ヒラメ 釣れる 時期。 【ポイント】北海道でヒラメが釣れる場所!実績はもちろん新規開拓も狙える!|どさんこフィッシング

【ヒラメ(平目)がルアーで釣れる季節(時期)】春(3月、4月、5月)・夏(6月、7月、8月)・秋(9月、10月、11月)・冬(12月、1月、2月)ベストシーズン

ヒラメ 釣れる 時期

ヒラメの旬 ヒラメの旬は秋から冬の寒い時期で、身も厚く脂が乗っていてまさに絶品!甘みのある身ととろける脂が口の中で最高のハーモニーを奏でます。 ヒラメは初春から初夏にかけて産卵を迎えるので、産卵のために体力を蓄えるため冬が旬となるのです。 春のヒラメ釣り 3~5月は厳寒期を過ぎて暖かくなり過ごしやすい季節です。 水の中も徐々に水温が上がり、多くの魚が岸近くに接岸する「乗っ込み」の季節で、ヒラメも産卵を控えて活発に活動します。 しかし春は数釣りがしにくい季節でもあります。 産卵行動に入ったヒラメは卵を産むことに全神経を集中するため、エサを全く捕らず、釣るのはとても難しい状態です。 そのため、春に狙うのは産卵行動に入る前の個体。 産卵を控えて力を蓄えているヒラメは活発にエサをとっているので、ルアーにもとてもよく反応します。 また、春は水温が安定しない季節でもあり、突然冷たい潮が入ったりすると魚はびっくりして動きが鈍くなってしまいます。 釣行の際は釣り場の水温をチェックしておくと、魚の状態をある程度把握することができるので、効率的に釣りを組み立てることができると思います。 また、2~3日のあいだ水温が安定してるときは非常にねらい目です! 水温が不安定なことが多い春は、水温が安定したタイミングにヒラメは一斉に動き出すので、もっとも釣りやすいタイミングと言えます。 静岡県には静岡水産試験場のHPから駿河湾の水温を見ることができるので、ぜひ参考にしてみてください。 狙う場所 春は地域にもよりますが、稚鮎やハクといった小魚が河口付近に集まり遡上を始めるタイミングです。 ヒラメはその小魚を捕食するために河口付近に集まることが多いので、狙い目のポイントになります。 サーフでも小さな流れ込みや河口付近を狙うと好釣果に結び付きやすいです。 夏のヒラメ釣り 6~8月にかけての夏は、気温も水温もグッと高くなり、ヒラメのエサとなるような魚がにぎわいを見せるシーズンです。 ヒラメも適水温となり活発にエサを求めて泳ぎ回るので、ルアーへの反応がとてもいいシーズンと言えます。 積極的に追いかけるので、底から離れた中層を泳がせるようにルアーを操作するのがおすすめです。 しかし、この季節に釣れるヒラメは産卵を終えた個体が多く、痩せていて食べてもあまり美味しくないことが多いのでご注意を。 また、ヒラメと同じような場所にいる魚で「マゴチ」という魚がいます。 ヒラメと同じフラットフィッシュと呼ばれ、同じくルアーのターゲットとして人気のあるマゴチですが、マゴチの旬は夏。 夏は「夏のフグ」なんて呼ばれるマゴチを狙ってみるのもありです! 底べったりに張り付いているマゴチを狙うには、ルアーを底付近から離さないようにすることが大切です。 底をリフト&フォールさせたり、ずる引きしたりして狙いましょう。 狙う場所 夏は中~表層を泳ぐイワシや底にいるキスなど、様々な魚がヒラメのエサとなります。 そのため、狙うのはとにかくエサが居る場所がおすすめです。 釣具屋さんにキスやイワシ、ハゼが釣れている場所を聞いたり、エサ釣り師に声を掛けたりして情報を収集しましょう。 エサが居るところには必ずと言っていいほどヒラメもいます! 秋のヒラメ釣り ヒラメ釣りの最盛期! 9~11月の秋は気温が下がり始め釣りがしやすくなるシーズンですが、9月10月の水中は一年でもっとも水温が高い時期です。 キスやハゼなど多くの魚が最盛期を迎える季節で、ヒラメも例外ではありません。 活性が高いことが多いので、中層を手早く探ることができるルアーを選びましょう。 シンキングミノーやバイブレーションなど、遠投して広範囲をスピーディーに探ることができるルアーがおすすめです。 狙う場所 この時期はとにかく様々な場所で捕食を行うので、やはりエサとなる小魚が居るかどうかがポイント。 夏と同じようにイワシやキス、ハゼの釣果がある場所を探して狙うのがおすすめです! また、秋はキス釣りの最盛期で、キスは波打ち際に群れていることがとても多くあります。 そのキスを追ってヒラメも波打ち際で待ち構えている場合があるので、最後まで気を抜かずにしっかりと引くことが大事です! 冬のヒラメ釣り 12~1月上旬は地上は寒くても、水温はまだ暖かいのでまだまだ水中は秋。 秋に比べて小型のヒラメが減り、数釣りはできませんが釣れればナイスサイズの大型が狙いやすいシーズンです。 しかしシーズンが進み真冬になると、水温が低下しヒラメは水温が安定した沖の深場へと落ちていきます。 そのため、真冬はヒラメ釣りにおいて修行とも言える釣りです。 すべてのヒラメが深場に落ちるのではなく、大型で体力のあるヒラメは浅場に残ってエサを捕食したり、タイミングによっては浅場に上がってくることもあるので、釣れると信じて投げ続ける精神力が必要です。 水温が低く活性が低いことが多いので、ヒラメはあまりエサを追いかけません。 シンキングペンシルやシンキングミノーなどで、中層よりも下の底付近をリフト&フォールなどでゆっくり誘うのが有効です。 狙う場所 真冬は深場に落ちることが多いヒラメを狙うためには、水深のあるサーフやエサが集まりやすい河口を狙うのがコツです。 水深のあるサーフは深場にいるヒラメが入ってきやすいので、投げ続けてタイミングを待ちましょう。 また冬の河口はコノシロやサッパが集結したりと、水温が低くても魚が集まりやすいポイントです。 ヒラメもエサを求めて入ってくるので、河口で粘り倒すのも冬にヒラメを捕る方法の1つです。 まとめ 高級魚としてよく知られているヒラメですが、実は1年中狙うことができる身近なターゲットでもあります。 また、ルアーによって反応が違ったり攻め方で釣果に差が出ることもある、ゲームフィッシングとしても面白い釣りです。 一年中狙えて釣って楽しい食べて美味しいヒラメ、狙ってみてはいかがでしょうか?.

次の

【ヒラメ(平目)がルアーで釣れる季節(時期)】春(3月、4月、5月)・夏(6月、7月、8月)・秋(9月、10月、11月)・冬(12月、1月、2月)ベストシーズン

ヒラメ 釣れる 時期

ハウルシャッドはヒラメの神様と言われるDUOの堀田光哉さんが監修したワームです。 神様が監修したんだから釣果もお約束ですね。 実際に釣果もたくさん確認しています。 ヒラメが釣れる時間帯 マヅメ以外にも釣れる時間はある? どんな魚種も 朝と夕のマヅメの時間は捕食スイッチが入ります。 この時間にどれだけ釣るかで、その日の釣果に大きく影響が出ますので朝と夕に釣りが出来るなら、絶対にやったほうがいいです! じゃあ、朝と夕のマヅメの時間にしか釣れないの?と聞かれたら、「そんなことはないですよ」と答えます。 でも、ずーーーっと釣りをしてると疲れてきますよね。 体力に自信がある人ならロッドを振り続けた方がチャンスは絶対にあります。 しかし、1日の中で釣れる確率が低い時間帯ってあるのは知ってますか? それは満潮と干潮の時間です。 この時間は頑張ってロッドを振っていても 「潮が動かない=プランクトンも動かない=プランクトンを捕食する小魚も動かない=小魚を捕食するヒラメも動かない」という理屈で魚が釣れる確率がとっても低いです。 この時間にいたずらに体力を消耗するくらいなら、いっそ休憩してご飯を食べるなりして体力を回復させた方が絶対いいです! そのくらい釣れませんから。 逆にチャンスとなるのが、潮の動き始めと止まる前になります。 ここはマヅメに関係なく捕食スイッチが入るケースを何回も確認していますので、頑張り時と捉えてロッドを振りましょう! 時にマヅメとちょうどいい潮位が重なる時間があります。 しかし、サーフに関してはヒラメが集まる場所がありますので若干有利だと思ってます。 サーフ編 離岸流を探せ! ヒラメというか サーフでは離岸流と呼ばれる沖に向かう潮の流れを探します。 離岸流は小魚が集まってくるため、当然小魚を捕食するヒラメも集まってきます。 そこを狙い撃ちするわけです。 と言っても目で確認してここが離岸流だ!と分かるものではありません。 ただ、ヒントは海岸から得ることが出来ます。 下の写真を見て下さい 海岸に離岸流を見つけるヒントがあるのが分かりましたでしょうか? 答えは「昆布」です。 海岸に昆布がありますよね? 離岸流は下の図のように両端から波が集まってくるため、海岸にゴミが溜まります。 これに捕まると沖にどんどん流されてしまいます。 なので、より遠くへジグorワームを飛ばしたいからと言って波打ち際に近づくのは大変危険です。 絶対に止めましょう。 流されてしまった場合は、海岸へ向かって泳いではいけません。 まずは離岸流から抜け出すことを優先し、海岸と平行に泳いで下さい。 離岸流から抜け出せば、海岸に向かって泳いでくることも可能です。 サーフで釣りをする人間であれば絶対に覚えておきたい知識です。 しかし、このことを知っていても流された時にはパニックになって咄嗟に判断出来ないかもしれません。 自分一人であれば冷静になるしか方法はありませんが、流されてしまった人を見つけた場合には必ず「海岸と平行に泳げ」とアドバイスしてあげましょう。 漁港編 ストラクチャーを探せ! 漁港はヒラメが生息している地域であればどこにでもいる可能性があります。 なので、正解は全てをくまなく探せ!になりますが、優先すべきポイントはあります。 それは、 ストラクチャー(障害物)を探せ!です。 ストラクチャーの周りは小魚が隠れ家として利用していることがあります。 ヒラメは魚食性なのでその小魚を狙っており、そこにルアー等を流してやることでヒラメが釣れる可能性が上がるという理屈です。 小さい漁港であれば短時間で全域をカバーすることが出来ますが、大きい漁港の場合にはこのテクニックを利用することで 効率的にヒラメを狙うことが可能です。 ストラクチャーの有無に関しては水が透き通っている冬に予め海の中を確認しておくか、ロックフィッシュの際に根掛かりが多発するようなポイントを覚えておくといいです。 最後に ヒラメは個体数自体がそんなに多くないので数釣りをするのは難しい魚です。

次の

【ポイント】北海道でヒラメが釣れる場所!実績はもちろん新規開拓も狙える!|どさんこフィッシング

ヒラメ 釣れる 時期

このページのまとめ&目次 サーフにおけるヒラメの季節パターン ヒラメがよく釣れる時期は確かに存在するのですが、地域によっても変わってくるので、一概には言えないのですが、一般に下のような感じで認識されています。 春:数釣りとまれに大型が混じる• 夏~秋:基本数釣り(真夏はオフ)• 冬:大型狙い 真冬もオフ 初夏~秋口には、イワシなどのベイトフィッシュがサーフに入り込んでくることが多いので、この時期が釣れないと嘆く方には最もオススメのシーズンかなと思います。 特に釣り初心者さんともなると、この時期に練習するのが一番経験値を稼ぎやすいですねー。 ただし、真夏に関してはオフシーズンになるケースが多いです(まったく釣れないわけではないけど、暑すぎるとヒラメは釣りにくい)。 いや、俺は大型の座布団ヒラメしか狙ってねーよっという方は、冬~春の選択肢になりますね(ドMですね)。 サーフヒラメ釣りの時合とは ヒラメだけに限った話ではないですが、やはり 朝夕のマズメ時がやはり良いです。 潮の影響も関係してくるので絶対的なものではありませんが、マヅメは間違いなくオススメの時間帯です。 そして、このマヅメの時間帯にベイトフィッシュが絡むようであれば、ヒラメが捕食モードに入っている可能性が高く、超ベストな時合だと言えますね。 では、日中にヒラメが釣れないかというとそうではないですね。 実際に日中でも諦めなければヒラメは釣れます。 日中のヒラメは、 やや深場に移動すると言われており、マヅメの時間帯よりは少し警戒心が高くなるのかな?っといった印象があります。 なので、遠投の効くロッドとウエイトのあるジグやミノー、メタルバイブなどを中心に攻めたいところです。 ただし、結局はベイトフィッシュの入り方次第というところもありますので、いつでも遠投が良いというわけではありません。 日中でも近場に大きなチャンスが生まれることもあるので、海の様子には常に気を配っておきましょう。 さらに、ナイトゲームも全くないわけではなさそうですが、アタリが少ないといわれています。 私はナイトゲームはやったことがありませんが・・・。 ヒラメの美味しいシーズンはいつ!? ヒラメの釣るための適水温は20度をやや下回る辺りが良いと言われてて、春~初夏、秋口の辺りが釣りシーズンとなります。 では、ヒラメを美味しく食べられるシーズンとなると、確実に水温が下がる 冬のシーズンが最も美味しいと言われています。 早春のヒラメは猫跨ぎ(猫も無視するという意味)とも呼ばれるほど味が落ちると言われてますので、美味しさも求めたいという方は、是非とも冬に、しかも座布団ヒラメを狙いに行ってください(ドMですね)。

次の