城崎旅行。 夏の城崎温泉を満喫する!家族旅行でも楽しめる温泉街と言えばココ!

城崎温泉(兵庫県)の団体・グループ旅行プランは「団体旅行ナビ」にお任せ!

城崎旅行

兵庫県城崎温泉は、志賀直哉をはじめ、多くの文人墨客に愛された温泉です。 川沿いには老舗旅館が立ち並び、風に揺れる枝垂柳が独特の情緒を醸し出しています。 平安時代から1300年の歴史があり、兵庫を代表する名湯「城崎温泉」。 情緒あるレトロな街並みと枝垂れ柳が印象的なこの温泉街は、ちょっと贅沢な大人旅にぴっ…• 古き良き佇まいの「城崎温泉」は、関西を中心に多くの人に愛される行楽地。 非日常で上質な時間を求めて連日客足が途絶えません。 そんな人気観光地のこの地ですが…• 外湯めぐりが楽しい城崎温泉。 「でも城崎温泉って温泉だけ?」と疑問に思っている人も。 そんなことはありません!城崎温泉は海と山どちらも近いので自然に親しめ…• 兵庫県・城崎温泉にある「西村屋ホテル招月庭」は、約5万坪もの広大な森林大庭園を有する宿です。 男女ともに露天風呂やジャグジーがある大浴場、アロマテラピー…• 京都府から兵庫県を経て鳥取県の日本海に面する地域は、冬になると美味しいカニを求めてさらに観光客が増える地域です。 とくに兵庫県の城崎(きのさき)辺りから…• 「出石皿そば」で知られる城下町・兵庫県豊岡市出石町の芝居小屋「出石永楽館」。 明治時代の姿を残す劇場と城下町は、新そばの時期になると、上方の名歌舞伎役者…• 兵庫県北部にある但馬は、城崎温泉や竹田城跡、城下町出石と見どころ満載!でも、それぞれの観光スポットは若干距離があり電車や路線バスで巡るのはちょっと難し…• 玄武洞ミュージアム(兵庫県豊岡市赤石)が2018年3月24日にリニューアルオープンした。 城崎温泉に近く、名勝・玄武洞と円山川に挟まれた地球のパワーと不…• 「日本一ゆかたが似合う」そう言われている街をご存知ですか?それは城崎、ミシュラン二つ星の歴史ある温泉地です。 人気が高く、評判の城崎温泉が「日本一ゆかた…• 兵庫県豊岡市にある城崎温泉は、柳が揺れる川沿いに、大小の旅館や土産店が軒を並べる情緒ある温泉街です。 趣ある七つの外湯を、宿泊客が浴衣姿で巡る「外湯めぐ…• 日本の名湯、城崎 きのさき 温泉。 飲んで良し、浸かって良しの良泉には、今日も多くの観光客が集まっています。 また、冬はカニの最盛期!あまりおカネをかけず…• 「冒険の書」と聞いて、ワクワクするのは子供より大人。 スマホもポケモンGOもなかったあの頃を思い出して旅をしてみませんか。 城崎国際アートセンターが無料配…• 兵庫県の代表的な温泉地・城崎温泉は、文豪ゆかりの史跡も多い場所。 また城崎温泉といえば、温泉街を流れる大谿川に架かる石橋と柳の木。 そんな城崎温泉には数あ…• 温泉だけでなく但馬牛やカニなどのグルメも楽しめる城崎温泉。 「美味しいものを食べて、カワイイ浴衣を着て、温泉も楽しみたい!」という欲張り女子に素敵なお宿…• 城崎温泉でしか買えない「地域限定本」があるのをご存じでしょうか?城崎温泉で志賀直哉来湯100年を機に2013年に立ち上げられたのが「本と温泉」という出…• 兵庫県城崎温泉は、志賀直哉の小説『城の崎にて』に代表されるように、多くの文豪に愛され、作品の舞台になった「文学のまち」。 そんな温泉地で2013年よりス…• 兵庫県にある城崎温泉は湯めぐり発祥の地と云われており、絶えることなく湧き出る温泉は遥か昔から人々に愛されてきた温泉地。 城崎温泉では洞窟風呂や天井が高く…• 兵庫県豊岡市の玄武洞公園は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン二つ星の温泉「城崎温泉」近くにある奇勝だ。 自然の驚異と偉大さに畏怖を感じるパワースポッ…• 兵庫県の日本海側にある名湯・城崎温泉。 外湯を楽しむ温泉として名をはせていますが、バスで15分行けば、海沿いの立地を生かしたエンターテイメント型水族館『…• 兵庫県の日本海側にある全国屈指の名湯・城崎 きのさき 温泉。 『日本一ゆかたの似合うまち』として、近年、大人気の老舗温泉地です。 着物が似合う町はあちこち…• いつもとは違う味わいの地ビールと、疲…• 関西の名湯城崎温泉。 川沿いの柳と、情緒あふれる街並みを、下駄の音をさせながら浴衣で歩く観光客の姿が印象的ですよね。 もちろんこんなふうに城崎温泉に宿泊し…• その昔、コウノトリが傷を癒したことから発見されたと伝えられる城崎温泉は、兵庫県北部、日本海のほど近くに位置し、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』…• 蕎麦よりうどん好きが多いと思われている関西で、断トツにそば屋が集中している出石 いずし 町。 蕎麦の質の高さで人気の『出石皿そば』を食べに訪れる人も多数…•

次の

城崎温泉への旅行で感じた観光地の充実ぶりと改善して欲しい3つのこと

城崎旅行

このページの目次• 駅周辺の様子 城崎温泉駅の看板は手書きっぽいですね。 いい感じです。 乗ってきた電車は「特急こうのとり」。 三田(さんだ)駅から乗って、2時間少しで到着しました。 特急だとこんなに早く着くんですね〜。 驚きました! 到着して早速、朝昼兼用のご飯を食べます。 この日はとにかく寒くて、温まれるものを食べたかったので、カニ塩ラーメンにしました。 スープは普通の塩ラーメンで、カニが乗っている味でした。 川を挟んでの南北柳通り。 観光地らしくていい感じでした。 衝撃を受けたのが、民家に橋が掛かっていたことです。 川を挟んだ家だと普通に掛かっていてビックリしました。 ここらの家で育った子供が大きくなって実家のことを話して「家の前に橋が掛かってて普通でしょ?」みたいなことを言って驚かれてる絵が浮かびました。 おおたにがわをを歩いて奥へ行くと、川の音と古い町並みの両方を楽しむことができます。 川には大きなサギがいました。 もう1羽いました〜。 川の水はとてもキレイです。 この雰囲気、いい感じです。 夜になると明かりがついてもっといい感じになりそう。 自動販売機でさえも観光地に合わせて、周りが黒くなっています。 おかげで違和感がありませんでした。 このあと、旅館に到着して荷物を預けて再び散策へ向かうことにします。 ちなみに泊まった宿は「 」というところです。 ロープウェーに乗って山上へ 旅館の近くにロープウェーがあったので、とりあえず乗って山上へ行ってみることにしました。 前情報は全くなし! 赤いロープウェーに乗ります。 カニのキャラクターもお出迎え。 さすが城崎温泉。 山上に到着してすぐにカフェがあり、そこで玄米ソフトクリームと団子を食べました。 これがめちゃくちゃ美味しかったなぁ。 他のところで食べるよりも何倍も美味しかったです。 続いて、山上からの景色です。 雨が降ったり止んだりの状態で天気がいいとは言えない状態でしたが、素晴らしい景色でした。 海と山と川と町並みがすべて一望できるところは探してもなかなか見つからないと思います。 ずっと眺めていたくなるほど素晴らしい景色でしたよ。 晴れていたらもっといい景色だったと思います。 山上にはお寺などもあり、少しだけ周りを歩くことができます。 かに塚というものがありました。 金色に光る観音様。 まぶしい。 この的は、かわらけ投げの的です。 かわらを投げて、ここに当てるといいことがあるそうです。 最後にもう1枚山上からの景色を。 何度見てもいい景色だな〜。 旅館の豪華な食事! この日は天気が悪く、雨も降っていたので、観光もそこそこにして、旅館に引き上げることにしました。 城崎温泉といえば、温泉です。 せっかくの機会なので、お風呂を楽しむことにします。 私が泊まった旅館は4つの内湯があり、それぞれ空いていれば貸し切りで使うことができます。 早速その内の1つのお風呂に入り、この日の疲れをとります。 結局4つの内湯のうち、2つに入りました。 旅館といえば、豪華な食事が楽しめます。 いつもはゲストハウスなどを使うため、旅館で食事することはなかったのですが、今回は久々に贅沢を満喫することにしました。 いや〜美味しかった・・・ どれも美味しかったですね〜。 カニを食べ始めるとついつい無言になってしまいます。 最後に載せた、東さんのぷりんは今まで食べたプリンの中で一番美味しかったですね。 カスタードクリームのような味でやさしい味。 口に入れた瞬間、思わずニヤニヤしてしまうほどの美味しさでした。 こうして、大満足な城崎温泉の旅1日目を終えます。 ただ、少し思うこともあったので、そのあたりをこの後お伝えいたします。 改善した方がいいと思うこと すごくいいところだと思う城崎温泉ですが、もっと良くできることがたくさんあると感じました。 旅行中にちょっと不便だと感じたことを3つ紹介します。 観光マップ、現地情報を充実させて欲しい 城崎温泉は観光地としてとても優れているところだと思いました。 駅周辺の雰囲気もいいし、観光地としてしっかり機能しています。 場所のよっては観光地と言いながら寂れているところもあるので、正直着くまでは不安がありました。 町の中には、たくさんの店があり、どこの店にも入ってみたいと思えるような雰囲気がありました。 ソフトクリームなどのスイーツ店• 7つの外湯• お土産屋さん• 雑貨屋• カニや但馬牛などを使った食事処 これらの店は、歩いていたからこそ見つけられましたが、駅周辺でもらった城崎温泉マップにはほとんど情報がありませんでした。 これはすごくもったいないな〜と思います。 いい観光地なので、もう少しマップに力をいれて、周辺の店の情報があれば良かったです。 ロープウェー山上で食べた、ソフトクリームや団子が他のところで食べた同じ物よりも圧倒的に美味しかったので、きっと他のところも美味しいのだと思います。 個人的に食べ歩くのが好きなので、食べ歩きマップとかあれば面白いし、嬉しいですね。 ネットでの情報発信が欲しい 駅周辺のマップを充実させて欲しいのと同時に、ネットでの情報発信をもっと積極的に行えばいいと思いました。 私が調べた時は、観光に関する情報は多くでてきたものの、地元の店に関する情報はありませんでした。 駅周辺の紙のマップと同時に、ネットでも情報を充実させれることができれば、観光と散策の計画を立てやすくなります。 私は、行き当たりばったりの旅が好きですが、少しは情報を知りたいので、ネットで情報があれば嬉しいです。 旅館にWi-Fiが欲しい これは私のように日常的にパソコンにふれる機会がある人だけの思いかもしれません。 私が泊まった旅館には無線のWi-Fiがなく、有線でしかインターネットができない状態でした。 私はMaxbookAirを持ち歩いているため、当然つなぐことができません。 持ち歩いていたモバイルWi-Fi(WiMAX)も電波が届かないところで、この日は1日ネットから遮断された日を送りました。 ネットから遮断された生活をあえてするのはとても大切なことですが、Wi-Fiは欲しかったのが正直なところです。 城崎温泉は体と心を癒す場所 いろんなところを知りたい、見てみたいと思って、まだ行ったことがないからという理由だけで城崎温泉に旅行に行きました。 そんな適当な思いつきの旅で、こんなに体と心が癒やされることになるとは思ってもなかったです。 ホントにいいところだと思うし、また機会があれば行きたいと思える場所です。 食べ物が美味しく、温泉も充実していて、ロープウェー山上からの景色は海・山・川・町並みのすべてが楽しめて素晴らしいです。 日本国内・同じ県内にこんなに素晴らしいところがあるのは知らなかったです。 また旅行に行きたい欲が出てきています! * * * 城崎温泉に行ったあとの観光として、玄武洞と竹田城に行ってきました。 それぞれの詳細レポートは以下のページで。 どちらも素晴らしかった!• スポンサーリンク ゲストハウスを探す• 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の

城崎温泉の国内旅行・観光ガイド

城崎旅行

このページの目次• 駅周辺の様子 城崎温泉駅の看板は手書きっぽいですね。 いい感じです。 乗ってきた電車は「特急こうのとり」。 三田(さんだ)駅から乗って、2時間少しで到着しました。 特急だとこんなに早く着くんですね〜。 驚きました! 到着して早速、朝昼兼用のご飯を食べます。 この日はとにかく寒くて、温まれるものを食べたかったので、カニ塩ラーメンにしました。 スープは普通の塩ラーメンで、カニが乗っている味でした。 川を挟んでの南北柳通り。 観光地らしくていい感じでした。 衝撃を受けたのが、民家に橋が掛かっていたことです。 川を挟んだ家だと普通に掛かっていてビックリしました。 ここらの家で育った子供が大きくなって実家のことを話して「家の前に橋が掛かってて普通でしょ?」みたいなことを言って驚かれてる絵が浮かびました。 おおたにがわをを歩いて奥へ行くと、川の音と古い町並みの両方を楽しむことができます。 川には大きなサギがいました。 もう1羽いました〜。 川の水はとてもキレイです。 この雰囲気、いい感じです。 夜になると明かりがついてもっといい感じになりそう。 自動販売機でさえも観光地に合わせて、周りが黒くなっています。 おかげで違和感がありませんでした。 このあと、旅館に到着して荷物を預けて再び散策へ向かうことにします。 ちなみに泊まった宿は「 」というところです。 ロープウェーに乗って山上へ 旅館の近くにロープウェーがあったので、とりあえず乗って山上へ行ってみることにしました。 前情報は全くなし! 赤いロープウェーに乗ります。 カニのキャラクターもお出迎え。 さすが城崎温泉。 山上に到着してすぐにカフェがあり、そこで玄米ソフトクリームと団子を食べました。 これがめちゃくちゃ美味しかったなぁ。 他のところで食べるよりも何倍も美味しかったです。 続いて、山上からの景色です。 雨が降ったり止んだりの状態で天気がいいとは言えない状態でしたが、素晴らしい景色でした。 海と山と川と町並みがすべて一望できるところは探してもなかなか見つからないと思います。 ずっと眺めていたくなるほど素晴らしい景色でしたよ。 晴れていたらもっといい景色だったと思います。 山上にはお寺などもあり、少しだけ周りを歩くことができます。 かに塚というものがありました。 金色に光る観音様。 まぶしい。 この的は、かわらけ投げの的です。 かわらを投げて、ここに当てるといいことがあるそうです。 最後にもう1枚山上からの景色を。 何度見てもいい景色だな〜。 旅館の豪華な食事! この日は天気が悪く、雨も降っていたので、観光もそこそこにして、旅館に引き上げることにしました。 城崎温泉といえば、温泉です。 せっかくの機会なので、お風呂を楽しむことにします。 私が泊まった旅館は4つの内湯があり、それぞれ空いていれば貸し切りで使うことができます。 早速その内の1つのお風呂に入り、この日の疲れをとります。 結局4つの内湯のうち、2つに入りました。 旅館といえば、豪華な食事が楽しめます。 いつもはゲストハウスなどを使うため、旅館で食事することはなかったのですが、今回は久々に贅沢を満喫することにしました。 いや〜美味しかった・・・ どれも美味しかったですね〜。 カニを食べ始めるとついつい無言になってしまいます。 最後に載せた、東さんのぷりんは今まで食べたプリンの中で一番美味しかったですね。 カスタードクリームのような味でやさしい味。 口に入れた瞬間、思わずニヤニヤしてしまうほどの美味しさでした。 こうして、大満足な城崎温泉の旅1日目を終えます。 ただ、少し思うこともあったので、そのあたりをこの後お伝えいたします。 改善した方がいいと思うこと すごくいいところだと思う城崎温泉ですが、もっと良くできることがたくさんあると感じました。 旅行中にちょっと不便だと感じたことを3つ紹介します。 観光マップ、現地情報を充実させて欲しい 城崎温泉は観光地としてとても優れているところだと思いました。 駅周辺の雰囲気もいいし、観光地としてしっかり機能しています。 場所のよっては観光地と言いながら寂れているところもあるので、正直着くまでは不安がありました。 町の中には、たくさんの店があり、どこの店にも入ってみたいと思えるような雰囲気がありました。 ソフトクリームなどのスイーツ店• 7つの外湯• お土産屋さん• 雑貨屋• カニや但馬牛などを使った食事処 これらの店は、歩いていたからこそ見つけられましたが、駅周辺でもらった城崎温泉マップにはほとんど情報がありませんでした。 これはすごくもったいないな〜と思います。 いい観光地なので、もう少しマップに力をいれて、周辺の店の情報があれば良かったです。 ロープウェー山上で食べた、ソフトクリームや団子が他のところで食べた同じ物よりも圧倒的に美味しかったので、きっと他のところも美味しいのだと思います。 個人的に食べ歩くのが好きなので、食べ歩きマップとかあれば面白いし、嬉しいですね。 ネットでの情報発信が欲しい 駅周辺のマップを充実させて欲しいのと同時に、ネットでの情報発信をもっと積極的に行えばいいと思いました。 私が調べた時は、観光に関する情報は多くでてきたものの、地元の店に関する情報はありませんでした。 駅周辺の紙のマップと同時に、ネットでも情報を充実させれることができれば、観光と散策の計画を立てやすくなります。 私は、行き当たりばったりの旅が好きですが、少しは情報を知りたいので、ネットで情報があれば嬉しいです。 旅館にWi-Fiが欲しい これは私のように日常的にパソコンにふれる機会がある人だけの思いかもしれません。 私が泊まった旅館には無線のWi-Fiがなく、有線でしかインターネットができない状態でした。 私はMaxbookAirを持ち歩いているため、当然つなぐことができません。 持ち歩いていたモバイルWi-Fi(WiMAX)も電波が届かないところで、この日は1日ネットから遮断された日を送りました。 ネットから遮断された生活をあえてするのはとても大切なことですが、Wi-Fiは欲しかったのが正直なところです。 城崎温泉は体と心を癒す場所 いろんなところを知りたい、見てみたいと思って、まだ行ったことがないからという理由だけで城崎温泉に旅行に行きました。 そんな適当な思いつきの旅で、こんなに体と心が癒やされることになるとは思ってもなかったです。 ホントにいいところだと思うし、また機会があれば行きたいと思える場所です。 食べ物が美味しく、温泉も充実していて、ロープウェー山上からの景色は海・山・川・町並みのすべてが楽しめて素晴らしいです。 日本国内・同じ県内にこんなに素晴らしいところがあるのは知らなかったです。 また旅行に行きたい欲が出てきています! * * * 城崎温泉に行ったあとの観光として、玄武洞と竹田城に行ってきました。 それぞれの詳細レポートは以下のページで。 どちらも素晴らしかった!• スポンサーリンク ゲストハウスを探す• 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の