黒 プラチナ 間 質 性 肺炎。 間質性肺炎

間質性肺炎合併肺癌

黒 プラチナ 間 質 性 肺炎

は、などのに伴うもの、など粉塵吸引が原因となるもの、羽毛・カビなどのが原因となるもの、薬剤や放射線照射が原因となるもの,そして原因不明なもの,などと多様に分類されます。 原因によって治療法も変わってくるため、しっかりと検査を行って診断をつけることが、間質性肺炎診療の第一歩となります。 記事1に引き続き広島大学病院 呼吸器内科 教授・診療科長の服部 登 先生に、間質性肺炎の検査・診断と治療についてお聞きしました。 間質性肺炎の検査 記事1でお伝えしたように、はまずその原因の特定が治療への第一歩です。 ですから、以下の診察と各種検査を実施して原因の特定に努めます。 問診・身体所見 病歴、職歴、家族歴、薬剤使用歴、生活歴(家屋や職場の環境、鳥の飼育や羽毛布団の使用、加湿器や空調の使用、趣味、ペット飼育歴)など発症原因の特定につながる事項の問診を行います。 身体所見として、の存在を示唆する皮膚所見やばち指の有無には特に注意を払って診察します。 また、間質性肺炎の場合、背部の下肺野での聴診で異常な音(捻髪音・ねんぱつおん)が聴こえることが多いですから、背部の聴診を怠らないようにします。 血液検査 、SP-A、SP-Dというバイオマーカーが高値であると、間質性肺炎の存在が疑われます。 抗核抗体価や膠原病の存在を示唆する各種自己抗体が高い場合は、膠原病由来の間質性肺炎である可能性があります。 胸部X線撮影(レントゲン) 間質性肺炎の存在を示唆するレントゲン上の所見では、すりガラス影や粒状影,網状影などが挙げられます。 また線維化が進行してくると、蜂巣肺という、蜂の巣状のはっきりした陰影が認められます。 胸部CT検査 CTはレントゲンより細部まで肺のようすをみることができます。 近年はCTの普及から、まったく症状のない軽症例の間質性肺炎を持つ患者さんも見つかるようになってきました。 陰影の性状をより細かくみる必要がありますので、一般的にはHRCT(胸部高分解能CT)という高精度なCTの撮影法を用います。 気管支鏡検査(気管支肺胞洗浄と経気管支肺生検) 気管支鏡という内視鏡を用いて、気管支肺胞洗浄や経気管支肺生検を実施します。 気管支肺胞洗浄は、気管支鏡を使って肺の中に生理食塩水を注入し、その液を回収して、回収した液の内容を調べる検査です。 液を調べることで、肺の中にどんな細胞が増えているのかが観察できます。 通常よりも増加している炎症細胞の種類によって肺の炎症の状態を推察することが可能となります。 気管支鏡を介して肺の組織を採取する経気管支肺生検では、残念ながら取ってこられる肺組織が非常に小さいため、間質性肺炎の組織診断には向いていません。 ただ,この検査によって,原因を特定できる間質性肺炎もありますし,また間質性肺炎以外の疾患の診断がなされることもありますので,決して無用な検査でありません。 外科的肺生検(胸腔鏡下肺生検) 現在、間質性肺炎で用いられる検査のなかで最も確実にその病態と原因を調べることができる検査法は、全身麻酔を伴う外科的肺生検によって得られた組織を用いた病理組織検査です。 胸腔鏡を用いる手術が行われるようになって外科的肺生検が患者さんに及ぼす負担は著しく軽減されたものの、全身麻酔も含めてそれなりの侵襲は必ず伴いますので、病状が進行している、高齢である、など体力的な問題が懸念される患者さんには実施できません。 胸部高分解CTにてとして典型的な画像所見を呈する場合や、原因や膠原病などの関連疾患が明らかな間質性肺炎に対しては、外科的肺生検を実施しないことが一般的です。 左:比較的早期の特発性肺線維症 右:蜂巣陰影が目立つ進行した特発性肺線維症(服部登先生 ご提供) 間質性肺炎の検査を受ける際にリスクはある? 気管支鏡検査や外科的肺生検は、患者さんの体にそれ相応の負担をかけます。 まれではありますが気管支鏡検査が、またそれよりも頻度を多くして外科的肺生検が、の病状が急激に悪化する急性憎悪を誘発するリスクを上げることも専門医の間ではよく知られている事実です。 なかには急性憎悪のリスクをおそれて気管支鏡検査や肺生検を実施しない医師もいますが、私はこれらの検査が必要と感じられるなら積極的に実施したほうがよいと考えています。 原因を特定することすら難しい間質性肺炎の診療においては、これらの検査から得られる情報がもたらす利益が,検査を行うことによって生じる不利益を凌駕するものと信じているからです。 原因や病態が特定できればそれに適した対処法を見出せる可能性が高まりますし、たとえ特定に至らずとも消去法からある程度今後の臨床経過について予想を立てることができます。 幸いなことに広島大学病院では2017年7月時点で、気管支鏡検査や外科的肺生検を原因とする急性憎悪の例はまだ経験しておりません。 これらの侵襲性のある検査は、検査を実施するスタッフの技術やスタッフ間の連携によってリスクの生じる確率が左右される可能性があるため、できるだけこれらの検査の実績が多い病院で検査を受けることをおすすめします。 鳥やカビなどへのや薬が原因で発症している場合は、その原因となっている物質を遠ざけます。 の関与が強いと考えられる場合はをします。 軽症であれば、これだけで病状は回復します。 炎症が強い場合や慢性化している場合にはステロイドを用いて炎症を抑えます。 であれば抗線維化薬(ピルフェニドンとニンテダニブ)という肺の線維化を抑える薬を使用します。 実際には特発性肺線維症以外の間質性肺炎であっても、症状が進行すると線維化が起きることがありますが、抗線維化薬は特発性肺線維症のみ保険適用となっています。 また抗線維化薬は薬価が高いことも、特発性肺線維症以外の線維化を起こしている患者さんへの使用を難しくしています。 特発性間質性肺炎は医療費助成の対象となることも のなかでも、は国の難病に指定されていることや、治療費が高額であることから特定の条件をクリアすれば「難病医療費助成制度」による医療費助成を受けることができます。 「難病医療費助成制度」適応の条件は、以下の通りです。 特発性間質性肺炎と確実な診断を受けている(以外は外科的肺生検による診断が必要)• この基準は認定をする各都道府県により若干異なるため、助成の対象となるかどうかは主治医や各自治体の担当窓口に確認してください。 間質性肺炎が疑われたら専門医の受診し、原因の特定を はあくまで「間質に炎症を起こしている状態」であり、その原因や病態は多様で、それにより治療アプローチも変わります。 そのためまず大事なことは、間質性肺炎が疑われたら専門医のもとでしっかりと検査を受け、原因を特定してもらうことです。 なかにはどれだけ調べても原因不明なである可能性がありますが、そのなかでもなど分類ができれば、それに対する有効な治療法も検討できます。 間質性肺炎は、すべての例が重症で命にかかわるということはありません。 原因や分類によっては有効な治療法があり、症状を改善できる可能性があります。 ですからまずは専門医のもとでしっかりと検査をしてもらい、診断・治療を受けてください。

次の

間質性肺炎の診断と治療―確かな診断と治療で治すことも可能

黒 プラチナ 間 質 性 肺炎

間質性肺炎を合併した 小細胞肺癌でも、初回化学療法によって予後が改善する可能性があり、プラチナ製剤と エトポシド併用による初回治療は有用であることがレトロスペクティブな解析で示された。 11月3日から大阪市で開催された第52回日本肺癌学会総会で、国立がん研究センター東病院呼吸器内科の吉田達哉氏らが発表した。 小細胞肺癌は化学療法に感受性が高いが、無治療では生存期間中央値は限局型で12週、進展型では5週といわれている。 間質性肺炎と肺癌が合併することが多いが、間質性肺炎を合併した小細胞肺癌の予後についての報告は少なかった。 吉田氏らは、2001年1月から2009年12月までに小細胞肺癌と診断した553人のうち、初回化学療法前に間質性肺炎を合併していた52人を対象に、その予後を分析した。 全例が喫煙歴ありで、病期は限局型が29人、進展型が23人だった。 初回治療は、カルボプラチン+エトポシドが22人、シスプラチン+エトポシドが30人だった。 予定した4コースの治療完遂率は61%だった。 化学療法による効果は部分奏効が36人、病勢安定が9人、病勢進行が3人、評価不能が4人で、奏効率は限局型が72%、進展型が65%であった。 また間質性肺炎の急性増悪が、カルボプラチン+エトポシドによる治療を受けた1人(2%)で認められた。 二次治療以降は、アムルビシンが17人、シスプラチン+イリノテカンが9人、イリノテカン単剤が6人、カルボプラチン+エトポシドが5人、トポテカンが4人、シスプラチン+エトポシド+イリノテカンが2人、カルボプラチン+パクリタキセルが1人。 間質性肺炎の急性増悪は、5人(10%)に認められ、初回治療時よりも多く、その直近の化学療法レジメンは、アムルビシンが3人、シスプラチン+エトポシド+イリノテカンが1人、トポテカンが1人だった。 初回治療の無増悪生存期間(PFS)中央値は、全例では4. 5カ月で、限局型が4. 9カ月、進展型が3. 8カ月だった。 全生存期間(OS)中央値は、全例では9. 3カ月で、限局型が10. 6カ月、進展型が8. 2カ月となった。 この結果から、「間質性肺炎を合併した小細胞肺癌でも、化学療法を行うことで予後が改善する可能性がある」とし、プラチナ製剤とエトポシド併用で間質性肺炎の急性増悪の頻度が2%だったことから、「初回治療として有益なレジメンと考える」とまとめた。 なお、今回の対象について通常型間質性肺炎(UIP)と非UIPに分けても、予後に大きな違いはなく、間質性肺炎の急性増悪にも統計的な差はなかったとした。

次の

間質性肺炎・肺線維症 (かんしつせいはいえん・はいせんいしょう)

黒 プラチナ 間 質 性 肺炎

間質性肺炎を合併した 小細胞肺癌でも、初回化学療法によって予後が改善する可能性があり、プラチナ製剤と エトポシド併用による初回治療は有用であることがレトロスペクティブな解析で示された。 11月3日から大阪市で開催された第52回日本肺癌学会総会で、国立がん研究センター東病院呼吸器内科の吉田達哉氏らが発表した。 小細胞肺癌は化学療法に感受性が高いが、無治療では生存期間中央値は限局型で12週、進展型では5週といわれている。 間質性肺炎と肺癌が合併することが多いが、間質性肺炎を合併した小細胞肺癌の予後についての報告は少なかった。 吉田氏らは、2001年1月から2009年12月までに小細胞肺癌と診断した553人のうち、初回化学療法前に間質性肺炎を合併していた52人を対象に、その予後を分析した。 全例が喫煙歴ありで、病期は限局型が29人、進展型が23人だった。 初回治療は、カルボプラチン+エトポシドが22人、シスプラチン+エトポシドが30人だった。 予定した4コースの治療完遂率は61%だった。 化学療法による効果は部分奏効が36人、病勢安定が9人、病勢進行が3人、評価不能が4人で、奏効率は限局型が72%、進展型が65%であった。 また間質性肺炎の急性増悪が、カルボプラチン+エトポシドによる治療を受けた1人(2%)で認められた。 二次治療以降は、アムルビシンが17人、シスプラチン+イリノテカンが9人、イリノテカン単剤が6人、カルボプラチン+エトポシドが5人、トポテカンが4人、シスプラチン+エトポシド+イリノテカンが2人、カルボプラチン+パクリタキセルが1人。 間質性肺炎の急性増悪は、5人(10%)に認められ、初回治療時よりも多く、その直近の化学療法レジメンは、アムルビシンが3人、シスプラチン+エトポシド+イリノテカンが1人、トポテカンが1人だった。 初回治療の無増悪生存期間(PFS)中央値は、全例では4. 5カ月で、限局型が4. 9カ月、進展型が3. 8カ月だった。 全生存期間(OS)中央値は、全例では9. 3カ月で、限局型が10. 6カ月、進展型が8. 2カ月となった。 この結果から、「間質性肺炎を合併した小細胞肺癌でも、化学療法を行うことで予後が改善する可能性がある」とし、プラチナ製剤とエトポシド併用で間質性肺炎の急性増悪の頻度が2%だったことから、「初回治療として有益なレジメンと考える」とまとめた。 なお、今回の対象について通常型間質性肺炎(UIP)と非UIPに分けても、予後に大きな違いはなく、間質性肺炎の急性増悪にも統計的な差はなかったとした。

次の