耐熱容器 おすすめ。 ガラス・ホーロー・耐熱プラスチック。保存容器の名作集めました!

【徹底比較】タッパー型保存容器のおすすめ人気ランキング27選

耐熱容器 おすすめ

おすすめレンチンパスタレシピ一つ目は、スパゲティナポリタンです。 みんな大好きなナポリタンですが、醤油とバターを加えることが美味しさのポイントですよ。 作り方を下記でご紹介します。 このレシピはウインナー入りですが、お好みでベーコンやハムなどを入れてくださいね。 【スパゲティナポリタンの材料】• パスタ、水、塩、オリーブオイル• オリーブオイル ソース用• ニンニク• たまねぎ• ピーマン• ウインナー• ケチャップ、醤油、バター• 塩、 お好みで 黒コショウ 【スパゲティナポリタンの作り方】• パスタを電子レンジで温めます。 その間にソースを作ります。 温めたフライパンにオリーブオイルを入れます。 そこにニンニクを入れて香りを立たせたら、ピーマン、たまねぎ、ウインナーの順に炒めていきましょう。 野菜が柔らかくなったらケチャップと醤油を入れて材料と馴染ませ、ケチャップの色が変わったらソースの出来上がりです。 そこに電子レンジで茹でたパスタを入れソースを馴染ませ、塩、黒コショウで味を調えます。 この時ケチャップが足りない時は加えましょう。 最後にバターを加えてバターが溶けたら出来上がりです。 全てタッパーで完結するので洗い物が少量で済みますし、すぐに食べたい時はおすすめのレシピですよ。 【たらこスパゲティの材料】• パスタ、水、塩、オリーブオイル• ニンニク• たらこ• バター• シソ、刻みのり お好みで 【たらこスパゲティの作り方】• パスタをナポリタン同様にして茹でます。 この時ニンニクを切った物も加えます。 パスタが茹で上がったら、たらこ、バター、醤油をすぐに入れて混ぜ合わせます。 お皿にパスタを乗せてお好みで刻みのりや千切りにしたシソをのせて出来上がりです。 お皿を洗うのが面倒くさい時はタッパーにのりとシソをのせても食べられます。 きのこスパゲティも人気がありヘルシーなパスタですよね。 こちらもナポリタンのようにタッパーに色移りしないのでタッパーで調理出来る時短レシピですよ。 バター醤油が香ばしくて風味の良いスパゲティにしてくれます。 【きのこスパゲティの材料】• パスタ、水、塩、オリーブオイル• ニンニク• しめじ、マイタケ、エリンギなどお好みのきのこ• 小ねぎ• ベーコン• 醤油、バター 【きのこスパゲティの作り方】• 容器にパスタ、水、塩、オリーブオイル、刻んだニンニク、きのこを入れ電子レンジで温めます。 温めたらすぐにバターを入れていったん混ぜ、次に醤油、ベーコンを加えてさらに混ぜ合わせます。 お皿に盛り、小ねぎを散らして出来上がりです。 タッパーで調理してもいいですね。 カルボナーラは一番人気と言ってもいいくらいみんな大好きなスパゲティです。 この記事でも美味しく作るコツもお伝えしながら作り方をご紹介したいと思いますよ。 【スパゲティカルボナーラの材料】• パスタ、水、塩、オリーブオイル• ベーコン• パルメザンチーズ、塩、あらびき黒コショウ A• 生クリーム• パルメザンチーズ• オリーブオイル• 塩、あらびき黒コショウ 【スパゲティカルボナーラの作り方】• パスタを他のスパゲティ同様電子レンジで茹でます。 ベーコンを1cm幅に切り、ボウルに卵を割り入れ卵白を切るようにほぐしてAを加え卵液を作ります。 フライパンにオリーブオイルとベーコンを入れて弱火にかけ、余計な脂はペーパータオルでふき取りながらベーコンをカリカリに焼きましょう。 ここにパスタ、ゆで汁少量を加えて混ぜます。 そして卵液を加えてさっと混ぜ合わせて火を通し、すぐに火を止めましょう。 あとは余熱でとろみをつけ、塩、黒コショウで味を調えます。 お皿に盛り付けパルメザンチーズをふって出来上がりです。 このスパゲティも人気のある定番のスパゲティですよね。 今回は時短調理でも美味しい市販のミートソースの素を使ったレシピをご紹介したいと思いますよ。 【ミートソーススパゲティの材料】• パスタ、水、塩、オリーブオイル• オリーブオイル• 豚ひき肉• たまねぎ• ミートソースの素• お好みでパルメザンチーズ、刻みパセリ 【ミートソーススパゲティの作り方】• パスタを他のスパゲティ同様に電子レンジで茹でます。 この間にソースを作ります。 温めたフライパンにオリーブオイルを入れ、ひき肉と玉ねぎを加えたまねぎがしんなりするまで炒めます。 ここに市販のミートソースの素と表示されている分量の水を入れ混ぜ合わせ規定時間煮込みます。 茹で上がったパスタを加え混ぜ合わせましょう。 お皿に盛り付け、お好みでパルメザンチーズ、刻みパセリをふって出来上がりです。 このスパゲティはシンプルな材料と味付けですが、ニンニクが効いて辛みもあるこのスパゲティが食べたくなる時がありますよね。 このレシピでは通常のレシピにキャベツとじめじを加えたヘルシーなレシピをご紹介します。 【スパゲティペペロンチーノの材料】• パスタ、水、塩、オリーブオイル• ニンニク• 唐辛子• オリーブオイル• キャベツ• しめじ• 塩 【スパゲティペペロンチーノの作り方】• 電子レンジでパスタを茹でます。 その間にフライパンを温めオリーブオイルを熱し、ニンニクと唐辛子を入れてニンニクの香りが立つまで炒めます。 次にキャベツを加えて少ししんなりしたらしめじを加えてさらに炒めます。 茹でたパスタを加えて混ぜ合わせ、塩をふって味を調えたら出来上がりです。 こちらは夏野菜のトマトとなすを使った夏に食べるとさらに美味しいレシピですよ。 トマトの水分を残してスープスパゲティにして食べてもいいですね。 【トマトツナスパゲティの材料】• パスタ、水、塩、オリーブオイル• ニンニク• オリーブオイル• トマト• 塩、 お好みで 黒コショウ 【トマトツナスパゲティの作り方】• 電子レンジでパスタを茹でます。 フライパンを温めニンニクを入れて香りを立たせます。 ここに粗みじん切りにしたトマト、食べやすく切ったなす、ツナを入れて炒めます。 茹でたパスタを加え混ぜ合わせ、塩、黒コショウで味を調えて出来上がりです。 トマトクリームのスパゲティもまろやかで美味しく人気ですね。 このソースには海老が良く合いますが、海老がなければかにかまでも以外と美味しく食べられますよ。 【トマトクリームスパゲティの材料】• パスタ、水、塩、オリーブオイル• ニンニク• オリーブオイル• 海老、またはかにかま• トマトソース缶• 生クリーム• 塩、黒コショウ 【トマトクリームスパゲティの作り方】• 電子レンジでパスタを茹でます。 フライパンを温め、ニンニクを香りが立つまで熱します。 むいた海老または好きな大きさに切ったかにかまを加えて炒めます。 トマトソースと生クリームを入れて温め茹でたパスタを加えてからめます。 お皿に盛り付け黒コショウを真ん中くらいにふったら出来上がりです。 このスパゲティはあさりのうま味と歯ごたえを味わえる人気のメニューです。 あさりの砂出しに時間がかかりますが、パスタで時間と手間が省けるので余裕のある時に作ってみてくださいね。 【スパゲティボンゴレの材料】• パスタ、水、塩、オリーブオイル• オリーブオイル• ニンニク• 唐辛子• あさり• 白ワイン• 水 【スパゲティボンゴレの作り方】• 電子レンジでパスタを茹でます。 フライパンを温めたらニンニクと唐辛子を入れてニンニクの香りが立つまで熱します。 あさりは塩水に2時間以上入れて砂抜きをしておきます。 砂抜きしたあさりと水、白ワインを加えてふたをしてあさりが開くまで煮込みます。 茹でたパスタを加え混ぜ合わせ、塩で味を調えたら出来上がりです。 電子レンジでパスタを茹でる時の1回あたりの電気代は? 1回あたりの電気代は各時間あたり3円程度! 鍋茹ではお湯を沸かすだけで3円かかります。 ということはパスタを入れて茹で上がるまでにさらに電気代がかかることになりますよね。 そうなると電子レンジでパスタを茹でる方が電気代はかからないことになります。 このように、電子レンジパスタは電気代があまりかからず時短で調理出来るおすすめのパスタ調理法です。 パスタは電子レンジで調理しよう! ここまで電子レンジを使ったパスタ調理につてお伝えしてきました。 スパゲティ調理は道具も手間も多くて大変に感じている方は、ぜひ電子レンジとタッパーを使ってパスタを茹でてみてください。 これだけで時間も電気代も道具も少なくて済み、通常と変わらない美味しさを楽しめますよ。

次の

耐熱性で使いやすい便利でおすすめな麦茶ポット・ピッチャー9選 横置き冷水筒や洗いやすい麦茶入れ

耐熱容器 おすすめ

保存容器を選ぶときは、素材以外にもどんなことに気をつけるといいのでしょうか? 以下2点も注意してみてください。 密閉性 食品は 酸素に触れると傷みやすくなる特徴があります。 保存容器は、できるだけ密閉できるタイプを選びましょう。 液漏れしないタイプは気密性が高いのでおすすめですよ。 サイズ 冷蔵庫のなかは、スペースが限られています。 スペースをムダにしないためにもサイズ感には気をつけたいところ。 食品の量にあわせて対応できるように、最初から サイズバリエーションの豊富なタイプを選ぶのもおすすめです。 保存容器(プラスチックタイプ)のおすすめ 1. 『保存容器 Agタイトロック 850ml』(アスベル) 長方形の4辺にロックがついた保存容器。 パッキンがついており、汁漏れの心配のない密閉するタイプです。 耐熱温度が140度なので、食洗機にも入れられるし、フタを外せば電子レンジでの使用もできます。

次の

耐熱ボウルのおすすめ人気ランキング10選【軽いプラスティック製も】

耐熱容器 おすすめ

保存容器を選ぶときは、素材以外にもどんなことに気をつけるといいのでしょうか? 以下2点も注意してみてください。 密閉性 食品は 酸素に触れると傷みやすくなる特徴があります。 保存容器は、できるだけ密閉できるタイプを選びましょう。 液漏れしないタイプは気密性が高いのでおすすめですよ。 サイズ 冷蔵庫のなかは、スペースが限られています。 スペースをムダにしないためにもサイズ感には気をつけたいところ。 食品の量にあわせて対応できるように、最初から サイズバリエーションの豊富なタイプを選ぶのもおすすめです。 保存容器(プラスチックタイプ)のおすすめ 1. 『保存容器 Agタイトロック 850ml』(アスベル) 長方形の4辺にロックがついた保存容器。 パッキンがついており、汁漏れの心配のない密閉するタイプです。 耐熱温度が140度なので、食洗機にも入れられるし、フタを外せば電子レンジでの使用もできます。

次の