相鉄 jr 乗り入れ。 相鉄・JR直通線

相鉄・JR直通線はいつ開業?行き先・停車駅・時刻表は?車両は?相鉄がJRに乗り入れ

相鉄 jr 乗り入れ

相鉄は都心に乗り入れていない神奈川県内を走る路線ですが、 長年の念願だった都心乗り入れを実現させるため相鉄は「都心 直通プロジェクト」 と銘打ち、J R 直通と東急直通後の速達性 向上 所要時間短縮 や利点をアピールしている 一方、東急は最初は乗り気ではなかったようだが、日吉終点の 目黒線をそのまま延伸すればよく、かつ新横浜で新幹線に 乗り換え可能になるなど利点があることから直通事業に 受け入れた しかし、直通線が実現しても東急東横線・目黒線利用者や 沿線住民が相鉄線方面を利用するのかは課題である だから需要が見込めない直通乗り入れは無駄な気がするが、 開業時期が発表され、本格的な工事が区間全域で行われている 以上、確実に開業すると思われる 再三の開業延期でこれ以上遅延はできない 東横線・目黒線に乗り入れている地下鉄など路線を考えると、 今でさえダイヤが過密状態なのに、そこに相鉄線が入ると なるとさらなる過密を生じ、直通路線が増えることで、もし、 人身事故や車両故障などが起こったときに地下鉄方面にまで 影響が出てダイヤの乱れを招くことになると考えます 利用者にとって都心に行くのに、私鉄各線・東京メトロ 副都心線・J R 山手線・埼京線・湘南新宿ラインを利用すれば 良いので、J R 直通線はルートが重複しているので無駄な 路線です 直通するなら上野東京ライン 常磐線 方面のみにするべきです おそらく、開業後の利用者は少ないでしょう 相鉄線方面に行く用がない 個人的にJR直通は不要だと思います。 新宿方面に行く場合、路線が被ります。 JR直通は本数が問題です。 朝のラッシュ時4本と相鉄のホームページにはありますがまず無理です。 運行する場合は現在の湘南新宿ライン、横須賀線の減便は避けられません。 他の私鉄との競争に負けるし利用者からの反発もあります。 1番の問題は貨物があります。 ラッシュ時間帯は貨物列車もかなり本数があります。 このダイヤ調整をすると日本全国のダイヤ改正をしなければならず相鉄だけの為に出来ないでしょう。 朝の混雑時は0本という事もありえます。 JR側でも蛇窪信号所の平面交差も解消される見通しもありません。 運行本数が少ないと集中してダイヤ乱れにつながる可能性すらあり得るのでJR直通は不要だと思います。 東急との直通だけに絞ればいいと思います。 常磐線との直通すればいいという意見もありますが、それは非現実的です。 上野東京ラインは東海道線と繋がっています。 必ずどこかで転線するしかありません。 そうなると鶴見、品川しかありません。 平面交差になります。 これをやったら東海道線も減便は避けられません。 常磐線沿線の自治体は上野東京ラインの運行本数を増やして欲しい。 品川止まりではなく横浜方面に運行して欲しいのです。 相鉄線との直通したら反発します。

次の

相鉄・JR直通線の全列車時刻表。2019年11月30日開業ダイヤを掲載!

相鉄 jr 乗り入れ

相鉄・JR直通線が開業に向けて整備中! 相鉄・JR直通線は、現在整備が進められている新しい鉄道路線で、その名の通り、相鉄とJRを直通させる路線となっています。 相鉄・JR直通線と同時進行で、相鉄線を東急線に直通させる「相鉄・東急直通線」も整備中で、以下の記事にまとめてあります。 相鉄・JR直通線の路線図 相鉄・JR直通線は、相鉄本線西谷駅から、新駅「羽沢横浜国大駅」を経由して、JR東海道貨物線、JR横須賀線を経由し、大崎駅からはJR埼京線を経由し、新宿駅方面まで直通運転を行います。 相鉄・JR直通線の開業によって、相鉄線沿線から東京都心 特に新宿方面 へのアクセスが大幅に改善されます。 二俣川駅から新宿駅までの所要時間は現在59分程度ですが、相鉄・JR直通線開通後は44分程度で到着できるようになり、約15分短縮されます。 これにより、相鉄線沿線の住民で、東京都心方面に通勤している人たちの通勤負担が軽減されそうです。 出典: 相鉄・JR直通線はいつ開業する? 相鉄・JR直通線の開業時期は、2019年度下期を予定していましたが、開業日を2019年11月30日とすることに正式決定しています。 開業日直後は混雑や混乱も予想されます。 」との記載があり、停車駅や運行ダイヤ、時刻表などは現在整備中のようです。 運行本数は朝ラッシュ時間帯に1時間に4本 15分に1本程度 、それ以外の時間帯は1時間に2〜3本 20〜30分に1本 の列車が設定される見込みです。 相鉄線から、東京都心への直通本数が少ないような気がしますが、これは「相鉄・東急新横浜線」への直通列車も設定されるためです。 相鉄・JR直通線の運賃は? 切符を購入した場合の運賃は、新宿駅〜羽沢横浜国大駅間が550円、羽沢横浜国大駅〜二俣川駅間が210円となることが2019年2月に発表されています。 相鉄・JR直通線の行き先・終着駅は? 相鉄・JRが2019年3月28日に発表した資料を見ると、横須賀線・埼京線経由で新宿まで直通するような模式図となっていますが、新宿駅が終着駅となるのか、その先の池袋駅、東京23北部や埼玉県方面まで直通するのかは現在検討中のようです。 」との記載あり。 出典: 直通用新型車両が2019年春に運行開始予定! 相鉄・JR直通線開業に向けて相鉄は、新しい車両「12000系」を2019年春より運行開始します。 車両の開発コンセプトは「安全・安心・エレガント」で、「獅子口」をイメージした力強い顔型デザインに横浜を象徴するカラー「横浜ネイビーブルー」で塗装した近未来的で上質な車両となっています。 画像引用元: 横浜市営地下鉄ブルーラインが新百合ヶ丘まで延伸決定 横浜市のあざみ野駅から川崎市の新百合ヶ丘駅まで、が、2030年開業を目指し現在進行中で、神奈川の交通地図は変化を続けそうです。

次の

【JR・相鉄直通】当初予想の半数程度⁉︎東京・品川方面利用のPR開始

相鉄 jr 乗り入れ

11月30日、神奈川県を走る 相模鉄道線(相鉄線)とJR東日本の相互直通運転が始まる(参照:)。 これまで首都圏の鉄道会社の中では都心へ乗り入れていなかった相鉄線が、いよいよ新宿駅(一部時間帯では大宮駅まで)まで乗り入れることになるのだ。 相鉄線沿線では地域の発展や不動産価格の上昇などを期待する声も大きい。 相模鉄道では2022年に予定されている東急東横線との直通運転とあわせて特設サイトを開設し、期待に胸を膨らませている。 だが、この相互直通運転によって被害を被る地域もある。 東京都を挟んだ埼玉県さいたま市の埼京線沿線住民だ。 「長らく市内で演説をしていますが、これほど配布するチラシを受け取って貰ったことはありませんでした」 そう話すのは、さいたま市の吉田一郎市議。 かつて香港の九龍城砦で暮らしていたことがあり、著書『世界飛び地大全』(角川ソフィア文庫)などでも知られる人物だ。 2007年からは、さいたま市議を務め現在5期目である。 その吉田市議が演説しながら配布しているのが、月刊ペースで制作している「市政レポート」だ。 その9月号の1ページ目には、こんな文字が並んでいる。 11月30日ダイヤ改悪 埼京線の本数日中3割も削減 快速は武蔵浦和まで各駅停車に JR東日本が相鉄線との相互直通運転にあたっての新ダイヤを発表したのは9月6日のことだ。 (参照:) このJRの案内には、相鉄とJRが相互直通運転を開始するのことにあわせて「埼京線をよりご利用しやすいダイヤにします」と書かれていた。 埼京線の新ダイヤの説明には初電の繰り上げと終電の繰り下げなどが記されている。 それに混じって「日中帯の運転間隔と快速列車の停車駅を見直します」と書かれていた。 終電が遅くなって便利になるかと思いきや、大宮駅〜武蔵浦和駅、すなわち、 大宮駅・北与野駅・与野本町駅・南与野駅・中浦和駅・武蔵浦和駅間(いずれもさいたま市)では、大幅に利便性が下がってしまうことになるのだ。 現在、日中の埼京線大宮駅〜武蔵浦和駅間には川越線直通とも直通する 快速が3本と普通が6本走っている。 ところが新ダイヤでは 快速がさいたま市内の全駅に停車するようになり所要時間が3分増えた上、普通電車も減ってしまうのだ。 「JRで池袋・新宿方面へは湘南新宿ラインも走っているのだから、急ぐ人はそちらに乗ればいいと考えているのでしょう。 けれども、ただでさえラッシュを過ぎても混雑してる湘南新宿ラインの混雑が激しくなるばかりです」(吉田市議) 埼京線の本数削減の背景には、相鉄との相互直通運転にあたり車両や乗務員の確保が必要になったことがあると指摘されている。 しかし、そのために埼京線の利便性を奪うのはあまりにも悪手だ。 国土交通省がでは ラッシュ時の混雑率185%と全国ワースト10位内にランクインしている埼京線。 平日日中でも、いつも混雑が観られる路線だ。 そんな路線で列車本数を減らしてしまえば、どうなるのか想像に難くない。

次の