またいつか来てもいいですか 英語。 「また来てね」を英語で言ってみよう!便利な4つのフレーズ

イエス様がいつ来てもいいように生きる!

またいつか来てもいいですか 英語

北九州市立大学で教員として学生に英語を教えているアメリカ人のアンちゃんが、「日本人がよく間違える」英語の表現を解説するコラム。 知っているようで意外と知らない英語の表現を楽しく学びましょう。 15年間の大学教員生活でわかったこと 私は20年近く前に日本に来て、北九州市立大学で15年間、学生たちに英語を教えています。 だから、「どういう単語は理解しやすく、どんなをしがちか」など、なんとなく日本人の英語のクセがわかってきました。 例えば、学生たちは、 という単語を知らないことが多いです。 私が教えると大抵、「その単語初耳!」みたいなリアクションがあります。 は、「もちろん」や「絶対に」などの意味がある単語です。 sure 、certainly などは知っているけど、 を知っている学生はのです。 は、バリいい単語バイ!知ってほしい! I am gonna go Europe this summer. 今年の夏に、絶対にヨーロッパに行くバイ。 Are you coming the party tomorrow? 明日のパーティーに来る?. もちろん。 「もちろん」と言いたいときに、「Of course. 」ばかり使っていませんか?今度、そういう場面があったら「! 」も使ってみてね。 日本語の「遊ぶ」をどう英語に訳したらいいか、を教えます。 この単語の使い方がわかれば、他のことを忘れてもいいくらい覚えてほしい!頑張ろう! 日本語の「遊ぶ」は、子どもからお年寄りまで使う単語です。 「遊ぶ」「遊ぼう」「遊びたい」など、日本人の日常生活での会話によく使われていますね。 直訳すると、もちろん「遊ぶ」は play なのですが、いつでも、誰でも使っていいわけじゃないバイ。 、「遊ぶ」の意味の play は小さい子どもがよく使う単語で、大人はあまり使いません。 Mommy, can I play my friends? Please!! お母さん、友達と遊んでいい?お願い! このような使い方はです。 ただ、中学生くらいになってくるともうあまり使いません。 代わりに、 か spend time を使う方が自然です。 意味は同じですが、 はちょっと若者っぽいかな。 週末、ずっと友だちと遊んでいたから、宿題をまだやっていない。 マジヤバい。 I want spend time my family tonight, I am not going go the party. 家族との時間を過ごしたいから、今夜のパーティーには行かない。 I spend time my boyfriend every day, but I never get tired of him. 毎日彼氏と遊ぶけど、全然飽きない。 spend time は「遊ぶ」の意味や、「時間を過ごす」という意味があります。 文法上、 spend time の後には必ず、誰と過ごしていたかを言う必要があります。 文法のミスには、意味は通じるけど不自然だなぁ程度のものから、コミュニケーションが取れなくなるほど大きなものまでいろいろあります。 play の使い方のようなミスは、大人が間違えて使うとヤバいです(笑)。 それは、play には、性的な意味もあるからです。 例えば、男性が英語圏に行ってかわいい女性と友だちになり、彼女に Hey, do you want play me sometime? と言ったら、ビンタされるが高いです。 この言い方は止めて、代わりにこう言いましょう。 Hey, do you wanna sometime? Hey, do you wanna get together and do something sometime? ねぇ、今度遊びに行かない? 外国人だということをわかってくれる人だったらいいけど、必ずしもそうとは限らないですからね。 上の例文で書いたように、 get together、get together and do something もよく使います。 ちょっとオシャレな言い方です。 Hey, we get together sometime! 今度遊ぼうよ!ずっと会っていないような気がする。 I am getting a friend from high school tomorrow. 明日、高校のときの友達と遊ぶの。 もう10年会っていない。 get togetherは「集まる」の意味もあるから、気をつけてね。 近所のみんなで集まって、夏祭りについて話そう。 アメリカ人はコーヒーが大好きなのですが、そのコーヒー愛がわかる英語の慣用句で、「遊ぶ」の言い方があります。 (Let's get together coffee! でも、Let's get coffee sometime! 日本人は「お茶しようね!」と言うけど、アメリカだと「コーヒーしようね!」になります(笑)。 おもしろくない?文化の違いはよく言葉の使い方に出て来ます。 大人でも、play を使う場合があります。 それは、ふざけているときです。 例えば、 My girlfriends and I are going play this weekend! We will get manicures, stay up all night, and eat ice cream! 今週末、友達と遊びまくるバイ!ネイルをしたり、アイスクリームを食べたり、徹夜する!待ちきれない! こんな感じ使います。 実は、私は44歳になったけど、たまに親友とこういうふうに遊びます(笑)。 やっぱり、何歳になっても、お泊まりパーティーは最高! まとめ 最後に、「遊ぶ」のいろいろな言い方の例文をまとめたので、おさらいしてみましょう。 明日テストがあるから、今日は遊べない。 I like spending time my mom. We have a great time together. お母さんと過ごす時間が好きだ。 いつも楽しいからさ。 My kids play their friends in the park every day. 子どもは、毎日公園で友達と遊んでいます。 今朝、親友とコーヒーを飲みに行く。 1週間も会ってない! わかったかな?今回のポイントは、「遊ぶ」の使い方です。 大人が普通に play を使うとすごく幼い印象を受けます。 英語が得意な方もそうでない方にも楽しく読んでいただけます。

次の

You're always welcome.:いつでもいらして下さい

またいつか来てもいいですか 英語

「good bye」以外の別れの言葉、ご存知ですか? 海外に住んでいたり、英語圏の方と働いていると、毎日使う言葉ですが、意外と、「good bye」以外の挨拶をあまり知らない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、英語の別れの言葉をシチュエーションごとにご紹介します。 日常で使える別れの言葉から、ビジネスで使える別れの言葉、別れの際に言いたいかっこいい名言まで。 使い分けて、表現力アップさせましょう! 日常で使う別れの言葉 See you(またね) See you soon(またすぐ会おうね) soonの部分にtomorrowなどを入れると、次に会う日を特定して表現できます。 See you around(じゃあね) around(このあたりで、大体)を入れることによって、「じゃあね」というニュアンスになります。 同じ職場や学校の人に「またね」といいたいときによく使います。 See you later(またあとで) See you を省略して、「Later」とだけ使うこともできます。 Bye(じゃあね) 親しい間柄で気軽に使えます。 Good bye(さようなら) 丁寧な言い方ですが、素っ気ない挨拶と捉えられます。 二度と会わないニュアンスも感じられます。 Bye for now(またね) 毎日会う友達などの関係に使える、カジュアルな表現です。 I must be going(もうそろそろ行かなくちゃ) 「I must 〇〇」で「〇〇しなくては」という意味になります。 便利です。 I gotta take off(急がなきゃ) 急いで行かなくちゃ、というニュアンスのフレーズです。 take offは飛行機の「離陸」という意味なので、急ぐ時に使います。 そのほかにも、take offを「jet」や「run」に変えて、急いでいることを表現できます。 友人同士で、仕事、学校が終わった喜びを伝えるニュアンスです。 Have a good day(良い1日を) dayをweekendに変えると、「良い週末を!」になります。 Hope to see you again(また会えるのを楽しみにしてるよ) 「hope to 〇〇」で「〇〇になるといい」という意味のフレーズになります。 Take it easy(じゃあね) 直訳すると、「無理しないでね」や、「気軽にね」となりますが、気軽に「じゃあね」と言いたい場合に使えます。 Catch you later(またあとで) See you laterと同じく、「Later」とだけ略されて書かれたりします。 「See you later」と比べて、若い人に使われる傾向があります。 しばらく会わない人との別れの言葉 keep in touch(連絡しようね) 同じ意味で、「Stay in touch」があります。 Thank you for everything(ありがとうございました) 「お世話になりました」に近いニュアンスです。 感謝の気持ちを伝える定番フレーズです。 Best of luck for your future(幸運を祈る) あまり目上の方に対して使う印象はありません。 I will never forget you(君のこと絶対忘れないよ) Good luck(頑張ってね) さらに強い意味で、Best of luckがあります。 Please feel free to call me(気軽に電話してね) 「feel free」で「気軽に」という意味になります。 退職の方、仕事で使える別れの言葉 Many thanks(ありがとうございました) 超シンプルに「多謝!」的な印象です。 Thank you for your time(お時間いただきありがとうございました) こちらは、プレゼンテーションの後にも言ったりしますね。 Thank you for your cooperation(ご協力いただきありがとうございました) 「cooperation」で「協力」という意味になります。 イベントスタッフや、ボランティアスタッフ、なにかを手伝ってくれた終わりに言うことが多い別れのフレーズです。 「Nice to meet you」より丁寧な表現です。 Thank you so much for today(本日は本当にありがとうございました) こちらも、MTGやイベント、プレゼンなどを締めるときによく使われるフレーズです。 It was nice to see you(お会い出来てよかったです) かなり似たフレーズに、「It was nice to meet you」がありますが、meetを使うフレーズは、初対面の方に向けた言葉になります。 Thank you for inviting me today(お招きいただきありがとうございました) パーティー・会食などで使える別れの言葉です。 Good luck in your future career(今後のますますの発展をお祈り申し上げております) 退職する人に向けた言葉です。 名言で送る!別れの言葉 少し番外編ですが、かっこよくキメて別れたい方におすすめです。 置き手紙や、お別れの時に渡す色紙などに書いてもいいかもしれません! To say Good bye is to die a little. (さよならを言うのは、少し死ぬことだ) アメリカのハードボイルド作家、Raymond Chandlerの名言です。 Never, never, never, never give up. (決して屈するな、決して、絶対に、何があっても) ノーベル文学賞を受賞したイギリスの政治家、Winston Churchillの名言です。 Living is not breathing but doing. (生きるとは呼吸することではない、行動することだ) スイス(ジュネーヴ共和国)出身の哲学者、jean-jacques Rousseauの名言です Love the life you live. Live the life you love. (自分の生きる人生を愛せ。 自分の愛する人生を生きろ) レゲェミュージシャン、Bob Marleyの名言です。 If you can dream it, you can do it. (夢見ることができれば、それは実現できる) Walt Disneyの名言です。 The pain of parting is nothing to the joy of meeting again. (別れの痛みは、再会の喜びに比べればなんでもない) イギリスの小説家、Charles Dickensの名言です。 Life is like riding a bicycle. To keep your balance you must keep moving(人生とは自転車のようなものだ。 倒れないようにするには、走り続けなければならない) ドイツの理論物理学者、Albert Einsteinの名言です。 英語の名言はこちらの記事にまとめています。 まとめ いかがでしたか。 英語での別れの言葉を、様々なシチュエーションごとにご紹介しました。 日常で使える別れの言葉から、ビジネスで使える別れの言葉、別れの際に言いたいかっこいい名言まで。 是非覚えやすいものから使ってみてください。 日常で使う、ちょっとしたフレーズの表現力を鍛えて、英会話力をアップさせましょう。

次の

最高にかっこいい英語・英単語一覧まとめ100選!

またいつか来てもいいですか 英語

他の方が回答されている内容でまったく問題ないと思いますが、あえて別の表現で。 You are very welcome always to visit Japan. こうすると「来てください」という命令形にならず「いつでも歓迎します」という感じになります。 具体的なスケジュールが決まっていないわけですからこの方がいい?かな... You'll be missed very much. これは We miss you very much. の受動態ですが私自身がアメリカから帰国する際に送っていただいた言葉で「なるほどそういう言い方もできるのか」と印象に残ったフレーズです。 他には定番ですが Keep in touch 「連絡くれよ」というのもありますね。 A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... Q 「私は旅行代理店で働いていました」という英文を作りたいと思っています。 そこで「~で働く」の「~で」は何を使えばいいのか「work」を調べたところ3つの例文がありました。 work on a ranch. 牧場で働く He works for a newspaper. 彼は新聞社に勤めている She works in the city. 彼女はその市で働いている と書いてありました。 私が書きたいことを英語にするなら、 I was working on a travel agency. I was working in the travel agency. I was working for a travel agency. どれになるのでしょうか?(英文自体が違っていたらご指摘お願いします) またそれぞれどのように違うのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。 A ベストアンサー 基本的に on グループとか何かの組織に属する時に使います。 in その人の仕事・職業を示す時に使います。 for 雇われている時に使います。 牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。 「私は旅行代理店で働いていました」 I worked in a travel agency. 私ならこういいます。 「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。 これがきちんとした会社名を書くのだったら I worked for 会社名). とします。 ご提示の例文は過去進行形になっていますが 進行形は一瞬の動作を表すのが基本ですから 私だったら過去形にします。 ただ 文脈によって 一時的に働いていたということを強調したい場合には使えます。 ところで ここのところ大変でしたね。 回答しようかと思ったのですが 見たときにはすでに多くの方のご回答が寄せられていましたので しゃしゃり出ることもないかなと思い回答しませんでした。 不愉快な思いもなさったことと思います。 気になさらないことです。 まああの件に関しましては ほっておかれたらよろしいかと思いますが・・勘違いオジサンは困ったものです。 余談ですが。 基本的に on グループとか何かの組織に属する時に使います。 in その人の仕事・職業を示す時に使います。 for 雇われている時に使います。 牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。 「私は旅行代理店で働いていました」 I worked in a travel agency. 私ならこういいます。 「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。 これがきちんとした会社名を書くのだったら I worked for 会社名... A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。 こう考えてもいいと思いますよ。 see a movie watch a movie は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now. などですね。 seeは見ると言う経験をする watchは観ると言う行為をする。 I saw the movie 見た経験・事がある I watched the movie. 観た I am seeing the movie now. 使わない (下を参照) I am watching the movie. 観ている I will see the movie. 見る経験を持つ予定 I will watch the movie. 観るつもり I'm gonna see a movie tongiht. 見る経験を持つつもり I'm gonna watch a movie tonight. 観るつもり 上のI'm seeing the movieですが、今進行しているという言い方では使わないですが、未来形としての現在の予定、と言う意味では問題なく使います。 I'm seeing the movie next week with Jackie. と言う感じですね。 確かにwatch a movieと言うとビデオやテレビで見るというフィーリングがありますが、見たという経験を言いたいのであれば、I saw the movie on TVと言う表現は全く問題ないわけです。 テレビで見た経験があるよ、すなわち、テレビで見たよ、と言うことになり、テレビで見たよ、はI watched the movie on TVは、テレビで見た行為をした これも日本語では、テレビで見たよ、となりますね 、と言うフィーリングになるわけです。 I saw him. 彼を そのときの みた経験がある、すなわち、彼を見かけた、と言うことになり、I watched him. と言うと彼を見る行為をした、すなわち、彼を観察した、と言うことになるわけです。 ちょっと断言しすぎたところはあると思いますが、このmovieについてはこのようなフィーリングを元に使っています。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。 こう考えてもいいと思いますよ。 see a movie watch a movie は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now. などですね。 seeは見ると言う経験をする watchは観ると言う行為をする。 I saw the movie 見た経験・事がある I watched the movie. 観た I am seeing the movie now. 使わない (下を参照) I am... A ベストアンサー あなたはどうなの?的な表現ですね。 例えば、 A:How's it going? (調子どう?) B:Nothing much. たいしたことないよ。 How about you? 君はどんな感じ? A: Well, I'm alright. You know what? I've decided to move to NY next month. まあまあかな。 そういえば来月にNYに引っ越すことに決めたんだ ------------------ A: Are you hungry? (おなかすいた?) B: Yeah, a little bit, how about you? (うん、ちょっとだけ、君は?) のような感じでしょうか。 Q 海外にメル友が出来たのですが、自分は英語能力が低い為、 間違った英文を送ってしまう事が多く、相手の方に申し訳ないと感じています。 そこで予め、相手の方に「私は英語が不得意なので、誤字脱字が多くてすみません。 」と伝えたいのですが、 「I can't speak English very well, sorry. それとも、メールは話すのではなく「書く」ので、 「I can't write English very well,sorry. 」の方が適切なのでしょうか? また、これらの表現だと、「私英語が下手でごめん。 」という軽い感じがするのですが、 「私は英語が苦手で、間違えが多いけど、どうぞお許し下さい。 」の様に真剣さを出したいのですが、、。 上手く英文が作れません。 また、せっかく出来たメル友に、見捨てられたくないので、 「英語が下手で、迷惑かけるけど、これから英語もっと勉強します!」 という表現の仕方をどなたかご存知でしたら、是非教えて下さい。 お願いします。

次の