七夕 の お話。 七夕の伝説は織姫と彦星の悲しいストーリー!実は2通りの話があった?

七夕伝説~織姫・彦星の物語の本当の話って?

七夕 の お話

7月7日と言えば、言わずと知れた 七夕です。 この日の夜空に天の川(Milky Way)が見えればいいのですが、雨に霞むと悲しむ人もいるようです。 それが今回お話しする主人公なのですが、それは後のお楽しみ。 スポンサーリンク 世間様のブログには、いかにも 七夕を美化したお話が満載されていますが、ここではいささかうがった見方をしてみたいと思います。 子供にはけっして教えたくない、 七夕伝説のダークサイドを暴きます (今日は全編を通してダークです)。 それでは、張り切ってどうぞ! 目次• 七夕の由来 七夕の物語(伝説)をお話する前に、先ずは 七夕の由来から見てみましょう。 7月7日が 七夕と呼ばれるようになったのには、嘘か誠かいくつかの説があります。 もともと、この日は、暦の上では五つある節句の一つです。 節句については上の記事で書いていますから、また時間があれば読んで下さい。 5月5日が 端午の節句であるのに対して、この7月の節句を たなばたと称するようになりました。 さて、この日が節句の一つであることが分かったところで、そろそろ 七夕の由来についてお話しましょうね。 大雑把に説明すると、3つの説が有力です。 日本の神事から伝わった説 神様に捧げる着物を織った織機 (しょっき)を棚機 (たなばた)と呼びます。 そして、この神事は7月7日に行われたことから、 たなばたがこの日の通名となりました。 乞巧奠(きこうでん、きっこうでん、きっこうてん、きぎょうでん、読み方色々) これは、その昔 (平安時代から行われていた)宮廷の女性達が、針 (ヒサギの葉1枚に金銀の針をそれぞれ7本づつ刺して)の穴に美しい彩りの糸 (五色の糸)を通し、捧げ物を庭に並べて針仕事の上達を願ったことに由来しています。 7月7日の夜半から翌朝にかけて、夜空の星を見ながら願ったと言われています。 中国版ロミオとジュリエットの物語 中国の古い物語の一つに、牽牛 (けんぎゅう)と織女 (しょくじょ)の恋愛話があります。 これが今回メインとなる物語なので、ここではまだ説明しません。 ただ、愛する二人が引き離されて、「今月今夜のこの場所だけで会うことを許される」といった限定条件を伴ったストーリーです (金色夜叉みたいです)。 どのお話もそれらしくは聞こえますが、 七夕と呼ばれるようになった決定打には欠けますね。 が一番有力かもしれません。 えらいこっちゃ! 何故か七夕には天の川がつきもの 七夕で思い出されるのが、短冊と笹の葉です。 笹の葉さらさら、軒端に揺れる、お星様キラキラ、金銀砂子。 五色の短冊、私が書いた、お星様キラキラ、空から見てる。 権藤はなよ氏と 林柳波 (はやしりゅうは)氏によって作詞され、 下総皖一 (しもうさかんいち)氏の作曲で生まれた日本の童謡です。 この歌の説明はあえてしません (意地悪でしょ。 ダークサイドですから)。 しかしながら、この歌には 七夕の由来の部分で説明した事柄が、そこはかとなく散りばめられているのが分かります。 例えば、 金銀砂子 (金箔銀箔を粉末にしたもの)は金と銀の針を意味しているとも考えられ、 五色の短冊は五色の糸から来ているとも取れます。 それに、 お星様キラキラは、天を流れる星の川、あの 天の川を指していると考えられ、7月7日の夜半から翌朝にかけて見ていた夜空 (宇宙)と合致しています。 なぜまた 天の川なのかと言えば、それはこれからお話します。 スポンサーリンク 七夕伝説はこうして生まれた そもそも、七夕をスペースオペラ調に仕立てたのにはワケがあり、それは中国のある恋愛物語がベースになっているからです。 中国には地方色豊かな戯曲がたくさん残っており、その中には天に暮らす神々の話があります。 かなり破茶目茶な話もありますが、中国4000年の不思議が詰まっているので、ここはあまり深く詮索しないようにします。 新説「牽牛と織姫は実はこんな人達だった!」 天地創造の神とは違い、どこかの名も無き神様の身内のお話です。 その家族は天上 (宇宙)に住み、彼の一人娘は機(はた)を使った織物が得意でした。 どうにも設定が甘々ですが、とりあえずは大目に見ておきましょう。 神様の娘は機織りが唯一の生き甲斐で、明けても暮れても織物ばかりを作っていました。 ただ、この織物は非常に評判が良く、他の神様の間でもひっぱりダコでした。 やがて、彼女も結婚適齢期に差し掛かりますが、周囲には男性の影も見えず、そのままでは行かず後家になってしまいそうでした。 娘のことを気に病む神様がある日川辺を歩いていると、そこに牛飼いの男の子を見付けました。 牛飼いは、見るからに田舎者で、純朴さを絵に描いたような男性でした。 「これなら、世間知らずのうちの娘とも上手く行くに違いない」と考えた神様は、神様の権限で二人を夫婦にしてしまいました。 「二人の意思はどこ行ったんや? 自由恋愛と違うんかい?」と突っ込みたくなりますが、ここもとりあえずは目をつむっておきましょう。 牛飼いの男の子が意外とイケメンで、しかも神様の一人娘も引きこもり気味とはいえかなりの美女でしたから、双方からは何ら文句も出ずに祝言に至りました。 さて、神様の力で半ば無理やり所帯を持たされた二人ですが、お互いに異性慣れしておらず、やることなすこと失敗だらけでした。 しかし、ある一つのことには相性が合ったらしく、仕事も忘れてそちらばかりに夢中になっていました。 何に相性が合ったかは、あなたのご想像にお任せします。 ただ、若い男女がハマる あれです (最近は離れる傾向にあるようですが)。 それまでは機を織ることに一生懸命だった織姫 (機を織るから織姫ね。 安易でしょ)と、牛のことしか頭になかった牽牛 (牛を引っ張るから牽牛ね。 これまた安易な)は、いつの間にか仕事をそっちのけでそのハマり事に心を奪われていました。 この二人、仕事こそは地味ですが、滞るとそれなりに支障が出ます。 織姫の作る織物は天の住人の着衣になるので、作られないと苦情が出ます。 牽牛が牛を放置したままにしておくと、畑の作物は勝手に食うは、穀物の倉庫は食い荒らすはで、それはもう町の駐在さんも大忙しな事態になります。 しかも、それがまた神様の娘婿ともなれば、神様の信頼は失墜し、誰も貢物を持ってこなくなります。 彼ら二人が働かなくなると、その矛先はダイレクトに神様に向きました。 神様は針の筵の上に座らされているような、終始居心地の悪さを感じることになりました。 勿論、神様が彼らを注意したのも二度や三度ではありませんでした。 しかし、その度に心を入れ替えて仕事に励むと約束するのですが、どうにも約束が守られたことはありませんでした。 やがて、業を煮やした神様は、またまた神様の権限で、二人を無理やり別れさせてしまいました。 もはや、依存症を通り越して中毒気味になっていた二人は、お互いの存在無くしては生きることも出来なくなっていました。 別れさせられたのも束の間、またまた神様の目を盗んでは逢瀬(デート)を交わす二人。 やがて、それも神様にバレてしまい、とうとう14光年を隔てた場所へと飛ばされてしまいました。 織姫はベガ星に、牽牛はアルタイル星に暮らすことを余儀なくされるのですが、会おうとすると巨大な 天の川が二人の間に立ちはだかります。 しかも、 天の川に辿り着くまでにも相当な時間がかかり、そうそう頻繁には会えません。 結局、神様を通じて話し合いをした結果、7月7日の一日だけを、二人水入らずのパーティーピーポーになることを許されます。 ただし、 天の川が磁気嵐で渡れなくなることもあり、この日に必ずしも織姫と牽牛が会えるとは限りません。 その日、カササギ (さしずめ宇宙カササギですな)が 天の川周辺を飛んでいる場合は、そのうちの一匹を捕まえて囮にし、来た仲間を捕まえては橋渡しをさせます。 とは言え、毎回そう上手く行くこともなく、未だに会えない日があるということです。 自身の責任も果たさずに、一日中好きなことばかりに興じていると、こういった痛いしっぺ返しに会うといった教訓話が、 七夕伝説の真相です。 とまあ、以上が7月の7日、 天の川の辺りで繰り広げられる愛のステージであり、それをして 七夕の伝説と称しているわけです。 いかがでしたか、ロマンもへったくれもないでしょう!? そういうことで、 七夕の伝説 は本来子供向けではないのです。 終わりに 今回の七夕伝説は、故事に基づいた私の創作です。 けっして真実ではありません。 これを真に受けてクレームは付けないで下さい。 最後に一つだけ、まともなお話をして締めくくりたいと思います。 7月7日に降る雨を、巷では 催涙雨と呼んでいます。 その名の如く、 涙を流させる雨という意味ですが、それは牽牛と織女が会えないことを憂う雨です。 天気が悪くて 天の川の水かさが高くなり、川を渡れない二人が、それぞれの岸で「会えないことを嘆く雨」とされています。 ロマンティックに聞こえますが、1000年以上もの間逢瀬を繰り返してきたなら、もう少し雨対策でも考えればいいものですが、恋に夢中な二人にはそれすら気が付かないようです。 現世に生きるあなたにとっては、願いの叶う七夕でありますように。 お天気つながりと言うことで。 天日干しに一票! wwptalk.

次の

七夕のお話・ストーリーや伝説って何がある?雑学や豆知識も!

七夕 の お話

しかし、この日にも二人の間には天の川が流れており、この川を渡らないと再会できないのです。 そんなときに、どこからともなく鳥のカササギの群れが飛んきできてこの天の川に橋をかけます。 それで織姫がこの橋を渡り、無事に彦星と年に一度の再会を果たすのです、めでたし、めでたし…というわけです。 (諸説あります) 要は、引き裂かれた二人の切ない恋物語ということなのでしょう。 では、なぜ織姫と彦星は、別々に暮らさなければならなくなったのでしょう? 本当の話はどんなものなのか、その内容をご紹介します、ぜひチェックしてみてください。 スポンサーリンク 七夕の織姫・彦星の物語のあらすじ 天の神様は、働き者の娘「織姫」が自慢です。 夜空にキラキラ輝く天の川のほとりで、いつも機織りをして神様たちへの美しい着物を作っていました。 織姫の織る布は、五色に光り、いろとりどりに変化し、たいへん美しいものでした。 日々、その機織りに精を出す織姫は年頃でありながら、なりふり構わず一生懸命です。 そんな姿を天の神様は、不憫に思い、「婿をさがしてやろう」と思い立ちます。 天の神様があちこち探しまわっていると、天の川の岸で天のウシの世話をしている彦星という若者を見つけます。 この彦星もまた、牛のエサやりから畑仕事と、休む間を惜しんで働くような真面目で立派な若者でした。 「この働き者の若者であれば織姫と幸せに暮らせるに違いない」と思った天の神様は、織姫の結婚相手に彦星を選んだのです。 二人を引き合わせたところ、織姫も彦星もお互いに一目で相手を気に入り、好きになりました。 ほどなくして二人は結婚し、とても仲の良い夫婦になりました…が、良かったのはここまでです。 あまりに仲が良かったためか、仕事を忘れて二人一緒に遊んでばかりです。 織姫が使っていた機織り機は埃を被り、彦星が世話をしていた牛は段々痩せて弱ってきました。 天の神様は見かねて「そろそろ二人とも仕事をしてはどうか?」と諭しますが、当の二人は「はい、わかりました~」と返事ばかり良くて、仕事を再開する様子などまったくなく…。 空の神様たちも、織姫が機を織らなくなってしまったがため、身にまとっている着物もボロボロになりました。 また、彦星の牛も病気になり、畑も手入れが滞ったため、作物もすっかり枯れてしまいました。 いい加減、怒った天の神様は、「こんなことなら二度と会えぬように、お前たち離れて暮らすが良い!」と、二人を無理やり引き離しました。 そうして、広い天の川を挟んで二人は離れ離れになってしまったのです。 それからというもの、織姫は毎日泣いてばかり、彦星も家に閉じこもる生活。 どちらにしても、働かず…これでは本末転倒^^; 天の神様は考えたあげく、「以前のように真面目に働くのであれば、一年に一度だけ、七月七日に会ってもよいことにしよう」と二人に言います。 それからの織姫と彦星は、そのただ一日の会える日を楽しみに、前のように一生懸命働くようになったのです。 織姫の織る布は、以前よりも更に美しく空の神様を喜ばせました。 彦星も畑を耕し直したため作物が再び実り、面倒をよくみるようになった牛も元気になりました。 待ちわびた七夕の夜になると、天の川を渡って織姫が彦星に会いに行きます。 …が、あいにく織姫の行く手には、広い天の川が流れています。 そんなときに、カササギの群れが来て翼で橋を作ってくれるんですね。 そのおかげて、織姫は、その橋をわたって、やっと彦星との再会を果たします~おしまい。 kyobunka. html 現在語られている織姫彦星の物語は、織姫が彦星に会いに行くということになっています。 しかし、奈良時代の頃の七夕伝説では、彦星が天の川を舟を漕いで渡って織姫に会いに行くというものでした。 この時代では、妻問婚という婚姻形態があり、男性が女性の家に通うものでした。 それを反映させていたようです。 そして意外にも、この七夕は中国発祥のものなんですね。 一見、七夕の日に行う風習や物語からも「和」のイメージが強く感じられるので、ちょっとした驚きですよね。 中国では、日本より早い時代から、現在でも一般的な嫁取り婚に形態が変わり、織姫が彦星に会いに行く設定になったようです。 その後、日本も同じように嫁取り婚に時代は移り、物語の一部が変わったようですね。 スポンサーリンク 各国の七夕事情~日本・中国・韓国 中国での七夕の物語は、ちょっとあらすじが違います。 牽牛(彦星)と織姫は地上で出会って結婚し、子供を儲けます。 実は天帝の孫娘であった織姫が、天に呼び戻されてしまって、子供ともども天へ連れ戻されてしまいます。 牽牛は、牛の皮をまとって天に昇り、織姫と再会しますが、再び引き裂かれて離れ離れに。 この時、天帝が二人の仲を割くように天に一筋の線を引いたのが天の川です。 一年に一度の七夕の日に会うことを許されたその日には、カササギが橋を作る…というお話です。 国が違うと、物語も変わるものなんですね。 言わずと知れた、七夕の日の主役の織姫と彦星。 この二人の星は、ベガとアルタイルが当てはめられているというのは、ご存知の方も多いでしょう。 彦星は、中国では牽牛「けんぎゅう」となります。 わし座のアルタイルの漢名なんですね。 そして、織姫は中国でも漢字はこのままですが、「しょくじょ」と読みます。 こと座のベガの漢名です。 日本での和名は、そのまま織姫(星)と彦星です。 すばる(プレアデス星団)とともに、現在でも通用する数少ない和名の星の呼び名です。 このベガとアルタイルとの距離は実際には16光年です。 二人が会うというのも、なかなか大変なことに感じますね^^; もちろん、七夕の日に、この二つの星が近づくということはありませんので、あしからず。 因みに、突然韓国の話になりますが、日本では、雨が降ると天の川が増水してしまい、たとえカササギの橋ができようと、織姫と彦星は会えなくなるそうです^^; しかし、韓国では、雨が降るのは二人の会えた嬉しさのあまりの感激の涙、と捉えれれているそうですよ。 日本に対して韓国はポジティブってことでしょうか?(笑) どちらにしても、雨が降ったら韓国の空で、雨が降らなかったら日本の空で二人は再会できるので、よしと考えましょう^^ さらには、日本では天の川にかかる橋はカササギが作ってくれるのに対して韓国ではカラスとカササギ…はて、2種類の鳥でなければならない理由は? いずれの伝説もつっこみどころ満載ですよね。。。 七夕は元々は奈良時代に中国から日本へ入ってきたものです。 そして七夕伝説は、一年に一度の7月7日の夜にだけ再会できる夫婦の物語です。 日本には、もともと棚機津女(たなばたつめ)が川辺で機を織って神様を迎えるという伝説がありますこの棚機津女伝説と七夕伝説が混じりあって五節句のひとつでもある節句行事になったとのことですよ。 はじめは、女性が手芸などの上達を願ったものでしたが、室町時代には、技芸の上達を、その後の江戸時代には書道の上達を願うようにもなります。 現在では、それら以外にも、様々な願い事を短冊に書いて飾ることが多いですよね。 時が流れて、世間の習慣が変わっていけば、何十年後あるいは何百年後には、また織姫彦星の物語や七夕の習わしも変わっているかもしれません。

次の

七夕の歴史・由来|七夕特集|縁結び祈願 京都地主神社

七夕 の お話

7月7日といえば 七夕! 私の出身地では、七夕の日は子供たちが近所を回ってお菓子をもらえるという、子供心に超楽しみな、特別な日でした。 今もやっているのかな? 現在は関東地方に住んでいるので、お菓子をもらいに近所を回る子供たちの姿は見ませんが、子供の頃から、 七夕=お菓子をもらえる日! とインプットされている私にとっては、子供たちに 七夕の由来 を聞かれてもきちんと答えてあげられないことに気付きました・・・。 せいぜい織姫と彦星が1年に1回だけ会える日なんだよ、という程度。 子供に「なんで1回しか会えないの?」とか聞かれますよね。 それに、七夕の短冊を飾る意味も、説明出来る程にはわかってない。 日本の古くからある行事は、外来(多くは中国)の風習と結びついているものが多いのですが、七夕もやはり、いくつかの風習がミックスされたものでした。 それぞれを詳しく見ていきますね。 織姫・彦星で有名な七夕伝説 かの有名な、織姫(織女星)・彦星(牽牛星)が登場するお話です。 織姫は神様の娘で、機織りがとても上手な働き者でした。 ある日神様は、同じく働き者の牛飼いの青年・彦星を織姫と引き合わせます。 二人はすぐに恋に落ち、神の許しもあってめでたく結婚しました。 ですが、働き者だった二人は結婚した途端に、夫婦生活を優先しすぎて働かなくなってしまいました。 怒った神様は二人を天の川の両岸に引き離し、一生懸命働けば1年に1回会う事を許すと告げます。 二人は働きながらその日を待ち、1年に1度、七夕の夜にだけ会う事が出来たのでした。 七夕の日に雨が降ると、 天の川が増水してしまい会うことが出来ないという説があります。 確かに雨だとガッカリされるよりは、雨でも会えるという方が素敵ですね。 乞巧奠(きこうでん) 織姫にあやかり、女性が裁縫の上達を祈願する行事です。 これは中国に古くから伝わる風習なのだそう。 庭の祭壇に、仕事道具である針などをお供えしていたと言われています。 日本に伝わったあとは、 裁縫だけではなく書道や芸事の上達を祈願するなど、その形を変えています。 日本の棚機(たなばた) 棚機とは、秋の豊作を願う行事です。 この頃は現代のように食べ物が豊富ではないので、凶作だと皆が飢えてしまうので、神様に織物をお供えし、豊穣を祈願していました。 七夕(しちせき)が七夕(たなばた)と読むようになったのは、この棚機に由来していると言われています。 織姫にあやかって手芸上達を願う行事と、日本の書道や芸事などの上達の祈願、そこに神様への織物を織る「棚機」が合わさって現在の七夕の行事になったのですね。 笹竹に短冊を飾るのにも、ちゃんと意味があるんですよ~。 竹や笹は昔から神聖なものと考えられていて、 神様が降りてくる目印になるんだそうです。 目印の笹竹に、願い事が書いてある短冊や綺麗な飾りがついていたら、神様の目にとまりやすいかもしれないですね。 織姫と彦星のお話を簡単に 昔々、お仕事が大好きな、織姫という女の子と彦星という男の子がいました。 織姫は神様の子供です。 とっても仲良くなった織姫と彦星は、すぐに結婚しました。 織姫が嬉しそうなので、神様もとっても喜んでいました。 でも織姫は、お仕事よりも彦星が好きになり、彦星もお仕事よりも織姫が好きになります。 なんと、二人はお仕事をしなくなり、二人でずーっと遊んでいるばかりになってしまいました。 神様はすごく怒ります。 そして神様は、織姫を川の端っこに、彦星を反対側の端っこに連れて行って、二人を会えなくしてしまいました。 でも織姫が悲しいと言って泣くので、神様は「二人がお仕事をたくさん頑張ったら、1年に1回会わせてあげるよ」と言いました。 織姫と彦星はお仕事をうーんと頑張って、7月7日の夜に会うことが出来ました。 短冊を笹竹に飾る理由をわかりやすく 短冊を飾る竹っていうのは、1日ですごーく高く伸びるんだよ。 ぐんぐん伸びてとっても高くなるから、神様がくる時に、目印になるんだって!(または、ぐんぐん伸びて神様のところまで届くんだって!) 一番上手になりたいことを短冊に書いておくと、神様が短冊を見て叶えてくれるんだよ。 短冊を飾っておくと、神様が見て叶えてくれる 無数の星が瞬く天の川を渡り、1年に1度だけ会う事が許された織姫と彦星。 でも正面切ってズバッと言われるより、 小さい頃から楽しい行事・可愛らしい物語で親しんでいけば、自然と心に刻み込まれていくのかな~。

次の