くすみ 化粧水。 APPS化粧水ランキング|美白やニキビに効く厳選9選

【30代におすすめ】化粧水ランキング27選!30代女性の口コミや専門家の分析で比較!

くすみ 化粧水

読みたいところから読める目次• 1.くすみ対策で化粧水を使おうとお考えのあなたへ 「失敗で老け肌!くすみ対策の化粧水の正しい選び方の3つコツとは?」をお届けします。 年齢を重ねるごとに気になってくる。 くすみが目立つと、がなくなって、実年齢より老けて見られてしまうです。 そんなくすみは、エイジングケア世代の女性にとってはの敵。 なかでもがあると、表情まで暗く見えてしまいます。 だから、が大切ですね。 しかし目立ってしまえば、改善の対策が必要です。 といえば、すぐになどでのを思いつきますが、必ずしもだけが正解ではないのです。 なぜなら、一口にくすみといってもその原因やタイプによって対策の方法は異なります。 美白化粧水も対策の1つに間違いありませんが、で対策することで十分な場合もあります。 また、30代以上になればを使ったほうがよい場合もあります。 さらに、化粧水などでは改善できないタイプのくすみもあります。 つまり、あなたのくすみの原因に合ったお手入れをすることが、より短期間で効率よくくすみを改善する対策なのです。 くすみの改善のための全般的なお話は、でご紹介していますので、ここではだけに頼らないくすみケアのための化粧水の選び方や使い方に焦点をあてて、ご紹介します。 「くすみって美白化粧水以外でもケアできるの?何を選べばよいの? 」 「私のくすみは、どんな化粧水を選べばよいの?教えて欲しい!」 「オススメのくすみケア化粧水を知りたい!どんなアイテムがよいの?」 「エイジングケア化粧水で改善しないくすみの対策は?できることは?」 「くすみ対策の化粧水の使い方を知りたい!」 などが気になる方は、ぜひ、続きをお読みください。 また、くすみ対策を3分間で理解したい場合は、「」や下記の動画をご覧ください。 <3分でわかる!くすみのエイジングケア> <動画で見るくすみ対策> 寒いこの時期は要注意!くすみの原因と対策 <PR> 年齢に負けずにくすみを予防する! * * くすみのない肌は優しいクレンジングで始める! * * <この記事の大切なポイント>• くすみとは、肌が本来持っているはずのうるおいや透明感が失われ、顔全体が黄色や灰色っぽくなって、なんとなく暗く見える状態です。 この状態は老け顔にみえるので、化粧水をはじめスキンケアやエイジングケアで改善しましょう。 くすみの原因は、メラニンの蓄積、血行不良、肌の乾燥、ターンオーバーの乱れ、毛穴の汚れ、お肌の糖化、喫煙などさまざまあります。 そんなくすみには、化粧水などで改善できるものとできないものがあります。 お肌の糖化や血行不良、喫煙が原因の場合は、化粧水などの基礎化粧品だけでは改善しません。 くすみ対策の化粧水の1つは美白化粧水ですが、原因に応じて保湿や抗酸化などを考えることが大切です。 だから、保湿成分やエイジングケア化粧品成分を知ることも大切です。 くすみ対策は自分の肌に合う化粧水を選ぶことが大切です。 その3つのポイントは、高保湿成分を選ぶこと、エイジングケア化粧品成分が入っているものを選ぶこと、そして刺激成分を避けることです。 くすみ対策は化粧水を正しく使うことも大切です。 また、加えて美容液や保湿クリームなども必要に応じて使いましょう。 くすみの予防のためには、クレンジングや洗顔でメイクや汚れをしっかり落とすこと、紫外線対策も大切です。 さらに、美肌を意識したバランスのよい食べ物をはじめ、日常の生活習慣が大切です。 2.くすみの症状と原因 くすみ対策の化粧水について考える前に、くすみの症状と原因をおさらいしましょう。 1)くすみとは くすみは、その症状が多様なので、言葉で表現するのが難しい肌悩みです。 一般的には、肌が本来持っているはずのうるおいや透明感が失われ、顔全体が黄色や灰色っぽくなって、なんとなく暗く見える状態を指します。 困ったことにくすみは自分では自覚しにくいことが特徴です。 くすみのサインとしては、次のようなものがあります。 ファンデーションのノリが悪い気がする• が乱れている• している• 首よりも顔の方が暗いように感じる• やが感じられない いつものお肌と比較して、暗さや違和感を感じたら肌がくすんでいる可能性があります。 早めに原因を突き止めて、自分のや肌状態に合わせた対策をとっていくことが大切です。 2)くすみの原因を整理しょう くすみには主に7つの原因があります。 血液循環がうまくいくことで、適切にお肌まで栄養が届けられ老廃物が排出されるのです。 や、運動不足や睡眠不足などが原因で血行不良になると、リンパの流れも滞りを引き起こします。 結果、が乱れ、顔から赤みが失われ顔全体が暗くなりくすむことがあるのです。 はこのパターンが多くなります。 血行不良によるくすみは、青ぐすみとも呼ばれます。 疲労が蓄積するケースもあります。 また、慢性的な肩こりなどに悩まされている人は、血液の循環が悪くなり、青ぐすみになりやすいのです。 このタイプのくすみにはも効果的です。 とくに、がないように工夫したり運動習慣を取り入れるなど、ことも効果的です。 メラニンは紫外線から肌を守るためにつくられるものなので、本来は、「悪者」ではありません。 通常なら、肌のターンオーバーに伴って自然に排出されます。 しかし、紫外線ダメージが大きいなど何らかの原因でターンオーバーが乱れ、排出が遅れたりできなくなります。 それが、シミとなってお肌がくすむのです。 はこのパターンが多くなります。 これは、肌のキメが整い自然なうるおいがあることで、光を均等に反射して瑞々しく見せてくれているのです。 反対に、肌が乾燥することでキメが乱れると、肌がデコボコしてしまい、細かい影が生まれて全体的にくすんで見えてしまいます。 つまり、です。 や、の人は特に注意したいタイプのくすみです。 特に、乾燥肌の場合は、日中の紫外線ダメージやを受ける夕方になってからくすみが目立つこともあります。 乾燥肌の方は、が低下してが未成熟な場合が多く、外的刺激を受けやすい状態に。 夕方になって乾燥から肌を守るためにが増加し少しうるおいが生まれると、逆にそれまで目立たなかったメラニン色素が見えて、急にくすんだように見えてしまう場合があるのです。 や冬のくすみは、血行不良に加えて乾燥肌が原因であることが多くなります。 古い角質は自然に剥がれ落ちる仕組みが機能しているのです。 しかし、肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が肌表面に残ったままになり、の状態となります。 その結果、肌がごわついたり、褐色がかった灰色にくすんで見えてしまうのです。 ターンオーバーが促進されすぎの場合もくすみを引き起こします。 この場合は、未熟なが肌の一番上のに上がってしまい、キメが乱れるのです。 ターンオーバーの乱れは、血行不良やメラニン色素によるくすみを同時に引き起こしやすいという特徴があります。 やによるくすみは、このパターンが多くなります。 からだを毎日洗うように、何もしないと肌にホコリや汚れ、また分泌された皮脂などが付着したままになります。 特に顔は、をするので、化粧品が日中しっかり肌に付いています。 しっかりやをしたつもりでも、メイク落としが不十分だったり、過剰分泌された皮脂などが鼻の毛穴に詰まっていると、くすみの原因になります。 さらに、メイクがしてが過度に大きくなっても目立ってしまいます。 肌全体が健やかな状態を保てるように、日々お手入れすることが大切です。 毛穴の汚れによるくすみは夏に多くなります。 体内の余分な糖質とたんぱく質が結びつきAGEs(最終糖化生成物)という原因物質に変化することで引き起こされます。 AGEsが黄褐色なので、肌が黄色や茶色っぽく見えてしまうので、糖化によるくすみは、と呼ばれます。 糖化は、を早めてしまう可能性があり、の観点からも対策が必要と認識されています。 甘いものや炭水化物などの糖質を控えることが大切で、主に食生活の見直しをすることが鍵になるといえるでしょう。 糖化によるくすみを改善してくれるはいまのところありません。 また、肌の老化が原因で角質肥厚が起こり、くすみが生じることもあります。 からだの老化を促進させてしまうため、くすみ以外にもや、などさまざまなエイジングサインを引き起こします。 いつまでも若々しい肌を保ちたいという方には、禁煙をオススメします。 また、他人のタバコの煙を吸い込んでしまう受動喫煙も美容や健康を害するリスクになるため、十分に注意しましょう。 喫煙と肌の老化の関係については、「」をご覧ください。 3.くすみ対策の化粧水の選び方の3つのコツ 1)くすみ対策の化粧水の選び方の基本 いま、くすみの原因を確認してきましたが、化粧水やスキンケアアイテムで対策できるくすみは、次の4つです。 乾燥によるくすみ• 毛穴の汚れによるくすみ• メラニンの蓄積によるくすみ• ターンオーバーの乱れによるくすみ がありますが、乾燥肌やターンオーバーの乱れは、が対策の中心となるので保湿化粧水で対策することが基本です。 毛穴の汚れは、化粧水以前にやでしっかり汚れ落とし、を防ぐことが大切です。 を選びましょう。 また、くすみ対策の化粧水でも、と同じく酸化を防ぐことが大切。 だから、抗酸化作用のある成分を配合したエイジングケア化粧水を使うことが基本です。 メラニンの蓄積の対策は、医薬部外品である美白化粧品で対策することが基本です。 また、ターンオーバーが遅くて角質肥厚などがある場合は、も選択肢になります。 しかし、やグリコール酸などが含まれているので刺激が強く、エイジングケア世代の方や、などの方にはオススメできません。 続いて、くすみ対策の化粧水の選び方の3つのコツをご紹介します。 2)刺激性のある成分を避けてくすみ対策の化粧水を選ぶ くすみ対策の化粧水の選び方の1つ目のコツは、刺激成分を避けることです。 どんな原因のくすみであっても自分の肌質に合わない化粧水は使えません。 やならどんな化粧水でも大丈夫な場合が多いのですが、乾燥肌、、インナードライ肌、、敏感肌の方は、刺激のある成分に注意が必要です。 また、普通肌や脂性肌でもエイジングとともにお肌は乾燥肌傾向になります。 だから、では、刺激のある成分に注意が必要なのです。 もちろん、やではより優しさを重要視することが大切です。 だから、エイジングケア世代やの方は、を選ぶことをオススメします。 気をつけたい成分としては、アルコール、AHA フルーツ酸 、、、鉱物油などの刺激性のある成分です。 くすみのエイジングケアのためには、がオススメです。 また、は、さまざまなはたらきがあるのでくすみ対策に使いたいよいエイジングケア化粧品成分ですが、高濃度の場合には刺激になるリスクが高まるので要注意です。 さらに合成香料や合成着色料などもくすみケアには役立ちませんから、これらががオススメです。 をチェックして刺激性のある成分は避けるようにしましょう。 3)くすみ対策の化粧水で使いたい保湿成分 くすみ対策の化粧水の選び方の2つ目のコツは、保湿力の高いを配合したものを選ぶことです。 原因が何であれ、くすみを改善する上で保湿はとても大切です。 そのため保湿化粧水はもちろんのこと、エイジングケアケア化粧水にとっても保湿力は大切です。 するくすみ対策によい水溶性の保湿成分をご紹介します。 に匹敵する高い保湿力があります。 また、)に近いはたらきによって、やヒアルロン酸を増やすサポートをすることがわかっています。 もともととても高価な成分でしたが、鮭の鼻軟骨から抽出することができるようになり、供給と価格が安定することで化粧品やサプリメントにも使われるようになりました。 刺激がないので、くすみ対策にやはオススメです。 ただし、ヒアルロン酸などより高価なことから、プロテオグリカン配合の化粧水は高価な傾向にあることがデメリットです。 ヒアルロン酸は、主に肌のにありますが、一部、表皮の奥にもあります。 ただし、外部からヒアルロン酸入り化粧水を塗っても真皮にまでヒアルロン酸を届けてくれるわけではありません。 化粧水に入っているヒアルロン酸は、肌の角質層をうるおわせ、水分量の保持をサポートする役割があります。 分子量の違いなどで大きくは、次の3つがあります。 ヒアルロン酸ナトリウム• 加水分解ヒアルロン酸 低分子ヒアルロン酸• アセチルヒアルロン酸 スーパーヒアルロン酸 ただし、になるので注意しましょう。 、、動物由来のコラーゲンなどがあります。 コラーゲンは、肌にうるおいを与えるだけでなく、うるおいをキープして肌を瑞々しく保つ効果があります。 通常のコラーゲンは、分子が大きいため角質層に浸透しにくいですが、肌の表面に留まりうるおいのある肌を保持してくれます。 ナノ化したコラーゲンは、角質層まで浸透して保湿力を発揮します。 コラーゲンは、乾燥によるくすみ対策の化粧水に使いたい成分です。 ただし、化粧水に配合されるコラーゲンが真皮にあるお肌のコラーゲンになるわけではありません。 ほかにも、コラーゲンに似たはたらきをする保湿成分にがあります。 などは油溶性なので、化粧水よりもやとして使うほうがおすすめです。 しかし、植物由来のセラミドであるは水溶性の成分なので、としてもオススメの成分の1つです。 また、くすみ対策の化粧水の基本成分として、、、などがあります。 4)くすみ対策のエイジングケア化粧品成分 くすみケアの化粧水の選び方の3つ目のコツは、エイジングケアに着目した成分配合のものを選ぶことです。 そんな成分をご紹介します。 331.26ダルトンという小さな分子で、角質層に浸透して水分を保持するはたらきがあります。 ナールスゲンには、コラーゲン、エラスチン、、を増やすはたらきがあり、肌本来の力を十分に発揮させることで、毛穴で目立つくすみも予防できます。 また、保湿作用、お肌表面でを増やす作用、の抑制作用も認められています。 さらにビタミンCとの相乗効果で、コラーゲンの産生がさらに高まることが確認されています。 ナールスゲンとビタミンC誘導体がともに配合されたエイジングケア化粧水がオススメです。 だから、くすみをはじめさまざまなエイジングサインの原因に総合的に作用してくれる成分といえます。 ビタミンC誘導体は、、、があります。 エイジングケア化粧水には、水溶性ビタミンC誘導体や両親媒性ビタミンC誘導体が配合されます。 多くのメリットのあるビタミンC誘導体ですが、保湿力は弱いので、合わせて保湿成分が入っている化粧水を選ぶことがオススメです。 また、刺激性があることもデメリットの1つです。 コラーゲンやエラスチンの産生を促す作用があるので、くすみ対策以外でもほうれい線対策のエイジングケア化粧品などに配合されます。 若さのコラーゲンと呼ばれるを増やすことから、注目が集まっている成分です。 美白作用の他にも保湿、血行促進、新陳代謝促進など、多彩な作用があります。 プラセンタエキスは、馬、豚、羊の胎盤(プラセンタ)から抽出した成分で、、ビタミン、ミネラルなどが豊富です。 は、油溶性成分なので化粧水には不向きですが、リン酸を加えて改良し、水溶性の性質も持たせたのが、です。 いま、紹介した以外でもフラーレン、アスタキサンチン、ナイアシンなどもくすみ対策に使いたいエイジングケア化粧品成分です。 4.美白化粧水でくすみ対策 1)美白化粧水によるくすみ対策とは? メラニンの蓄積によるシミやくすみには、美白化粧水を使う方法も選択肢の1つです。 しかし、美白化粧水でくすみやことはできません。 また、もとの肌以上に白くすることもできません。 美白化粧水は、厚生労働省が認めた美白成分を配合したものですが、それでもその効果の範囲は、次のように限られています。 したお肌を本来の色に戻すこと• いまあるシミ・を目立たなくすること• シミ・そばかすを予防すること つまり、美白化粧水の効果は、あくまで予防なのです。 2)くすみ対策の美白化粧水の成分 メラニン色素がつくられるプロセスを、どこかの段階で抑えるのが美白成分のメカニズムです。 カモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHAなどがあります。 ビタミンC誘導体、ダエダリンA、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、トラネキサム酸、油溶性甘草エキス(グラブリジン)などがあります。 マグノリグナン、リノール酸などがあります。 D-メラノTMが、受け渡しブロック型の美白成分です。 また、トラネキサム酸やマグノリグナンは、の治療薬としても使われます。 3)美白化粧水を選ぶポイント 美白化粧水は、美白成分が含まれているので医薬部外品(薬用化粧品)です。 そのなかでも、オススメは ビタミンC誘導体やプラセンタエキスを配合したものです。 その理由は、美白作用以外にもエイジングケアの効果も発揮すること、また美白のメカニズムとして白抜けなどのリスクが小さいことです。 このほか、美白成分以外の保湿成分にも着目して選ぶことも大切です。 5.オススメのくすみ対策の化粧水 くすみ対策でが、。 ナールスピュアは、くすみのエイジングケアを考える方なら、どなたでも使っていただけるです。 くすみ対策だけではく、しわやほうれい線、などエイジングサインの予防対策にピッタリなエイジングケアローションです。 また、であり、界面活性剤などがです。 その特徴は、次のとおりです。 ナールスゲンを推奨濃度で配合することによって、しっかりお肌に浸透し、エイジングケアをサポート• 両親媒性ビタミンC誘導体APPS アプレシエ 配合による美肌効果• 高保湿成分プロテオグリカン配合による高い保湿効果• ビタミンE誘導体配合でなどを防ぐ• アルコールフリー、香料・着色料・鉱物油などが無添加、面活性剤完全フリー こうした特徴は、くすみ対策の化粧水を選ぶ3つのポイントをすべてカバーしています。 つまり、ナールスピュアはくすみ対策にピッタリです。 ほかのくすみ対策のおすすめの化粧水は、「」を参考にしてくださいね。 なお、さまざまな化粧品成分のはたらきは、次の表を参考にしてください。 <エイジングケア化粧品成分とその効果> 6.くすみ対策の化粧水の使い方 1)化粧水をつける順番と使い方の基本 くすみ対策の化粧水の選び方と同時に大切なのが使い方です。 まず、化粧水は洗顔やクレンジング後のまっさらな状態でつけましょう。 どんなによい成分が含まれていて自分に合った商品でも、正しく使えていないと、逆効果となります。 化粧水を選んだら、正しい使い方をするように意識しましょう。 肌に浸透できる量には限りがありますので、化粧水を多めに使ったからといって効果が高まるとは限りません。 むしろ使い過ぎはになりますので、気をつけましょう。 化粧水の使い方については、「」で詳しくご紹介していますので、ここではポイントをご紹介します。 また、化粧水の使い方は、次の動画も参考にしてください。 <化粧水の使い方の動画> 2)エイジングケアならコットンよりハンドプレスを エイジングケア世代の方がくすみ対策を行う場合、ことをオススメします。 なぜなら、手を使うことでお肌の状態をいつもチェックできるからです。 また、化粧水をつけた後は、することもオススメです。 ハンドプレスする場合は、きつく押し込めるのではなく、デリケートな肌を労るように優しい力加減でじんわりと浸透させましょう。 3)ごわつきが原因のくすみは化粧水パックを でくすんでいる場合は、がオススメです。 化粧水パックは、と同じ密閉効果によって、美容成分をお肌の奥まで届ける方法です。 それでも、お肌のゴワゴワが気になる場合は、化粧水の前にを行うこともよい方法です。 くすみ対策の酵素洗顔は、「」も参考にしてくださいね。 4)パッティングを控えめに でつける方法はくすみ対策にメリットとデメリットがあります。 メリットは、次のとおりです。 化粧水をより深くまで浸透させることができる• 血行が改善する• 毛穴が引き締まる しかし、デメリットとして、摩擦や刺激が強くなってお肌にダメージを与えるリスクもあります。 エイジングケア世代の方には、化粧水のパッティングは控えめにすることをオススメします。 5)イオン導入も上手に取り入れる ターンオーバーを改善してくすみを解消するには、もよい選択肢になります。 ビタミンC誘導体、アミノ酸、ナールスゲン、プラセンタエキス、トラネキサム酸などは、分子量が小さく電流でマイナスイオン化するので、の1つであるを使ってお肌の角質層の奥、あるいはそれ以上まで届けることができます。 先ほど、くすみ対策にオススメとしてご紹介したナールスピュアは、です。 ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか。 一方、バリア機能が低下していたり、濃度の高いビタミンC誘導体化粧水の場合は刺激を感じてしまうリスクもあります。 エイジングケア世代では、お肌も薄くなっているので、イオン導入は慎重に行いましょう。 7.くすみのケアは化粧水だけでなく美容液や保湿クリームも使おう くすみを改善する上で保湿はとても大切ですが、化粧水だけでは不十分な場合があります。 なぜなら、化粧水は水溶性の保湿成分を中心に配合するため、に近いはたらきの油溶性成分 で水分の蒸発を防ぐことは不得意だからです。 どんなくすみ対策の化粧水でも、化粧水だけで保湿が完結しないことを理解しておきましょう。 だから、くすみ対策は化粧水だけではなく、美容液や、保湿クリームも使うことが必要なのです。 エイジングケア世代の方は、美容液や保湿クリームで、セラミドをはじめ、やなどの油溶性の保湿成分も補ってくすみ対策をより強化しましょう。 や保湿クリームは、やだけではなく、しっかりと成分をチェックしてくださいね。 8.まだある!くすみの対策 1)生活習慣に気を付けよう くすみ対策は、化粧水などエイジングケア化粧品だけではなく、で予防することが大切です。 特に、黄ぐすみは、糖化が原因なので、糖分の多いお菓子や清涼飲料水、揚げ物や炒め物を控えめにすることで予防が可能です。 3大栄養素をはじめ、ビタミンやミネラルなど、バランスのよいをきちんと摂ることを心がけましょう。 まず、内側から、、抗酸化作用のある食材や栄養素を積極的に摂りましょう。 また、も大切です。 を豊富に含む食べ物でを防ぐことも美肌にプラスです。 ほかにも、適度な運動なども大切です。 2)紫外線対策でくすみ予防 紫外線もシミによるくすみの原因です。 また、乾燥やお肌の酸化をもたらします。 だから、はくすみの予防の基本です。 春や夏だけでなく、秋やを行いましょう。 また、ことも大切です。 さらに、として、ビタミンACEを含むや野菜などを摂り入れましょう。 ビタミンC誘導体やビタミンE誘導体を配合したをお出かけ後に使うことも紫外線によるくすみの予防が期待できます。 9.まとめ くすみの症状や原因をまとめるとともに、くすみを改善するための化粧水の選び方や使い方をご紹介しました。 くすみと一口にいってもその原因はさまざま。 美白化粧水もその対策の1つですが、保湿も大切です。 ご自分のくすみがどんな原因なのかをしっかり把握した上で、その原因にアプローチする化粧水を選びましょう。 また、くすみは化粧水だけで改善しない場合もありますので、そのほかのアイテムでエイジングケアを行ったり、生活習慣の改善など内側からの対策も実施しましょう。 からだや肌の老化を完全に止めることはできませんが、スキンケアなどを工夫することでスピードをゆるやかにすることは可能です。 年齢を重ねても美しい人は存在します。 自分がどのような肌を目指したいのか考えておくと、日ごろのケアを無理なく続けることができるでしょう。 この記事「失敗で老け肌!くすみ対策の化粧水の正しい選び方の3つコツとは?」が、エイジングケア世代の肌悩み解消のお役に立てば幸いです。 (執筆:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭) 京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。 医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。 (編集・校正:) 大学卒業後、アパレルの販促を経験した後、マーケティングデベロッパーに入社。 流通関係を中心にマーケティングプランやPB商品の開発等を担当。 1990年よりフリーとなり、飲食関連のコーディネート、企業広報誌や医療・健康関連情報誌のライティングやコスメ関係のブログ記事発信など、仕事の領域を広げつつ現在に至る。 ナールスブランドのエイジングケア化粧品には、開発段階から携わり、最も古い愛用者の一人。

次の

顔のくすみの原因は?

くすみ 化粧水

記事の目次• 肌がくすむ理由 肌のくすみは美人の大敵。 くすんでいるだけで、あなたの魅力を半減させてしまいます。 くすみの原因には、実はさまざまな理由があります。 不健康で疲れているように見えやすく、あなたを老けた印象に見せてしまいます。 乾燥によるくすみもまた、あなたを老けた印象に見せてしまう怖いくすみの原因です。 【糖化】といって、 糖質 ごはん、麺類、砂糖など を過剰摂取することにより糖とタンパク質が結びついて顔を黄色っぽく見せてしまうのです。 肌の中にいらないものがたくさん溜まっている状態ということです。 これがメラニン型くすみの原因です。 これは「化粧やけ」「油やけ」ともいわれています。 化粧やけは化粧品に含まれている油のすべてが原因となるわけではありません。 古くなった化粧品や鉱物油が含まれている化粧品は、化粧やけを起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。 汚れをしっかりと落とすクレンジングや肌の潤いを保つ化粧水などで、毛穴が目立たないようにケアしましょう。 このように、肌のくすみの原因はさまざま。 しかし、失われた透明感をどうにかして取り戻したいですよね。 そのためにはまず、スキンケアから正しい対策を行いましょう! 化粧水を選ぶときのポイント 化粧水なら何でも良いわけではありません。 きちんとくすみに効果が期待できる化粧水を選ぶことがポイントです。 美白成分配合の化粧水を選ぶ:アルブチン・ビタミンC誘導体・カモミラETなど 美白成分の入った化粧水は、 日中受けた紫外線のダメージをフォローしてくれます。 メラニンの生成も抑えてくれるので、シミやそばかすの発生やメラニン型くすみを防いで透明感を引き上げてくれます。 アルブチン・ビタミンC誘導体・カモミラETなどが成分に表示されているかチェックしましょう。 保湿効果の高い化粧水を選ぶ:ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸など 乾燥によるくすみの度合いが強いなら、まずは肌を保湿するのが1番。 肌の水分をたっぷり蓄えれば、その水分が光を反射してツヤ感のある肌に見せてくれます。 ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸などが成分に表示されているかチェックしましょう 低刺激タイプを選ぶ 肌が乾燥しているとバリア機能が低下して敏感になり、刺激を受けやすくなる可能性があります。 化粧品に含まれている添加成分や香料、防腐剤などが多く含まれている化粧水には注意しましょう。 また、普段使いなれていない化粧水も肌に過剰な刺激を与えてしまう可能性があります。 肌が乾燥して敏感になっているときは肌に刺激を与えないようにしましょう。 ナノ製法のものを選ぶ 肌のくすみをなくすためには、化粧水の成分はもちろんのこと皮膚の角質層の奥まで浸透することが重要です。 どんなに高い保湿や美白効果が期待できる成分を含んでいる化粧水でも、肌表面に乗るだけでは意味がありません。 「ナノ」や「低分子」と記載されている、肌に浸透しやすい化粧水を選びましょう。 HAKU アクティブメラノリリーサー 潤いのある透明感溢れる肌に導いてくれる拭き取り化粧水です。 美白成分4MSK 4-メトキシサリチル酸カリウム塩 が配合されていて、くすみの原因となるメラニン生成をブロック。 詰替用レフィルも販売されています。 内容量は100mlで約3週間の使用が可能です。 アクアレーベル ホワイトアップローション くすみ対策に優秀な化粧水なのに、なんと1000円台のプチプラで買えてしまうんです。 使うたびにお肌が潤い透明感を増していくので、ぜひリピ買いして長く使い続けてほしい化粧水です。 フィルムメーカーならではの独自な視点で美容業界へ切り込みます。 美白成分であるアルブチンやうるおい成分であるコラーゲンなどが配合。 肌の角質層まで浸透するので、くすみ肌に悩んでいる方にぴったりです。 ポーラ B. Aローション ポーラから発信される最高峰ブランドB. POLAスキンケアの真髄「バイオアクティブ理論」が息づいた新次元のスキンケア。 肌と一体化するように染み渡り、底から持ち上げたかのようなふっくら潤いハリのある肌に。 リッチな使い心地を実感することができます。 また、ポーラオリジナルの保湿成分で黄金繭から抽出されたという「ゴールデンLP」が配合されていて、 高い保湿効果が期待できる化粧水です。 サエルホワイトニングローションコンセントレート 美白成分や保湿成分はもちろんのこと、肌のくすみの原因のひとつである血行の悪さを改善してくれる成分も配合されています。 これは「ジンセンX」といい、 ストレスによって低下した皮膚温を上げて血行を促進する効果が期待できるといわれています。 エリクシールホワイトクリアローションC コラーゲンと美白成分4-メトキシサリチル酸カリウム塩が配合され、 明るくうるおった肌に導いてくれる化粧水です。 アクアフローラルの香りが心をリラックスさせてくれるので、ストレスを感じている人にはぜひ試していただきたい化粧水。 さっぱり・しっとり・とてもしっとりの3種類あり、それぞれ独自の浸透技術で肌の角質層までしっかりとうるおいで満たしてくれるでしょう。 キュレル 美白化粧水 花王キュレルの美白ケアシリーズ。 L-アスコルビン酸 2-グルコシドという美白成分がシミやそばかすを防ぎ、うるおい成分のユーカリエキスは肌の角層奥までじっくり浸透するといわれています。 化粧水がしっかり浸透してくれるので肌荒れを防ぐこともでき、 うるおった透明感のある肌をキープしてくれるでしょう。 米肌 澄肌美白化粧水 お米由来の保湿成分と発酵の力で、角層をなめらかに整えてくれることが特徴の化粧水。 美白成分として有名なビタミンC誘導体が配合されています。 さいごに 肌のくすみには、血行不良や乾燥、糖化、メラニン、化粧やけや毛穴の汚れなどさまざまな原因があります。 美白成分や高い保湿効果が期待できる成分が含まれているものや低刺激のタイプ、ナノ製法でつくられた化粧水を選ぶのがおすすめです。 それぞれの肌のくすみにあった化粧水を選んで、みずみずしく透明感あふれる肌を目指しましょう。

次の

くすみ化粧水おすすめ口コミランキング2019~原因別くすみケアで美白と透明感を手に入れよう~

くすみ 化粧水

【目次】 ・ ・ ・ 拭き取り化粧水とは?どんなメリットがある? 古い角質をとる 拭き取り化粧水とは一般的に、洗顔後にコットンになじませて顔を拭き取るタイプの化粧水のことを言います。 保湿が目的ではなく、クレンジグや、洗顔などで落としきれない汚れや古い角質をオフできるアイテムとして人気があるようです。 くすみやゴワつきをオフする 拭き取り化粧水で角質ケアすることで、くすみやゴワつきを減らし、肌断捨離が可能。 肌に残ったいらないものを捨てることで、ツヤ肌を取り戻すことが期待できます。 肌がやわらかくなり透明感が出る トータルビューティアドバイザー・水井真理子さんは、角質ケアすることで、肌に透明感が生まれると言います。 「アラフォーになると角質が溜まっていく感じがひしひし。 週に2回の拭き取り角質ケアをルーティンにしています。 肌のやわらかさや透明感が違う。 夏は皮脂の分泌が多く角質が溜まりやすい小鼻や眉を重点的に拭き取ります」(水井さん) 乾燥肌の人におすすめ 水井さんや皮膚科医の慶田朋子先生は、与えても乾いてしまうのは、角層の代謝の遅れが原因だと言います。 「これは、水分や油分を与えて潤すケアとは異なり、肌自体の潤いを抱え込む力を育てるお手入れです。 肌の表面にある角層は日々少しずつ、最も上にある細胞が自然に剝がれ落ちて下から新しい細胞が押し上げられるという代謝を繰り返しています。 この過程でセラミドやNMFといった潤いの元がつくられるのですが、加齢によって代謝が遅れると、それらの産生量も減ってしまいます」(慶田先生) 「角層に不要な細胞がとどまって厚くなっていると、与えた潤いの吸収も悪くなります。 普通の洗顔では角質まで落とせないので、自分のお手入れに組み込みやすい角質ケアアイテムを取り入れて」(水井さん) 拭き取り化粧水で古い角質をオフするということは、次に使う化粧品のうるおい吸収をあげ乾燥を防いでくれる、と言えるかもしれませんね。 拭き取り化粧水を使うときに注意すること 摩擦は厳禁! 拭き取り化粧水を使うときは、コットンになじませ一方方向に拭き取ることが原則。 摩擦を起こしやすくなるので、往復はしないで。 おすすめの拭き取り化粧水 イプサ リファイニングローション (右)イプサ リファイニングローション 150ml ¥7,500 ごわつく肌をほぐしてくれる拭き取り化粧水。 次に使うスキンケアのなじみもアップさせてくれる。 ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ プレソリューション ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ プレソリューション 150ml ¥13,500 グリコール酸やサリチル酸を組み合わせた、角質ケアローション。 拭き取るだけで穏やかに肌を磨くことができる。 アルコールフリーで刺激が少なく、保湿成分も配合されているので、乾燥肌の人にも安心して使える。 洗顔で落とし切れなかった汚れを、コットンでオフして。 肌の奥までうるおいが浸透し、もっちりなめらかな状態に。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の