更年期 障害 に ならない 人。 エクオールが作れない人ほど更年期症状は重い|更年期障害・更年期の悩みのことなら更年期ラボ

【悩まないで】女性の更年期の症状や期間を医師がやさしく解説!

更年期 障害 に ならない 人

更年期障害の症状がありますか? この質問に 50歳代の女性の、70パーセントが、 YES と回答します。 自分が更年期だと気がつく前に更年期障害がやってくる場合もあるのです。 ハツラツと前向きな友人が 羨ましくてたまらなかったり 怒りが 爆発してしまいそうになったり 一人で 大声で怒鳴ったり テーブルを ひっくり返したくなったりするかもしれません。 更年期障害が、辛いと感じているのに、誰にも相談できない。。 夫に話しても、相手にされない。。 辛いですよね! でも、実は男性にも更年期障害があるのです。 閉経期を挟んだ45歳からの 10年間が女性の更年期と言われているのに対し、 男性の更年期障害は 勃起障害や記憶力低下など 症状が長引き 60歳 70歳になってから 発症する場合もあるといいます。 相談できる人が近くにいれば。。 お互いに近くにいる人に話して、理解してもらえたら どんなにラクになるだろうか。。 更年期の症状を緩和させるには 家族の気遣い 支えがとても大事なのです。 誰にも言えずモヤモヤしていたら。。 たまらないですよね。。 更年期障害の症状が 人によって様々である理由は この年代は 身体以外にも 精神的な悩みが 起こりやすい世代でもあるから。。 大丈夫 心配しないでいい。。 もし、家族の理解が得られない場合 または なんとかしたいけど 辛くてたまらない場合でも おかしいなと 思ったら 我慢しないこと! 婦人科の受診は、怖がらなくていい。。 女性は 近くの婦人科を 訪ねてみましょう。 更年期障害の 専門家じゃないと。。 なんて こだわって良い医師を探しているより 確実だし、解決が早い! ホルモン量も、測ってもらえるから 長期で 自分の身体の変化を 把握できる。。 女性ホルモンの分泌量が 減ることで 将来的に 女性がもっとも 気をつけなければならないのは それは、 骨!骨密度です。 骨密度を測り 骨粗鬆症にならないように 生活することが大事! 何故なら 70代、80代になって 転んで 寝たきりになったら。。。 それは、もう 何にもできない。。。 診断すれば 更年期障害の治療として あなたにとって ホルモン補充療法が 適切な対応なのか 判断できます。 本当に更年期障害が 原因で起きている症状なのか それとも 他の疾患が 潜んでいるのか ただの、取り越し苦労であって、単なる疲れなのか。。 それが わかるだけでも すっきりしますよね。 男性の場合の更年期障害 男性の場合、性機能低下の悩み。。 誰にも言えず とてもお辛いと思います。。 うつ病との関連も。。 ですから 迷わず! 病院 を受診しましょう! 生きる歓びを復活させましょ! 睡眠 バランスの良い食事 運動で 男性ホルモンの低下を抑え 高める努力もね 都道府県には無料の女性健康支援センターもあります。 公衆衛生学修士。 英国の国立大学大学院 修士課程卒業。 世界の医学・薬学専門家と一緒に数十年にわたり、仕事をしてまいりました。 日本のアラフォー、アラフィフが人生100年時代のパイオニアとして、これから始まる第二の人生を、歳を重ねるほどに生き生きと、いつまでも心満たされたワクワクな人生を楽しんでほしい! 老後リッチの提案から、ワンランク上の生き方への秘訣が盛りだくさん。 エッセンスを一滴、加えるだけで、人生の質は劇的に向上します。 皆様のお役に立てるならば、これほどの喜びはありません。 関連する記事• 2020. 28 目次 1. 【寝不足 イライラ解決策3つ】イライラしたまま寝ると突然死? 1. 夫とケンカして ふて寝 1. 子育てで寝不足、イライラ[…]• 2020. 13 こんにちは!Taurus7 です。 更年期から 脂肪を「ためる」力がパワーアップ 脂肪を分解する力がダウン 代謝もダウン 余分な脂肪がつきやすくなる […]• 2020. 01 この記事は、公衆衛生学修士が監修しました。 目次 1. 人生なんてあっという間 1. やる気。。 の悩みは、日本の 40代 50代の悩みのトップ[…].

次の

更年期障害とは?

更年期 障害 に ならない 人

これから更年期を迎える人にとっては、更年期障害の症状にはどんなものがあるのか、また個人差があるといってもどの程度なのか、更年期障害になりやすい人はいるのかなど、いろいろなことが気になると思います。 もしも身近に気軽に更年期障害について尋ねられる人がいるなら、ぜひ直接たずねてみてください。 何人かに話を聞くと、更年期障害の症状も、その重さや辛さも、ほんとうに人によって千差万別なので驚くことと思います。 ここでは更年期障害の症状を紹介し、更年期障害になりやすい人の特徴をみていきます。 もしも自分が当てはまりそうなら、意識してそうならないような行動を取ることで更年期障害の症状が軽く済むかもしれません。 更年期障害の症状について 更年期障害の症状には肉体的なものと精神的なものがあります。 ここでは代表的な症状をご紹介しますが場合によっては更年期障害ではなく重篤な病気が隠れている可能性もあります。 気になる症状が続くようなら医師に相談し、病院で検査を受けた方が良いでしょう。 更年期障害の肉体的な症状 頭痛、肩こり 今までに経験したことのない頭痛や肩こりが起きることがあります。 また、今まで頭痛や肩こりの症状があった人でも、更年期になって症状が重くなるという人も多くいます。 エストロゲンの分泌が減少することで自律神経が乱れ、血流が悪くなっているのが原因と考えられます。 疲れ、だるさ 周囲の人には理解してもらいにくいだけに辛い症状です。 肉体的な症状ではありますが精神も大きく関係しています。 ホルモン治療で改善することがあります。 のぼせ、ほてり、発汗(ホットフラッシュ) 更年期障害の代表的な症状です。 何もしていないのに急に顔や頭が熱くなってぼうっとしたり、急に流れるほどの汗をかいたりすることがあります。 腰痛 閉経後の腰痛の場合、エストロゲンが分泌されなくなることで骨が弱くなっていることも考えられます。 更年期障害のホルモン治療には健康保険適用のものもあります。 骨粗しょう症ではホルモン治療が保険適応で受けられます。 動悸、息切れ、息苦しさ 激しい運動をしたわけでもないのに心臓がドキドキしたり、息が苦しくなったりします。 これらもエストロゲンの分泌が減少することによる自律神経の乱れが原因とされます。 他の病気が隠れていることもあるので病院で検査を受けましょう。 めまい 目の前がくらくらする、または一時的に目の前が真っ暗になるなどの症状です。 急激な動作で起こることが多いので、ゆっくり立ち上がる、ゆっくり起き上がるなど動作の仕方に注意することで改善されることもあります。 他の病気が隠れていることもあるので病院で検査を受けましょう。 更年期障害の精神的な症状 うつ状態、不安感 何もする気が起きない、朝ふとんから起き上がれない、気持ちがふさぎ込む、何を見ても感動しない、心が動かないといった症状です。 また、いつもしていることを不安に感じたり、これまで考えたことのなかった心配事を次々と考えたりする不安感が出る場合もあります。 イライラ、怒りっぽい 女性ホルモンの変化は感情の起伏に大きく影響を与えています。 一般的に成人男性に比べ成人女性の方が良い意味では感情が豊かといえますが、感情の起伏が激しいことからも女性ホルモンの影響がうかがい知れます。 ホルモン治療で改善することがあります。 不眠 なかなか寝付けない、眠りが浅い、すぐに目が覚めてしまうなどの症状があります。 日中運動をする、寝る前にぬるめのお湯に浸かるなどしても効果がなく、日常生活に影響するようなら受診しましょう。 一時的に睡眠薬を処方されることもあります。 更年期障害になりやすい人・なりにくい人の特徴 産婦人科医の話では更年期障害の症状は個人差があり、症状を重く感じるかそれほど感じないかというのはホルモン値よりもその人の性格によるものが大きいのだそうです。 実際に症状が重くなるかどうかは、身体の変調があったときに「まあ、歳を取ればいろいろあるわよ」と明るく対処するか、「痛い、つらい、困った」とその症状を重く捉えるかといった性格の差で決まってくるようです。 更年期障害になりやすい人の特徴 自分の母親や親族が更年期障害だった人 遺伝的要素がないとはいえないようですが、「更年期障害はつらいもの」という印象をはじめから持っていることが影響してしまうのかもしれません。 PMS(月経前症候群)が重かった人 PMSでもつらい症状に悩まされたと言う人は、女性であることはつらくて大変と感じている人でしょう。 神経質で真面目な人 努力家で真面目な人ほどストレスを溜めやすいのだそうです。 努力ではどうにもならないことは受け流せるようになると良いようです。 ストレスを感じている人 夫婦仲や仕事上のストレスなども更年期障害に関係するといいます。 外的要因は同じような境遇でも人によってストレスの感じ方は違うようです。 小さなことも気になる人 身体の不調を敏感に捉えてそれを拡大してしまいます。 くよくよ考えたり悩んだりしないような工夫ができると良いですね。 自律神経系の病気をしたことがある人 もともと弱い部分が更年期障害によってさらに乱されますから、これまでの症状が強く現れることになります。 早めに医師に相談しましょう。 更年期障害になりにくい人の特徴 ものごとをポジティブに捉える習慣ができている人 同じできごとがあってもそれに対して前向きに捉えてやり過ごすことができればストレスを感じることも少ないため更年期障害の症状が現れにくいはずです。 身近に更年期障害を訴える女性がいなかった人 更年期障害がつらいという先入観がないため、ちょっとした不調もあまり気にせず過ごせてしまうようです。 生活が充実している人 仕事や家事がある程度忙しく、身体のちょっとした不調にかまっていられないくらい充実しているため更年期障害の症状が悪化しないといえるでしょう。 おおらかである意味ズボラな人 ズボラというと悪い意味に捉えられるかも知れませんが、完璧主義ではなく「まあいいか」と思える人はストレスも溜まりにくいはずです。 更年期障害になりにくい人になるには 自律神経系の病気をしたことがある人やPNS(月経前症候群)でつらい症状に悩まされていたという人はおそらく気持ちのどこかに「自分は弱い」と考えている部分があると思います。 症状のすべてが気の持ちようとはいいません。 つらいときには受診して薬などに頼るのも良いでしょうし、休めるときにはゆっくり休めば良いと思います。 けれど、少しずつでも「自分は、ほんとうは弱くない」という考え方ができるようになると良いと思います。 心の健康が身体に表れるのはよくあることです。 悩みをかかえてしまうタイプの人はカウンセリングを受ける、心療内科や精神科を受診するなどしてみるのも良いと思いますよ。 また、つらい症状が現れてから対処するのではなく、日頃から予防になることを積極的におこなうのも効果的です。 漢方薬や針治療などの東洋医学は身体の弱い部分を徐々に改善していくにはぴったりです。 女性特有の症状に詳しくて評判の良い治療院をみつけて相談に乗ってもらうと良いでしょう。 運動不足を感じているなら更年期を迎える前に運動の習慣をつけておくことをおすすめします。 更年期には年齢も上がっている上に生活も忙しくなっています。 そんなときに更年期障害の症状があればなおさら新しい習慣を身につけるのは大変なことですから、更年期を迎える前に定期的に運動をする習慣をつけておきましょう。 また、運動不足な人はもともと運動が得意ではなく、スポーツを楽しめない人が多いようです。 太極拳やヨガなどは運動が苦手でもできますし、身体の調子を整えてくれます。 運動が苦手でも、景色の良い場所を歩くなど楽しみながらできることをみつけると良いですね。 食べるものについても、これまでより少しだけ良くする努力をしていきましょう。 これまで外食やコンビニで買ったお弁当で食事をしていた人にいきなり「すべての食事を手作りした方が良い」というのは無理がありすぎます。 理想は理想として掲げておき、まずは自分ができることから食生活の改善を。 朝が忙しいなら夜だけでも魚や肉と野菜を買ってきて自炊する、夜はどうしても外食になってしまうなら朝食だけはきちんと作って食べる、毎日は無理なら週末だけでも。 とにかく今の食生活よりちょっとだけ頑張ってみてください。 きっと勢いがついて数年後には健康的な食生活になっていると思いますよ。 まとめ 更年期障害の症状に関しては、精神面の影響が大きいことがわかりましたね。 これから更年期を迎えるなら、生活習慣を改善した方が良いですよね。 何かを習慣にすることや、今の習慣を変えることは簡単なことではありません。 習慣化するには21日間かかるという説もありますが、21日以上続けてもまた元通りになった経験がある人は多いはずです。 ダイエットや禁煙、禁酒をしたことがある人ならきっとわかるのではないでしょうか。 大切なのはそこで「やっぱり自分はダメだなあ」と決めつけず、失敗にはこだわらずに淡々とまた習慣にしたいことを再開することです。 時間はかかりますがきっといつのまにか習慣化するはずです。 更年期障害にならないために自分が今できることを、はじめの一歩でもいいからしてみることをおすすめします。

次の

【悩まないで】女性の更年期の症状や期間を医師がやさしく解説!

更年期 障害 に ならない 人

閉経 1年間月経がない状態 の平均年齢は、50. 5歳ですが、これを挟んだ前後10年間を更年期と呼びます。 卵巣から分泌される女性ホルモン エストロゲンとプロゲステロン は、20~30代でピークを迎えますが、40代に入ったころから急激に低下が始まります。 これにともなって、さまざまな身体的、精神的症状が現れるのが更年期障害です。 個人差はありますが、早い人は40代に入ってすぐ症状を自覚することもあります。 女性ホルモンの低下はすべての女性に起こりますが、全員が更年期障害を起こすわけではありません。 更年期障害を起こす背景には、心的ストレスや性格的なものが強く影響し、たいした症状を感じないまま過ぎる場合もあれは、日常生活に支障をきたすほどひどくなる場合もあります。 症状も千差万別で、重い人も軽い人も、あまり不調を感じない人もいます。 40代、50代は家庭の主婦であれば、子どもの成長と独立、夫の定年、親の加齢による病気や死、などの変化が訪れるときであり、また働く女性には仕事の責任が増してくる時期です。 もちろん、その両方をこなしている女性も現代では多いことでしよう。 特にこの世代は、高学歴で社会経験があり、結婚や妊娠で仕事を辞めるケースが多かったので、子育ての終了とともに生きがいを喪失してしまうことがあります。 ポテンシャルは高いのに、そのエネルギーの使い道が見つからない、ということです。 これが更年期障害の原因になることも多いのです。 このような外的なストレスに加えて、体の中ではホルモン低下という変化が起こるので、上手にストレスマネージメントができないと、更年期障害は重症化してしまいます。 女性ホルモンの低下による不調に対しては、ホルモン補充療法 HRT やによる治療が行なわれます。 HRTに使うホルモン剤はいろいろありますので、症状により使い分けができます。 ホルモン剤は内服薬のほかに、皮膚に貼るパッチ剤や皮膚に塗るジェル剤もあります。 腟の乾きやには、ホルモン剤の腟錠や潤滑ゼリーなどが有効です。 ホルモン剤と漢方薬を併用して使うこともできますし、漢方薬だけで対処する場合もあります。 また、自律神経調整薬、睡眠剤や向精神薬を使うこともあります。 ここで大事なのは、更年期障害の背景に心的ストレスや性格的なものがあるので、薬物療法だけでは十分でないことがある、ということです。 カウンセリングが有効なこともあります。 平均寿命が80歳を超えるようになった今、更年期から後の人生が昔に比べ長くなっています。 ある意味、更年期は人生のターニングポイントです。 ここでもう一度自分の人生を見直し、今までの生活パターンをシフトさせることこそ、この時期に必要なことです。 更年期をネガティブに捉えず、生きがいを持って生き生きとした毎日を過ごすことが更年期障害の予防といえます。

次の