明智 光秀 家紋。 【大河ドラマで話題】明智光秀とはどんな人?家紋や子孫を年表付で紹介

坂本龍馬家の家紋

明智 光秀 家紋

キキョウの花 土岐 とき 氏や土岐氏の庶流とされる明智氏が使用したことでも有名な家紋です。 「桔梗紋」の 由来は、キキョウの花を仏や神に捧げて 吉凶を占ったことから、「吉凶を占う花」として、きっきょう(吉凶 がききょう 桔梗 に転じ花の名前になったとの説があります。 また、別の由来もあり「桔梗」の字を分解すると、「木」「吉」、「木」「更」となり、ここから「 更に吉(さらによし)」という言葉をつくることができ、縁起を担いだとの説もあります。 桔梗紋は美濃国 みののくに 岐阜県)に一大勢力を築いた土岐氏が多く使用していた家紋です。 土岐氏は清和源氏 せいわげんじ である英雄・源頼光 みなもと の よりみつ の流れを汲んでいるとされる名門です。 平安時代末期~鎌倉時代初期にかけての武将で源頼朝(みなもと の よりとも)の御家人・土岐光衡 とき みつひら が、戦で 水色の桔梗の花を兜の前立にさして戦い、大勝利を治めたことが、桔梗紋の由来であると云われており、そこから清和源氏に広がったそうです。 その土岐氏の庶流に明智氏がいて、「明智光秀」が輩出されています。 光秀が使用した水色桔梗 明智光秀は桔梗紋の中でも「水色桔梗」を使用していたそうです。 「水色桔梗」は、珍しく水色で目立ったため、織田信長も光秀の家紋を羨ましがっていたそうです。 明智光秀の出生地候補の岐阜県恵那市にあった水色桔梗の旗 明智光秀と土岐氏について、また清和源氏や美濃の土岐氏についてはこちらの記事に記載しています。 先に述べたように、土岐光衡が大勝利を治めた縁起物として家紋にされた桔梗紋ですが、「水色桔梗」を掲げた光秀の本能寺の変によって、裏切り者の家紋となってしまいます。 その後、桔梗紋から家紋を変更する武将が続いたそうですが、江戸時代にも土岐氏の支流が桔梗紋を使用しています。 因みに、織田信長の子孫は現代になっても、桔梗の花を飾ることは避けているとのことです。 また、『明智氏一族宮城家相伝系図書』によると光秀の家紋は、「陰の桔梗」 かげのききょう と、替紋として「丸に橘」の家紋を使用していたとしているそうです。 桔梗 加藤清正とは、豊臣秀吉の子飼い武将で武勇に優れ出世し、秀吉没後は徳川家康に近づき、52万石の熊本藩主となった人物です。 豊臣家恩顧の武将の為、徳川家の毒殺説もありますが急死し、清正の亡き後の加藤家は、改易され大名の座から転落してしまいます。 こちらの記事に加藤清正についての詳細を記載しています。 桔梗紋を使用した武将・山県昌景 武田信玄で有名な武田家の武田四天王の一人・ 山県昌景(やまがた まさかげ)も同じく 桔梗紋を使用していたそうです。 美濃山県氏といわれる一族で、土岐氏と同じく清和源氏である英雄・源頼光 みなもと の よりみつ の流れを汲んでいるとされていますので、山県家のご先祖は明智光秀と同じということになります。 その後平安時代に源国直(みなもと の くになお)が、美濃国山県郡に住み山県を名乗ったことから始まります。 山県昌景は、一族の飯富虎昌(おぶ とらまさ)が信玄の父に成敗されたことで、飯富昌景から山県昌景に名を改め、断絶していた名門である山県家を継いだとされています。 なので、山県昌景は山県家の血筋ではありません。 武田信玄の没後は、跡を継いだ武田勝頼に従います。 そして、織田信長との戦である長篠の戦いが起きて、武士としての武田家滅亡へ繋がります。 山県昌景は、無謀な戦いであると撤退を進言したものの受け入れられず、長篠の戦いで戦死してしまいました。

次の

明智光秀

明智 光秀 家紋

後世に振り返ると、劇的な歴史の転換点というものが確かに存在しています。 誰も予想だにしていなかった人物が、まさかと思うような行動を起こして大きな影響を残してしまう……。 戦国時代のそんな出来事のひとつに 本能寺の変 があります。 天下統一を目前にした織田信長が、宿所としていた京都の本能寺で奇襲を受け、自害に追いやられました。 信長は最期、本能寺を取り囲む旗印が光秀のものと知るや、ただ一言「是非に及ばず」と呟いたともいわれています。 この有名な事件の首謀者が明智光秀です。 当時の戦国武将としては珍しく、朝廷の儀礼や故実に通じ文化面での高い教養をもっていた人物として、信長に重用されたことが知られています。 光秀は一時、信長に成り代わって天下への王手をかけますが、その期間はあまりにも短く、羽柴秀吉の追討を受けて滅びました。 いわば織田政権から豊臣政権へと移行する、最初のきっかけをつくったとも考えられる明智光秀。 今回はそんな、信長に諦念すら抱かせたともいえる明智氏の家紋についてのお話です。 (文=帯刀コロク) 【目次】• 「明智氏」とは 明智氏は元来、美濃国(現在の岐阜県あたり)を根拠とした「土岐氏」の支族とされています。 土岐氏とは清和源氏頼光流に系譜をもついわゆる軍事貴族であり、美濃源氏の嫡流という名族でした。 「斎藤道三」で知られる斎藤氏の台頭によって没落しますが、光秀の所属した明智氏の家格や系譜については詳しいことはわかっていません。 光秀の若年期の詳細も不明な点が多く、斎藤道三に仕えるも斎藤家の内紛によって一族が離散したとも考えられています。 その後越前国の「朝倉義景」に仕えましたが、足利義昭の上洛問題を契機に信長の知己を得、やがて織田家直臣として召し抱えられます。 光秀は織田家中においては新参ながら破格の待遇で迎えられ、名実ともに信長の重臣として数々の戦に従軍します。 しかしながら、やがて本能寺の変で主君・信長に謀反を起こしたのは先述のとおりで、山崎の戦いで秀吉麾下の軍に敗北、撤退の山中で落ち武者狩りにあったとも自刃したともいわれています。 細川忠興の妻である「細川ガラシャ」は光秀の娘であり、他の子どもたちも光秀の代でその系譜は途絶えたと考えられています。 明智の紋は珍しい「色付き」 光秀の家紋が「桔梗」であることはよく知られています。 秋の七草のひとつであり、上品な青紫の色合いと可憐な姿で親しまれている五弁の野の花です。 土岐氏の家紋「桔梗」 本来は美濃の土岐氏の紋であり、これは鎌倉幕府御家人であった土岐氏初代「土岐光衡」が、戦陣で兜に桔梗の花を飾って勝利をおさめたことに由来すると伝わっています。 明智氏もその伝統を引き継いで桔梗紋を用いたとされています。 植物紋として多くのバリエーションをもつ桔梗紋ですが、明智氏が使用したものは「水色桔梗」ともいって、その名のとおり青系統に着色されたたいへん珍しいタイプの家紋でもあります。 明智光秀の家紋「水色桔梗」 この水色桔梗は美濃源氏・土岐氏が戦国以前に「桔梗一揆」と称して結束して水色の旗を挙げていたといい、その名残だそうです。 戦国時代当時の染料がどのような発色だったかは詳らかではありませんが、通常のモノクロで描く場合には「陰の桔梗」といって白い線で形を出し、中は白抜きにせず黒でカラー面を表現したと考えられています。 家紋「陰の桔梗」 明智光秀の実像とは? 信長に重用されつつも、光秀が突如としてその矛先を主君に向けたかのような印象を与える「本能寺の変」は、歴史上の大きな謎のひとつとして議論の的になってきました。 その理由にはさまざまな説があり、処遇の変化や自身の天下への野心、あるいは朝廷軽視への危惧等々が考えられてきましたが未だその真意は判明していません。 しかし同時代の資料からはその人物評や行動によって、「明智光秀」という武将の実像が垣間見られる部分もあります。 たとえば宣教師であったルイス・フロイスの『日本史』によれば、光秀は謀略を得意として常に信長の歓心を買う努力を怠らず、それでいて家中では新参者であることから同輩の好感は得られなかったなど、辛辣な評をしています。 一方で、光秀は戦死した自軍の兵の供養のために寺院に供養米をおさめたり、負傷した家臣にあてて見舞状をしたためたりしていたことがわかっています。 冷徹な合理主義者としての顔と、温情深い一族の主としての顔。 その両方ともが、光秀の強さの源だったのかもしれませんね。 まとめ 本能寺の変の真相に迫る研究はなお続けられており、新史料の発見などによってこれまでのイメージとは異なる当時の情勢が浮き彫りになりつつあります。 本能寺の変の際、京は水色桔梗の旗印で埋め尽くされた? 史実であるかどうかはともかくとして、光秀の軍勢に囲まれたことを知った信長の「是非に及ばず」という言葉には、• 「(光秀が謀反をおこすのは)仕方のないことだ」• 「(光秀ほどの男に攻められたら)もうどうしようもない」 と、二つのニュアンスが込められているといわれています。 歴史が大きく転換したその夜、京の町に翻った桔梗の紋は信長の目にはどのように映ったのでしょうか。 【参考文献】• 『見聞諸家紋』 室町時代(新日本古典籍データベースより)• 『石山軍記』岡本仙助 編 1895 偉業館• 「日本の家紋」『家政研究 15』 奥平志づ江 1983 文教大学女子短期大学部家政科• 「「見聞諸家紋」群の系譜」『弘前大学國史研究 99』 秋田四郎 1995 弘前大学國史研究会• 『日本史諸家系図人名辞典』 監修:小和田哲男 2003 講談社• 『戦国武将100家紋・旗・馬印FILE』 大野信長 2009 学研• 『歴史人 別冊 完全保存版 戦国武将の家紋の真実』 2014 KKベストセラーズ.

次の

明智光秀の家紋~桔梗紋の由来と水色桔梗~

明智 光秀 家紋

家紋(かもん)とは? そもそも、家紋とはどのような役割を、持っているのでしょうか。 まずは、家紋の歴史を見ていきましょう。 奈良時代、道具や家具、器物などに、装飾目的で様々な文様が、使用されていました。 平安時代になると、貴族が 各家固有の目印として、家紋を使用しだします。 平安時代後期では、公家の間において、家紋が流行しました。 やがて、公家のみに限らず、武家の間でも使用されることになります。 家紋は、源平合戦の頃から出現し、鎌倉時代に入ると、爆発的に普及をします。 戦場において、 自分の働きを証明する物として、武士に使用されます。 武士が名を残す自己顕示のため、旗幕などに使用したことから、広まりました。 戦国時代に入ると、合戦が頻繁に起き、敵味方を区別するため、急激に家紋の種類が増え始めます。 明智光秀の明智氏にも、当然、家紋がありました。 明智光秀の家紋といえば、「桔梗紋」です。 本能寺の変の際、この桔梗紋が描かれていた旗幕が、本能寺を囲んでいたと想像できます。 桔梗紋(ききょうもん)の意味 桔梗紋は、キキョウ科の多年草である、キキョウの花・葉・茎を、図案化したものです。 土岐氏は、清和源氏の系統から出ています。 明智氏は、土岐氏の家系の流れを汲んでいますから、源氏になります。 土岐氏の祖と言われている 土岐光衡(ときみつひら)は、平安時代に活躍した人物です。 土岐光衡は、鎌倉幕府誕生の時、源頼朝(みなもとよりとも)の御家人になります。 「御家人」とは、棟梁と主従関係を持った家来のことです。 土岐光衡は、美濃国土岐郡の一日市場館(ひといちばやかた)を本拠とします。 そこで「土岐」を名乗ったことが、土岐氏の始まりとされています。 明智氏が、桔梗を家紋にした理由 土岐光衡が合戦の時に、野原に咲いていた 水色の桔梗の花を拾います。 その桔梗の花を兜の前立てに差して、戦ったところ大勝利を収めました。 土岐光衡は、桔梗の花を縁起がいいものとして、桔梗の図案を家紋としました。 また、桔梗の 「更に吉し」という語呂に、縁起を担いだという説もあります。 戦国時代になると、家紋の色はほぼ、黒一色のでした。 しかし、 明智氏の家紋は水色だったため、周りの武将たちから、ひと際目立っていました。 織田信長は、明智光秀の水色桔梗の紋を見て、「羨ましい」と思っていたことが、あったようです。 桔梗紋は、明智光秀以外の武将にも、使用されていました。 桔梗紋を使用していた武将は 、加藤清正です。 加藤清正(かとう きよまさ)の桔梗紋 加藤清正は、豊臣秀吉子飼いの武将であり、数々の合戦で武功を挙げた人物です。 また、築城の名手であり、江戸城や名古屋城の築城にも関わりました。 九州の熊本城の城主になり、関ケ原の戦い後には、52万石の大大名になりました。 加藤清正の家紋と言えば、 「蛇の目」が有名です。 名前の通り、蛇の目に似ていることから、この名がつきました。 加藤清正は、蛇の目の家紋以外に、もう一つの家紋も使用していました。 その家紋が、明智光秀も使用していた 「桔梗紋」です。 なぜ、加藤清正は、桔梗紋を使用していたのでしょうか。 もともと、加藤清正の家系は、 土岐氏の流れを汲んでいると言われています。 「美濃国諸家系譜」のなかに、加藤清正の家系図があります。 この家系図によると、土岐頼方(ときよりかた)という人物がいました。 土岐頼方は、加藤家に婿養子に入り、そこで桔梗紋と蛇の目紋を使用したと伝わります。 土岐頼方から加藤清正は、数えて4代目の孫になります。 加藤清正が、桔梗紋を使用した、もう一つの逸話があります。 豊臣秀吉の家臣であった 讃岐(さぬき)城主・尾藤知宣(びとうとものぶ)という人物がいました。 尾藤知宜は、豊臣秀吉の九州討伐で失態を犯し、所領を没収されます。 加藤清正は、その時に譲り受けた武具一式を、受け継ぎました。 そこに桔梗紋があり、そこから桔梗紋を使用したと言われています。 土岐氏出身の加藤清正は、自分の祖先と重ねて、桔梗紋を使うことを決めたと考えられます。 幕末の革命児・坂本龍馬(さかもとりょうま)の桔梗紋 幕末の英雄であり、革命児と言われた坂本龍馬・・・。 実は、坂本龍馬の家紋も、桔梗紋でした。 坂本龍馬の家紋は、 「組み合い角に桔梗紋」です。 坂本家は、明智光秀の娘婿・ 明智秀満(あけちひでみつ)の子孫という説が存在します。 明智軍は、山崎の戦いで羽柴秀吉によって壊滅します。 明智秀満は、その時、坂本城を脱出し、土佐国にお落ち延びました。 そして、名前を坂本と変え、土佐藩で、郷士となったと伝わります。 高知県の坂本家の墓所には、 「丸に田の字」の家紋が描かれています。 元々は、この家紋を使用していたので、桔梗紋は代々受け継がれた紋ではないようです。 本家の才谷(さいたに)家から分家した坂本家は、明智家との繋がりを意識します。 分家したタイミングで、苗字を明智光秀の居城であった坂本と名乗ります。 家紋も明智氏と同じ、桔梗を使用したのではないかと言われています。 戦国時代に、悲劇の最期を遂げた武将・明智光秀・・・。 幕末時代に、悲劇の最期を遂げた志士・坂本龍馬・・・。 この二人が、同じ桔梗紋を付けていたことに、歴史のロマンを感じますね。 おわりに・・・ 明智光秀が犯した行為により、桔梗の紋は、 「裏切りの紋」とされてきました。 「勝てば官軍、負ければ賊軍」 明智光秀は、次の天下を獲った豊臣秀吉に敗れたことにより、賊軍となります。 豊臣政権は、明智光秀の人物像を、好きなように作り上げ、それを記録することが可能でした。 現代の私たちは、本当の明智光秀が、どのような人物だったかは、正確にはわかりません。 しかし、明智光秀という一人の武将が、戦国時代を必死に生き抜いていたことは、私たちに届いています。 明智光秀は、戦国時代の行く末・・・いや、日本の未来を、より良くしたいと考えていたのかもしれません。 歴史上には、未来を良くしたいと本気で思い、それに向けて、行動した人たちがいました。 その人たちの日本に対して 「変わらぬ愛」があったからこそ、現在の平和な日本が出来上がったのです・・・。

次の