あとりえ スマブラ。 PNG所属プロスマブラー「あとりえ」がSmashlog参戦!実績とプロフィール紹介

日本最大のオンライン大会 VOYAGE 見所紹介

あとりえ スマブラ

ラウンド1から決勝レベルの対戦! 直近の大型大会の成績は、 れあ選手はKongo Sagaで7位。 あばだんご選手はEVO JAPAN 2020 で9位と拮抗。 1試合目はれあ選手が立ち回りで圧倒している印象でしたが、 2戦目からはれあ選手の着地をことごとくDA(ダッシュアタック)で狩り、1本取り返します。 パルテナのDAの強さについてはRaito選手が解説しています。 オンライン環境というのも有利に働いていますね。 3戦目はれあ選手の早期撃墜とあばだんご選手が撃墜にやや時間がかかってしまったことで、ストックのリードが広がってしまい、そのままれあ選手の勝利となりました。 2本選手の試合といえど、試合中に両者とも同じ攻撃を受けないように最適化されていっている感じがありますね。 ラウンド2 しゅーとん VS KEN EVO JAPAN 7位のKENと優勝者のしゅーとんの対決。 2019年のウメブラではKEN選手がしゅーとん選手に勝利するシーンも見られましたが、 今回はしゅーとん選手が圧倒する形となりました。 KEN選手は守りの固いプレイヤーとして有名なのですが、 攻めの隙をしゅーとん選手は見逃しませんね。 確実にストックを奪っていきます。 対してKEN選手は、しゅーとん選手の復帰・着地を狩り切れていません。 ピクミン&オリマーは復帰と着地といった守りに弱みのあるキャラなのですが、 しゅーとん選手の守りがあまりにも固い。 最後は青ピクミンの上投げで撃墜! 47:50 順調にラウンド3に駒を進めていきます。 ラウンド3 ロン VS かめめ ロン選手はタミスマで幾度となく優勝を重ねてきた、オンライン大会のラスボスとも言える存在です。 2019年のPGR(スマブラの世界ランキング)では50位にランクインしています。 対するかめめ選手は2019年のJPR(スマブラの日本ランキング)で2位。 ロン選手のヨッシーに対して、かめめ選手は最近サブキャラに追加したポケモントレーナー を投入。 しかしロン選手の立ち回りにポケモントレーナー の強みが発揮できず、1戦目を制されてしまいます。 ロン選手の読みの精度が凄まじいですね。 置いた技に相手があたりにいっているかのようです。 2戦目はかめめ選手の相棒のロックマンの投入です。 今度は一転、かめめ選手の固い立ち回りにヨッシーの置き技やつかみが通らなくなります。 撃墜技もヒットし、2ストック目まで順調にかめめ選手が先行します。 ロン選手側も決め手に欠ける様子。 あとりえ選手も上記記事でいっていますが、オンライン環境だとダウンが成功しやすいので、ダウン連の展開を作りやすいキャラは強いですね。 わたる選手は高校一年生、スマメイトのレートも2000オーバーの猛者です。 任天堂が開催した「中高一貫 大乱闘学園」でも結果を残されているようですね。 すいのこ選手はスマブラXから競技シーンに参加したプレイヤー。 Frostbite2020、EVO JAPAN2020でも50位以内に入るなど、 ヤングリンク使いとして屈指の成績を残しています。 (FrostbiteではToast氏に先を越されてしまいましたが) この試合は完全に互角! 1戦目はすいのこ選手が立ち回りでリードしつつも、ロボットの強引な攻めに苦しんでいる様子。 最終ストックでわたる選手は空中上攻撃を狙い続け、ついにすいのこ選手を仕留めます。 2戦目もすいのこ選手がリードする展開に。 まる1ストックリードした3ストック目。 このまますいのこ選手の勝利と思われましたが…. 完全な一点読みの横B!! 低%のヤングリンクを完全に破壊した一撃でした。 決勝 T VS ロン 選ばれたのはまさかの ドクターマリオ! ここまでヨッシー単機で勝ち上がってきたところに、まさかの投入です。 リンクは空中攻撃が優秀ですが、 ドクターマリオの優秀な空中技でT選手の空中攻撃を的確につぶしていきます。 やはり決め手は回転切りをガードしてからのドクターマリオの横スマッシュでしょう。 動きの遅いドクターマリオで的確なガードからの反撃は驚異的です! 2戦目。 T選手は飛び道具や置き空前を増やし、ドクターマリオの空中攻撃を牽制します。 両者とも小技でダメージを当てつつ、最後は主力バースト技を当ててストックを奪います。 最終ストック。 完全に互角。 2ストック目までと同様に両者ともダメージを少しずつ稼ぎ、バーストラインが近づいてきます。 そして最後は…、ドクターマリオの上スマッシュ! 土壇場でドクターマリオを投入し、その立ち回りの強さで勝利をもぎとったのはロン選手でした。 おめでとうございます! さいごに コロナウイルスが流行ってはいるものの、オンライン大会が活発化し盛り上がりを見せるスマブラシーン。 面白い企画も増え、まだまだスマブラ熱は止みそうにありません。

次の

【YUBIWAZA(ユビワザ)】第67回 KSB2019 スマブラ、ARMS!

あとりえ スマブラ

youtube. youtube. youtube. mildom. youtube. mildom. youtube. youtube. mildom. mildom. youtube. youtube. mildom. youtube. youtube. youtube. mildom.

次の

MkLeo

あとりえ スマブラ

MkLeo エムケーレオ。 メキシコのスマブラトッププレイヤー。 英語風の発音だとリオとなり、大会の実況などではそう呼ばれることもある。 兄が経営するゲームストア、"Monster Kingdom"のイニシャル"MK"をゲームタグにつけていることが多い 誤解されがちだが、forの使用ファイターである"Meta Knight"から取ったわけではない。 反応速度や操作技術もさることながら緻密な間合い管理とリスク管理の巧みさに定評があり、自分だけが有利な状況を展開・維持するための完璧な位置取りと、相手が隙を晒すまで辛抱強くチャンスを窺い続ける堅実な試合運びが持ち味。 その一方で対戦中に相手のクセや戦略を見抜く観察力や劣勢に陥っても決して取り乱さない冷静さも兼ね備えており、大舞台でしばしば繰り広げられる圧巻の試合内容は観客を魅了して止まない。 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 弱冠15歳にして、出場したメキシコにおけるスマブラWiiUの大会ではほぼ全て優勝。 年1度のメキシコの大規模大会Smash Factorでも、遠征に来たやに勝利し優勝している。 ダブルスでも強く、いとこのとのタッグはメキシコでは常勝無敗である。 初期の使用キャラはメタナイト。 アメリカへの遠征がないため未知数な部分はあるものの、世界最強のメタナイト使いと一部で言われていた。 バランス調整やファイターの追加を経て、クラウド・マルス・メタナイトの3体を使い分けプレイした。 いずれも世界最強という評価を受けている。 2017年1月4日、アメリカの新興eスポーツチームEcho Foxが彼と契約したことを発表。 また同時にMVGとも契約し、と同じ体制となった。 15歳の若さでこの大型契約を受けており、非常に期待度が高いプレイヤーであることが窺える。 その後2019年11月8日、Echo Foxは経営困難により解散。 それに伴いスタッフと所属選手は全員解雇となった。 アメリカのe-Sports団体Panda Globalが作成しているプレイヤーのランキング(Panda Global Ranking: PGR)では、v1の19位からv2では一気に8位まで順位を上げた。 なおこの順位は大会結果を元にのみ算出されたものであり、プレイヤー達のアンケート結果から算出されるランキングでは、に次ぐ第3位に位置している。 また、スマブラSP発売日に発表されたスマブラWiiU全期間の世界ランキングでは、に次ぐ第3位にランクインを果たした。 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 初期はアイク、ルキナ、ウルフなど様々なファイターを操り大会で好成績を残した。 その後DLC1体目のジョーカーが配信されるとそちらにメインを変更。 完全新キャラかつ、やや特殊な面を持つ性能ということもあり当初はあまり注目されていなかった中で彼は「Joker is broken ジョーカーは壊れている 」と発言するなど、ジョーカーのポテンシャルを一際高く評価している様子を窺わせた。 その言葉通りに配信後はほぼジョーカー単キャラで大会に出場し続けている。 そしてMomoCon 2019、Smash 'N' Splash 5、CEO 2019と参加者1,000人超規模の大会で立て続けに優勝し、その成績が認められアメリカのゲーミング団体Panda Grobalが2019年7月に発表したプレイヤーランキングPGRUの第1期では1位に君臨。 名実ともに世界最強のスマブラSPプレイヤーとなる。 この活躍によりジョーカーというファイターの強さを世界に証明し、そしてMkLeo自身の実力と先見性の鋭さを改めて知らしめる形となった。 その後8月に行われたでは、優勝候補筆頭と目されながら早い段階でに敗れる波乱があるも、その後TOP8を含むほぼ全ての試合をストレートで勝ち進む驚異的な強さを発揮し決勝戦に進出。 決勝ではPGRU2位である相手に敗色濃厚な試合状況下に追い込まれるもののあと一歩のところで凌ぎきり、最終的に3-2でリセットをかける。 リセット後は圧倒的な強さでそのまま3本連取し、参加者3492人の頂点に立った。 続いて同月8日から開催されたSuper Smash Con 2019でも、ウィナーズセミファイナルでに敗れルーザーズに落ちるも、、を倒し決勝へ進出。 ウィナーズで敗れたを相手に3-2でリセットをかけ、その後3-0のストレートで勝利するというEVO 2019を彷彿とさせる展開で優勝。 約3,000人規模の大型大会を続けざまに敗者側から優勝を果たす、卓越した対応力と強靭な精神力を見せつけた。 2GG: Kongo Sagaでは勝者側に座り続け、勝者側決勝でと対戦。 一進一退の試合展開を見せ2-2のフルセットに。 雌雄を決する5戦目も接戦となり、最後はMkLeoが辛勝。 またしても追い込まれた状況からの圧巻の逆転劇を魅せ、試合を観ていたに「LEO IS NOT HUMAN(Leoは人間じゃない)」と言わしめた。 最終決戦では、敗者側を制して再び登ってきたと激突。 スマブラSP発売1周年を締めくくる大規模世界大会決勝。 その舞台に世界ランク1位、2位として常に最前線を走り続けた両者が集結するという、まさにスマブラSPを象徴する決勝となった。 白熱した試合展開の末、MkLeoが優勝。 スマブラSPは発売1周年を経、第2期世界ランクの集計もKongo Sagaまでとなり次回から新シーズンを迎える。 この1年間で実に多くの大会が開催されてきたが、それらの最高峰であるStier大会は11を数える。 そのうち6大会の覇者となったMkLeo。 彼の 世界最強としての立ち位置は揺るぎないものとなり、今後もスマブラSPの競技シーンは「MkLeoを誰が止めるのか?」が焦点となることは間違いないだろう。 調整後、最初の大規模大会Frostbite 2020ではの操るマリオの前に0-3で敗退し、Top96という彼にしてはあまりにも早い位置で敗者側トーナメントに回ってしまう。 やはり弱体化の影響が大きいのかと囁かれる中、そこから凄まじいルーザーズランを見せた。 、、、、、、、という錚々たるプレイヤーを薙ぎ倒しの待つグランドファイナルへ進出。 メジャー大会初のメキシコ勢同士の決勝となったが、表側はMr. 裏でもジョーカーで2連勝を重ねた後、最後の1勝は新ファイターとしてリリースされたばかりのベレトで勝ち取った。 結果として表裏併せ6-0のストレートで制し、弱体化など物ともしないことを見せつけた。 その圧巻のルーザーズランを受け、大会後MkLeoとの親交が深いは「ジョーカーをナーフすることはできる。 しかしMkLeoをナーフすることはできない。 世界で最高のプレイヤーだ」と称賛のツイートを残した。 ルーツ 6歳の時に兄の持っていたスマブラXをプレイし始めたことが彼の始まりであった。 兄やいとこと共にプレイしていたが、8歳の時いとこからスマブラ大会のことを知り、一緒に地区の大会に出場した。 単純にスマブラをしたいという気持ちで登録、スマブラがメイン種目の大会ではなかったとはいえ、その大会で8歳にして優勝してしまった。 この時の勝利は運が良かっただけと思ったため、実力でどんどん強くなって勝ちたいと考えスマブラ大会の世界へ傾倒するようになる。 スマブラをプレイする中で最も助けになったのは家族やスマブラのコミュニティだと語る。 2人のいとこ達とは互いによくスマブラをし鍛え合い、彼らも、と名乗りメキシコの上位プレイヤーとして活躍している。 大会でも熱戦を演じ、度々MkLeoに勝つこともある良きライバルである。 兄のAngelももはや実力では彼らに及ばないが、一緒にトーナメントに行きプレイを支援している。 両親もゲームに対しよく理解を示しており、彼が大会で得た賞金は家族のために使っていると語る。 スマブラX時代も上位プレイヤーであったものの、forにおいて一気に才能が開花しメキシコ最強の位置を固めた。 転機は2015年でSmash Factor 4において、前哨戦のローカル大会では遠征に来たに敗北するものの本選では大差で勝利し優勝を果たす。 この時、実にまだ14歳での出来事である。 これにより海外でもその名が知れ渡ることになり、本人は今のスマブラ界では自分が一番強いのではないかと思うようになったという(流石に一番強いというのは思い上がりであったと後に訂正している)。 しかし、ビザを取得したことで本格的に海外遠征を行うようになってからは、世界の強豪達を次々に打ち倒して優勝を重ねており、彼をスマブラforの新たな王者とする向きも強い。 海外遠征 世界レベルのプレイヤー達と対戦するため遠征を希望するも、アメリカへのビザがなかなか取得できずにいた。 そんな中メキシコで2番手のプレイヤーであるが、アメリカの大会で活躍する日々が続いていた。 にメキシコ国内では何度も大差で勝利しているMkLeoに対して、海外からも遠征を望む声は大きく上がっていた。 2016年4月にはアメリカよりも取得が容易なカナダのビザを、スポンサーのSmash Factorの支援を得て取得。 世界レベルの強豪も遠征するカナダの大規模大会Get on My Level 2016に、Smash Factorのクラウドファンディングやらの支援を受け、初の海外遠征を果たした。 は母国語が同じであることから通訳を行ったりと、資金以外にも海外初遠征のMkLeoに対して大きな手助けをしてくれたと語っている。 結果は、に負け5位タイで終わるも、には3本先取で2本取るなど接戦を演じ、また海外トッププレイヤーのには勝利するなど海外大会でも十分な実力を持つことを示した。 2016年10月にはCanada Cup 2016にていとこのと共に再び遠征。 シングルスでも勝者側決勝、そして最終決戦でと全試合でフルセットとなる名勝負を繰り広げ、地元のを打ち負かし海外大会で初優勝を果たした。 また、とうとうアメリカのビザを取得したことをコミュニティで発表。 2016年11月にはTristateのトーナメントKTARへ初のアメリカメジャーへ遠征を行い、3位(勝者側で、敗者側でに敗戦)に入賞した。 その後、2016年12月に開催された2GGT主催のSagaシリーズ1周年記念大会、2GGT: ZeRo Sagaに出場。 勝者側でに敗れた後に驚異的なルーザーズラン(を3-1、を3-0、を3-1、を3-0、を3-0で破った)を見せ、Grand Finalでは最強フォックス使いとの接戦を制し見事優勝を果たした。 Genesis 4(スマブラWiiU参加者1000人超えの大会)では、ウィナーズファイナルでを打ち破り、その後を接戦で下し勝ち上がってきたをグランドファイナルで再び破って優勝した。 このように大会に出場する度に圧倒的な実力を披露しており、今後も活躍が期待されるプレイヤーである。 小ネタ 実年齢に比べて老け顔であることは、日本でも海外でも度々ネタにされる。 大会で10歳ほど年上のプレイヤーとの対決でもMkLeoの方が年上に見えたなどということもあった。 しかしインタビューの内容などを見ると話し方も若々しく、しっかり学校へ行きゲームと実生活のバランスを考えるなど年相応の少年であることがよくわかる。 今後の成長を見守りたいところである。 2020年初頭からTWICEをはじめとするK-popにハマり始めた。 韓国大手のT1との契約が発表されたのはそれからまもなくのことである。 Anime Expo Mexico TNT 2009 SSBB 優勝 2013年• Smash Factor 2013 SSBB 優勝(メタナイト) 2014年• Smash Factor 3 Project M 準優勝(ルカリオ、ミュウツー) 2015年• Thunderstruck 3 SSB4 優勝• Bring It! Smash Tier3 Volume 6 SSB4 準優勝• Hail Smash SSB4 優勝• Smash Pendiente XXIV SSB4 優勝• StreetBros SSB4 優勝• Smash Pendiente XXV SSB4 準優勝• Smash Pendiente XXVII SSB4 優勝• Get On My Level 2016 SSB4 5位(メタナイト、クラウド)• Smash Pendiente XXXIV SSB4 優勝• Smash Pendiente XXXV SSB4 優勝• Smash Pendiente 40 SSB4 優勝• Rio de Janeiro eGames Showcase 2016 SSB4 3位(マルス、クラウド)• Thunderstruck 4 SSB4 優勝• The Break Weekly 388 SSB4 優勝• The Break Weekly 389 SSB4 優勝• Ignition 60 SSB4 優勝• FNSD 26 SSB4 優勝• GGSW 11 SSB4 優勝• Smashfield Weeklies 68 SSB4 優勝• Mega Smash Mondays 81 SSB4 準優勝• Smash Pendiente 69 SSB4 優勝• Austin's Really Feeling It 16 SSB4 準優勝• Freezing Point: A Prelude to Frostbite SSB4 優勝• Smash 'N' Chill Weekly 7 SSBB 3位• Smash 'N' Chill Weekly 7 SSB4 優勝• League of Shadows Season 7 Weekly 09 SSB4 優勝• Mega Smash Mondays 91 SSB4 準優勝• Wednesday Night Fights Winter Season 1. 7 SSB4 優勝• KSB 2017 SSB4 優勝(クラウド、マルス)• Mega Smash Mondays 24 - The Lose Episode SSB4 準優勝• Wednesday Night Fights 2017 Spring Season 2. 5 SSB4 優勝• Mega Smash Mondays 100 SSB4 4位• Wednesday Night Fights 2017 Spring Season 2. 6 SSB4 優勝• CEO 2017 SSB4 準優勝(クラウド、マルス、メタナイト、カムイ)• Mega Smash Mondays 104 SSB4 3位• SSB4 65位(クラウド)• Weds Night Fights 2017 Summer Season 3. 3 SSB4 優勝• PAX Arena at PAX West 2017 SSB4 9位(クラウド)• IBP Masters Showdown SSB4 優勝(クラウド、メタナイト)• 2GG Championship SSB4 優勝(メタナイト、マルス、クラウド)• Mega Smash Mondays 124 SSB4 優勝• SSB4 優勝(マルス、クラウド)• ウメブラ ニコニコ闘会議2018 予選 Day1 SSB4 優勝(マルス、クラウド、メタナイト)• ニコニコ闘会議2018 SSB4 準優勝(マルス、メタナイト、クラウド)• Smash Masters League: Battle for Vegas SSB4 準優勝(マルス、ベヨネッタ)• Mexcombat SSB4 4位• Noods Noods Noods: Oakland Edition SSB4 優勝(マルス、ベヨネッタ)• Super Smash Bros. Invitational 2018 SSBU 準優勝(ベヨネッタ、ソニック、スネーク)• CEO 2018 SSB4 優勝(ルキナ、クラウド、ベヨネッタ、マルス)• Smash Mania 2 SSBU 優勝 2019年• Wednesday Night Fights 4. 12 SSBU 優勝• Mega Smash Mondays 176 SSBU 準優勝• Smash Ultimate Summit SSBU 優勝(アイク、ルキナ、ゲッコウガ、ウルフ)• 2GG: Prime Saga Kickoff SSBU 準優勝(ウルフ、マルス、ルキナ)• Smash Ultimate MVG Round-Robin 3 SSBU 優勝• ウメブラ Japan Major 2019 SSBU 33位(ジョーカー、ルキナ)• EGS Cup SSBU 準優勝(ジョーカー)• 闘龍門 極 18 SSBU 優勝(ジョーカー)• CEO 2019 SSBU 優勝(ジョーカー)• SSBU 優勝(ジョーカー)• S X 314 SSBU 優勝(ジョーカー)• Bit Master 7 SSBU 優勝(ジョーカー、ルキナ)• Smash Ultimate Summit 2 SSBU 優勝(ジョーカー、マルス)• Mega Smash Mondays 213 SSBU 準優勝• Wednesday Night Fights 3. 13 SSBU 優勝• Canada Cup 2019 SSBU 優勝(ルキナ、ジョーカー)• Soda Smash XVI SSBU 優勝• Smash'n'Sip 31 SSBU 優勝• Weicheischuppen Jr. 32 SSBU 優勝• 2GG: Kickoff - Kongo Saga SSBU 優勝(ジョーカー、ミュウツー、ルキナ、ワリオ)• MKSunday 62 SSBU 優勝• MK Leo vs Mr. R - Smash Factor 4 - Grand Finals - Smash Wii U• Top 32 - GOML 2016 - Liquid. Nairo vs. MkLeo• SF MK Leo vs TSM Zero GOML 2016• SF5 Smash 4 - dT Dabuz Rosalina, Olimar Vs. SF MK Leo Metaknight, Cloud SSB4 LF - Smash Wii U• SF5 Smash 4 - SF HDG MK Leo Marth, Metaknight Vs. R Sheik SSB4 Grand Finals - Smash Wii U• Genesis 6 SSBU - CLG VoiD Pichu Vs. FOX MVG MKleo Lucina Smash Ultimate Tournament GF リンク• Twitter• SmashWiki.

次の