜜璃 炭治郎 鼻血

使用する呼吸:恋の呼吸 誕生日:6月1日 年齢:19歳 身長:167cm 体重:56kg 出身地:東京府 麻布區 飯倉(現:港区 麻布台) 趣味:料理、メンコで負け知らず 好きな物:桜餅 『恋の呼吸』の使い手で、恋柱。 露出の多い隊服に、頭頂部が桜色、髪先が草色という特徴的な髪型をしている。 甘露寺はこの露出の多い隊服が普通だと思っており、しのぶがこの隊服を着ていなかったことに驚愕していた。 甘露寺が勘違いしていた理由は、隊服を仕立てている隊員が甘露寺を騙した為である。 しのぶにも露出の多い隊服が渡されたが、しのぶは燃やして拒否している。 髪は本来黒色だったが、好物の桜餅を食べ過ぎたあまり、色が変わってしまったらしい。 非常に可愛らしい容姿をしている。 その可愛さから炭治郎は耳打ちされた際に鼻血を出し、玄弥は話しかけることさえ出来なかった。 『恋柱』の名に違わず、誰に対しても心ときめいている。 感情的に行動し、玄弥に無視された時は、泣いてその事を炭治郎に訴えた。 また、異空間・無限城で上弦の肆である鳴女と遭遇した際には「他の鬼殺隊員が頑張っている」という理由で、敵の能力も分からないのにもかかわらず突撃し、蛇柱である伊黒小芭内に注意されている。 刀鍛冶の里で炭治郎と交流を深め、禰豆子とは非常に仲が良い。 その後も炭治郎と文通をしている。 口下手で、柱合会議で痣の発現方法を聞かれた時には「ぐあああ〜」「ばくんばくん」「メキメキメキィッ」と擬音でその時の状況を説明し、誰にも理解することができなかった。 自身が何を発言したのかは理解しているようで、赤面しながら「穴があったら入りたいです。 」と言って顔を隠した。 鬼殺隊に入った理由は「添い遂げる殿方を見つけるため」である。 鬼と全く関わり合いになっていないのに鬼殺隊へ入った珍しい経歴の持ち主である。 守ってもらいたい願望があるために圧倒的な強さを誇る柱の男性に憧れているが、なかなか柱の男性に会うことができなかった。 甘露寺は自らが柱になることで接点が作れると考え、それを実現した。 甘露寺が使用している日輪刀は非常に薄く長い鞭のような形状をしている。 使い方を誤れば自身を傷つけかねない代物で、甘露寺にしか扱うことができない。 甘露寺の肉体は華奢に見えるが、筋肉密度が常人の8倍という特殊体質で、一歳二ヶ月の時に漬物石を軽々と持ち上げていた。 また、女性特有のバネと柔軟な体を持つ。 その肉体から繰り出される技は、音柱の宇髄よりも速い。 食欲も凄まじく、力士3人よりも食べる。 上弦の肆である半天狗と、上弦の伍である玉壺が刀鍛冶の里を急襲し、その応援として駆けつけ、半天狗と戦う。 また、無限城では、半天狗の代わりに上弦の肆となった鳴女と遭遇し、伊黒と共に戦う。 甘露寺蜜璃の来歴・活躍 お見合いが破談となった甘露寺 甘露寺は17歳の頃にお見合いが破談となった。 そのお見合い相手は「君と結婚できるのなんて熊か猪か牛くらいでしょう。 そのおかしな頭の色も子供に遺伝したらと思うとゾッとします。 」と甘露寺に言う。 それを聞いた甘露寺は、自身の怪力や大食いを隠さなければならない、と思った。 甘露寺は髪を黒く染め、目眩がするのに食べ物を減らし、か弱いフリをした。 そうすると甘露寺と結婚したいと申し出る男性が現れたが、甘露寺は自分を偽ることに疑問を覚える。 「私が私のままできること、人の役に立てることあるんじゃないかな?私のままの私が居られる場所ってこの世にないの?」と考えた甘露寺は鬼殺隊に入ることになる。 鬼殺隊の長である産屋敷耀哉は「素晴らしい。 君は神様から特別に愛された人なんだよ蜜璃。 自分の強さを誇りなさい。 君を悪く言う人は、皆、君の才能を恐れ羨ましがっているだけなんだよ。 」と甘露寺に話した。 それを聞いた甘露寺は泣いて感謝した。 そして鬼殺隊が甘露寺の居場所となった。 刀鍛冶の里へ応援に駆けつけた甘露寺 炭治郎が刀鍛冶の里へ行った時、ちょうど里に滞在していた。 炭治郎の姿を見つけるなり「聞いてよ聞いてよ〜!私今そこで無視されたの〜!挨拶したのに無視されたの〜!」と泣きついた(無視をしたのは玄弥である)。 そこから炭治郎と行動を共にし、交流を深めた。 その時、禰豆子と楽しそうに遊んでおり、禰豆子も甘露寺に懐いている。 そして先に里を離れることになり、「甘露寺蜜璃は竈門兄妹を応援してるよ〜」と二人を励ました。 甘露寺が刀鍛冶の里を離れた後、上弦の肆・半天狗と、上弦の伍・玉壺が里を急襲する。 甘露寺は急遽、里へ呼び戻される。 里へ戻った甘露寺は、玉壺が放った化物が刀鍛冶を殺害して回っているところに現れ、化物を倒して回る。 そして半天狗と戦っていた炭治郎の窮地を救う。 甘露寺は半天狗が生み出した鬼・憎珀天と戦うことになる。 炭治郎たちに守られた甘露寺 憎珀天は半天狗が生み出した分身体であり、頸を斬られても死ぬことはなく、さらに雷や怪音波、木の龍を操る血鬼術を使用する強力な鬼だった。 息をつく間もないほどの攻撃を仕掛けてくる憎珀天に炭治郎たちでは太刀打ちできなかった。 しかし、甘露寺は雷や怪音波などの攻撃自体を斬り裂き、憎珀天と対等に戦う。 そして攻撃を掻い潜って憎珀天の頸に迫るが、憎珀天が分身体で頸を落としても意味がないことを知らされ、動揺した隙に怪音波をモロに喰らってしまう。 普通の人間ならば、肉体がバラバラになってもおかしくない攻撃だったが、常人の8倍の筋肉密度を持つ甘露寺の肉体は原型をとどめていた。 それに驚愕する憎珀天だったが、甘露寺は意識が飛んでおり、絶対的な危機には変わりなかった。 甘露寺の危機に際し、炭治郎・禰豆子・玄弥は体を張って甘露寺を守る。 意識を取り戻した甘露寺は「甘露寺さんを守るんだ!一番可能性のあるこの人が希望の光だ!」という炭治郎の声を聞く。 甘露寺は「仲間は絶対死なせないから!鬼殺隊は私の大切な居場所なんだから!上弦だろうがなんだろうが関係ないわよ!私、悪い奴には絶対負けない!覚悟しなさいよ!本気出すから!」と言って泣いた。 鳴女に翻弄される甘露寺 鬼殺隊の長である産屋敷耀哉の元へ、悪の元凶である鬼舞辻無惨が現れる。 耀哉は無惨の到来を予期しており、自爆をする事で無惨に大きなダメージを与えた。 無惨と敵対する鬼、珠世と愈史郎は耀哉に協力を持ちかけられており、鬼殺隊の本部へと来ていた。 珠世は負傷した無惨に『鬼を人間に戻す薬』を投与する。 そして無惨を倒すべく柱や炭治郎が集結するが、無惨は異空間・無限城を呼び出し、一同は無限城へと落とされてしまう。 蛇柱である伊黒小芭内と共に行動していた甘露寺は、半天狗の代わりに上弦の肆となった鳴女と遭遇する。 無限城内部では、上弦の鬼を倒した者もいれば、死んでしまった柱もいた。 それに感化された甘露寺は、敵の能力も把握しないまま特攻を仕掛ける。 鳴女は無限城を自在に操ることができ、甘露寺の攻撃はあっけなく躱されてしまう。 伊黒は感情的に動く甘露寺を優しく諭す。 思うがままに動いた挙句、あっけなく攻撃を躱された甘露寺は恥ずかしくて伊黒に顔向けできなかった。 その後も甘露寺と伊黒は鳴女に攻撃を加えられずにいた。 その時、鬼殺隊に協力する鬼・愈史郎が現れる。 愈史郎は「いいか、よく聞け。 俺は鬼だが味方だ。 馬鹿じゃないなら今すぐ理解して協力しろ。 」と話した。 甘露寺は「私、馬鹿じゃないわ。 」と確認し、愈史郎の言う通りに囮となって鳴女の気を引いた。 その隙に愈史郎は鳴女の頭に指を刺し、鳴女を操った。 そして甘露寺と伊黒は無惨の元へと向かった。 鬼舞辻無惨との戦い 無惨の攻撃を受けた甘露寺 無惨は珠世の『鬼を人間に戻す薬』を分解し、炭治郎と義勇と戦いを繰り広げていた。 無惨は身体を刃に変え、それを凄まじい速さで振り回して炭治郎と義勇を追い詰めていた。 そこへ甘露寺と伊黒が助けに入った。 無惨は甘露寺たちが現れた事で鳴女が愈史郎に操られている事に気付いた。 愈史郎は鳴女の身体を操って無限城を操作し、無惨を地上に出そうとしていた。 無惨は鳴女の身体を通して愈史郎を侵食して殺そうとするが、義勇たちがそれを妨害し、無惨は地上へと出された。 その後も甘露寺たちは無惨と戦い続けた。 無惨は頸を斬っても死なないため、太陽の下に晒すしか倒す方法がなかった。 戦いの最中、突如炭治郎の身体に異常が生じる。 炭治郎は無惨の攻撃を受けた時に身体の中に血を入れられていた。 その血は人間には猛毒であり、炭治郎は細胞が変化して苦しんでいた。 炭治郎が戦線離脱してからも甘露寺たちは戦いを続けた。 そこへ岩柱の悲鳴嶼行冥と風柱の不死川実弥も加わる。 しかしそれでも無惨の攻撃は勢いを増した。 甘露寺は無惨の攻撃が速すぎて目で捉えられておらず、感覚で攻撃を避けていた。 甘露寺はギリギリで攻撃をかわしていたが、なぜか攻撃の方へ吸い寄せられ、重傷を負ってしまう。 伊黒はそんな甘露寺を近くにいた鬼殺隊の隊員へ預けた。 甘露寺は「待って。 私まだ戦える。 今度は足を引っ張らないようにするから。 」と食い下がるが、伊黒は「もういい。 十分やった。 」と言って戦いに戻った。 甘露寺は「待って!私も行く!伊黒さん!伊黒さん嫌だ!死なないで!もう誰にも死んでほしくないよォ!」と叫んで涙を流した。 無惨の左腕を引きちぎった甘露寺 その後、善逸、伊之助、カナヲも戦いに加わって死闘が繰り広げられるが、無惨は圧倒的な力で柱や善逸たちを気絶させた。 そこへ意識を取り戻した炭治郎が現れる。 炭治郎と無惨が戦う中で、伊黒、善逸、伊之助も復活して炭治郎に加勢する。 その時、無惨は珠世の薬によって疲弊していた。 珠世が無惨に投与した薬には鬼を人間に戻すだけではなく、『老化』『分裂阻害』『細胞破壊』の効力があり、無惨は体力の限界に達していたのだった。 炭治郎は『日の呼吸 陽華突』を繰り出して無惨を壁に押し当て、一秒でも長くそこに無惨を縫い止めようとした。 無惨は炭治郎に攻撃を仕掛けて逃げようとするが、そこに甘露寺が現れる。 甘露寺は泣きながら「もういい加減にしてよぉ!馬鹿ァ!」と叫びながら無惨の左腕を引きちぎった。 しかし、甘露寺は無惨の反撃を受けてしまう。 そこに伊黒と実弥も加勢し、無惨の動きを封じる。 その時、遂に夜が明けた。 無惨は肉を膨らませて巨大な赤ん坊の姿になって逃亡しようとする。 炭治郎はその際に赤ん坊の肉に呑まれてしまった。 生き残っていた鬼殺隊の隊員や柱たちは必死に赤ん坊の逃走を食い止めようとして戦うが、赤ん坊はそれでも止められず地中に潜って逃げようとする。 その時、赤ん坊に呑まれていた炭治郎が内から攻撃した。 赤ん坊は血を流して絶叫し、太陽に灼かれて消滅した。

次の

恋柱・甘露寺蜜璃の入浴シーンがやばいw裸の温泉回は何巻の何話?

甘露寺蜜璃 炭治郎 鼻血

とても愛嬌があり、それが顔にも表れているのか、笑顔がとても可愛らしい整った顔立ちをしています。 【鬼滅の刃】は大正時代の話となっていますが、その年代の女性としてはかなりの高身長です。 体つきはとても豊満で、その体つきを強調するように隊服は大きく胸元が開いているため、蜜璃に顔を赤らめたり、鼻血が出たりと主人公の含め、多くの男性隊員を悩殺しているようです。 甘露寺蜜璃の性格 蜜璃はとても感情豊かで、嬉しいことでも嫌なことでもかなり大げさです。 また、とても惚れっぽい性格をしており、基本的に異性であれば何かにつけてキュンキュンしています。 惚れっぽい蜜璃ですが、人間を傷つける鬼にはときめかないようで、「いたずらに人を傷つける奴にはキュンとしないの」という発言をしています。 また、自身の感情に敏感な蜜璃は他人のこともしっかりと思いやれる性格のため、一般人や隊員のために刀を振い、柱として人間性も優れているようです。 鬼殺隊の多くは家族が鬼によって殺されているなど、大切な人を失っていることがきっかけで入隊している場合が多いですが、蜜璃は鬼と無縁の人生を送っていました。 そのためか、や妹の禰豆子に関しても寛容で、良き理解者となっています。 禰豆子を可愛がっているシーンもあり、禰豆子もその人柄から蜜璃を慕っていて、同じ髪型にすることもありました。 不死川兄弟の不仲を感じ取ったときには自身は兄弟仲がいいため理解できなかったようで、不思議がっていたと同時に心配していました。 実は蜜璃は特異体質の持ち主であり、通常の8倍の筋肉があるため、エネルギー消費がとても激しく体を維持するために食事の量も通常よりはるかに多くなっています。 また、髪の毛はもともと黒髪でしたが、桜餅を食べ過ぎて桜餅と同じようなピンクと黄緑色のグラデーションになってしまったというとんでもない過去を持っています。 蜜璃は過去に二度あった縁談はどちらも破断しており、理由は蜜璃の髪色や体質を気味悪がってのことでした。 そのことからか、炭治郎には入隊理由を「添い遂げる殿方を見つけるため」と話しています。 自分の特異体質を受け入れてくれて、鬼を退治することで感謝される鬼殺隊は当時の蜜璃にとっては希望に満ち溢れて見えたことでしょう。 甘露寺蜜璃の隊服 蜜璃の隊服は大きく開いた胸元に短いプリーツスカートが特徴的であり、その豊満な体つきを強調するような隊服となっています。 蜜璃のために仕立てられたようなデザインです。 これは隊服を仕立てる隠から手渡されたもので、実はこの隠が変態気質であり、女性隊員にはセクシーな隊服を準備するようです。 蜜璃はもちろん違和感を持っていましたが、隠の自信たっぷりの表情に指摘ができず、恥ずかしいとは思いつつも露出の激しい隊服を着ていたようです。 間違いに気付いたのは、柱の会合の時に蟲柱であるしのぶも同じデザインの隊服を手渡され、直後に油に火をつけて燃やしたという話を聞いたときでした。 しかし、その後も隊服を変更してはいません。 また、毛先と同じ鮮やかな黄緑色のニーハイソックスも着用しています。 これは蜜璃に想いを寄せる蛇柱・によってプレゼントされたものです。 その刃は薄く、鞭のように長くしなやかな動きを可能としています。 実際に使用するのは不可能のように見える日輪刀ですが、達人が使用すれば決して折れることはないそうです。 このことから蜜璃の刀を振るう技術は達人の粋な達していると分かります。 全集中 恋の呼吸 炎柱の継子であったことから、炎の呼吸から派生した蜜璃特有の呼吸です。 新体操で使用されるリボンのように日輪刀を使いこなし、常人の8倍の筋肉とそのしなやかな動きから繰り出されます。 壱ノ型 初恋のわななき 踏み込みからの高速移動を行い、その瞬間に斬撃を繰り出すことで対象を切り刻む攻撃です。 弐ノ型 懊悩めぐる恋 らせん状に対象を切り刻む攻撃です。 参ノ型 恋猫しぐれ 名前にもあるように、猫のように飛び跳ねながら日輪刀で半円を描くように相手を何度も斬りつけます。 肆ノ型 不明 伍ノ型 揺らめく恋情・乱れ爪 新体操のようにしなやかな動きで体を大きくそらせながら日輪刀を振って切り刻む攻撃です。 陸ノ型 猫足恋風 日輪刀を新体操のリボンのように回転させて、相手の攻撃を防ぐ防御の技です。 自身の周囲に日輪刀を回しながら囲うことで、相手の攻撃を通しません。 甘露寺蜜璃の声優 蜜璃の声優である花澤香菜は、幼少期は子役として活動していましたが、14歳の時に『LAST EXILE』で初の声優に挑みました。 その後は三年ほど声優業はしていませんでしたが、アニメ『ゼーガペイン』がきっかけとなり声優を志すこととなりました。 2010には最優秀女性声優賞を獲得します。 出演作品には、『ひぐらしのなく頃に』、『デュラララ!! 』、『東京喰種』など有名作品で、実力派の声優さんです。 甘露寺蜜璃の名シーン・名セリフ 蜜璃は柱であるため戦闘シーンはもちろん見どころですが、個性的なキャラクターから数多くのエピソードがあります。 そんな蜜璃の見どころを厳選して紹介したいと思います。 蜜璃の特異体質や髪の色を気味悪がった縁談相手から必要以上に辛辣な言葉を浴びせられています。 蜜璃と結婚できるのは熊や猪くらいのもの。 髪の色が子供に遺伝すると思うとぞっとする。 など、人間性を疑うほど失礼な言葉を言われているために、蜜璃は自分を偽るようになります。 当主の産屋敷に「君は神様から特別に愛された人なんだよ蜜璃。 自分の強さを誇りなさい。 君を悪く言う人は皆君の才能を恐れ羨ましがっているだけなんだよ」と言われます。 この優しい言葉を聞いた蜜璃は鬼殺隊に入隊し、以降自分を偽ることはしなくなりました。 来世での約束を交わした蜜璃.

次の

鬼滅の刃12巻101話のネタバレ考察!甘露寺が話した内緒話とは?

甘露寺蜜璃 炭治郎 鼻血

使用する呼吸:恋の呼吸 誕生日:6月1日 年齢:19歳 身長:167cm 体重:56kg 出身地:東京府 麻布區 飯倉(現:港区 麻布台) 趣味:料理、メンコで負け知らず 好きな物:桜餅 『恋の呼吸』の使い手で、恋柱。 露出の多い隊服に、頭頂部が桜色、髪先が草色という特徴的な髪型をしている。 甘露寺はこの露出の多い隊服が普通だと思っており、しのぶがこの隊服を着ていなかったことに驚愕していた。 甘露寺が勘違いしていた理由は、隊服を仕立てている隊員が甘露寺を騙した為である。 しのぶにも露出の多い隊服が渡されたが、しのぶは燃やして拒否している。 髪は本来黒色だったが、好物の桜餅を食べ過ぎたあまり、色が変わってしまったらしい。 非常に可愛らしい容姿をしている。 その可愛さから炭治郎は耳打ちされた際に鼻血を出し、玄弥は話しかけることさえ出来なかった。 『恋柱』の名に違わず、誰に対しても心ときめいている。 感情的に行動し、玄弥に無視された時は、泣いてその事を炭治郎に訴えた。 また、異空間・無限城で上弦の肆である鳴女と遭遇した際には「他の鬼殺隊員が頑張っている」という理由で、敵の能力も分からないのにもかかわらず突撃し、蛇柱である伊黒小芭内に注意されている。 刀鍛冶の里で炭治郎と交流を深め、禰豆子とは非常に仲が良い。 その後も炭治郎と文通をしている。 口下手で、柱合会議で痣の発現方法を聞かれた時には「ぐあああ〜」「ばくんばくん」「メキメキメキィッ」と擬音でその時の状況を説明し、誰にも理解することができなかった。 自身が何を発言したのかは理解しているようで、赤面しながら「穴があったら入りたいです。 」と言って顔を隠した。 鬼殺隊に入った理由は「添い遂げる殿方を見つけるため」である。 鬼と全く関わり合いになっていないのに鬼殺隊へ入った珍しい経歴の持ち主である。 守ってもらいたい願望があるために圧倒的な強さを誇る柱の男性に憧れているが、なかなか柱の男性に会うことができなかった。 甘露寺は自らが柱になることで接点が作れると考え、それを実現した。 甘露寺が使用している日輪刀は非常に薄く長い鞭のような形状をしている。 使い方を誤れば自身を傷つけかねない代物で、甘露寺にしか扱うことができない。 甘露寺の肉体は華奢に見えるが、筋肉密度が常人の8倍という特殊体質で、一歳二ヶ月の時に漬物石を軽々と持ち上げていた。 また、女性特有のバネと柔軟な体を持つ。 その肉体から繰り出される技は、音柱の宇髄よりも速い。 食欲も凄まじく、力士3人よりも食べる。 上弦の肆である半天狗と、上弦の伍である玉壺が刀鍛冶の里を急襲し、その応援として駆けつけ、半天狗と戦う。 また、無限城では、半天狗の代わりに上弦の肆となった鳴女と遭遇し、伊黒と共に戦う。 甘露寺蜜璃の来歴・活躍 お見合いが破談となった甘露寺 甘露寺は17歳の頃にお見合いが破談となった。 そのお見合い相手は「君と結婚できるのなんて熊か猪か牛くらいでしょう。 そのおかしな頭の色も子供に遺伝したらと思うとゾッとします。 」と甘露寺に言う。 それを聞いた甘露寺は、自身の怪力や大食いを隠さなければならない、と思った。 甘露寺は髪を黒く染め、目眩がするのに食べ物を減らし、か弱いフリをした。 そうすると甘露寺と結婚したいと申し出る男性が現れたが、甘露寺は自分を偽ることに疑問を覚える。 「私が私のままできること、人の役に立てることあるんじゃないかな?私のままの私が居られる場所ってこの世にないの?」と考えた甘露寺は鬼殺隊に入ることになる。 鬼殺隊の長である産屋敷耀哉は「素晴らしい。 君は神様から特別に愛された人なんだよ蜜璃。 自分の強さを誇りなさい。 君を悪く言う人は、皆、君の才能を恐れ羨ましがっているだけなんだよ。 」と甘露寺に話した。 それを聞いた甘露寺は泣いて感謝した。 そして鬼殺隊が甘露寺の居場所となった。 刀鍛冶の里へ応援に駆けつけた甘露寺 炭治郎が刀鍛冶の里へ行った時、ちょうど里に滞在していた。 炭治郎の姿を見つけるなり「聞いてよ聞いてよ〜!私今そこで無視されたの〜!挨拶したのに無視されたの〜!」と泣きついた(無視をしたのは玄弥である)。 そこから炭治郎と行動を共にし、交流を深めた。 その時、禰豆子と楽しそうに遊んでおり、禰豆子も甘露寺に懐いている。 そして先に里を離れることになり、「甘露寺蜜璃は竈門兄妹を応援してるよ〜」と二人を励ました。 甘露寺が刀鍛冶の里を離れた後、上弦の肆・半天狗と、上弦の伍・玉壺が里を急襲する。 甘露寺は急遽、里へ呼び戻される。 里へ戻った甘露寺は、玉壺が放った化物が刀鍛冶を殺害して回っているところに現れ、化物を倒して回る。 そして半天狗と戦っていた炭治郎の窮地を救う。 甘露寺は半天狗が生み出した鬼・憎珀天と戦うことになる。 炭治郎たちに守られた甘露寺 憎珀天は半天狗が生み出した分身体であり、頸を斬られても死ぬことはなく、さらに雷や怪音波、木の龍を操る血鬼術を使用する強力な鬼だった。 息をつく間もないほどの攻撃を仕掛けてくる憎珀天に炭治郎たちでは太刀打ちできなかった。 しかし、甘露寺は雷や怪音波などの攻撃自体を斬り裂き、憎珀天と対等に戦う。 そして攻撃を掻い潜って憎珀天の頸に迫るが、憎珀天が分身体で頸を落としても意味がないことを知らされ、動揺した隙に怪音波をモロに喰らってしまう。 普通の人間ならば、肉体がバラバラになってもおかしくない攻撃だったが、常人の8倍の筋肉密度を持つ甘露寺の肉体は原型をとどめていた。 それに驚愕する憎珀天だったが、甘露寺は意識が飛んでおり、絶対的な危機には変わりなかった。 甘露寺の危機に際し、炭治郎・禰豆子・玄弥は体を張って甘露寺を守る。 意識を取り戻した甘露寺は「甘露寺さんを守るんだ!一番可能性のあるこの人が希望の光だ!」という炭治郎の声を聞く。 甘露寺は「仲間は絶対死なせないから!鬼殺隊は私の大切な居場所なんだから!上弦だろうがなんだろうが関係ないわよ!私、悪い奴には絶対負けない!覚悟しなさいよ!本気出すから!」と言って泣いた。 鳴女に翻弄される甘露寺 鬼殺隊の長である産屋敷耀哉の元へ、悪の元凶である鬼舞辻無惨が現れる。 耀哉は無惨の到来を予期しており、自爆をする事で無惨に大きなダメージを与えた。 無惨と敵対する鬼、珠世と愈史郎は耀哉に協力を持ちかけられており、鬼殺隊の本部へと来ていた。 珠世は負傷した無惨に『鬼を人間に戻す薬』を投与する。 そして無惨を倒すべく柱や炭治郎が集結するが、無惨は異空間・無限城を呼び出し、一同は無限城へと落とされてしまう。 蛇柱である伊黒小芭内と共に行動していた甘露寺は、半天狗の代わりに上弦の肆となった鳴女と遭遇する。 無限城内部では、上弦の鬼を倒した者もいれば、死んでしまった柱もいた。 それに感化された甘露寺は、敵の能力も把握しないまま特攻を仕掛ける。 鳴女は無限城を自在に操ることができ、甘露寺の攻撃はあっけなく躱されてしまう。 伊黒は感情的に動く甘露寺を優しく諭す。 思うがままに動いた挙句、あっけなく攻撃を躱された甘露寺は恥ずかしくて伊黒に顔向けできなかった。 その後も甘露寺と伊黒は鳴女に攻撃を加えられずにいた。 その時、鬼殺隊に協力する鬼・愈史郎が現れる。 愈史郎は「いいか、よく聞け。 俺は鬼だが味方だ。 馬鹿じゃないなら今すぐ理解して協力しろ。 」と話した。 甘露寺は「私、馬鹿じゃないわ。 」と確認し、愈史郎の言う通りに囮となって鳴女の気を引いた。 その隙に愈史郎は鳴女の頭に指を刺し、鳴女を操った。 そして甘露寺と伊黒は無惨の元へと向かった。 鬼舞辻無惨との戦い 無惨の攻撃を受けた甘露寺 無惨は珠世の『鬼を人間に戻す薬』を分解し、炭治郎と義勇と戦いを繰り広げていた。 無惨は身体を刃に変え、それを凄まじい速さで振り回して炭治郎と義勇を追い詰めていた。 そこへ甘露寺と伊黒が助けに入った。 無惨は甘露寺たちが現れた事で鳴女が愈史郎に操られている事に気付いた。 愈史郎は鳴女の身体を操って無限城を操作し、無惨を地上に出そうとしていた。 無惨は鳴女の身体を通して愈史郎を侵食して殺そうとするが、義勇たちがそれを妨害し、無惨は地上へと出された。 その後も甘露寺たちは無惨と戦い続けた。 無惨は頸を斬っても死なないため、太陽の下に晒すしか倒す方法がなかった。 戦いの最中、突如炭治郎の身体に異常が生じる。 炭治郎は無惨の攻撃を受けた時に身体の中に血を入れられていた。 その血は人間には猛毒であり、炭治郎は細胞が変化して苦しんでいた。 炭治郎が戦線離脱してからも甘露寺たちは戦いを続けた。 そこへ岩柱の悲鳴嶼行冥と風柱の不死川実弥も加わる。 しかしそれでも無惨の攻撃は勢いを増した。 甘露寺は無惨の攻撃が速すぎて目で捉えられておらず、感覚で攻撃を避けていた。 甘露寺はギリギリで攻撃をかわしていたが、なぜか攻撃の方へ吸い寄せられ、重傷を負ってしまう。 伊黒はそんな甘露寺を近くにいた鬼殺隊の隊員へ預けた。 甘露寺は「待って。 私まだ戦える。 今度は足を引っ張らないようにするから。 」と食い下がるが、伊黒は「もういい。 十分やった。 」と言って戦いに戻った。 甘露寺は「待って!私も行く!伊黒さん!伊黒さん嫌だ!死なないで!もう誰にも死んでほしくないよォ!」と叫んで涙を流した。 無惨の左腕を引きちぎった甘露寺 その後、善逸、伊之助、カナヲも戦いに加わって死闘が繰り広げられるが、無惨は圧倒的な力で柱や善逸たちを気絶させた。 そこへ意識を取り戻した炭治郎が現れる。 炭治郎と無惨が戦う中で、伊黒、善逸、伊之助も復活して炭治郎に加勢する。 その時、無惨は珠世の薬によって疲弊していた。 珠世が無惨に投与した薬には鬼を人間に戻すだけではなく、『老化』『分裂阻害』『細胞破壊』の効力があり、無惨は体力の限界に達していたのだった。 炭治郎は『日の呼吸 陽華突』を繰り出して無惨を壁に押し当て、一秒でも長くそこに無惨を縫い止めようとした。 無惨は炭治郎に攻撃を仕掛けて逃げようとするが、そこに甘露寺が現れる。 甘露寺は泣きながら「もういい加減にしてよぉ!馬鹿ァ!」と叫びながら無惨の左腕を引きちぎった。 しかし、甘露寺は無惨の反撃を受けてしまう。 そこに伊黒と実弥も加勢し、無惨の動きを封じる。 その時、遂に夜が明けた。 無惨は肉を膨らませて巨大な赤ん坊の姿になって逃亡しようとする。 炭治郎はその際に赤ん坊の肉に呑まれてしまった。 生き残っていた鬼殺隊の隊員や柱たちは必死に赤ん坊の逃走を食い止めようとして戦うが、赤ん坊はそれでも止められず地中に潜って逃げようとする。 その時、赤ん坊に呑まれていた炭治郎が内から攻撃した。 赤ん坊は血を流して絶叫し、太陽に灼かれて消滅した。

次の