挨拶文 梅雨。 梅雨にぴったりの挨拶文を紹介!ビジネスの手紙で使える文例は?

7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

挨拶文 梅雨

時候の挨拶は数あれど、梅雨にも挨拶の仕方ってあるのでしょうか?いざ、お得意先にメールを書こうとしたときにふと考え込んでしまう人は少なくないようです。 下手な挨拶文を書いて先方に不愉快な思いをさせないためにも、しっかりとした一般常識を身に着けておきたいですよね。 今回はビジネスメールで梅雨の挨拶文をどう書けばよいのかお伝えしていきたいと思います。 blogspot. あまり聞き慣れないかも知れませんが、暑中見舞いと同じように梅雨見舞いという言葉もあるくらいですので。 この際、大人として社会人として恥ずかしくない挨拶・文章を書けるよう参考の一助になれば幸いです。 ビジネスメールに使える梅雨時期の文例 梅雨時の挨拶文ですが、多種多様なものがあります。 ビジネスメールにも十分に活用できますので、状況やご自身・先方のご年齢などに合わせて使い分けて頂ければと思います。 そんな梅雨走りのときに使える文例です。 ・梅雨入りも間近となっておりますが、どうかご自愛なされてください。 ・長雨の季節でもありますので、お体にはくれぐれもお気をつけくださいませ。 ・梅雨明けを心待ちにする毎日、どうかお元気で過ごされますよう。 ・若々しき木々の葉が生い茂るこの頃、社業の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。 kokoro-fire. ビジネスメールでは簡潔なものが好まれるという意見もありますが、文頭にちょっとした季語や気遣いの文言が入っているだけでも相手への印象は変わってきます。 相手や状況にも依存しますので、その時々に応じたメールを送ってみるとよろしいでしょう。 気遣いのできる人だと感じてもらえれば、相手との関係が良好になることは間違いありませんよ。

次の

梅雨にふさわしい挨拶文を手書きで!誰にでも伝わるジャンル別編

挨拶文 梅雨

梅雨明けは6月下旬から7月上旬にあたる。 この時期はジメジメした梅雨がようやく明け、夏の到来を感じさせる。 夏らしさを表現する挨拶や文章で、梅雨明けの明るい気分を演出したい。 この時期に使える漢詩調の挨拶には、「梅雨晴れの候」や「短夜の候」などがある。 雨が長く降り続いている場合は、「霖雨の候」という挨拶も使える。 「霖雨の候、日差しが恋しく感じられますが...... 」などといった書き出しで使うといい。 ちなみに、夏至の期間であれば「夏至の候」といった表現もふさわしい。 口語調の場合は「梅雨明けの待たれる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか」や、「梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが...... 」などの表現が使える。 「梅雨明けも間近のようです」という短い表現も使いやすいだろう。 6月下旬から7月ごろになり梅雨が明けると、いよいよ夏本番だ。 この時期は夏らしさを表す挨拶を使い、相手に梅雨明け後らしいさわやかな印象を与えよう。 漢詩調の場合、「向暑の候」という表現は6月全般で使える。 「晴天続く向暑の候...... 」といった書き出しで始めるのもいいだろう。 7月であれば「盛夏の候」や「仲夏の候」といった挨拶も使える。 梅雨明け後に口語調で挨拶を入れる場合、「いよいよ夏本番を迎え、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます」や、「吹く風にもいよいよ、夏めいたものを感じるころとなりました」などがおすすめだ。 結びの文章には「暑さ厳しい折、皆様のご健康をお祈り申し上げます」などの表現を使い、キレイにまとめよう。

次の

結びの挨拶(6月・水無月)

挨拶文 梅雨

「改まった手紙」に適した結びの挨拶• 梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。 何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 爽やかな初夏のみぎり、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 季節の変わり目でございます。 何卒お身体おいといください。 梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 梅雨寒の時節柄、お身体を崩されませぬよう、どうかご自愛専一にお過ごしください。 「親しい人への手紙」に適した結びの挨拶• 梅雨空が続きますが、健康には十分ご留意ください。 長雨のうっとうしい季節ですが、雨に映える紫陽花など眺めながら、心穏やかに過ごしましょう。 梅雨冷えの肌寒い日もありますが、風邪など引かれませんように。 梅雨入りのニュースが気になる頃です。 くれぐれもお身体を大切に。 夏本番まであとわずか。 楽しい計画をお立てください。 季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 日増しに暑くなってきますが、お互い元気に爽快な夏を迎えましょう。 蒸し暑い毎日ですが、どうかお体大切に。 スポンサーリンク.

次の