父滅の刃。 鬼滅の刃映画!無限列車編ネタバレ!あらすじ!2020年公開予定

【鬼滅の刃】竈門炭治郎の父親は何者なのか?耳飾りの謎などから正体を考察!【鬼滅の刃】

父滅の刃

煉獄杏寿郎の父はどんな人 煉獄 槇寿郎(れんごく しんじゅろう) フォローありがとうございます。 今の炎柱が煉獄杏寿郎なので、同じ炎柱ということですね。 顔もそっくりです(笑) 酒びたり 元炎柱ということで、今は、鬼殺隊を辞めています。 どうやら、家にいるように感じますね。 酒を片手に、いつも酔っぱらって登場します(笑) 酒びたりになった理由 煉獄杏寿郎の父、槇寿郎が酒びたりになったのは、理由が2つあります。 1つ目は、自分の力のなさを感じてしまったこと。 2つ目は、奥さんがなくなったことです。 この2つのタイミングが重なってしまったことによって、酒に逃げるようになってしまったようです。 煉獄杏寿郎の母はどんな人 煉獄 瑠火 れんごく るか 煉獄母「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です 責任を持って果たさなければならない使命なのです 決して忘れることなきように」 煉獄「はい!! 父が酒におぼれるようになったころですね。 煉獄杏寿郎の母とは 「弱き人を助けることは、強く生まれたものの責務」と教えているように、厳しく杏寿郎を教育していたようです。 この教えを杏寿郎が大切に守っていたことが、猗窩座との戦いの後にも表れています。 しかし、厳しいながらに、やさしさも垣間見ることができますね。 猗窩座との戦いが、気になる方は、コミック7巻~8巻をぜひ見てくださいね。 \ 最大50%OFFで購入して読むなら/ 煉獄杏寿郎の兄弟はどんな人 煉獄 千寿郎(れんごく せんじゅうろう) 煉獄さんいいわ~ 男の中の男や🍀 千寿郎も可愛い ほうきに添えてる右手いい🍀 — ぺんぎん peenngguuiin 煉獄杏寿郎には弟が一人います。 顔はよく似ていますが、どことなく頼りない雰囲気があります。 煉獄杏寿郎の弟とは 顔は、父や兄ににていますが、剣の腕は、似なかったようです。 そのこともあり、自信をなくしてしまっています。 しかし、炭次郎にあって、やるべきことを見つけていきます。 炭次郎とは文通仲間とか(笑) 煉獄杏寿郎の継子は誰? 柱の後継者として、柱から指導を受けることができるのが継子ですね。 煉獄杏寿郎に継子はいたんでしょうか? 煉獄の継子は? 現在、煉獄杏寿郎に継子はいません。 コミックでも継子としての登場人物はいませんでした。 過去の継子は? おそらく、過去には、何人か継子がいたのではないでしょうか。 煉獄杏寿郎の性格からして、継子にしてほしいといわれたら、断らずに育てたのではないかと思えます。 しかし、柱の特訓は厳しいので、おそらく、柱になる前に、挫折した人が多かったのではないでしょうか。 あの人も継子だった? 実は、恋柱の甘露寺蜜璃が、煉獄杏寿郎の継子だったそうです。 しかし、炎の呼吸が合わなかったとか。 確かに、甘露寺蜜璃が炎の呼吸というのは、ちょっとイメージがわかないですよね。 鬼滅の刃煉獄杏寿郎の父や兄弟はのまとめ 炎柱・ 煉獄杏寿郎の父や母、兄弟についてまとめました。 煉獄杏寿郎の父は、元炎柱ということで、その遺伝子を受けついでいそうですね。 顔もそっくりですしね。 お母さんは亡くなっていますが、その教えは、杏寿郎の心に深く刻まれていました。 弟の千寿郎は、顔はそっくりですが、剣の方は、苦手のようです。 意外だったのは、元継子の存在です。 まさか、甘露寺蜜璃さんとは(笑).

次の

アニメ鬼滅の刃、ヒノカミ神楽とは何?炭治郎の父は鬼殺隊だったの?

父滅の刃

竈門家は代々炭焼きの家系であり、火の仕事をするため怪我や災いが起きないように毎年の初めにヒノカミ様に向けて行う舞として継承されていたようです。 しかしこの舞を通して父の炭十郎が炭治郎に呼吸法のことを教えていたり強力な技に派生したことを考えてもただの舞ではないことが伺えますね。 そして一緒に継承されている 耳飾りは歴代最強の日の呼吸の剣士である縁壱が付けていたものと同じものです。 ヒノカミ神楽がこの耳飾りと一緒に継承されているということは日の呼吸と関係があることが予想できます。 しかし公式ファンブックには現在日の呼吸を扱えるものは居ないと記載されているため、ヒノカミ神楽自体は日の呼吸ではなく 日の呼吸の派生形もしくは 日の呼吸に派生する途中段階のものであると考えられますね。 何故なら鬼殺隊だとしたら鬼の脅威もわかっているはずなので、鬼を倒せる日輪刀を持ち歩いていないのはおかしいです。 また元柱の煉獄杏寿郎の父が炭治郎の耳飾りを見たときに「その耳飾りを俺は知っている、書いてあった!!」と発言しています。 つまり今まで実際に見たことは無かったということでしょう、もし炭十郎が生きていた場合、この二人の年代はかなり近く同じ鬼殺隊であれば実力者同士、実際に出会っててもおかしくないと思います。 それなのに出会ったことが無いということは鬼殺隊では無かったと考えられます。 鬼舞辻は何故竈門家を襲って禰豆子を鬼にした? まず鬼舞辻があんな人気の無い山奥にわざわざ自ら足を運んで食べるわけでもなく竈門家の人間を全員殺害しているのが不思議ですよね。 子供たちの大きさや発言から父が死んでからそこまで時間がたってないタイミングで来ているようです。 もしかしたら鬼舞辻は竈門家のヒノカミ神楽のことや炭十郎のことを知っていたのかもしれませんね。 なので脅威である炭十郎が病死したことをしってチャンスだと思って竈門家の血筋を経ちに来たのかもしれないです。 禰豆子を鬼にしたのは家のものを全員殺したのに 緑壱の耳飾りがみつからなかったため 、 まだ生き残りが居ると思って処分させるため鬼にして家に残したのではないでしょうか。 そう考えると結構腑に落ちる気がします。

次の

鬼滅の刃煉獄杏寿郎の父や兄弟は?そして継子も!

父滅の刃

他の方の解説にもありますが、神楽は戦いのためのものではありません。 炭治郎の祖先が日の呼吸を使う剣士から教えてもらったものを、神楽として受け継いだものです。 また、神楽の舞いかたは炭治郎も父親が舞う姿を見て覚えていますよ。 伊之助は最終選別にいましたよ。 炭治郎が参加した最終選別で生き残ったのが5人とお館様が言っています。 最終選別の最後のシーンにいたのが炭治郎、善逸、カナヲ、玄弥の4人。 選別途中で怪我をして治療のために運ばれ、あの場にいなかったのが伊之助です。 刀鍛冶の里の人たちが顔を隠している理由は鬼に狙われるから。 鬼を殺すための武器を作る職人ですから、鬼としては全滅させたいんですね。 だから、刀鍛冶の里の場所自体も厳重に隠されていますし、職人たちも個人を特定できないように面を被っています。 ちなみに、鱗滝さんが天狗の面なのは「顔が可愛すぎることを気にして」です。 お父さんは『神楽を舞えるだけの炭焼き』であって、別に剣士でも何でもありません。 鬼のことなんか知らないし、鬼殺隊とも関わりはありませんので、「お父さんから戦い方を教わればいい」というのは無理です。 竈門家の人たちにとって、ヒノカミ神楽はただ単に「先祖代々伝わる、ヒノカミ様に捧げるために舞う神楽」というだけであって、戦闘の術ではない。 「極めれば、普通は見えないものが見える」「やむを得ない場合のみ、そうして見える世界を殺生に用いることもある」だけ。 そして、神楽についてはきちんと炭治郎に継承しようとしてくれていました。 ただ、体の弱い人だったので早くに亡くなってしまって、炭治郎が完全に神楽を会得するまで導くことは出来なかった。 原作にしろアニメにしろ、第1話時点で既に故人です。 それでも、亡くなる少し前に見取り稽古をさせてくれた…というエピソードは単行本18巻あたりかな、載っていましたね。 無惨が竈門家を襲わなければ、炭治郎が鬼殺隊へ入ることもありませんでしたし、鬼殺隊へ入らなければ別にヒノカミ神楽は神楽のままだけでそのあとも竈門家に継がれていった。 ちなみに無惨が竈門家を襲ったのも単なる偶然の結果なので、別に必然ではありませんでした。 良くも悪くも運命のいたずらの結果、「知らなかったけどこの神楽本当は鬼を倒すための呼吸法だったんだ」ということを知ったわけなので、その分岐が起こる前のことをあれこれ言っても意味はありません。 時は戻せない、死んだ人は生き返らない…は、鬼滅の物語全てに通じるメッセージですよ。

次の