虚 血性 大腸 炎。 虚 血性 大腸 炎

虚血性腸炎の原因と治療|川崎市溝の口・宮崎台で貧血の検査は梶ヶ谷クリニック

虚 血性 大腸 炎

ある臓器に動脈の血がいきわたらないことでおこる病気を虚血性疾患といい、心筋梗塞や脳梗塞がその代表です。 大腸の動脈がふさがっておきる「腸梗塞」が虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)です。 原因 大腸の動脈が何らかの原因でふさがることでおきます(右図1)。 不整脈や動脈硬化が原因となり、高齢者におきやすい病気です。 若い人では動脈のけいれんと思われています。 胃腸の動脈は外側から内側に向かって流れますので、腸の内側がいちばん動脈血の末端になり、粘膜が炎症をおこし真っ赤になり、腸に沿って縦に走る潰瘍ができます(右図2)。 さいわい、大腸は心臓や脳と違い、周囲との血管の交通が豊富なので、ある領域の動脈がいっとき詰まっても、時間がたつとまわりから血がまわってきて(あるいは動脈のけいれんがほどけて)、多くは後遺症も残さず治ります。 症状 虚血性大腸炎は大腸のどの部位にもおきますが、とくに多いのが下行結腸です(右図3)。 次に多いのがS状結腸直腸の境目です。 これらの場所は、大腸を栄養する主な動脈(右図3のa,b,c)のつなぎめにあたり、血流が乏しいためとされています(解剖2 大腸の解剖のページ参照)。 高齢者が「朝から急に左下腹部が痛くなり、トイレへ行ったら赤黒い便がでてびっくりした。 」というのが典型例です(図4)。 大腸憩室炎と違って、下血がすぐおきること、発熱がすくない傾向があります。 多くは数日で出血がおさまり腹痛も消えますが、非常にまれに治る過程で腸が狭くなったり(狭窄型 右図5a)、潰瘍部で腸に穴があいたり(壊疽型 右図5b)します。 診断 大腸専門医なら症状だけで診断がつきますが、診断を確かにするために緊急大腸内視鏡をおこないます(図6)。 大腸に縦に走る潰瘍が1条から3条でき、いちばん変化が強いところで全周性に真っ赤になっていればまずまちがいありません。 なお、抗生物質の副作用でおきる薬剤性大腸炎も内視鏡像が似ており、内服薬の有無が重要です。 注腸検査でも特徴的な所見はありますが、穿孔(せんこう=あながあくこと)の危険性があることから、いまではあまりされません。 治療 軽症では入院の必要はありません。 出血が多かったり潰瘍が広く深いときには、入院して大腸の安静を目的に絶食にする場合もあります。 少ないですが、狭窄型、壊疽型では手術を要します。 とくに壊疽型は症状が急速に進み、もともと高齢で他疾患を持っている患者さんが多いので、緊急で手術します。

次の

虚血性大腸炎の診断と治療 イラストでみる大腸肛門病 飯原医院.com

虚 血性 大腸 炎

大腸カメラで腫瘍が見つかり組織を検査したところ、虚血性腸炎と診断されました。 検査前は痛みを感じなかったのですが、検査後は脇腹が少し痛みます。 薬を服用していますが、聞いたことのない病名で心配です。 原因や食生活での注意点を教えてください。 (68歳女性) 多くは一過性型 短期間で回復 橋口 陽二郎 帝京大病院 下部消化管外科教授 (東京都板橋区) 虚血性腸炎は大腸の 末梢 ( まっしょう )血管の血流障害により炎症、びらん、潰瘍などが起こる疾患で、症状は突然の下腹部痛や鮮血の混じった便や下痢が特徴です。 突然発症することが多いですが、今回のように自覚症状に乏しいまま検査で偶然見つかる場合もあります。 腫瘍性の病気ではありません。 血管側と腸管側が原因の場合があり、血管側の原因には動脈硬化や血栓症などが挙げられ、糖尿病、高脂血症、 膠原 ( こうげん )病、血管炎などの基礎疾患を持つ人が発症しやすいと言われています。 腸管側では慢性便秘や 浣腸 ( かんちょう )などによる腸管内圧の上昇が挙げられます。 高齢者に多い疾患ですが、便秘のひどい若い女性にもみられます。 症状が数日で治まる一過性型と長引く 狭窄 ( きょうさく )型があり、多くは一過性型で短期間で正常な大腸に回復します。 狭窄型は治癒までに2~3か月を要し、血流低下を来した部分は狭くなります。 確定診断は大腸の内視鏡検査でつけます。 粘膜のむくみ、発赤・盛り上がり、びらん、潰瘍などを生じ、正常な部分との境界がはっきりしています。 治療は一過性型の場合、基本的には入院し、絶食して点滴を行い、感染が疑われる場合は抗菌薬も投与し数日間経過をみます。 腹痛に対しては腸のけいれんを抑える薬を投与します。 狭窄型で腸が狭くなって症状が長引く場合は手術が必要になることもあります。

次の

虚血性腸炎 帝京大腸.com|帝京大学医学部附属病院下部消化管外科 東京都板橋区

虚 血性 大腸 炎

スポンサーリンク 小腸炎の症状と原因 下痢、便秘といった消化管に 不調を抱えた時に現れる症状が見られます。 特徴的な症状としては、 おへそ周りが痛み、 お腹がごろごろ鳴るということがあげられます。 また、お腹が張った感じがしてガスが多いだけという人もいます。 小腸炎の原因は、 まだよく分かっていません。 急性腸炎から移行して起こることもあれば、 ストレスや食物アレルギーによって 発症することもあると考えられています。 消化吸収の障害が原因となることもあると言われています。 消化吸収の障害に腸内の便の停滞や 腸粘膜の過敏などが重なって 引き起こされるとも考えられています。 小腸炎は、 小腸X線検査で診断が可能です。 おへそ周りが痛んで お腹がごろごろ鳴るという症状が現れたら、 小腸炎を疑うことも必要でしょう。 軟便が長期間続くようなら、 小腸を診てもらうことも大切です。 スポンサーリンク 小腸炎の治療方法は食生活の改善が基本 小腸炎はさまざまな原因が重なり合って 発症すると考えられています。 そのために食生活の改善が治療の基本となります。 食事では、 胃や腸に負担が掛からないものを 食べることが大切です。 アルコールや脂っこいものは控えるようにしましょう。 腸を冷やさないことも大切です。 冷たいものを食べすぎないようにしましょう。 下痢をするからといって 食事を摂ること自体を怖がることはありません。 むしろ、 長期間にわたる下痢で栄養不良に 陥りやすい状態になっていると言えますので、 栄養価の高いものを摂取することが必要です。 ただし、消化の良いものを摂るようにしてください。 食物繊維が多すぎると腸を刺激します。 食物繊維が比較的少ないものが良いでしょう。 ゴボウのように繊維が多い野菜は、 細かく刻んで食べることが大切です。 下痢が激しい時には裏ごししてポタージュにしても良いでしょう。 流動食にしておくと、 下痢が激しい時は無難です。 下痢が続くと、 体力を消耗して栄養不良を招く恐れがあります。 腸に刺激を与えない状態にして栄養を補給するようにしましょう。 治療薬としては、 腸内の殺菌をする薬や 下痢止めが使われることが多いようです。 腸内の殺菌にはサルファ剤、 下痢止め吸収剤としては活性炭や ケイ酸アルミニウムなどが用いられます。 薬は医師の指示に従って服用しなくてはなりません。 下痢が続くと下痢止めを飲みたくなりますが、 長期間にわたって連用することは厳禁です。

次の