足 に あざ が できる 病気。 足 に 赤い あざ が できる 病気

身に覚えがない『あざ』ができる原因は6大病気の警告サインかも!?

足 に あざ が できる 病気

血液のがんともいわれる白血病の 初期症状は写真のようなあざですが、 青あざが突然出現したり鮮やかな画像のような赤色のあざが複数現れたり 人によってその症状は様々です。 ですが、なかなか治らないこと、数が増えることがあること、 痛みがない、ぶつけていないなどの共通点や特徴があります。 また、あざができやすい部位があり、足と腕、特に 太ももの内側にできやすいという特徴を持っています。 色は上記の通り様々ですが、消えるというかいったんは治るのですが、気付くと内出血したように他の部位に発生しているということが多いです。 小児白血病の初期症状 子供の白血病(Leukemia)は小児白血病といいますが、 子供が発症した場合の初期症状は、発熱、だるい感じ、せき、あざ、鼻血などです。 あざと鼻血以外は風邪と症状が似ているので見逃してしまいやすいです。 しかし、かぜと異なる点もあります。 それは熱が上がったり下がったりを繰り返して いつまでたっても治らないことです。 また、 だるさも徐々に強まる傾向にあるため、しっかり子供の体調を見ていてあげれば普通の風邪と違うと気付くはずです。 血液検査と白血球数の正常値 白血病の初期症状は血液検査にはっきりと現れます。 白血球が異常に増加し、同時に赤血球と血小板が異常に減少するのです。 また、珍しいケースですが白血球の数も減ってしまう場合もありますので、基準値からかけ離れた数値が血液検査で出れば診断できるということになります。 確定診断するには骨髄検査を行う必要があります。 白血病になると白血球数が基準値から外れて大きく増えたり減ったりします。 罹患すると白血球数は2万個から3万個/マイクロリットル以上にもなります。 ただし、数値が低値となるケースもありますので、あくまでも血液検査の結果が正常値の目安から外れていないかをチェックしましょう。 あざ以外の自覚症状 痛くないあざができる以外にも初期症状はたくさんあります。 列挙すると、 口内炎、疲れやすい、だるい、頭痛、動悸、風邪をひきやすい、顔色が悪い、常に眠気を感じるなどです。 また、慢性リンパ性白血病の初期症状では 皮膚のかゆみが発生することがあります。 内蔵に白血病細胞(造血細胞)が浸潤することで皮膚に病的なかゆみを感じるのです。 特徴としては、部分的にかゆいというわけではなく、全身の皮膚がかゆくなります。 さらに赤い点のような発疹ができて、そこから出血することもあります。 自覚症状として、鼻血が止まらない、歯肉の膨張や傷の治りが遅いといった症状もあります。 白血病の人の寿命と生存率 乳幼児期(子供の頃)に小児白血病として発症しやすい白血病は、20代のころに最も罹患率が少なくなり、40代以降になると発症する確率が徐々に増えていきます。 白血病になった人の寿命は、 治癒しなければ平均すると5年ほどです。 国立がん研究センター・中央病院のデータ(5年生存率)によると、 急性骨髄性白血病の人の生存率は47%、急性前骨髄球性白血病は86%、急性リンパ性白血病は31%となっています。 治療後、寛解しなかったり再発してしまうと余命に影響します。 病名を聞くと不治の病のようなイメージをもたれる方も多いと思いますが、 治る病気です。 白血病の生存率は子供の場合、80%となっており、10代や20代で発病するよりも高くなっています。 40代や50代以降になると体力や造血機能が低下してくるため、生存率は低下傾向にあります。 再発すると子供や大人など年齢に関わらず余命に影響する可能性が大きくなります。 治療法には3段階あります 白血病の治療法は化学療法(抗がん剤の投与)となります。 血液のがんであるため、 ほかの癌と治療法も異なり、寛解導入療法、地固め療法、維持療法という3段階を経て完全寛解を目指します。 寛解導入療法は入院して複数の抗がん剤を使い、一気に白血病細胞を減らします。 治療には3週間から4週間の期間がかかりますが、 80%以上の患者さんは完全寛解となります。 大量の抗がん剤を使うと、2週間後には骨髄の中の白血病細胞も正常な細胞もほとんどなくなります。 その後少しずつ正常な細胞が増加して、造血機能が回復します。 地固め療法は寛解導入療法によって5%以下まで減少した白血病細胞をさらに減らす目的で行われます。 再発を予防するためにさらに別の抗がん剤も使用して、数ヶ月間の治療を行います。 維持療法は完治を目標に行うもので、外来(病院に来ること)で1年から2年の期間、抗がん剤を投与します。 完全寛解している期間が長ければ長いほど再発の確率は減少します。 完全寛解が5年間以上維持できれば完治(再発の可能性が著しく低い)といえます。 近年の抗がん剤の開発により白血病は治る病気となりました。 血液の病気なので化学療法が効きやすいのです。 白血病の原因 白血病になる原因ははっきりとはわかっていませんが、 遺伝子や染色体の異常が原因とされています。 例えば慢性骨髄性白血病(CML)だと95%以上の罹患者にフィラデルフィア染色体という異常な染色体が発見されます。 放射線や抗がん剤、ベンゼン、トルエンなどの化学物質は遺伝子や染色体を損傷させる原因になります。 また、ウイルスの感染も原因の一つとされています。 似ている病気 白血病に似ている病気に、再生不良性貧血や骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫があります。 再生不良性貧血は血液の中の 白血球、赤血球、血小板全てが減少する難病です。 厚生労働省の特定疾患に指定されていて、10代から20代、または70代から80代で発病しやすい傾向があります。 骨髄異形成症候群は、骨髄の中に存在している造血幹細胞の遺伝子に異常が起こり、血球が減少する病気です。 造血幹細胞の約半数に染色体の異常があるため、細胞ががん化して 急性白血病になる確率が高いです。 悪性リンパ腫はホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫という種類があり、全身に存在しているリンパ系組織ががんになる血液の病気です。 白血球が多いとどうなる? 白血球が多いということは、血球自身に異常が起きているか、体内に異物が侵入してきているかどちらかのパターンが多いです。 白血球は体内に侵入してきたウイルスや細菌、微生物を捕食して処理する役割があります。 このとき、ウイルスや細菌の数が多かったり強かったりすると体が白血球の数を増加させますので、白血球が多いということは風邪をひいている可能性もあるわけです。 また、 ストレスを受け続けたり、タバコをたくさん吸ったり、がんになったりすると白血球が増加します。 骨髄移植では手術しません 骨髄移植(Bone marrow transplantation)とは、ドナーの骨髄液(ゼリー状)を全身麻酔で採取して患者の静脈に注入する治療のことです。 再生不良性貧血の患者さんにも実施されます。 骨髄移植という名前がついていますが、外科的な手術は行いません。 近年では骨髄から骨髄液を抜き取る以外にもPBSCTや臍帯血など複数の造血幹細胞の入手方法があるため、総称して造血幹細胞移植と呼ばれています。 この治療を行う前に患者には致死量を超える抗がん剤を投与し、放射線を照射するため、骨髄移植を行わないと必ず死亡してしまいます。 これは腫瘍化してしまった細胞を完全になくすために必要な処置となります。 HLAが適合する確率 白血球の血液型とも言えるHLA型(ヒト白血球型抗原)は数万通りもあり、A・O・AB・B型の4種類しかない赤血球の種類とは比較にならないほど数が多く、それ故に骨髄移植の際にHLA型が適合する確率は非常に低いです。 HLA型は親子間では適合しそうなイメージがありますが、両親から半分ずつ遺伝するため適合する確率はゼロに近いです。 しかしそれでも全く血の繋がりのない人よりかは適合する可能性は高いとされています。 兄弟姉妹の間で移植が可能な確率は25%です。 骨髄移植が可能であっても遺伝子が完全に一致しているわけではないので、GVHD(拒絶反応)は起こります。 ちなみに、移植を受けるとドナーのABO式血液型に自分の血液型も変わることになります。 輸血と違って、移植に際して赤血球の血液型であるABO式血液型において必ずしも一致する必要はありません。 ですので、自分の血液型がA型でドナーの血液型がO型であった場合、自分もO型に変わります。 また、 染色体やDNAもドナーと同じものになります。 治療費は末期でも20万円以下 白血病にはステージ(病期)という概念がありませんが、急性骨髄性白血病(AML)になるとステージ4の末期と診断されます。 完治するまで入院するとなると、だいたい60日から90日(2ヶ月から3ヶ月)かかります。 1日あたりの治療費は約6万円、国民健康保険などに加入していて3割負担の場合は約2万円、骨髄移植したときの治療費の総額は365万円ですが、3割負担の場合は110万円です。 そして ほとんどのケースで高額療養費制度が適用となりますので、自己負担額は20万円以下となります。 末期になるとさまざまな症状がでてきます。 組織への浸潤による骨痛や歯肉腫脹、リンパ節の腫脹、肝脾腫、皮膚に赤い斑点が出てくる、頭痛などです。 ストレスががん細胞を増やす? 白血病の原因はストレスという情報もありますが、これは否定できません。 ストレスは人間の免疫機能を低下させ、毎日発生しているがん細胞の増殖を食い止めることをできなくさせる原因にもなりえるからです。 過労やストレスは万病のもとなのです。 また、芸能人や有名人に白血病の患者が多いことも気になります。 収録に使用されている機材からは強い電磁波が出ており、これが影響しているのではないかと見る向きもあるようです。 ただし、この説は医学的なデータや根拠に乏しいのが現状です。

次の

知らない間に青あざができてる!ぶつけた覚えもないのに、これって病気?

足 に あざ が できる 病気

知らない間に青あざが・・・これって何かの病気? 階段を踏み外したり、過度にぶつけたりしたら、覚えていないはずはないですよね。 ところが体にはそれにひってきするほどの 青あざがはっきり残っていることがあります。 参考: 「これ何?」と他人事のように驚いてしまうことが多いのですが、実はほんの少しぶつけただけで、青あざに残ってしまうような体になってしまっているのです。 それは「於血-おけつ」と言われる、漢方の世界で「血液が滞った状態」の体の事なんです。 日本だと、「血液ドロドロ」なんて言葉を使いますね。 「血液をサラサラにするために」などサプリメントも数限りなく発売されています。 血液がドロドロになる怖さは、ここ10~20年くらいテレビや情報番組でさんざん流れていましたし、記憶にもあると思います。 頭も中では十分理解していたつもりでも、生活習慣はなかなか改善していないのが実際のところなのです。 血液が滞ってしまう原因は、食事、睡眠、嗜好品、ストレス、など生活すべてが関係してきます。 サプリメントで食事を補ったとしても、タバコを吸っていたり、十分な睡眠をとっていなければカバーすることはできないのです。 また、ストレスは日々襲ってきます。 目の前のストレスを取り除いても、生きている限り、ストレスから離れることはできないのです。 女性はホルモンバランスによっても体に変化が起こり、血液がすぐに滞ってしまいます。 冷えからも血液ドロドロになりますし、血液ドロドロから冷えにもつながります。 ドロドロの悪循環が起こっているのです。 於血の症状には、頭痛、めまい、冷え、血色不良、クマ、青あざ、などがあり、そのまま放置してひどくなると、心筋梗塞、脳梗塞、アルツハイマー病などを引き起こします。 知らない間の青あざは於血?血液ドロドロの怖さとは? 於血とは、血が汚れて、ドロドロになり、血管を詰まらせていくことです。 この状態は、万病の元と言われています。 参考: スポンサーリンク 新陳代謝の低下、免疫力の低下も起こり、肌や髪の毛のハリも失い、老化を促進してしまいます。 そのため、於血の状態の人は、どんなに着飾っても、エステに通っても、若々しく見えないのです。 また、免疫力が落ちたことで、軽度の風邪でも長引き、肺炎など重症化してしまう可能性があります。 血行不良のため、肩こりや頭痛がひどくなり、日常生活に大きな障害をもたらし、更年期やうつ症状をひきおこしやすくなるのです。 この怖い万病の元!於血の改善方法を教えて! 結局は、生活習慣を整えることが必要になります。 しかし、知らない間にいくつもの青あざができてしまうようになっているなら、薬を力を借りて血液ドロドロを治さなくてはなりません。 於血の治療は漢方で治すのかと言うと、そんなことはありません。 人間の体は歴史が違うだけで造りは同じです。 かかりつけの病院で治療できます。 於血とは、汚れた血液が起こす、すべてをまとめた総称なので、日本の病院では、さらに細かく病気を選定してくれます。 動脈硬化や血栓除去など、部位にそった治療をしていきます。 また、生活習慣を見直すことも大切です。 なかなか難しいですが、食事は大切です。 血液が滞らないものを選ぼうとすると、何を食べたらいいのかわからなくなり、結局面倒になってしまいます。 新しいものを取り入れようとするのではなく、今までの食事のなかで、良くなかったものを減らしていくのはどうでしょうか。 ジャンクフードは美味しいですよね。 でも食べ続けてはいけないのです。 週に3回食べていたなら、1回にする。 元々週に1回食べていたなら、2週に1回にする。 ほんの少し気にするだけで、体は変ってくるのです。 お風呂に入ることも大きな効果です。 シャワーで済ませず、 湯船に浸かることが血行促進につながります。 毎日が無理なら、週末だけでもゆっくりと湯船に浸かるのはどうでしょう。 湯船に浸かると汗を掻きますね、すると代謝がよくなり、血行促進だけではなく、痩せやすい体になってきます。 さらに、老廃物の排出につながるので、肌や髪の毛にハリが戻ります。 知らない間にあざができる、そのほかの病気はある? 単純性紫斑症と言う症状があります。 これは20代~40代の女性に多く見られますが、病気を発症しているとは考えられないので、ほとんど治療は行われません。 青あざは、発症しても数週間で消えてしまいます。 ただし、この症状が起こる女性は、もともと血管が弱い可能性があるため、青あざは繰り返し現れることになります。 対処法としては、血管を強化するために、ビタミンCをたくさん摂取することです。 また、血小板減少性紫斑病や、突発性血小板減少性紫斑病などの血小板の病気で現れるあざは赤いつぶつぶが集まってできる状態のあざなので、通常の、コインや卵の大きさに青くなるタイプの青あざとは様子が異なります。 まとめ 血行不良が起こす「於血」は、本当に怖いものです。 血の循環が悪くなると、体はさまざまな異常を起こし始めるのです。 血液の中には、大切な酸素や栄養素が入っています、それが各臓器へ順調に届かなくなると、体は正常に機能しなくなってしまうのです。 さて、これからどうやって生活習慣を改善していこうかな。 と湯船に浸かりながらゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。 カテゴリー•

次の

足裏に内出血ができる原因は?もしかしたら病気かも

足 に あざ が できる 病気

知らず知らずのうちに足に赤い斑点が出来ていたことはありませんか?身に覚えのない症状だと急に不安になったり、「何かの病気かも?」と心配になる人もいると思います。 赤い斑点が出来てしまう症状に合わせて、痒みが発生している場合や痛みが発生したり、むくみが発生しているなど、いくつかの症状によってなんの問題が足に発生しているのかを判断することが出来ます。 今回はこの足の赤い斑点について、症状と症状ごとの原因を詳しくまとめました。 少しでも心配な人はぜひこの記事を読んで、不安の解消の参考にしてみてください。 発生している症状ごとに対策法や解消法についても紹介していますので、症状の改善法を知って慌てずに適切に症状を治療していきましょう。 早く症状を改善し、慢性的な問題に発展しないようにしていきましょう。 この記事の目次• 足に赤い斑点ができるのは? 足に赤い斑点が発生しいるときは、何かしらのトラブルが起きている可能性があります。 その他の症状だったり、原因をしっかり判明させて適切に対処する必要があります。 早い段階であれば、症状が進行する前に治療することが出来ますが、すぐ治るだろうと思い込んでしまって放置してしまうと、取り返しのつかない事態になる場合もあります。 まず足に斑点が発生してしまった場合は症状の状態や原因について明確にしていき、自己治療を行うのか、病院に行くのかを素早く判断しましょう。 病院へ行く場合は、皮膚科で診てもらうのが良いですが、近くにない場合は総合病院へ行くようにしてください。 経過観察を行う場合は3日〜1週間以内の観察で、また病院にかかるかの判断をすることが望ましいでしょう。 症状が軽くとも体内に原因がひそんでいる場合は、小さな自覚症状でも大きな問題が体内で発生していて、どんどん進行していってしまう可能性があります。 注意しましょう。 足に赤い斑点が発生する病気 ではさっそく、足に赤い斑点が現れる症状のある病気を紹介します。 その他の症状と合わせて確認して、適切な対処をとるようにしてください。 心当たりのある原因から病気を特定してみましょう。 病気の可能性がある場合には早めに病院を受診し治療を行っていきましょう。 うっ血性皮膚炎 うっ血性皮膚炎というのは、 下半身の血流が悪くなることが原因で起こる病気です。 症状としては主に足首から膝にかけて、 むくみや皮膚が赤くなったりします。 特に 長時間の立ち仕事をされる方や、中高年の女性に多く見られる病気 皮膚炎 です。 血液の循環が悪い人もこの病気にかかることがあるので、そのような人は注意が必要です。 たまにかゆみが出てくるケースもあり、進行していくと次第に楕円形の紅斑がいくつも現れ大きくなっていきます。 決してかゆみが出るわけではないので、かゆみだけで病気を判断することはしないで下さい。 ・対策方法 予防策として、血流の流れを良くすることが大切なので、マッサージをしたり、女性の方でしたらむくみ解消用のストッキングを着用するなどしましょう。 しかしこれらはあくまでも予防策なので、このような症状を感じたらすぐに専門の医師に相談しましょう。 溶連菌感染症 溶連菌感染症は手の指、手のひら、腕などに発生しやすい湿疹に似ている症状になりますが、足に発生してしまう場合もあります。 皮膚の変化としては、表面のザラザラ感や乾燥、皮がごわつく、皮が向けるなどの症状が引き起こります。 この症状は子供に発生しやすい症状で日本の様な湿気の多い地方に多く発生しやすい病気でもあります。 発生しやすい季節としては12〜3月の乾燥しやすい時期に発生しやすく、夏場には発生しにくい傾向があります。 特に発症する年代としては4歳頃のお子さんから小学生までの子供になります。 家族間での感染も多く発生していて、子供の看病をしている内に大人に感染してしまうことも多くあります。 溶連菌感染症に感染してしまった場合、これらの皮膚症状だけでなく、喉や粘膜への菌の感染で発熱や喉の痛み、リンパの腫れ、中耳炎、舌が赤く染まりブツブツが発生する苺舌などの症状を併発してしまうことが特徴的です。 発疹には痒みを伴う場合があります。 足に症状が発生している場合は足の甲や足首、足の指に症状が認められ、更にふくらはぎや太ももに広がっていきます。 目に見えるこれらの症状が確認された場合は溶連菌感染症の可能性がありますので、皮膚科や内科での診断を行いましょう。 対処法 感染が行われてから2〜3日後ほどに症状が発生するする様になります。 まずは症状が確認され熱や皮膚症状が現れた段階で病院での検査をして治療を始めることで早めに症状を回復させることが出来ます。 抗生物質を飲むことで簡単に菌をなくして、治療することが出来るので、病院での治療が最も効果的です。 発疹などが発生している場合には抗生物質の他に軟膏などの皮膚用の塗り薬が処方される場合もあるでしょう。 発疹が発生している場合は、通学や通園などは控えさせたほうがいいでしょう。 子供間で感染してしまう危険性がありますので休みを取りましょう。 風邪のような症状だと甘く見て長期間症状を放置してしまうとしてしまうと皮膚症状が強くなり、完治までの期間が長くなります。 溶連菌感染症の症状は個人差が強く、自然治癒してしまう場合もありますが、腎炎などの症状に繋がってしまう可能性もあり、高い危険性が潜んでいる場合もありますので病院での治療が最も安全で確実でしょう。 単純性紫斑病 単純性紫斑病 たんじゅんせいしはんびょう とは、 手足に米粒大の大きさの点状の出血斑が現れる病気です。 20代の女性に多く見られ、詳しい原因はわかっていません。 一説では、疲労や毛細血管が弱かったり、月経などが関係しているとも言われています。 紫斑病にはいろんな種類のものがありますが、一般的に症状として現れる紫斑病はこの単純性紫斑病が多いです。 症状として、かゆみや痛みが全くありません。 ふっくらと膨れ上がることもなく、ただ出血斑が現れるというものです。 特に何かにぶつけた記憶はないのに主に四肢や臀部に紫斑が現れ、色素沈着が起こる場合もあります。 ・対処方法 普通は特に処置をしなくても、数週間もあれば自然に紫斑が消えてなくなります。 比較的心配しなくてもよい病気と言えるでしょう。 もしどうしても気になる場合は病院に行ってみましょう。 血管を強くするビタミンCの薬を服用してくれます。 注意すべき項目として、激しい運動などは控えたほうがいいでしょう。 過度な運動は血管に負担をかけてしまい、紫斑が更に酷くなってしまう事があります。 一度症状が回復してもぶり返してしまうことも多く、血管を丈夫にするためにしっかり栄養を摂取して体調を整える必要があります。 ピロリ菌を除去することで発生頻度を押さえることも可能です。 血小板が少なくなってしまうことで発生してしまう(血小板減少性紫斑病)こともあるのでピロリ菌を除菌すれば血小板が増加し正常な値になるのでこの問題が発生しにくくなります。 アレルギー性紫斑病(アレルギー性紫斑症) アレルギー性紫斑とは 主に5歳から15歳ぐらいの子供に多い病気です。 別名アナフィラクトイド紫斑病やヘノッホ・シェーンライン紫斑病などとも呼ばれています。 血管が炎症を起こしてしまい、血液が漏れることにより紫斑ができます。 傾向として、男の子の方に多く発症されることが確認されています。 発症者の男女比は2:1となっています。 初期症状として手足や臀部などに青紫色のあざが出てきます。 数日経つとそのあざが盛り上がってきて次第に硬くなってきます。 その後、関節痛や神経症などの症状が見られるようになり、次々とあざが増えていきます。 小児患者の場合は関節痛も合わせて発症してしまう事もあります。 腎臓病を併発してしまう可能性もありしっかり治療して言うことが重要になります。 食物や薬物からのアレルギー反応で腸内にむくみなどの症状は発生した場合には皮膚症状よりも前に腹痛を強く感じることがあります。 潜伏期間が1週間ほどあり、感染が発生してから1〜3週間後に症状が発生するようになります。 ・対処方法 この アレルギー性紫斑は「あれ、おかしいな」と思ったらすぐに病院に行って専門医に診てもらうようにしましょう。 必要のない場合は自然に治っていきますが、場合によってはステロイドなどの投与が必要です。 腸や腎臓の血管が出血すると血便や血尿の症状がみられるので、そのような症状が出たら早めに診てもらうことをお勧めします。 急性期には運動制限などが必要になります。 治るのに数ヶ月かかることもあり、再発の可能性もある病気なので注意が必要です。 しっかり経過を診て、しっかり治すことに専念しましょう。 蕁麻疹 蕁麻疹の可能性もあります。 蕁麻疹は 突然かゆみとともに全身、または体が赤くなって盛り上がり腫れたようになる病気です。 症状としては患部がムズムズしたり、チクチクしたりを繰り返し不快感を感じます。 原因としては食べ物や薬、植物や昆虫などのアレルギーが挙げられます。 他にもストレス、細菌、ウイルスなども原因として考えられます。 特にアレルギー症状では免疫力が低下している場合に普段はなんら平気な物質に対しても許容量がすぐいっぱいになってしまうことで症状を発症してしまう場合もあります。 ・対処方法 蕁麻疹は自然に治る病気ですが、ここで注意してほしいのはアレルギーの原因をしっかり突き止めることです。 ここで原因がはっきりしないと自分になんのアレルギーがあるのか分からないまま生活することになり、再発の可能性があります。 また、蕁麻疹で済めばいいですが、中には呼吸困難になったりするようなアレルギー反応もあるので原因をきちんと判明させておきましょう。 蕁麻疹などの症状は比較的アレルゲンに接してから早い段階で発症しやすく、アレルゲンを摂取したり触れることで1〜4時間以内に症状を発症するケースが多くなっています。 アレルギー性の湿疹などは痒みが強く発生しますがかかないことも対策の一つになります。 掻きむしってしまうことで皮膚症状が悪化してしてしまうので冷やすなどして対策したほうが有効になります。 蕁麻疹を発生させるアレルゲン アレルギーを発症してしまう代表的なものについて知っておきましょう。 症状を発症しやすい物質について紹介します。 これらの物を直近に摂取したり触れたりしていないか確認してみてください。 アレルゲンとなる代表的な食品 そば、たまご、乳製品、ナッツ類、小麦、あじ、鯖、甲殻類、肉類、果物類(もも、キウイ)、食品添加物 特にそば、卵、ナッツ類、乳製品、小麦は症状を引き起こしやすいものになります、重症化しやすい性質もありますので要注意です。 呼吸性のアレルゲン 花粉、ハウスダスト(ほこり)、ダニ、動物の毛や羽根、虫の鱗粉など 薬物でのアレルゲン 非ステロイド炎症鎮痛剤(NSAID)、抗生剤・ペニシリン系抗生物質、アセチルサリチル酸製剤などがあります。 皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹とは 肌が乾燥した状態で掻いてしまうと湿疹になってしまう皮膚の病気です。 足の場合は主に太ももやスネにかけて激しいかゆみが現れ、粉を吹いたようなカサカサした亀裂が入ることもあります。 皮膚が乾燥しやすい高齢者の方に多くも見られる病気です。 ・対処方法 治療法としては皮膚の乾燥を塗り薬で抑えることが第一となります。 また、かゆみがひどい場合には抗ヒスタミン剤を服用するケースもあります。 皮膚の乾燥を抑えるためにボディークリームやローションなどを使用して症状を予防することも有効な方法になります。 特に足の乾燥が発生しやすいのはスネの部分になります。 スネはすぐ下が骨になっていて皮膚が薄い部分ですので乾燥しやすい傾向があります。 入浴で温めるのもいいですが、熱すぎるお湯に入っている人は逆に乾燥を招いていしまっている可能性もあります。 40度以上のお湯では毛穴を開きすぎてしまい乾燥してしまう原因になりますので、注意しましょう。 脱毛、血行不良、冷え、日焼けなどが主な原因になりますのでこれらの原因を予防して対策していくことが有効でしょう。 ダニ ダニに噛まれた場合も赤い斑点ができます。 ダニの場合は一週間ほどかゆみが続き、噛まれた箇所に赤い斑点ができます。 ダニは一年中布団の中に生息しているので、特にこの時期に発症するというのはありません。 アレルギー性の湿疹などを引き起こす可能性もある害虫になります。 アレルギーの場合には基本的にはダニの死骸によって引き起こされますが、大きめの出来物や腫れなどが発生している場合は噛まれてことによる症状の可能性が高いでしょう。 ・対処方法 自然に治るので我慢すれば問題ないですが、かゆみが気になる人は病院に行きましょう。 布団やマットなどを洗濯・クリーニングに出したりこまめに干すことによって、ダニはだいぶ少なくなります。 普段からの予防が何より大切です。 干すことが中々出来ない場合はレイコップなどの布団用の掃除機などを使用すると、それでもダニやホコリなどを軽減することが出来て、問題を軽減することが出来るでしょう。 肌カビ 症状としてかゆみがあり、毛穴が盛り上がって周りが赤くなります。 この原因は マラセチア菌と呼ばれる菌が原因です。 カビと聞くと少し嫌な感じがしますが、この菌は誰の皮膚にでもいるいわゆる「常在菌」と呼ばれるものなので気にする必要はありません。 この病気は 汗がたまりやすいところできる傾向があります。 汗をかいたらしっかりその都度拭くことが何よりの予防になります。 拭かずに自然乾燥させるとカビが次第に広がる原因になるので注意が必要です。 また、お風呂で肌を強くゴシゴシ洗ってしまうのも肌カビにかかってしまう危険性をあげてしまう行為です。 適度な力加減で洗うように心がけましょう。 対処法 肌カビの対処法としては肌の状態を常に正常な酸性の状態に保つことが重要でしょう。 常在菌からの感染を防ぐために肌は常に酸性の状態を維持しています。 しかし石鹸などで体を洗いすぎることで表面がアルカリ性に近づき常在菌からの感染が発生しやすい環境になってしまう可能性が高まります。 もし症状が既に発生してしまっている場合は抗菌タイプのボディーソープを使用し、菌を除菌していきましょう。 商品が手元に届くまでは石鹸で洗いすぎないこと、蒸れを防ぐ、脂っこい食事を控えるなどを心がけて行きましょう。

次の