いかが お過ごし です か。 「いかがだったでしょうか」どこがおかしい?(超駄)

いかがお過ごしでしょうか?

いかが お過ごし です か

好きな言葉を選びコピーして、Wordに貼り付けたお礼状プリント(作成原稿)に貼り付けましょう。 初春の候、ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 毎日厳しい寒さが続いております。 皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 大寒の候・厳寒のみぎり・新春とは申しながら・寒さ厳しい折から 晩冬の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 春まだ浅く寒さ厳しき折、 立春の候・春寒のみぎり・立春とは名ばかりで 早春の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 だいぶ春めいた昨今ですが、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 浅春の候・向春の候・水温の候・啓蟄 春暖の候、ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 春もたけなわのこの頃ですが、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 陽春の候・春爛漫の候・花冷えの候・春眠暁を覚えずと申しますが 新緑の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 風薫る爽やかな季節となりました。 皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 若葉の候・薫風の候・若葉の美しい季節がまいりました 初夏の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 さわやかな初夏となり、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 梅雨の候・孟夏の候・向夏の候・うっとうしい雨が続いておりますが いよいよ梅雨に入りました 盛夏の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 近年にない暑さですが、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 炎夏の候・酷暑のみぎり・暑中見舞い申し上げます・暑さ厳しい折り 晩夏の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 立秋とは名ばかりで、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 まだまだ暑い日々が続いておりますが・立秋の候・残暑厳しい折から・ 初秋の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 秋彼岸をすぎてめっきり涼しくなりました。 皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 新秋の候・秋冷の候・朝夕涼しくなりましたとはいえ 秋冷の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 秋たけなわの今日この頃、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 錦秋の候、天高く馬肥ゆる秋・木々も色づきはじめ・秋も深まり 晩秋の候、 ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 朝ごと冷気が加わって、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 深秋の候・向冬の候・朝夕はめっきり冷え込む季節となりました 初冬の候、ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 何かとあわただしい年の瀬を迎え、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 寒冷の候・師走の候・年の瀬もおしせまり・歳末ご多忙の折.

次の

いかがお過ごしですか

いかが お過ごし です か

1月【睦月(むつき)】 書き出しの挨拶• 皆様お元気で新年をお迎えのことと存じます。 今年はどんなお正月でしたか。 初春にふさわしくおだやかな天気が続いております。 冬晴れの空が美しい季節となりました。 新たな年が始まりましたが、私は……• 新年早々ではございますが、 年始のあいさつ• 明けましておめでとうございます。 昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。 謹んで新春のお慶びを申し上げます。 昨年中は格別のご厚情にあずかり、心より御礼申し上げます。 よき新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 喪中の方への定番あいさつ• 年頭のごあいさつを申し上げます。 寒中お見舞い申し上げます。 (二十四節気の「小寒」(1月5日ごろ)から立春(2月4日ごろ)まで 営業日の案内• 1月の結びのあいさつ• 寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください。 新たな年を迎え皆様にご多幸がありますようお祈りいたしております。 本年もよろしくご厚情賜りますよう、お願い申し上げます。 本年も変わらぬお付き合いをお願いいたします。 今年もよい年でありますようお祈り申し上げます。 今年もよい1年になりますように。 2月の挨拶【如月(きさらぎ)】 2月の書き出しのあいさつ• 寒気も少しずつ緩み始めましたが、お元気でお過ごしですか。 春の訪れが待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。 春も近いと思わせるようになりましたが、お変わりありませんか。 雪の消え間に久しぶりで黒い土が見え始めましたが、いかがお過ごしでしょうか。 春とは名ばかりの厳しい寒さが続いています。 梅のつぼみも膨らみ、日中はいくらか寒さもゆるんで参りました。 2月の結びの挨拶• 寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛下さい。 もうすぐ春。 待ち遠しいですね。 日脚は伸びても、寒さはまだまだ厳しい今日この頃。 どうぞ、お元気でお過ごし下さい。 春とはいえ、寒い日が続きます。 お風邪など召しませんよう、お体にお気をつけ下さい。 3月の挨拶【弥生(やよい)】 3月の書き出しのあいさつ• 寒さもようやく衰え始めましたが、いかがお過ごしでしょうか。 ひと雨ごとに春の陽気を増してまいりますが、お元気でお過ごしでしょうか。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 旅立ちの春を迎え、忙しい毎日をお過ごしのことと思われます。 春の訪れが間近に感じられる頃となりました。 桜の開花が待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。 春風が心地よい季節となりましたね。 そちらは、桜はもう咲きましたか。 今年はお花見はできそうですか。 3月の結びの挨拶• 季節の変わり目なのでくれぐれもお身体を大切に。 花どきの習いで気候も不順になりがちなこの頃です。 くれぐれもご自愛下さい。 新しい年度を向かえる支度でお忙しい時期にご連絡させていただく失礼をお許し下さい。 新しい年度を向かえる支度でお忙しい毎日かと思われますが、引き続きよろしくお願いいたします。 4月の挨拶【卯月(うづき)】 4月の書き出しのあいさつ• 桜の便りが次々に聞かれる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。 弊社の近くの桜も満開となりました。 すっかり春らしくなりましたね。 三日見ぬ間に葉桜という今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。 春風が心地よい今日この頃、お元気でお過ごしのことと思います。 日中は少し汗ばむほどの季節となりましたが、いかがお過ごしですか。 ゴールデンウイークのご予定はお決まりですか。 4月の結びの挨拶• 季節の変わり目なのでくれぐれもお身体を大切に。 花冷えの季節、お身体には十分お気をつけ下さい。 新たな場所でのご発展とご活躍をお祈りいたします。 新年度を迎え、お忙しいこととは存じますが、お体をおいとい下さい。 新しい年度でお忙しいことと存じますが、どうぞご自愛下さいませ。 新しい年度を向かえ、お忙しい時期にご連絡させていただく失礼をお許し下さい。 新しい年度を向かえ、お忙しい毎日かと思われますが、引き続きよろしくお願いいたします。 5月の挨拶【皐月(さつき)】 5月の書き出しのあいさつ• 緑のまぶしい季節となりました。 皆様にはますますお元気でお過ごしのことと存じます。 日中は少し汗ばむほどの季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 穏やかで過ごしやすい季節となりましたね。 吹く風が肌に心地よいこの頃、どこかへ出かけたくなりますね。 ゴールデンウイークはどのように過ごされましたか。 5月の結びの挨拶• 寒暖の差が激しい時節柄、お体をおいとい下さい。 季節の変わり目、お身体には十分お気をつけ下さい。 暑い季節に向かいますゆえ、何卒ご自愛下さい。 さわやかな風に身も心もリフレッシュできますね。 お互いに頑張りましょう。 6月の挨拶【水無月(みなづき)】 6月の書き出しの挨拶• 雨降りの日が続きますが、いかがお過ごしですか。 梅雨冷えが肌寒い季節ですが、変わりなくお過ごしですか。 紫陽花が雨に映える季節となりましたが、お元気にお過ごしですか。 そろそろ、新しい場所での生活も慣れましたか。 6月の挨拶 結び• 蒸し暑い日が続いておりますが、体調を崩されませんように。 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、どうぞお健やかにお過ごし下さい。 梅雨冷えの厳しい今日この頃、お風邪など召されませぬようご自愛下さい。 梅雨で運動不足になりがちですが、お身体にはくれぐれもお気をつけ下さい。 連日の雨の中、外回りはさぞかし大変なことと思われます。 どうぞご自愛下さい。 7月の挨拶【文月(ふみづき)】 7月の挨拶 書き出し• 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしですか。 梅雨明けて息つく間もないこの暑さでは誠にたえがたいと存じますが、お元気でお過ごしでしょうか。 梅雨も明け、本格的な夏を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。 連日厳しい暑さが続いておりますが、お元気ですか。 暑さ厳しき折、いかがお過ごしですか。 夏休みのご予定はお決まりですか。 暑中お見舞い申し上げます。 しばらくは蒸し暑い日が続きそうですね。 お体にはくれぐれもお気をつけ下さい。 これから暑い日が続きそうです。 ご自愛下さい。 暑熱耐え難きこの頃、くれぐれもお身体をおいとい下さい。 クーラーの効き過ぎで体調をくずされませんように、お元気でお過ごし下さい。 夏風邪などひかぬよう、お体に気をつけて下さいね。 暑い中での外回りはさぞかし過酷なことと思います。 近いうちに暑気払いに行きましょう。 8月の挨拶【葉月(はづき)】 8月の書き出しのあいさつ• 蒸し暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしですか。 暑さが厳しい毎日ですが、お元気でお過ごしでしょうか• 残暑厳しい折から、皆様お元気でお過ごしでしょうか。 夏休みにはどこかへ行かれましたか。 ビールが恋しい季節になりましたね。 暑中お見舞い申し上げます。 残暑お見舞い申し上げます。 夏期休業の日程についてご案内申し上げます。 この期間は、会社全体がお休みとなります。 会社は平常通り営業しております。 何卒ご理解・ご了承のほど、よろしくお願いいたします。 8月のメールの結び• まだまだ暑さが厳しいので、どうぞご無理をなさらぬよう、お元気でお過ごし下さい。 暑さ厳しき折、くれぐれもお身体をおいとい下さい。 夏の疲れが出る頃です、お体には十分お気をつけ下さい。 残暑厳しき折、ご自愛下さい。 猛暑の中での外回りはさぞかし大変なことと思われます。 熱中症などにお気をつけ下さいね。 夏バテなどされませんよう、お元気でお過ごし下さい。 9月の挨拶【長月(ながつき)】 9月の書き出しのあいさつ• すがすがしい秋風が心地よい今日この頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。 日ごとに秋の色の深まりを感じる今日この頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。 いまだ暑さが残ります今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。 残暑もようやく和らぎましたが、お元気にお過ごしですか。 さわやかな秋風が吹く季節となりましたが、お変わりございませんか。 澄んだ青空が秋を感じさせますね。 食欲の秋ですね。 私はついつい美味しいものを食べ過ぎてしまいます。 朝夕はめっきり涼しくなりましたが、お変わりありませんか。 9月のメールの結び• しばらくは残暑が続きそうです。 お身体にはくれぐれもお気をつけ下さい。 これからの季節、朝夕冷え込んでまいりますので、風邪を召されませんように。 夏バテはこの時分に出やすいとのこと、くれぐれもお体を大切に。 残暑とはいえ、朝夕は冷え込んでまいりました。 お風邪など召されませぬよう、お身体を大切になさって下さい。 10月の挨拶【神無月(かんなづき)】 10月の書き出しのあいさつ• 秋晴れの空が心地よい頃となりましたが、いかがお過ごしですか。 秋も深まりましたが、紅葉見物にはお出かけになりましたか。 天高く馬肥ゆる秋、お元気でお過ごしのことと思われます。 過ごしやすい季節になり、お仕事に励まれていることと存じます。 うららかな秋晴れが続いていますね。 お変わりございませんでしょうか。 時まさに収穫の秋、ご多忙のことと存じます。 10月のあいさつの結び• これから朝夕冷えてまいりますので、お身体にはくれぐれもお気をつけ下さい。 これからの季節、冷え込みが厳しくなりますので、くれぐれもご自愛下さい。 朝夕はめっきり冷えてまいりました。 どうぞ健康には十分お気をつけ下さい。 実り多き秋となりますように。 11月の挨拶【霜月(しもつき)】 11月の書き出しの挨拶• そろそろ温かい鍋が恋しい季節となりました。 日増しに寒さが身にしみるようになり、我が家でもヒーターを使い始めました。 秋から冬へ、季節の流れは早いものですね。 お元気でお過ごしでしょうか。 日ごとに寒くなってまいりましたが、いかがお過ごしですか。 木枯しが吹きすさぶ頃、皆様にはますますお元気でお過ごしのことと存じます。 11月のメールの結び• 冬を迎える支度でお忙しいこととは存じましたが、ご連絡させていただきました。 何かと忙しい師走はもうすぐです。 飲み過ぎ食べ過ぎにお気をつけて健やかにお過ごし下さい。 温かい食事を囲みながらゆっくりお話ししたいですね。 いよいよ冬が近付いて参りました。 くれぐれもご自愛下さい。 寒さが日一日と増して参りました。 お風邪など召されませぬよう御身おいとい下さい。 12月の挨拶【師走(しわす)】 12月の書き出しのあいさつ• 寒椿が美しい季節を迎えましたが、いかがお過ごしですか。 年の瀬を迎える頃となりましたが、いかがお過ごしですか。 あわただしい師走を迎え、何かとご多用のことと存じます。 今年もいよいよ残りわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 何かと気ぜわしいこの頃となりましたが、いかがお過ごしですか。 クリスマスのイルミネーションで、街中が華やかですね。 本格的な冬の到来を迎えました。 風邪などひかれていませんか。 今年ももう残りわずかですね。 今年もいよいよ押し迫り、さぞお忙しいことと存じます。 年の瀬も間近になり、忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。 12月の年末年始営業日の案内• 年末年始の営業日についてご案内申し上げます。 12月の挨拶の結び• みなさまご健康で新年を迎えられますようお祈り申し上げます。 来年も素晴らしい年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。 来年も、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。 来年もよろしくお願いいたします。 来年もお互いに頑張りましょう!• もうすぐ一年も終ろうとしています。 よいお年をお迎え下さい。 年末でお忙しい毎日とは存じますが、どうか、ご自愛下さいますようお願い申し上げます。 師走のお忙しい時期にご連絡させていただく失礼をお許し下さい。 来年も引き続きお力添えいただきますよう、お願いいたします。 どうぞよいお年をお迎え下さい。 年末でお忙しい毎日かと思われますが、引き続きよろしくお願いいたします。 年末の結びの挨拶• 寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛下さい。 新たな年を迎え皆様にご多幸がありますようお祈りいたしております。 本年もよろしくご厚情賜りますよう、お願い申し上げます。 本年も変わらぬお付き合いをお願いいたします。 今年もよい年でありますようお祈り申し上げます。 今年もよい1年になりますように。

次の

メールで”いかがお過ごしでしょうか?”と

いかが お過ごし です か

「いかがでしょうか」と「どうでしょうか」正しい使い方 「いかがでしょうか」という言葉は、 相手に対して改まって聞くという意味があります。 そのためお客さんや上司に対して意見や感想を求める際に使用できます。 では、「どう」に丁寧語の「でしょうか」をプラスした「どうでしょうか」という表現は敬語として正しくありません。 「どうでしょうか」の場合は改まって聞くという意味がないため、上司やお客さんには使えないでしょう。 そのため、丁寧語ではありますが、尊敬語ではないので注意が必要です。 また「どうでしょうか」にはそのまま疑問に思ったことを相手にぶつける印象があり、相手への問いかけだけでなく、自分も考えている、試行錯誤であるというイメージを伝えてしまいます。 「いかがでしょうか」は上司やお客様に尋ねるときに使い。 「どうでしょうか」は同僚や先輩など、比較的に関係が近い相手と疑問を共有する場合に使用できると覚えましょう。 同僚とのやり取りは仕事を円滑に進めるために不可欠です、以下では上司や同僚とのやり取りの際のコツや、注意点について解説しています。 この記事と合わせて仕事場でよい関係を続けていきましょう。 「いかがでしょうか」と「よろしいでしょうか」の使い分け 「どうでしょうか」を取り上げましたが、 近い表現で「よろしいでしょうか」があります。 この「よろしいでしょうか」は「いかがでしょうか」と同じ丁寧ないい回しですが、その違いは相手に与える印象です。 もととなる言葉を紐解くと、 「よろしいでしょうか」は「いいですか?」「よい?」という意味であり、相手に了承を求める意味であるとわかります。 「いかがでしょうか?」は「どうですか?」「どう?」と尋ねる意味であるため、相手に意見を求める言葉です。 このように違いを理解しておくとコミュニケーションで齟齬が生まれることはないでしょう。 「いかがでしょうか」を使った例文集 「いかがでしょうか」を正しく使った例文は以下の通りです。

次の