軽キャンピングカー エブリイ。 ソーラー蓄電で災害時にも安心! 軽キャンピングカー「ミニチュアクルーズSV」【GO TO OUTDOOR】

【軽キャンピングカー】なぜ1車種だけが圧倒的人気なのか? スペース/スペックにライバルと差

軽キャンピングカー エブリイ

今までにない収納スペースと就寝スペースを実現しました!! 特に床下収納スペースは十分な高さを確保することで、ひと通りのキャンプ道具も収納可能。 オプションのスライド収納ボックスと専用テーブルをセットすれば、あっという間に食事スペースが出来上がり。 さらに後席足元収納ボックスを追加すれば、通常の収納や就寝時に便利な下駄箱にも活用できます。 さらにオプションの助手席側延長ベッドボードマットをセットすれば、何と250cm まで延長され、 すご~く身長の高いバスケットボール選手でも十分なスペースが完成します。 遊ぶ道具を満載に、たっぷり遊んでしっかり眠る。 軽キャンライフを満喫できる『カンフィー』が登場しました。 又、台風や地震などの災害時もキャンピングカーにサブバッテリーシステムやソーラーパネルが有れば家族もペットも安心して車中泊が出来ます。 クルマ旅に快適な装備と収納スペースの確保を実現しました!! 特に床下収納スペースは十分な高さを確保することで、 ひと通りのキャンプ道具も収納可能。 左サイドには電子レンジをセットできる収納棚、 右サイドには大きな収納ボックスが標準装備され、 そのボックスの扉を開けると、 お化粧に便利なミラーが使えるなど、 身だしなみを整えるのにとても便利!! オプションのシンクセットは専用天板ボードをセットすれば、 ミニキッチンやミニ書斎としても活用できます。 またサブバッテリーシステムと大容量の正弦波インバーターを装備すれば、 デジカメで撮った写真の編集や、 ブログの編集なんてことも ・ ・ ・ 車両後方センターにも収納棚があり、 衣類やタオルの収納に活用できます。 趣味の道具を満載に、 たっぷり遊んでしっかり眠る。 軽キャンライフを満喫できる 『カンフィー』 が登場しました。 又、台風や地震などの災害時もキャンピングカーにサブバッテリーシステムやソーラーパネルが有れば家族もペットも安心して車中泊が出来ます。 気軽に軽キャンピングカーを楽しんでほしい。 だから基本装備はあくまでもシンプル。 デザイン・便利さ・楽しさも・車中泊もおまかせ!あなただけの軽キャンピングカーちょいCamをぜひ見つけてください。 気軽に…と言っても、ちょいcamの内装は家具職人が設計・製作する上質な室内建具が自慢。 ぜひこの良さを見にいらしてください。 素材最高の軽キャンピングカーです!キャンプ・釣り・スキー・サーフィン・カメラ・登山等色々なシーンに合わせて選べます。 ベース車もハイゼット・エブリイ・ミニキャブ・クリッパー・サンバー・ピクシスと豊富です!又、太陽光ソーラーパネルを搭載したりワーゲンバス、フレンチバス 仕様、レイト、ブギーライダー等のフェイスチェンジも可能です。 又、軽キャンピングカーの販売・製作も東海地区だけではなく、全国納車致します。 皆様も人気の軽キャンピングカーでアウトドアや旅行に出かけてみませんか? ペットも連れて車中泊も良いですね。 当店の軽キャンピングカーの中に4人就寝出来る2段ベッドタイプもございますので お荷物の多い方にはピッタリですね。 *軽キャンピングカーのベース車は新車、中古車、持込車すべて対応致します。 ダイハツのOEM車についても同様です。 はJOIN・JOINターボには対応しておりません。 ミツビシのOEM車についても同様です。 12V電源で使える!ちょっとした湯沸しも出来る!旅先であると便利なアイテムです。 豊 その他Ver. 歩 標準タイプ全Ver. 葵 全Ver. 梓 全Ver. その他ナビなどのオプションはお気軽にスタッフまでご相談ください。 実用性にデザインが加わって、キャンプがもっと楽しく! ベース車により様々なタイプでの制作ができますので、詳しくはお問い合わせください。 カスタムのベース車もエブリイ・キャリィトラック・ハイゼット・アトレーワゴン・アルト・キャロル・バモス・スクラム・NVクリッパー・ボンゴ・バネットと幅広く対応しフレンチバスタイプ・ワーゲンバスタイプ・レイトタイプとフェイスも色々有ります。 カスタムカー&ワーゲンバス仕様製作、販売ならお任せください。 又、エアロパーツの販売もお気軽にお問合せ下さい。 又、アルミ・カーナビ・ベッドキット・シートカバー等の販売・ルームクリーニング・ボディコート・車検・修理・鈑金塗装もお任せ下さい。 カントリー雑貨やアメリカン雑貨の他ムーンアイズの商品やオリジナルグッズ(Tシャツ、ワーゲンバスミニカーなど)も扱っていますので、お近くを通った時はお気軽にご来店下さい。 お車に関する事は全て対応いたします。 お車廻りのことで、何かご相談の際にはぜひ一度、カスタムカー 専門店のオートスピリットへお気軽にお越しください。 【販売対応地域】 北海道、青森県、秋田県、 岩手県、宮城県、山形県、新潟県、富山県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、山梨県、長野県、静岡県、愛知県、岐阜県、滋賀県、三重県、石川県、福井県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山、山口県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、高知県、香川県、愛媛県、徳島県、沖縄県.

次の

軽キャンパーの人気ベース車「スズキ・エブリイ」がマイナーチェンジ、その影響は

軽キャンピングカー エブリイ

対応車種は、スズキ エブリィ/ダイハツ ハイゼット/三菱 ミニキャブ/ マツダ スクラムバン/トヨタ ピクシスバン/ニッサン NV100クリッパーの6台。 ( 4ナンバー1BOXモデル) 10年ぶりにフルモデルチェンジをしたスズキ エブリイの発売以降、取り付けられるキットが欲しい、という要望が多く寄せられていた。 今回、新型対応のキャンピングキットを開発。 本商品の発売開始を記念し、より商品の良さを伝えるため、実際に商品に触れることのできる機会を増やし各ショッピングモール、各展示会に出展を行う予定となっている。 12月12日 土 には、CBCハウジングセンター長久手会場に展示される。 5m伸縮式シャワーにより車外でも快適に使用でき、2,000Wインバーター搭載でさまざまな家電製品が使用できる。 デザイン性・機能性・品質・経済性すべてにおいてこだわり抜いた次世代の軽キャンピングカーで、キャンピングカーとしての使用はもちろん、日常生活でも使える。 目的に応じて4モデル用意し、価格は¥398,000から¥698,000。 新車本体、取り付け費用含めても200万円を切るため、団塊世代・シニア層を中心に近年リタイアした高齢者などからの引き合いが増えている。 難しいとされる角の曲線にこだわり、寝ている時やお子様にも安全。 5m伸縮式になっている。 これにより、さまざまな家電製品の使用が可能になり、旅先でも快適なキャンプライフを過ごせる。 車内装備は最大限の軽量化を実現し、沢山の荷物を積んでも安心して使用できる。 車検も全く問題なく4ナンバー軽自動車と同様に検査が受けられる。

次の

エブリイ・カブキ タイムトラベルカンパニー

軽キャンピングカー エブリイ

結局、エブリイかハイゼットかの「二択」 text:Kumiko Kato(加藤久美子) ふだん使いができて、価格も手ごろ、維持費も安いことなどを理由に近年、軽キャンピングカーの人気が高まっている。 ベースとなる軽1BOX車として圧倒的支持を集めているのは、スズキ・エブリイだ。 ライバルに位置付けられるのはダイハツ・ハイゼットバンや同アトレーワゴン。 軽キャンピングカーの世界でも、スズキとダイハツの戦いが繰り広げられているようだ。 しかし、ライバルと言っても現状はエブリイの「ひとり勝ち」だ。 複数のショップに聞いたところ、軽キャンピングカーを選ぶ人の8~9割はエブリイがベースを選ぶとのこと。 ちなみに「ひとり勝ち」といっても、実際、エブリイには多数のOEMが存在しており、それらをまとめて「エブリイ・ベース」としている。 中身はエブリイで満足している。 でも、マツダの大ファンだから、スクラムをベースにした軽キャンパーが欲しい! と言えば、ほとんどのキャンピングカーショップが対応してくれるだろう。 軽1BOX車と言えば、ホンダのN-VANはどうなの? と思う人もいるだろう。 確かにN-VANはシリーズを通して人気が高い。 いかに効率よくスペースを確保できるか N-VANは設計も新しく、デザインも「軽バン然」としていない。 衝突安全の観点から見ても優等生だ。 しかし、クルマとしてのポテンシャルは高くても、キャンピングカーのベース車両として考えると……。 やはり室内長やフロア形状などスペース的な理由でどうしても、エブリイにはかなわない部分があるとのこと。 結局、軽キャンピングカーのベースはエブリイかアトレーの2択(もしくはそれらのOEM)というのが現状のようだ。 製造や販売の現場ではこの2車をどう考えているのだろうか? 軽キャンパー「ちょいCam」を製造販売するユーズネットグループ会長井上政彦氏に現状の人気車種について話を伺った。 同社はスズキとダイハツの軽1BOX、エブリイ(バン・ワゴン)、ハイゼットバン、アトレーワゴンの4車種をベースに同じ仕様装備の軽キャンパーを製作販売している。 「当社が販売する『ちょいCam』シリーズでは、エブリイ:ハイゼット(+アトレー 以下同)=8:2という印象で、圧倒的にエブリイが多いですね」 「理由はたくさんあるのですが、まず後ろの開口部がハイゼットはルーフ周りを絞ったような台形になっています」 「エブリイは開口部がほぼ長方形なので、頭や肩回りの空間に余裕があり中に乗った時の圧迫感がかなり違ってきますね」 「必要な装備を付けているとどうしても狭さを感じてしまうので、天井周りの空間は重要です」 登坂車線を使う頻度もかなり違う? 「ハイゼットバンは完全な貨物仕様なので、後部の方は内張がなく鉄板むき出しの部分があります。 見た目がかなりチープです」(ユーズネットグループ会長井上政彦氏) 「走行性能もかなり違います。 わたしはエブリイもハイゼットも長距離乗りますが、ターボ車ならいずれもストレスなくパワフルに走ります。 「室内の広さも燃費も走行性能もすべて、エブリイが優っています。 とくに、エブリイハイルーフの室内高1420mmは軽1BOX車ナンバーワンです」(株式会社岡モータース キャンピングカー事業部) 「現行エブリイ(バン6代目、ワゴン3代目)が出たのは2015年、ハイゼットとアトレーは2005年です。 10年もの違いがありますから設計がかなり古いですね」 「また、エブリイは純正で車中泊仕様が作れるんですよ。 ベッドボードや収納など、純正アクセサリー品が充実しています」 「メーカーがエブリイを車中泊車として使うことを応援している姿勢も良いですね」 それでもハイゼットバンを選ぶのはどんな人 エブリイの素晴らしさは良くわかる。 しかし、それでも、少数ながらハイゼットバンを選ぶ人も存在する。 その理由は? 複数の会社に取材をした結果をまとめてみた。 軽1BOXといえばハイゼットだった エブリイが新しくなる前、軽1BOXといえばハイゼットだった。 当時の性能は圧倒的にハイゼットが上であった。 エブリイは2015年に新しくなってハイゼットと性能そのほか完全に逆転したが、高齢のお客様の中には、かつての「ハイゼットが良い!スズキはダメ」というイメージをそのまま引きずっている方も少なくない。 「販売するわたしたちも説得してみるが、なかなか考えを変えるまでには至ってない。 取引先がトヨタ関係だから、スズキのエンブレムを付けたクルマは乗り入れできない(駐車場が遠い)という理由もありのだろう。 キャンピングカーであっても、軽1BOX車の場合は、仕事や日常の足に使っている人が多いため、完全なレジャー仕様として割り切れないところがあるのでは? リタイア後、夫婦ふたりでのんびり旅をしたいという人や、アウトドアの趣味を楽しむパートナーとして軽キャンパーの人気は年々、上昇している。 キャンプ専用ではなく、ふだんの足としても使う人がとても多いので、日常の使い勝手も考慮したベース車選びが必要と言えるだろう。

次の