哀川翔 カツラ。 哀川翔のカツラなの?ヅラ疑惑の真相は?【薄毛芸能人の画像】

「毛量変わらない」哀川翔のカツラ疑惑検証

哀川翔 カツラ

哀川翔ケンカ最強伝説 暴走族から諸星和己を救った哀川翔 六本木で光GENJIの諸星和己らと一緒に車に乗っていた時に暴走族に囲まれてしまった。 哀川翔は、諸星和己に「お前は有名人だから車の中にいろ」と1人で立ち向かい、「もう帰ったほうがいいよ、君たちは」と言っただけでその場が収まった。 「年下に負けるわけないんだから」が哀川翔の理論。 同級生にめちゃくちゃ強い奴がいたが、そいつの兄貴には絶対勝てなかった事からこの年上最強理論に行き着いたらしい。 暴走族をアシに使う 哀川翔は、新宿で朝方まで飲んだ時等、知らない暴走族に「ちょっと家まで送ってよ」とタクシー代わりに使っていた。 飲み屋をハシゴする時も暴走族がいたら「ちょっとあそこまで乗せてって」と乗っていくらしい。 哀川翔曰く、すごく丁寧でタクシーよりも道を知っているらしい。 哀川翔の男気 哀川翔が知り合いの結婚式に出席した時の事 絶対に暴れないでねと念をおされていた哀川翔。 しかし酒癖の悪さで有名な柳葉敏郎が哀川が酒を飲んでるロックグラスにタバコをジュッっと入れたが、哀川翔は暴れないという約束を守るためそのまま飲み干した。 そのと後、柳葉敏郎は木村一八にもちょっかいを出して結局結婚式は乱闘になった。 ケンカではなくイジメだった 哀川翔は小学生の頃、20対1のケンカをした事がある。 しかも勝ってしまう。 よくよく考えるとあれはイジメに遭っていたと大人になってから気がついた。 哀川翔の夫婦喧嘩 哀川翔は妻である青地公美との夫婦ケンカで、自宅の壁や強化ガラス、自動車のフロントガラスも壊す。 修理費が全部で117万円かかったという。 300人対100人の大乱闘 哀川翔が一世風靡セピアに加入する前のローラー族時代の事 原宿の竹下通りで300人対100人の大乱闘に参戦した。 ちなみに哀川翔側が300人で暴走族側が100人だった。 中野英雄との出会い 哀川翔が19才の頃に、10人ぐらいでたむろしていた不良グループに注意した。 その中に中野英雄 16才 がおり、哀川翔にケンカを売ったが3秒で瞬殺されたという。 それ以降、中野英雄は哀川翔を慕うようになった。 哀川翔のケンカのやり方 哀川翔はケンカをする際、自分と相手の左手をロープで結んでドツキあう。 逃げられないし早く終わるからいいらしい。 あとケンカを長くやると身体によくないらしい。 哀川翔のその他のエピソード 矢沢永吉と哀川翔の握手 飲み屋でばったり会った矢沢永吉と哀川翔 「矢沢です」と言って握手を求める矢沢永吉に対し、哀川翔も「哀川です」と言って握手。 目をそらしたら負けのような謎の戦いが始まり、2人は握手したままの状態で20分動かず、矢沢永吉が握手をやめた後に一言「最高!」といった。 哀川翔曰く矢沢永吉は、今まで会った人の中で一番恐い大人。 ゴルフよりカブトムシ ゴルフ中でもキャディーさん「このゴルフ場でカブトムシがいちばんいるのはどこだ?」と聞く程のカブトムシ好き。 カブトムシ飼育専用の倉庫も借りて1年で5000匹も孵化させたこともある。 そのカブトムシは被災地の子供達に配った。 北海道遠軽町丸瀬布の「丸瀬布昆虫生態館」にて「まるせっぷ昆虫大使」に任命され「カブトムシ・クワガタ特別学芸員」になった。 その「丸瀬布昆虫生態館」には哀川翔が寄贈した昆虫のコーナー「アニキの森」もある。 おっちょこちょいな哀川翔 運動神経抜群で高校生時代には器械体操部と陸上部を掛け持ちしていた。 体育教師になりたくて日本体育大学に推薦で入学するつもりだったが、入学願書を出し忘れ夢はかなわなかった。 哀川翔のカツラ疑惑 若い頃から変わらない髪形の哀川翔。 50才を超えているわりには不自然だとカツラ疑惑がつぶやかれています。 しかし周りの人間の証言でカツラではないと否定されています。 羽賀研二が嫌い 羽賀研二が苦労して買った300万円のBMW。 哀川翔が新宿でそれを見つけ、生意気なもんに乗ってんじゃねえとBMWをボコボコにした。 新幹線ジャック犯を捕まえた 哀川翔が新幹線ジャックに遭ったところ、その道の人と協力してジャック犯を捕まえたと「堂本兄弟」にて話された。 しかしニュースにもなっておらず真相はわからない。 ショウロンリーリバー 若い頃、雑誌「ポップティーン」のアルバイト雑誌記者として働いていた。 その時使っていたライター名が「ショウ・ロンリー・リバー」 当時から「哀しみは川に流して翔べ」という言葉が好きだったようで、 その漢字をとって芸名である「哀川翔」が誕生した。 座敷わらしに会った事がある 当時1歳と2歳だった子供達を夜に起こしてトイレに連れて行った時の事 いつのまにか2人だった子供が3人になっていた。 3人目の子供は3,4歳くらいのオカッパ頭で昭和の顔だったらしい。 心肺停止で40分も無事に帰還 哀川翔は30歳を超えたころに疲労から心肺停止が40分続いた事がある。 その状態から戻ってこられるのは100人に1人らしい。 ちなみにその事を哀川翔は1000人に10人と発言している。 1000人に10人だと200人に1人いないかもしれないじゃんとよく分からない事を言っている。 夜のヒットスタジオを3回出禁になる 哀川翔は「夜のヒットスタジオ」を3回出禁になった事がある。 1回目は、前の出番の歌手のために炊いたスモークで滑ってしまいスタッフにキレたところ、逆に「てめえらガキにそんなこと言われる筋合いはねえんだ!」とスタッフにキレられて。 2回目は、その出禁中にスタジオの袖から紙飛行機を飛ばして他の出演者を邪魔する遊びをしていた為。 3回目は、郷ひろみの決めポーズの瞬間に前方宙返りで美味しい所をもっていった為。 哀川翔のエピソード投稿 その他、哀川翔の伝説や逸話などのエピソードがありましたらページ最下部のより投稿して頂けると嬉しいです。

次の

哀川翔がカツラ疑惑?画像は?カブトムシがギネス記録に?カブトムシ工場がある?

哀川翔 カツラ

哀川翔はやっぱりカツラ?いつまでもフサフサな髪の真相とは 哀川翔さんと言えば渋い顔立ちに迫力のある演技、でもカブトムシが大好きというちょっとキュートな部分もある、個性派俳優さんです。 しかしこの哀川翔さんには、以前からカツラ疑惑が浮上していました。 一体どうしてカツラ疑惑が持ち上がったのか、本当にカツラなのかを検証します。 若い頃から55歳 2016年時 の今まで髪量が変化していない 哀川翔さんは1961年5月24日生まれですから、2016年時点では55歳という事になります。 50歳半ばというと、そろそろ額もしくは頭頂部や後頭部が薄くなってきてもおかしくない年齢でしょう。 もしくは薄毛まではいかなくても、全体的な頭髪の量が若い頃よりも少なくなる方が多いでしょう。 しかし哀川翔さんのデビュー当時の写真と現在を比べてみると、ほとんど変化せず額も生え際もつむじも、髪の量がとても多いのです。 頭の上から撮った写真もネットに公開されていますが、それを見ても頭部の地肌さえ見つかりません。 この事から「実はこの量はカツラだからではないか」「つむじさえ見えないのはちょっとおかしい」と疑惑が上がっているのですね。 ドラマ撮影等でも髪を何度か銀やブラウンに染めた事もある哀川翔さんですが、染めても尚、髪の量がここまで多いのは確かに怪しいかもしれません。 海の上の撮影で帽子をかぶっていない 哀川翔さんはカブトムシの他に、釣りを趣味にしているという事で、オトナ倶楽部という番組で船に乗った回を放送していました。 その回を見てみると、何と強風吹き荒れる海の上で、哀川翔さんは帽子を一切かぶっていないのです。 カツラに取って天敵はと言うと、水気と風でしょう。 海と言えば船に乗っていても塩水がかかる事がありますし、風も放送ではかなり強く吹いています。 カツラをかぶっている場合、ヘアピン等で頭部に止めていたとしても、強風でカツラが飛ぶ危険性もあります。 そんな状況もものともせず、かと言って帽子もかぶっていない、隠していない状態から「植毛なのでは? 」という意見も出ています。 確かに植毛ならば50代半ばであのフサフサの髪の量、そして染めていても薄い部分がないという事にも納得がいきますね。 前髪を上げる髪型が多い 哀川翔さんのよくされている髪型は、前髪を上に上げているスタイルです。 毛の長さが短い場合はそのままワックスやスプレーで前髪事上げていて、その為に額も生え際もよく見る事が出来ます。 しかしじっと見ていると、何だか「生え際が凄く自然」だと思いませんか? 植毛ですと自毛でも人工毛でも、一旦無くなった部分に新たに髪を植えるのですから、違和感も若干出てくるでしょう。 でも若い頃からの写真、そして今の年齢の写真と年代順に見ていっても、額の生え際はそのままだと見受けられます。 カツラですと髪の生え際部分は一番判りやすいですし、植毛でもなさそうだという事は、哀川翔さんは「自毛」なのかもしれませんね。 髪を頻繁に染めるのは白髪が多いせい? 哀川翔さんは前述したように、ドラマや映画の役作りで髪色が変わる事が多い方です。 しかしそれ以外でも実は頻繁に染めていらっしゃるようで、真っ黒というよりは濃いブラウンが多いでしょう。 この頻繁に髪を染めているという点からも「カツラだから出来るのではないか」と言われるようになったのです。 しかし、これはもしかすると白髪が多いせい、なのではないでしょうか。 白髪隠しの為に頻繁に髪を染めている事が、実はカツラを色々持っていて変えている、なんて噂になったのかもしれませんね。 本人はカツラだと公言していない 哀川翔さんご本人は、実はカツラだという事を公言していません。 それは「まだ」言っていなくて「もうすぐ」どこかで発表するのかは、ご本人のみが知る事ですね。 しかしこれだけ調べてもカツラかもしれないという決定的な証拠がないという事は、結論から言えば「自分の髪の毛」である確立がとても高いです。 哀川翔さんは若い頃少し癖のあるタイプの髪質だったようですから、恐らく髪質は硬く、それでいて元々量がとても多い方です。 若い頃から全く変わらずにフサフサの状態を保っている、というのは、とても羨ましい限りですね。 額も後退していませんし天辺も後頭部もバッチリ髪があります。 哀川翔さんのように髪を保つには 哀川翔さんは健康法として、早起きをするように心がけています。 夏は4~5時、冬でも5時に目覚めるようにしているそうで、体調が芳しくない場合でも起床時間はあまり変動しません。 哀川翔さんの行っている早起きは、一見普通の事だと思えるかもしれません。 しかしこれを続ける事で安定した睡眠時間を得る事が出来て、その為にストレス緩和、体力温存も可能です。 人は食事以外で、睡眠も大事です。 それは眠っている間に脳と体を休めて疲労回復を図る事が出来、そして成長ホルモンが分泌される為です。 疲労が溜まれば溜まる程血流も悪くなりますし、そうなれば頭皮へも上手く栄養素が運ばれません。 それにホルモンバランスが崩れてしまうと、老化が急速に進むのです。 哀川翔さんが今の年齢まであの立派な量の髪を保っていられるのは、この健康法に秘密があるのかもしれませんね。 哀川翔さんのような髪を手に入れるためには生活習慣の改善が大切 あなたも今日から、哀川翔さんのように早寝早起きの生活を送り、髪にとって良い状況を作り上げましょう。 そうすればきっと今薄毛に悩んでいる方は勿論、これから先の未来も、今の髪の量を守り抜く事が出来るはずです。 哀川翔はやっぱりカツラ?いつまでもフサフサな髪の真相とはに関連する情報.

次の

哀川翔の嫁・青地公美の画像はある?元旦那は誰?若い頃が綺麗?

哀川翔 カツラ

哀川翔はやっぱりカツラ?いつまでもフサフサな髪の真相とは 哀川翔さんと言えば渋い顔立ちに迫力のある演技、でもカブトムシが大好きというちょっとキュートな部分もある、個性派俳優さんです。 しかしこの哀川翔さんには、以前からカツラ疑惑が浮上していました。 一体どうしてカツラ疑惑が持ち上がったのか、本当にカツラなのかを検証します。 若い頃から55歳 2016年時 の今まで髪量が変化していない 哀川翔さんは1961年5月24日生まれですから、2016年時点では55歳という事になります。 50歳半ばというと、そろそろ額もしくは頭頂部や後頭部が薄くなってきてもおかしくない年齢でしょう。 もしくは薄毛まではいかなくても、全体的な頭髪の量が若い頃よりも少なくなる方が多いでしょう。 しかし哀川翔さんのデビュー当時の写真と現在を比べてみると、ほとんど変化せず額も生え際もつむじも、髪の量がとても多いのです。 頭の上から撮った写真もネットに公開されていますが、それを見ても頭部の地肌さえ見つかりません。 この事から「実はこの量はカツラだからではないか」「つむじさえ見えないのはちょっとおかしい」と疑惑が上がっているのですね。 ドラマ撮影等でも髪を何度か銀やブラウンに染めた事もある哀川翔さんですが、染めても尚、髪の量がここまで多いのは確かに怪しいかもしれません。 海の上の撮影で帽子をかぶっていない 哀川翔さんはカブトムシの他に、釣りを趣味にしているという事で、オトナ倶楽部という番組で船に乗った回を放送していました。 その回を見てみると、何と強風吹き荒れる海の上で、哀川翔さんは帽子を一切かぶっていないのです。 カツラに取って天敵はと言うと、水気と風でしょう。 海と言えば船に乗っていても塩水がかかる事がありますし、風も放送ではかなり強く吹いています。 カツラをかぶっている場合、ヘアピン等で頭部に止めていたとしても、強風でカツラが飛ぶ危険性もあります。 そんな状況もものともせず、かと言って帽子もかぶっていない、隠していない状態から「植毛なのでは? 」という意見も出ています。 確かに植毛ならば50代半ばであのフサフサの髪の量、そして染めていても薄い部分がないという事にも納得がいきますね。 前髪を上げる髪型が多い 哀川翔さんのよくされている髪型は、前髪を上に上げているスタイルです。 毛の長さが短い場合はそのままワックスやスプレーで前髪事上げていて、その為に額も生え際もよく見る事が出来ます。 しかしじっと見ていると、何だか「生え際が凄く自然」だと思いませんか? 植毛ですと自毛でも人工毛でも、一旦無くなった部分に新たに髪を植えるのですから、違和感も若干出てくるでしょう。 でも若い頃からの写真、そして今の年齢の写真と年代順に見ていっても、額の生え際はそのままだと見受けられます。 カツラですと髪の生え際部分は一番判りやすいですし、植毛でもなさそうだという事は、哀川翔さんは「自毛」なのかもしれませんね。 髪を頻繁に染めるのは白髪が多いせい? 哀川翔さんは前述したように、ドラマや映画の役作りで髪色が変わる事が多い方です。 しかしそれ以外でも実は頻繁に染めていらっしゃるようで、真っ黒というよりは濃いブラウンが多いでしょう。 この頻繁に髪を染めているという点からも「カツラだから出来るのではないか」と言われるようになったのです。 しかし、これはもしかすると白髪が多いせい、なのではないでしょうか。 白髪隠しの為に頻繁に髪を染めている事が、実はカツラを色々持っていて変えている、なんて噂になったのかもしれませんね。 本人はカツラだと公言していない 哀川翔さんご本人は、実はカツラだという事を公言していません。 それは「まだ」言っていなくて「もうすぐ」どこかで発表するのかは、ご本人のみが知る事ですね。 しかしこれだけ調べてもカツラかもしれないという決定的な証拠がないという事は、結論から言えば「自分の髪の毛」である確立がとても高いです。 哀川翔さんは若い頃少し癖のあるタイプの髪質だったようですから、恐らく髪質は硬く、それでいて元々量がとても多い方です。 若い頃から全く変わらずにフサフサの状態を保っている、というのは、とても羨ましい限りですね。 額も後退していませんし天辺も後頭部もバッチリ髪があります。 哀川翔さんのように髪を保つには 哀川翔さんは健康法として、早起きをするように心がけています。 夏は4~5時、冬でも5時に目覚めるようにしているそうで、体調が芳しくない場合でも起床時間はあまり変動しません。 哀川翔さんの行っている早起きは、一見普通の事だと思えるかもしれません。 しかしこれを続ける事で安定した睡眠時間を得る事が出来て、その為にストレス緩和、体力温存も可能です。 人は食事以外で、睡眠も大事です。 それは眠っている間に脳と体を休めて疲労回復を図る事が出来、そして成長ホルモンが分泌される為です。 疲労が溜まれば溜まる程血流も悪くなりますし、そうなれば頭皮へも上手く栄養素が運ばれません。 それにホルモンバランスが崩れてしまうと、老化が急速に進むのです。 哀川翔さんが今の年齢まであの立派な量の髪を保っていられるのは、この健康法に秘密があるのかもしれませんね。 哀川翔さんのような髪を手に入れるためには生活習慣の改善が大切 あなたも今日から、哀川翔さんのように早寝早起きの生活を送り、髪にとって良い状況を作り上げましょう。 そうすればきっと今薄毛に悩んでいる方は勿論、これから先の未来も、今の髪の量を守り抜く事が出来るはずです。 哀川翔はやっぱりカツラ?いつまでもフサフサな髪の真相とはに関連する情報.

次の