ヘボン 式 ローマ字 表。 ヘボン式ローマ字|神奈川県パスポートセンター公式サイト

ヘボン式ローマ字と訓令式ローマ字のルールと一覧表

ヘボン 式 ローマ字 表

大幅改訂に至った経緯はを参照。 A Proposal for Romanization of Japanese extending Hepburn System 上記のリンク先を参照。 この文書は、事実上 標準となっているヘボン式の拡張案である。 ヘボン式はパスポートで使用され、駅名、地名などの固有名詞で広く使われている。 これらの実績から見て、日本式をもとにした訓令式や新日本式などの他の方式を拡張するのは現実的でない。 上記で提案したヘボン式拡張原案を基に、翻字機能を追加した表を提案する。 記号を使わずに、アルファベットだけで、すべての仮名表記を網羅するのが望ましい。 外来語用特殊音の表記に一貫した規則がない。 厳密な翻字用の規則がない。 ヘボン式ローマ字表 拡張案 ア a イ i ウ u エ e オ o イェ ye カ ka キ ki ク ku ケ ke コ ko キャ kya キュ kyu キョ kyo キェ kye サ sa シ shi ス su セ se ソ so シャ sha シュ shu ショ sho シェ she スィ si タ ta チ chi ツ tsu テ te ト to チャ cha チュ chu チョ cho ッ q チェ che ナ na ニ ni ヌ nu ネ ne ノ no ニャ nya ニュ nyu ニョ nyo ン n ニェ nye ハ ha ヒ hi フ fu ヘ he ホ ho ヒャ hya ヒュ hyu ヒョ hyo ー h ヒェ hye マ ma ミ mi ム mu メ me モ mo ミャ mya ミュ myu ミョ myo ヤ ya ユ yu ヨ yo ラ ra リ ri ル ru レ re ロ ro リャ rya リュ ryu リョ ryo ワ wa ヲ 'o ガ ga ギ gi グ gu ゲ ge ゴ go ギャ gya ギュ gyu ギョ gyo ザ za ジ ji ズ zu ゼ ze ゾ zo ジャ ja ジュ ju ジョ jo ジェ je ズィ zi ダ da ヂ dji ヅ dzu デ de ド do ヂャ dja ヂュ dju ヂョ djo バ ba ビ bi ブ bu ベ be ボ bo ビャ bya ビュ byu ビョ byo パ pa ピ pi プ pu ペ pe ポ po ピャ pya ピュ pyu ピョ pyo ウィ wi ウェ we ウォ wo ヴァ va ヴィ vi ヴ vu ヴェ ve ヴォ vo ヴュ vyu ヴョ vyo クァ kwa クィ kwi クェ kwe クォ kwo グァ gwa グィ gwi グェ gwe グォ gwo ツァ tsa ツィ tsi ツェ tse ツォ tso ティ ti トゥ tu テュ tyu ディ di ドゥ du デュ dyu ファ fa フィ fi フェ fe フォ fo フュ fyu フョ fyo• 声門閉鎖音つきア行、ヤ行、ワ行 撥音「n ン 」、促音「q ッ 」、長音「h ー 」に後続するア行、ヤ行、ワ行は、 音節の切れ目を明示するために、声門閉鎖音の子音字「q」を前置する。 「q」は「'」で代用してもよい。 ア イ ウ エ オ ヤ ユ ヨ ワ イェ ウィ ウェ ウォ 原則「q」 qa qi qu qe qo qya qyu qyo qwa qye qwi qwe qwo 許容「'」 'a 'i 'u 'e 'o 'ya 'yu 'yo 'wa 'ye 'wi 'we 'wo 撥音「n ン 」の使用例 参加 三 賛意 参与 完備 官費 甘味 サンカ サン サンイ サンヨ カンビ カンピ カンミ 原則「n」 sanka san sanqi san'i sanqyo san'yo kanbi kanpi kanmi 許容「m」 kambi kampi kammi b,m,p の前 促音「q ッ 」の使用例 バッハ あっ 知らんっ アッオ 発揮 発足 発射 発端 一対 発奮 一致 バッハ アッ シランッ アッオ ハッキ ホッソク ハッシャ ホッタン イッツイ ハップン イッチ 原則「q」 baqha aq shiranq aqqo aq'o haqki hoqsoku haqsha hoqtan iqtsui haqpun iqchi 許容 重子音 hakki hossoku hassha hottan ittsui happun k,p,s,t の前 許容「t」 itchi ch の前• 許容 翻字: 仮名遣いに従うこと 混同しやすいつづり コニャック こんにゃく 婚約 号音 合法 ゴッホ 語法 コニャック コンニャク コンヤク ゴーオン ゴーホー ゴッホ ゴホー 原則 konyaqku konnyaku konqyaku gohqon gohhoh goqho gohoh 許容 konyakku kon'yaku gouon gouhou gohou 助詞「は、へ、を」の翻字 助詞「は、へ、を」は、ぞれぞれ「wa、e、o」と発音されるが、そのままのローマ字表記では、「わ、え、お」と区別が付かない。 区別する必要がある場合は、それぞれ「'wa、''e、'o」と表記する。 は へ を 原則 ha he 助詞 'wa ''e 'o 分かち書きの簡単な説明• 1 文の始めは大文字で書き、終わりにはピリオド「. 」を付ける。 文中の切れ目にはコンマ「,」を付けてもよい。 2 固有名詞の始めは大文字で書く。 3 文節とその次の文節は空白で切り離す。 4 助詞は、原則として空白で切り離す。 4-1 助詞が連なる場合には、後ろの助詞は続けて書く。 4-3 禁止の終助詞「な」は続けて書く。 5 助動詞の中で、体言や、用言の終止形か連体形に接続するものは、 原則として空白で切り離す。 5-1 助動詞「まい」は続けて書く。 6 形容動詞や、助動詞の中で「だ」「です」を語尾に持つものは、 「だ」「です」を空白で切り離す。 それらが活用する場合も同じように扱う。 7 サ変複合動詞の中で、語幹が単独で使われるものは、 「する」「できる」を空白で切り離してもよい。 それらが活用する場合も同じように扱う。 8 形態素の切れ目には、ハイフン「-」を挿入してもよい。 分かち書きの実践例• 1 Bun no hajime 'wa oo-moji de kaki, owari ni-'wa piriodo ". " 'o tsukeru. Bunchuu no kire-me ni-'wa konma "," 'o tsukete mo yoi. 2 Koyuu-meishi no hajime 'wa oo-moji de kaku. 3 Bunsetsu to sono tsugi no bunsetsu 'wa kuuhaku de kiri-hanasu. 4 Joshi 'wa, gensoku to shite kuuhaku de kiri-hanasu. 4-1 Joshi ga tsuranaru baai ni-'wa, ushiro no joshi 'wa tsudzukete kaku. 4-3 Kinshi no shuu-joshi "na" 'wa tsudzukete kaku. 5 Jodoushi no naka de, taigen ya, yougen no shuushi-kei ka rentai-kei ni setsuzoku suru mono 'wa, gensoku to shite kuuhaku de kiri-hanasu. 5-1 Jodoushi "mai" 'wa tsudzukete kaku. 6 Keiyou-doushi ya, jodoushi no naka de "da", "desu" 'o katsuyou-gobi ni motu mono 'wa, "da", "desu" 'o kuuhaku de kiri-hanasu. Sorera ga katsuyou suru baai mo onaji you ni atsukau. 7 Sahen-fukugou-doushi no naka de, gokan ga tandoku de tsukawareru mono 'wa, "suru", "dekiru" 'o kuuhaku de kiri-hanashite mo yoi. Sorera ga katsuyou suru baai mo onaji you ni atsukau. 8 Keitai-so no kire-me ni-'wa, haifun "-" 'o sounyuu shite mo yoi. ヘボン式ローマ字表 拡張案 - 発展編 翻字用記号 次の表は翻字用に追加された記号である。 追加された記号は三個である。 日本式ローマ字との混用を避けるために以下の外来語用仮名にも使える。 その他、厳密な翻字では、長音を 「oh オー 、oo オオ 、ou オウ 」で使い分ける。 ハ行転呼音、ワ行音、合拗音の可逆的翻字 過去において、歴史的仮名遣いで「ハ、ヒ、フ、ヘ、ホ、ヰ、ヱ、ヲ、クヮ、グヮ」と書かれた仮名は、 現代仮名遣いで「ワ、イ、ウ、エ、オ、イ、エ、オ、カ、ガ」と読まれることがある。 ハ行がワ行に合流し、そのワ行がア行に合流した結果である。 それぞれの段階でアポストロフィを付加することで、 歴史的仮名遣いと現代仮名遣いを可逆的に処理することが可能になる。 助詞「は、へ、を」を「'wa、''e、'o」と表記するのはこの規則を適用したからである。 ウムラウト等を使うことで、字音仮名遣いと現代仮名遣いを可逆的に処理することが可能になる。 大和言葉にも同様の音韻変化が生じた。 この過程により「ジ」と「ヂ」、「ズ」と「ヅ」の音韻的区別が失われ、四つ仮名の問題が生じた。 いろはにほへど、ちりぬるを。 わがよたれぞ、つねならむ。 うゐのおくやま、けふこえて、あさきゆめみじ。 ゑひもせず。 Iro 'wa ni''o''edo, chirinuru 'o. Wa ga yo tare zo, tsune naramu. 'E''i mo sezu. 祇園精舍の鐘の聲、諸行無常の響きあり。 沙羅雙樹の花の色、盛者必衰の理を顯す。 奢れる人も久しからず、只春の夜の夢の如し。 猛き者も終には亡ぬ、偏に風の前の塵に同じ。 Ogoreru hito mo hisashikarazu, tada haru no yo no yume no gotoshi. Takeki mono mo tsu''i ni-'wa horobinu, hito''e ni kaze no ma''e no chiri ni onaji. 分かち書きの規則は以下の通りである。 1 原則的に口語の規則に準ずる。 2 接続助詞「で」「つつ」「ど」「ども」は続けて書く。 3 形容動詞は、「なり」「たり」とそれらの活用形を空白で切り離す。

次の

ローマ字練習プリントやローマ字表を無料ダウンロード! [子供とインターネット] All About

ヘボン 式 ローマ字 表

どちらも一長一短. しかし、日本語の発音と、訓令式のスペルから 外国人が 予想する発音はかなり異なる。 このため、海外で混乱をきたすことも。 小学校で習うが、一般の人が実際に使うのはPC入力のときぐらいとの声も。 訓令式は、いわば日本語の知識があることを前提としたローマ字表記。 というより日本語です。 漢字、ひらがな、カタカナに次ぐのが、 訓令式 ローマ字。 ・実際に普及したのは 英語式ローマ字である「ヘボン式」。 日本語の 発音とマッチするように作られた表記法。 しかし、日本語の表記とはマッチしない部分が多い。 ・訓令式では、外国人が混乱する。 スペルと実際の発音が違うので、新たな外国語単語をいちいち学ぶ感じになり、日本語をローマ字化したメリットが感じられない。 ・ヘボン式では、スペルが分かりにくくて日本人が混乱する。 しかし、日本人は日本語ネイティブだから、その混乱の度合いは、訓令式による外国人の混乱の度合いほどひどくはない。 このために、ヘボン式は実用的。 ・ヘボン式は、米軍主導のGHQ占領下で、鉄道名をはじめとして日本でも普及。 ローマ字は日本人だけのものではなくなり、米国の図書館などで日本語文献を英語で表記する標準化作業が進んだ。 これらは研究社がまとめたバージョンのヘボン式に基づくものが優勢だった。 ・そのヘボン式も、その後時代とともに長音記号など実情に合わない点、表にあっても使われなくなったスペルなどが出てきた。 ・日本人は小学校で訓令式を習う。 しかしパスポートではヘボン式を使わなくてはならない。 英字新聞や海外ではやはりヘボン式。 ・パソコンではどちらでも変換してくれるが、独自ルールもあり。 「間違ってもパソコンが正しく変換してくれる」ことも。 ・同様のローマ字表記の混乱は、中国や韓国でもあり。 韓国は2000年から「発音に添う形でつづる」という原則を採用。 主要海外メディアも切り替えた。 しかし人名 Lee などには例外が多く残っている。 ・ローマ字表記についての混乱には、言語文化的・政治的な理由があり、容易な解決はみられそうにない。 1954年内閣告示も実際は 折衷型であいまい。 その後、統一されていないのも、根本的な対立があるため。 ・本ページの目的は、「表記を統一しましょう」と意図するものではありません。 どれが優れていると主張するものでもありません。 淡々と実用的に、「 実際に標準的に使われている表記はこれです」と全体像を示し、ローマ字で書く方々のご参考にすることが目的です。 具体的には、 修正ヘボン式( American Library Association バージョン)を、現代での実際の標準的使用に合わせてさらに修正したもの。 1954年内閣告示以降は正式な日本語ローマ字表記の改訂がなく、修正ヘボン式も老朽化して実情に合わなくなりました。 一方ではパソコンのローマ字入力による漢字変換が普及するなど、ローマ字表記は大きく変わりつつあります。 そこで私が実際に使われている標準つづり方をまとめました。 「再々修正ヘボン式」に相当します。 日本の日刊英字新聞、英文ニュースなどで国際的、標準的に使われるローマ字つづり方 ヘボン式が時代とともに変化してきたもの が現実に存在するにもかかわらず、その全体像・ルールを整理したものがなかったので作成したものです。 ローマ字についてはさまざまな議論が続いていますが、このリストはローマ字の新しい書き方を提唱しようするものではありません。 これが最も良いつづり方だとしているわけではなく、実際に広く使われているつづり方はこれです、と紹介しているものです。 今のローマ字は小学生のときに習ったものとは違うようだが、どこを探してもリストが見つからない、標準的にはどう書かれているのか知りたい、というときにご参照ください。 過去の経緯については「」をご覧ください。 本人にスペルの希望を聞くのがベスト。 分からなければ修正ヘボン式かパスポート式。 しかし「 オオ、オウ」(実際の音はオー)としてohを好む声が強く、ついに2000年4月から認められた。 実際には英語では oもohも発音が同じ。 Onoと書いてもOhnoと書いても、共にオゥノゥと発音され、英語発音では大野と小野の区別はできない。 このため使われなくなった。 Yohkoは少数派。 優子 Yukoが無難。 Yuukoは発音しにくい。 日本語と英語は発音体系が違うため、英語ではスペル不可能な名前がある(短音「お」が苦手、「小野」が発音できない)。 英米人には、実際の発音を聞かせて覚えてもらうのが一番。 1 実際の発音が長音オーであれば o イヤな人はohと書いても可 扇 おうぎ Ogi, Ohgi 大西 おおにし Onishi, Ohnishi 大河内 おおこうち Okochi, O hko hchi 大山 Oyama, Ohyama 狩野 かのう Kano, Kanoh 亨 とおる Toru, Tohru 参考:東京 Tokyo 「トキョ」でなく「トーキョー」と発音される 2 オ・オ 2番めのオがきちんと発音される なら o 妹尾(せのお) Senooが無難。 英語ではシヌーと読まれる。 これは大野(オオの実際の音は長音オーなので o)と違い、「せの・オ」という独立した音と考えるためoが二つ。 ただし、実際の音が「セノー」であれば、Seno Senohも可 となる(シノゥと読まれる) Sehno-oならセーノゥ・オゥと読んでもらえるので一案。 この場合、「非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書」に希望する綴りを記入して申し出てください。 その際、その綴りが 実際に使用されていることを示す書類等(出生証明書、婚姻証明書又は配偶者の外国旅券、その他)を提示してください。 地名などは旧ルールのままmでスペルされるものもある。 現代の 再 修正ヘボン式ではnのままでよい。 地名 新橋 Shi nbashi(修正ヘボン式、道路案内板 )、Shi mbashi(旧ヘボン式、駅名) どちらも使われている 人名 本間 そのまま Honmaが好まれる。 英語の nは上歯の手前に舌をつける関係で、Honmaと書いてもHo mmaと発音される。 このスペルは本人が「私の名前ではない」と嫌がる。 例 : Ha ttori, Ro ppongi 、吉川(きっかわ) Kikkawa chi チ 、cha チャ 、chu チュ)、cho チョ 音に限り、その前に t を加える。 Naoto Kanは nah- O-TOE KAHN このような表記は、英BBCなどの放送用に使われています。 romajiはローマ字か、ロマ字か? しかし、現代でのローマ字の使用は、英語の文章内での、日本人名・地名など、限られた使用。 これらの場合、長音符がなくても比較的混乱しない。 ローマ時代にほぼ現在の形に。 日本語を 発音重視でローマ字に転記する努力を続け、この本を改訂した。 これの第三版1986のものが「ヘボン式」として知られるように。 羅馬字会 の提案を取り入れたもの。 私鉄もおおむね同様 JR東日本は「修正ヘボン式」でShi mbashi, Yurakucho oの上に- 道路名も 国土交通省道路局 昭和61年に、道路の案内標識にアルファベット表記併記が本格的に開始 地名表記もヘボン式だが、関係者間で協議 戦後 再修正ヘボン式 研究社『新和英大辞典』の「本辞典に使用のローマ字綴り方表」 撥音 すべてnで表し、それまでのヘボン式のように b, m, p の前に mをおかない。 新橋Shi nbashi と 促音(っ)で独特の方法。 をベースに採用 : Transliteration Schemes for Non-Roman Scriptsの1997版 approved by the Library of Congress and the American Library Association の 「日本」は原則Nihonとする でGoogle検索 ・1972 ANSI Z39. ジャパンタイムズでは社内スタイルで、「研究社式をベース、固有名詞は当事者の意向を重視」などと規定 撥音すべてn 学芸面を除き長音符は使わない 旅券、外交の公文書はヘボン式が原則 パソコンなどの変換は、何式でも変換してくれるため支障が起きず 2003 「」 伊藤サム編 1954年内閣告示以降は正式な日本語ローマ字表記の改訂がなく、修正ヘボン式も老朽化して実情に合わなくなったため、日本内外で 実際に広く使われるようになった標準的なローマ字表記をまとめたもの。 修正ヘボン式ベースだが、使われなくなった部分を削除したりして整理したもの。 , family name after the given name, except that historical names predating the Meiji Period are rendered in the traditional order, family name first. The authority of spelling, as with any name, is the person. Unless otherwise confirmed, romanize according to the modified Hepburn system, as used by Kenkyusha's New Japanese-English Dictionary. I am properly addressed as Ms. Yamada Yoko. 6%),「どちらとも言えない」( 29. 6%)もこれに 拮抗する結果となった。 国際交流の機会の拡大に伴い,異なる国の人同士が姓名を紹介し合う機会は増大しつつあると考えられる。 また,先に記したように,現在では英語が世界の共通語として情報交流を担う機能を果たしつつあり,それに伴って各国の人名を英文の中にローマ字で書き表すことが増えていくと考えられる。 国語審議会としては,人類の持つ言語や文化の 多様性を人類全体が意識し,生かしていくべきであるという立場から,そのような際に,一定の書式に従って書かれる名簿や書類などは別として,一般的には各々の人名固有の形式が生きる形で紹介・記述されることが望ましいと考える。 今後,官公庁や 報道機関等において,日本人の姓名をローマ字で表記する場合,並びに学校教育における英語等の指導においても,以上の 趣旨が生かされることを 希望する。 公式の文書では訓令式を使わなければならない場合がある。 日本式は、ひらがなの発音というものがもともと一貫していないにも関わらず、 実際の発音を無視して 一貫したスペルを押し付ける。 その後、改訂が議論されており、ヘボン式か併記になりそうだとのこと 2002? しかし 長音符は不使用。 注:この 1954年 内閣告示は古く、実際には訓令式はほとんど使われていません。 例外である第二表の上部が使われています。 ---------------------------- ロ ー マ 字 の つ づ り 方 内閣訓令第1号 各官庁 ローマ字のつづり方の実施について 国語を書き表わす場合に用いるローマ字のつづり方については、昭和十二年九月二十一日内閣訓令第三号をもつてその統一を図り、漸次これが実行を期したのであるが、その後、再び いくつかの方式が並び行われるようになり、官庁等の事務処理、一般社会生活、また教育・学術のうえにおいて、多くの不便があつた。 これを統一し、単一化することは、事務能率を高め、教育の効果をあげ、学術の進歩を図るうえに資するところが少なくないと信ずる。 よつて政府は、今回国語審議会の建議の趣旨を採択して、よりどころとすべきローマ字のつづり方を、本日、内閣告示第一号をもつて告示した。 今後、各官庁において、ローマ字で国語を書き表わす場合には、このつづり方によるとともに、広く各方面に、この使用を勧めて、その制定の趣旨が徹底するように努めることを希望する。 なお、昭和十二年九月二十一日内閣訓令第三号は、廃止する。 昭和二十九年十二月九日 内閣総理大臣 吉田 茂 内閣告示第一号 国語を書き表わす場合に用いるローマ字のつづり方を次のように定める。 昭和二十九年十二月九日 内閣総理大臣 吉田 茂 前書き 一般に国語を書き表わす場合は、第1表に掲げたつづり方によるものとする。 国際的関係その他従来の慣例をにわかに改めがたい事情にある場合に限り、第2表に掲げたつづり方によつてもさしつかえない。 前二項のいずれの場合においても、おおむねそえがきを適用する。 はねる音「ン」はすべて nと書く。 はねる音を表わすnと次にくる母音字またはyとを切り離す必要がある場合には、nの次に ' を入れる。 つまる音は、最初の子音字を重ねて表わす。 なお、大文字の場合は、母音字を並べてもよい。 特殊音の書き表わし方は自由とする。 文の書きはじめ、および 固有名詞は語頭を大文字で書く。 なお、固有名詞以外の名詞の語頭を大文字で書いてもよい。 講義の最後の質問コーナーで「大堀さん」のローマ字表記の仕方を質問した者です。 と言うより、日本人しか知らない事だと言うのがオドロキでしたね! 問題の「大堀さん」は、私の同僚なのですが、彼は自分の姓をローマ字で「Oohori」と書いていたのをたまたま見た事があって、それがとても不自然だと思いました。 「そりゃないだろ」って感じで。 だったらどのように表記すればいいのか。 私は考えました。 先生がおっしゃったように、「O」の後に「h」を入れると「h」がダブってしまうし、「Ohori」だと「オホリ」さんになってしまうし、自分では解決できませんでした。 これは先生に聞くしかないと思い、質問させていただいた訳です。 この度は、先生のようなお方の講義を聞く事ができ、とても光栄に思います。 とてもわかりやすくて楽しい授業でした。 私も、 一期一会を大切にしたいと、いつも思っています。 また何かの機会にお目に掛かれたら嬉しいです。 当日は貴重なご質問ありがとうございました。 「大堀さん」は難問ですね。 無難なのはOhoriだと思います。 字の形を重視してローマ字にすると Oohori ですが、ウーホリ またはウーホライ と発音されやすい難点があります。 実際の発音は「オオホリ」ではなく「オーホリ」であることから、発音重視のヘボン式でローマ字に直すと、Ohori となります。 でも本人は「私は小堀さんではない」と思うかもしれません。 Ohori は最初のOhを発音したときの口の形が h のままで次の ori を発音しますので、結局はOh-hori と発音されやすく、「大堀」には近いと思います。 しかしこれでもオーリ、オーライと発音されてしまうことも。 あるていどきちんと発音してほしければ Oh-horee オーホリー ですが、ヘボン式でも訓令式でもなくなってしまいます。 獣医さんに行くとき、Uriと書くとユーリになってしまうのでOoriと書くって言っていたのを思い出しました。 Oopsのウかな。 ではJunichiroと書いたら英語圏の人々はどう発音するのですか。 ジュンイチロウ、それともジュニチロウ? 教えてください。 nが「ン」と違い、下が口蓋に接するためです。 ハイフンで分けるのは、発音的には妥当です。 日本人はABC... のCを「シー」と発音してしまうのと同様に、アメリカ人には日本語に発音できない音があります。 ただ最近は大リーグでIchiroを見慣れたため、Ichiroの部分をみて発音する人も増えているでしょう。 ただし一郎の「イ」はiとeeの中間のような音ですが、アメリカ人は「エ」に近いiで発音してしまいます。 スペルはJun-eechiroとすれば、発音記号的で、日本語に近くなります。 しかし、人の名前の発音を調べるのは、相手の責任です。 兵庫県・S. と言うのも、旧姓が「大坪」でしたのでOHTSUBOと書いておりました。 か、正しく発音してもらうには、実際に私が発音して真似してもらうのが一番で、どう書こうと大した差がないのです。 私たちも外国の方の名称を正しく発音するのは難しいことです。 以前何かの本で、日本人にとって単音と長音は苦もなく区別できるが、ネイティブにとってはそれがすごく難しいと読んだことがあります。 逆にネイティブにとってはまった区別の音なのに、日本人には判別困難な音もありますよね。 最近よく「英語耳」という言葉を耳にしますが、やっぱり日本語を判別する耳と英語を判別する耳って違うんでしょうか」 日本語の母音は短いつもりでも英語の短母音よりは長いです。 「小野」はネイティブの耳にはじつは「オゥノゥ」と聞こえることが多く、ますます大野 これもオゥノゥと聞こえている との区別はつかなくなります。 そんな感じがしました。 女の子の名前によくある「ユキ」ちゃんと、男の子の名前によくある「ユウキ」くんも英語表記では区別できないのかと悩んでいます」 「小野をOnoと書いても、オウノウと読まれることが多い、というのはちょっとした驚きでした。 しかし考えてみれば、例えばMr. RightとMr. Lightがいたとして、日本語で書くと、どちらもライトさんになってしまうようなもので、それぞれの言語に特有の発音を正確に表現することは難しいですよね」(大阪府・南谷三世さん) 「日本語を教えていて気がつくのですが、日本語を勉強する外国人にとって促音、 撥 音、長音は難しいようです。 正しく発音できても正しく書くことができない人も多いようです。 」と聞かれて、違いを説明するのに、とても苦労したことを思い出しました」 アクセントの有無や、前後の字の発音の影響を受け、「 文字からだけで 正確に発音してもらうのは難しいねという結論」(神奈川県・藤井秀明さん)になります。 「日本語の都市名や氏名を英語で表記するのは難しいと言うより、限界がある」(神奈川県・志村清四郎さん)。 同感です。 どうスペルしても、言葉が異質なので正確な音は伝わりません。 これは日本の人名・地名に限らず、英語の人名・地名でも、文字を見ただけでは正しい発音が分かりにくいものはたくさんあります。 英語の弱点のひとつは、発音とスペルの関係が複雑なことで、40の音に対して1,100以上も綴り方があるそうです。 ローマ字についてさらに一言。 ラリルレロはra ri ru re roとなっていますが、日本人のラ行音は自然な速さで発音すると、どちらかというとlに聞えます。 ですから発音的にはla li lu le loの方が近いことになります。 ホームページのドメイン名としてヘボン式(または長年使ってきた実績のあるスペリング)を使うことを求められるため、地方自治体の公式名はヘボン式が優勢です。 なお、駅名のローマ字は鉄道会社が独自に決めています(役所が決めた公式名とは一致しないことがある)。 いったんスタイルを決めたら、自分の名前でも他の方の名前でも、統一して使うといいと思います。 学校で習う「文法」はすべての人が守らなくてはならない決まりです(守らないものはすべて「間違い」)。 これに対して表記法などを含む「スタイル」(style)は、正しい文法の範囲内で、好みに応じて各人・各社が独自に設定するルールです。 地名をもし無理やり日本順に書くとすると、Hyogo Prefecture Ono City(愛知県・間鍋明裕さん)となります。

次の

ヘボン式ローマ字とは

ヘボン 式 ローマ字 表

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年10月) ヘボン式ローマ字は、日本語表記からアルファベット表記に機械的に置換できる表記法のうち、最初のもの、かつ、最も代表的なもの。 が、日本語の発音との発音とが似ており、の文字を読みするという前提でのように規則的に並べさえすれば日本語の発音(読み)をかなり正確に表現できるという事を発見した事による日本語の発音の便宜的な表記法である。 上記のようにの文字を読みすることは、・・・・等のアルファベット利用言語と読みや音が異なる方式になるため、ヘボンの著作中に「羅馬字(ローマ字)」と表現されていた事を尊重し、区別のために「」と表現する習わしとなっている。 また、 「 ヘボン式」という名前は、の『』第3版(1886年)でそのように表現されていた [ 要追加記述]ために、そのまま尊重されて今に至っている。 同書の初版・第2版のローマ字とは異なるため、 修正ヘボン式と呼ばれることもある。 羅馬字会で制定されたために、古くは「羅馬字会式」と呼ばれていた。 ヘボン式ローマ字を踏襲しながら、の代わりにを用いるものを「ヘボン式」と区別して「標準式」と呼称する者もいた。 一覧 [編集 ] ヘボン式ではラテン・アルファベット26文字のうち、L・Q・V・Xの4字を除いた22文字を使用する。 訓令式とくらべてC・F・Jの3文字が多い。 訓令式ローマ字とは14か所で違いがある。 以下の表では異なる部分を茶系色セルと白抜き太字で示す。 あ a い i う u え e お o か ka き ki く ku け ke こ ko きゃ kya きゅ kyu きょ kyo が ga ぎ gi ぐ gu げ ge ご go ぎゃ gya ぎゅ gyu ぎょ gyo さ sa し shi す su せ se そ so しゃ sha しゅ shu しょ sho ざ za じ ji ず zu ぜ ze ぞ zo じゃ ja じゅ ju じょ jo た ta ち chi つ tsu て te と to ちゃ cha ちゅ chu ちょ cho だ da で de ど do な na に ni ぬ nu ね ne の no にゃ nya にゅ nyu にょ nyo は ha ひ hi ふ fu へ he ほ ho ひゃ hya ひゅ hyu ひょ hyo ば ba び bi ぶ bu べ be ぼ bo びゃ bya びゅ byu びょ byo ぱ pa ぴ pi ぷ pu ぺ pe ぽ po ぴゃ pya ぴゅ pyu ぴょ pyo ま ma み mi む mu め me も mo みゃ mya みゅ myu みょ myo や ya ゆ yu よ yo ら ra り ri る ru れ re ろ ro りゃ rya りゅ ryu りょ ryo わ wa ヘボン式は表音的であり、標準的日本語で区別されない「じ・ぢ」「ず・づ」「お・を」などは書き分けない。 ガ行の子音は破裂音と区別せず、ともにgを使用する(訓令式・日本式でも同様)。 は原則としてnで示されるが、後ろにp,b,mが続くときにはmで表記する(標準式ではこの場合でもnと書くことがあるとしている)。 撥音の後ろに母音字またはyが続く場合は間をで区切る(標準式ではを使ってもよい)。 は子音字の1文字めを重ねるが、chについてはcchではなくtchとする。 は表記しない(訓令式・日本式でも同様)。 評価 [編集 ] ヘボン式の欠点としては、シをshi、チをchi、ツをtsuのように文字を3つ使って書くなど、音の正確さを追求したが故にやや冗長になってしまった点が挙げられる。 また、は、ヘボン式ローマ字が日本語ではにすぎないものを英語のフィルタによって区別して書き表しているとして批判した。 他方、子音に関してだけは(世界共通語の)と同じ読み方でおおむね近似できるという利点を持つ。 また、冗長であるためにティ・ディ(thi, dhi)などの読みを正確かつ容易に表すことができるという利点も持つ。 は、日本のローマ字論が正書法・・音声表記の3種類を混同していることを批判し、正書法としてはを支持するが、外国人向けの表記としてはヘボン式、学者の音声表記としてはを使うのが適当とした。 では訓令式とヘボン式の両方が使えるようになっている(入力方式であるためにさまざまな違いは存在するが)。 木村泉によると、シはヘボン式のshiよりsiの方が打ちやすいが、ジはjiの方がziより打ちやすく、チは場合によってはchiの方がtiより打ちやすい 、またショもshoで入力している という。 応用 [編集 ] の(、時代)。 鉄道の駅名は「鉄道掲示規程」(1947年7月26日 達398号、後に数回改訂)で改修ヘボン式を使うこととしている。 表記法は大正時代当時と基本的に変化がない。 長母音はマクロンを使用する。 以外のも概ねヘボン式を使っているが、長母音や撥音の書き方に多少の不統一が見られる。 は1986年10月25日の「道路標識令」でヘボン式を採用している。 長母音は短母音と区別されない。 は1952年にヘボン式ローマ字を使うことを決定した。 は1955年3月1日の通達で気象年報・月報の地名にヘボン式を採用している。 は1984年4月17日の規程でヘボン式を採用した。 は訓令式ローマ字を使ってきたが、1999年にヘボン式に移行した。 は原則として訓令式ローマ字を使用してきたが、2004年11月11日の国土地理院長達34号でヘボン式に改められた。 長母音は短母音と区別されない。 撥音は常にnと書き、母音やyの前ではハイフンで区切る。 の名前表記のローマ字は、「施行規則」により、特別に申請しない場合、ヘボン式を使用する。 長母音は短母音と区別しない。 はのローマ字方式について特に規定していないが、データファイルではヘボン式を用いている。 の管理するLGのラベルは都道府県または市区町村の名称をヘボン式ローマ字に直したものを用いる。 ではANSI Z39. 11-1972 "System for the romanization of Japanese" においてヘボン式を採用した。 ただしその後この規格は アメリカ情報標準化機構 ()によって撤回されている。 のシステム(ALA-LC)はANSIと『』第三版 1954 を参照している。 長母音にはマクロンを使う。 撥音は常にnと記し、母音やyが後続するときにはハイフンで区切る。 でよく使われるの日本語教科書では本文に訓令式ローマ字にわずかな改訂を加えたものを使用しているが、英文中の日本語(引用文を除く)ではヘボン式を使っている。 アメリカにおける標準的である『』では、日本のローマ字にはさまざまな方式があるものの、明治初年以来もっともよく使われているのは修正ヘボン式であるとしている。 日本では修正ヘボン式が研究社の辞典ほか主要な和英辞典に使われているとしている。 日本以外ではほとんど修正ヘボン式のみが使われているとしている。 撥音に母音やyが後続するときに区切りとして入れるアポストロフィ、および、長母音である事を示すマクロンについては、よく知られた地名や英語化された日本語の単語の場合、正確な発音を示す目的以外では付けないと例外も示している。 歴史 [編集 ] の医療伝道ででもあったは、末期の1859年に来日し、布教活動を行う傍ら、現在のに男女共学のを開き医学と英語の教育を行うと同時に、和英辞典の編纂に取り組んだ。 『』の初版は横浜とで同時に1867年(3年)に、第2版を1872年(明治5年)に出版した。 これらは日本語の見出し語や例文をローマ字で記していた。 ヘボンの第2版までの方式はそれ以前のやの方式とほとんど同じだった。 ヘボンはまたからローマ字で書かれた『Shin-Yaku Sei-sho. Yohane no fuku-in』を1873年に、『Warera no Shu Iyesu Kirisuto no Shin Yaku Zensho』を1880年に出版した。 1884年(明治17年)、は東洋学芸雑誌に「羅馬字ヲ主張スル者ニ告グ」を発表し、を唱えた。 この呼びかけにこたえる形で翌年1月17日に羅馬字会が設立された。 会員は外山正一、、、らであった。 羅馬字会の方式は『羅馬字にて日本語の書き方』 に記されている。 1905年(明治38年)にはローマ字論者の大同団結がはかられ、ローマ字ひろめ会が成立した。 これに対して、を主張する・らは1912年(明治45年)にひろめ会を退会し、1914年(大正2年)に東京ローマ字会(のちに日本ローマ字会と改称)を設立した。 ははじめ駅名のローマ字表記に日本式ローマ字の採用を考えていたが、、ら、ひろめ会の会員6名が連名で建白書を提出して反対した。 1927年(昭和2年)、は鉄道掲示規則(通達571号)によりヘボン式を採用した。 1930年(昭和5年)から1936年(昭和11年)までで臨時ローマ字調査会が開かれたが、鉄道省や地質調査所は標準式(ヘボン式)を、、、は日本式を主張した。 1937年(昭和12年)内閣訓令第3号によって訓令式ローマ字が制定されたが 、この方式は日本式ローマ字に近いもので、日本式のうち発音上区別されない di du dya dyu dyo wi we wo kwa gwa などを除いたものだった。 長母音にはマクロンを使用し、撥音の後に母音やyが来るときにはハイフンで区切る。 1938年(昭和13年)に鉄道省はローマ字を訓令式を使用するように改めた。 当時もヘボン式が圧倒的に優勢であり、訓令式が日本式に近い形に決定された理由について、柿木重宜はヘボン式の中心的人物であった藤岡勝二が1935年に没したことと関係するのではないかとしている。 1938年(昭和13年)、ヘボン式のローマ字論者の会である標準ローマ字会が設立された(1986年に解散)。 後、は1945年9月3日に駅や道路標識にヘボン式ローマ字を使用する指令を出した。 アメリカから2回にわたって日本に派遣された教育使節団は、日本語の正書法として漢字仮名まじり文を破棄し、ローマ字を国字として使うように勧告したが()、方式については指定しなかった。 使節団の勧告内容の多くは戦後の教育改革に採用され、国字としてローマ字を採用することは実現しなかったものの、1947年度からローマ字教育が導入された。 ではローマ字調査分化審議会を開き、ローマ字のつづり方を統一しようとした。 1953年(昭和28年)、国語審議会長のは「ローマ字つづりの単一化について」を発表し、第1表に訓令式を置いたが、日本式やヘボン式のつづりも「現実には通用している」ため読み方は知るべきであるとして、これを第2表とし、これ以上の統一はほとんど不可能とした。 この方式は1954年12月9日に内閣告示「ローマ字のつづり方」として発表された。 1937年の訓令と異なり、長母音にはサーカムフレックスを使用し、撥音の後に母音やyが来るときにはアポストロフィで区切る。 脚注 [編集 ]• 361• 服部 1979 pp. 225-226• 茅島 2000 p. 230• 木村 1988 pp. 19-22• 木村 1988 p. 113• 東京都生活文化局、2016年2月23日。。 日本郵便。。 日本レジストリサービス、2014年4月15日。。 Information Standards Quarterly 11 1 : 14. 1999. , The Library of Congress ,• Jorden 1974 p. xlvi• The Chicago Manual of Style 15th ed. The University of Chicago Press. 2003 [1982]. 428-429. 0226104036• 杉本 1989 pp. 262-263• 茅島 2000 p. 126• 明治学院大学図書館 デジタルアーカイブス。。 『国語施策百年史』pp. 207-208• 羅馬字会『』、1885年。 675• 『国語施策百年史』p. 210• 『国語施策百年史』p. 211• 柿木 2013 p. 135• 柿木 2013 p. 152• 、1937年。。 (ローマ字文庫)• 『国語施策百年史』p. 215• 柿木 2013 pp. 136-137• 茅島 2000 p. 茅島 2000 p. 『国語施策百年史』pp. 417-421 参考文献 [編集 ]• 柿木重宜『近代「国語」の成立における藤岡勝二の果たした役割について』、2013年。 9784779507793。 4759912037。 木村泉『ワープロ徹底入門』、1988年。 『西洋人の日本語発見:外国人の日本語研究史』創拓社、1989年。 4871380696。 『言語学の方法』、1960年。 『新版 音韻論と正書法』、1979年。 『国語施策百年史』、2005年。 4324076804。 Collins, Beverly; Mees, Inger M. 1998. The Real Professor Higgins: The Life and Career of Daniel Jones. Mouton de Gruyter. 3110151243• 1974 [1963]. Beginning Japanese. Charles E. Tuttle 外部リンク [編集 ]• 明治学院大学図書館デジタルアーカイブス。。

次の