宝塚 娘 役。 蘭世惠翔さんの娘役転向にちょっとショック!その他月組雑感

宝塚・男役、女役の決め方、決めるのは誰?その方法は?の疑問解決

宝塚 娘 役

「」も参照 初舞台生ロケットの振付は、が担当した。 新人公演主演(ヒロイン)経験者に、、、、、、、、、がいる。 バウホール公演主演(ヒロイン)経験者に和希そら、紫藤りゅう、花乃まりあ、咲妃みゆ、夢華あみがいる。 東上公演主演(ヒロイン)経験者に朝月希和、咲妃みゆ、綺咲愛里がいる。 大劇場公演ヒロイン経験者に夢華あみがいる。 エトワール経験者に和希そら、花乃まりあ、、、朝月希和、夢華あみ、、、がいる。 主な生徒 [ ] OG [ ]• :元トップ娘役(2017年退団)• :元トップ娘役(2017年退団)• :元トップ娘役(2019年退団)• :元娘役(2019年退団)• :元雪組娘役(2014年退団) 現役 [ ]• :花組男役• :月組男役• :男役• :宙組男役• :花組娘役 一覧 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。

次の

宝塚娘役かわいい・美人ランキングTOP45一覧!歴代から最新まで

宝塚 娘 役

舞台メイクは、遠くの観客席からでも表情が見やすいように、しっかりと目鼻立ちが強調されるようなメイク方法であることがほとんどです。 そこにはたくさんの技術が駆使されていて、普段のメイクに使える技術もあることを知っていますか。 特に宝塚のメイク方法は人気があります。 実際に宝塚メイクをしてみたことがある人は多いようです。 宝塚メイクには男役と女役で、ポイントとなる点が違っています。 男役はりりしさがでるように細かな配慮がされていますし、娘役は可憐に清純に女性らしさを強調するメイク方法になっています。 娘役メイクを真似てメイクしてみるとよくわかりますが、いつも以上に女っぽさを感じさせる仕上がりになります。 point 297 1 point 0 写真:takarazuka-hanagumi-musume. point 80 bijo. point 85 ch 宝塚の女役メイクは演じる役によって細かな差がありますが、女らしさという点では同じです。 まずは、顔の大部分を占める肌のメイクです。 宝塚では、舞台用のドーランを使用することが多いと思いますが、選ぶ色が重要です。 肌の色よりも白っぽく透明感のある仕上がりを目指します。 かといって、肌にべったりと肌の色よりも白い色のファンデーションを塗ってしまうと白浮きしてしまうので、下地作りから始めます。 この時にはコンシーラーを使います。 硬めのものと柔らかめのものを両方用意すると、完成度が上がります。 顔の中で色ムラがあるところを明るいところで探します。 point 353 1 point 6 写真:takarazuka-senka. point 76 bijo. point 81 ch まず、シミや色ムラを隠します。 シミのある部分にはコンシーラーを伸ばさないようにポイントに限ってつけます。 広い範囲で色ムラがある場合には、柔らかいタイプのコンシーラーを使うと綺麗に色ムラをカバーできます。 硬いものしかない場合には、少しずつ伸ばすようにして使用します。 厚くなり過ぎないように気をつけましょう。 そして、顔の中でも高さのある部分に、肌の色よりも白いコンシーラーをつけます。 おでこの高い部分から鼻筋、頬、顎の先です。 次に顔の中の低い高さの部位に、色をひとつ暗くしたコンシーラーをつけます。 point 330 1 point 6 写真:www2. point 64 covermark. point 74 co. point 77 jp これで、顔の中でメリハリをつけることができます。 目の下にクマがある時には、イエロー系のコンシーラーで、クマをカバーします。 こうしてしっかりと肌の状態を整えることで、肌の透明感をだすことができるようになります。 何よりも肌の状態が大切なので、乾燥が強い場合には保湿を十分に行うなど、スキンケアを十分に行ってから、メイクに入ることも必要です。 そして、ファンデーションは厚くなり過ぎないように、肌に叩き込むように少量ずつ付けます。 この時には手ではなくスポンジを使うようにしたほうが、肌にしっかりとなじみます。 また、髪の生え際との境目にファンデーションがついていないと、顔全体が浮いて見えてしまうので、生え際までしっかりとファンデーションを塗るようにします。 point 403 1 point 6 写真:portal. point 66 nifty. point 72 com その後にポイントメイクに入りますが、最も重要なのは目元です。 宝塚の娘役の目元は目が丸く可愛らしく見えるように工夫されています。 アイシャドウは女性らしさのある明るい色のアイシャドウを使います。 ピンクや水色や紫などです。 アイラインを描く時には、目じりを強調するのではなく、目の中央部分が少し太くなるように描きます。 目じりは短めに仕上げて、目の丸みを強調します。 目の下には、涙袋に沿ってパール感のあるシャンパンゴールドのような色味のアイシャドウをのせます。 さらに下まぶたの目の際に白っぽいアイシャドウを細く入れます。 point 330 1.

次の

宝塚娘役かわいい・美人ランキングTOP45一覧!歴代から最新まで

宝塚 娘 役

95期3人娘に見る娘役の3タイプ 95期生でトップ娘役になった3名、 つまり、実咲凛音、愛希れいか、妃海風はそれぞれ トップ娘役としての資質が全く違ったように思います。 例えば、妃海は典型的な 「お慕い芸型」であり 相手役の北翔を心から尊敬し、決して出しゃばらず常に相手役を立てた まさに分かりやすい宝塚の娘役像を体現し切りました。 その反面、実咲は自身が何でも出来る芸達者な娘役なこともあり、 「独立独歩型」として、相手役の横で一人舞台人として立ちながらも、 けど常に 横にいる存在で居続けました。 さらにそれが進化した愛希は、 「自身で輝いちゃう型」と言えると思います。 娘役の枠すらも飛び越える存在として 最後は相手役と一緒に組を引っ張るほどにまでたどり着きました。 宝塚で「夢を見る」ファン層は、 お慕い芸こそ至上主義であり ひいては独立独歩型や自身で輝いちゃう娘役たちを 「可愛げが無い」「生意気」「常にドヤってる」「性格悪そう」と その人の人格面を叩きがちですが、 それって本当にそうなのでしょうか? 例えば、絶対にありえない例だと思いますけど もし北翔の相手役が実咲だったら? きっと彼女はお慕い芸を一生懸命したんじゃないでしょうか。 もし妃海が凰稀の相手役だったら? もし愛希が明日海の相手役だったら? それが似合うか似合わないかは別として たぶん我々が現在見知っている彼女たちとは 全く違うトップ娘役像になっていたんじゃないかと思うんですよね。 「娘役力」とは何なのか トップ娘役の存在意義を端的に言ってしまえば トップスターを格好良く見せるための素材(道具)なのだと思います。 けど、その素材をどう使うかはトップスター次第であり、 ではどのトップスターに何の道具を持たせるかを決めるのは、劇団です。 上級生の北翔と組んでからの妃海はますます美しくなり、 実力派娘役でありながら決して出しゃばりすぎず まさに夢々しい「シンデレラストーリー」を体現しました。 そして朝夏、珠城の両名は 相手役である実咲、愛希を好きにさせてあげているという懐の広さを見せ、 トップスターとしての男らしさを示しました。 それぞれの組み合わせはトップスターをより魅力的に見せたことを鑑みるに、 劇団はまさにナイス采配を奮ったと言えますが、 何よりも、娘役として 望まれた存在を演じきった 3名の実力があったからこそだとも言えると思うのです。 そう、つまり私が思うトップ娘役に求められる「娘役力」とは 劇団や相手役が望む「素材」にいかになり切れるか、 だというのが個人的見解です。 その意味で、伝説の娘役・花總まりは もちろん自身で輝けてしまうスーパー姫役者であることはもちろんですけれど 歴代5名の相手役のカラーに馴染みながら フランス王妃から阿婆擦れジプシー、 魂の自由を望む孤独な王妃から残酷な中国皇帝の娘まで どんな役でも「素材」としてモノにしてしまう、 そのふり幅があったからこそだと思います。 逆に元花組の某OG娘役さんは「私はこうしたい」という意思が強すぎる結果 素材として作品や相手役に馴染まな過ぎて「娘役力が低い」と言われ続けてしまったのかもしれませんが…。 そう考えれば、95期生3人娘は その 置かれたポジションを全身全霊で全うしたことを鑑みるに、 まさに「娘役力が高い」娘役たちだったんだなと思えるわけです。 さすが天下の95期生ですね。 現代の娘役に見る「娘役力の高さ」 以上を踏まえ、 現在のトップ娘役たちを見てみましょう。 例えば、仙名彩世なんかは典型的な寄り添い芸をこなしていますけれど 実際のところ彼女の舞台技術は非常に高く 相手から望まれていたら独立独歩だって出来たはず。 けど、やはり明日海を立てられるのは超実力者でないと無理な話なわけで それをきちっと理解し、寄り添い芸に徹する姿は まさに娘役力の高さを示していると思います。 その逆に、真彩希帆なんかは仙名と比べ 確かに相手役である望海に全力でぶつかっている様だけを見れば 全く娘役として寄り添っているようには見えません。 笑 けれども、劇団から望まれているであろう立場を全力で全うし かつスカステ等を見るに、きっちり望海を立てているところから考えて 彼女もまた相当に娘役力が高いと思います。 そして同時に、トップ娘役が実力主義、ないし成績主義に走ることもまた 当然と言えば当然なのかもしれません。 まぁ、なんでこんな話をしたかと申しますと 新月組トップである美園さくらや、トップ娘役候補生である舞空瞳に対する 「生意気そう」パッシングが最近よく目につくからなんですけど…。 笑 彼女たちの顔立ちや芸風を捕まえて「娘役力が低い」と指摘したり 「昔に比べて今の娘役は我が強い」とこき下ろすのは、 私は違うんじゃないかなーと思うんですよね。 (正しくは「私は生理的に嫌い」だと思う。 ) それに、結局のところ娘役としての在り方、輝けるか否かは 相手役である トップスターとの相性によるところが大きいわけですし (初代相手役との実咲・愛希の芸風が後期と全く違うことを思えば) トップスター候補と娘役候補という素材たちをどのように組み合わせ、 最大限の利益を追求していくかを考えるのが劇団の仕事なわけで。 その中で素材としてどう輝くか、こそが 今彼女たちに求められる娘役としての資質であることを思うに まずは娘役として相手役との魅せ方を模索し、 コンビとしてお互いが輝ける方法を探していく様が楽しみな、私なのでした。 ビジュアルが良くても、歌や踊りが上手くても、かえって「生意気だ!」「ブスだ!」と言われ、下級生でトップ娘役に抜擢されれば「可愛いだけで芸も無いくせに」と言われ、芸を磨いて娘役として開花すれば「いつまでトップにいるつもりなんだ!」と言われ、トップ娘役はいつも厳しい言われよう…宝塚特有のこういうファンの発言には私もウンザリです。 歌、踊り、芝居など舞台上の芸の上手、下手を離れたところでの(昔の)女子高生的な悪口雑言が、宝塚自体の評価を妨げてきた部分があるように思います。 トップを輝かせる存在であるために、トップ娘役がどれだけ努力したかを考えると、もっと冷静に評価してしかるべきでしょう。 (かと言っても、「もっとトップ娘役の出番を増やせ」とか言うのも違うと思いますが…) 蒼汰さま 初めてコメントいたします。 前ブログから拝見していて、過去データに基づいた鋭い考察に感心してばかりです。 何事も男女差で、片付けるのは乱暴ですが、鋭い人事考察ができるのは、男性ならではの冷静な視点かな?と思ったりします。 また、宝塚ファンは、ご贔屓への想いが強ければ強いほど、冷静な分析を受け入れがたい人も多いと思いますが、そういった方にも、丁寧に対応されていて、ご立派です。 今回の記事も、頷くことが多くて…。 舞空ちゃんなんて、タカラジェンヌになるために生まれてきたようなこれからが楽しみな娘役さんに対して、寄り添いが足りない的批判を見かけたのですが、まだ決まった相手役さんもいないし、こんな完璧な子にも批判する人っているんだ!と驚いていたので、ちょっとスッとした気分でした。 これからも、ブログ楽しみにしています。 蒼汰さま 花組新トップ娘役が発表されたタイミングで私が感じて来た 宝塚ファン(女性)のトップ娘役の捉え方を書かせて頂きます。 男役がメインの宝塚においてトップスターの相手役となる娘役は 皆さん言ってらっしゃるようにまさに嫁状態。 可愛い息子の嫁、可愛い兄弟の嫁として考えれば分かりやすいですね。 同じ女性でも自分の娘、自分の姉妹、親友なら見ないように 出来たり、許せたりする行為もなぜか嫁になるとハードルを上げてしまう風潮があります。 それだけトップスターは愛されてる証拠でもあります。 赤の他人がいきなり家に入ってくる、家族として認めないと いけなくなるイメージでしょうか?笑 気に入らない行為を続けると本当に嫌われてしまいますが、 絶え間ぬ努力を続けていたり思いの外、トップスターを 立てていたりすると段々と認められますね。 今回も95期のトップ娘役さんを分析してらしてなるほどな~。 愛希さんはあの素晴らしい存在感と輝ける資質を持ってすると 一期しか違わない珠城さんとはおっしゃる通りのスタイルが一番 相乗効果で互いが輝けたと思います。 古参出戻りファンが感じるのは宝塚のトップコンビの有り方が 昔と変わったのは現代の夫婦、男女の有り方が変わったから。 と 言えるとも思います。 寄り添い方主流から共存方も有りな方向。 「エリザベート」の愛希さんの解釈で「ベルバラ」ムーブ時代に 公演したら成功したか?果たして公演自体に許可が降りたか?と 思います。 代表作の公演順が「ベルバラ」からの「エリザベート」での 成功だったとも思っています。 SNSが発達し良い面も悪い面も出てきている現代ですが、抜擢されて 辛い思いもするだろう生徒さんたちは気にしすぎないで芸を磨いて欲しいです。 105周年を迎えた宝塚歌劇、スカイステージでは舞台以外の生徒さん も最大限魅せながらファン獲得に結びつくような番組作りになってきているように思います。 今で結構ギリギリだと思うので これ以上の人間性を見せるのは止めた方が良いと個人的には思います。 (役を演じているのにその人間性を分かりすぎている事が邪魔になるから) 長々失礼しました。 今年もいろいろな分析、考察を楽しみにしております。

次の