元 nhk アナウンサー 男性。 フリーアナウンサー

NHK男性アナウンサー一覧&おススメPickUP

元 nhk アナウンサー 男性

概要 [ ] 社員・職員として放送局に所属せずに、アナウンサーの仕事をする人のこと。 この場合の「フリー」は、放送局と直接の雇用関係がないことを指す。 完全なでなく、人材派遣事務所や芸能事務所などに所属している者もこう呼ばれる。 個人で活動する人もいるが、多くはやに所属する。 社員・職員として所属するアナウンサー(通称:局アナ)と区別するため、(フリー)やとも呼ばれる。 局アナと違い出演する放送局が限られずCM出演も可能となる一方、仕事の量は人気・所属事務所の力量次第のため雇用・仕事量が不安定である。 特に(21年)に入ってからは、放送局がテレビのデジタル化によるコスト増、不況・多メディア化による広告収入減でキー局ですら赤字を計上しているためその対策として人件費削減に乗り出しており、それまでフリーアナウンサーを使っていたところを社員・職員に置き換える動きが目立っている。 だが、放送局によっては社員・職員でも給料や昇進を巡って扱いが悪くなっているところもあるとされ、この不況下においてもフリーへの転身を決める者もいる。 『』2011年10月23日号 特大号によれば、局アナはフリーになれば利益還元率が非常に高いでもあるとされ、人気がなくなっても、芸能事務所にとっては結婚式の司会などを地味にこなさせれば年間数千万円の売上げが見込める存在でもあるという。 また、放送局側からは安く使える局アナを避けて、あえてフリーアナウンサーを番組のメインに起用することについて、「番組内で不祥事があった時にそのメインであるフリーアナウンサーの責任にして局側は上手く逃げやすい」というメリットがあるとされる。 自前の人材を持たないのニュース・スポーツ専門チャンネルやなどが増加したことで、テレビ・ラジオ以外でもフリーアナウンサーの需要が高くなってきているが、そのほとんどがに拠点を持っていることもあることから地方局のアナウンサーがを目指すケースも多くあり、競争は激しい。 また、結果的に生活のため転職を迫られるケースも少なくない。 早いうちから他業種に転身するケースも多くあるが、ベテランアナウンサーの多くは放送以外の司会業やナレーションなどをこなしたりアナウンサー志望者への教育などで生活の糧を得ている人物も多い。 アナウンサーは、およびではなくであるため、NHKを退職しても、とは言えない。 それは、NHKが外局ではなく、(総務省所管)だからである。 フリーアナウンサーになる経緯 [ ] 大別して3種類ある。 局アナが放送局を退職して、フリーアナウンサーになる。 男性の場合は主に30代後半から40代にかけて転じることが多い(理由としても管理職になることで現場から遠ざかることを良しとしない場合や自局では成功しているが他局でも挑戦してみたいといった上昇志向といった場合など)が、(または定年後一定期間の嘱託職・役員待遇を2~3年勤めた後も含め)退職後にフリーとなる者もいる。 女性の場合は結婚に伴い夫の仕事上での転勤や、出産、育児に専念する時間を確保するため等の理由が多い。 地方局の局アナを退職後、フリーアナウンサーを経験してから、別の放送局の局アナ・キャスター・記者に転職するケースも見られる(例:)。 その他、局の男性プロデューサーから受けるが原因との向きもある。 放送局退職の場合、古巣局への義理立ての意味もあり、フリー転身直後は一定期間(通常は半年から1年)他局への出演を控えるという慣例がある(明確に一定期間他局に出演しないと古巣局と取り決めを持つ場合もある。 系列局制作番組や企業のコマーシャル、テレビ単営局の場合はラジオ番組への出演はフリー転身直後でも可能の場合あり)。 その一方で、、、、のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。 特に小倉は東京12チャンネル(現:)を退職した翌日に、『』の総合司会に就任した(小倉をフリーアナウンサーにスカウトしたの尽力があった)。 また羽鳥はを2011年3月31日に退職し、同年4月4日にでレギュラーでのを開始させる形であった(この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという)。 羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。 また、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する(例:一時期の・・、ラジオ局の元アナウンサーなど)。 他の職業から転職して、フリーアナウンサーになる。 最初から、フリーアナウンサーになる。 例:()所属。 男性・女性を問わず、フリーになる時期も様々だが、得意・専門分野での活動ができなくなったり、放送局内での人員配置転換などで管理職やアナウンサーとは別の部署へ異動するケース、キー局でのアナウンサー試験に失敗し結果地方局で契約職のアナウンサーとして活動したのち東京に転機を求めるなど、自身のアナウンサーとしての職業意識のモチベーションなどにより、芸能事務所や制作プロダクションなどに自らオファーをしたり、ヘッドハンティング的にスカウトされたりしてフリーアナウンサーになる場合も少なくない。 (TBS)• (TBS定年)• (定年)• (ラジオ関西)• (テレビ朝日)• (TBS)• (日本テレビ)• (文化放送)• (フジテレビ)• (NHK)• (テレビ東京定年)• (TBS)• (関西テレビ定年)• (CBCテレビ定年) さ• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (NHK定年)• (関西テレビ定年)• (TBS定年)• (フジテレビ役員待遇満了)• (NHK)• (ニッポン放送)• () た• (ニッポン放送定年)• (CBCテレビ定年)• (テレビ朝日)• (フジテレビ役員待遇満了)• (文化放送)• (日本テレビ)• (テレビ東京) な• (ラジオたんぱ)• (文化放送定年)• (NHK)• (RKB定年)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (文化放送)• (仙台放送)• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (NHK) ま• (フジテレビ定年)• (ニッポン放送)• (文化放送)• (朝日放送)• (NHK)• (瀬戸内海放送)• (文化放送)• (フジテレビ)• (ラジオたんぱ)• (関西テレビ)• (文化放送)• (定年)• () ら• () 女性 [ ] あ• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (TBS)• (CBC)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (秋田放送)• (フジテレビ)• (テレビ東京)• (文化放送)• 小川綾乃• (テレビ朝日) か• (フジテレビ)• (読売テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (琉球放送)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (フジテレビ) さ• 坂本安代()• (テレビ朝日)• (中京テレビ)• (テレビ朝日)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (テレビ東京)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (TBS)• (フジテレビ)• (テレビ愛媛)• (フジテレビ)• (新潟放送)• (フジテレビ) な• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (東海テレビ)• (日本テレビ)• () は• (福岡放送)• (静岡放送)• (静岡放送)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (朝日放送)• (中京テレビ)• (フジテレビ) ま• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (東海テレビ)• (TBS)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (テレビ長崎)• (日本テレビ) や• (フジテレビ)• (毎日放送)• (テレビ東京)• (テレビ朝日)• (TBS定年)• (TBS)• (毎日放送) ら• 引退・転職したフリーアナウンサー [ ] 男性• 2012年入社)• 榎本猛 えもと・たけし (NHK)• 奥田博之 おくだ・ひろゆき (元)• かしむら・たけあき ()• 川原恵輔 かわはら・けいすけ (NHK) 女性• こうの・けいこ (フジテレビ)• さいとう・ようこ ()• たなか・あや• 松任谷國子 まつとうや・くにこ• やまもと・もな (朝日放送) 故人 [ ] 放送局在職中に死去した人などは除く。 (元)• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (NHK)• (文化放送)• (NHK)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (NHK)• (TBS)• (TBS) 女性• (フジテレビ)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ) 主なフリーアナウンサー事務所 [ ]• フリーアナウンサー・リポーター専業ではない場合もある。 ウィキペディア内に記事のある企業・団体については を参照のこと 脚注 [ ] [].

次の

NHKの元職員アナウンサーの一覧

元 nhk アナウンサー 男性

【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】 NHKオフィシャルサイト 公式サイト: NHKの女性アナウンサー 退職者も含む。 」NHK総合「発掘! 管理人さま いつも楽しく拝見しております。 NHK に関して、2件、お願いがあります。 ・90年入社の魅力的なお二人を、ぜひ加えてください。 滝島雅子 さま、 結城さとみ さま (お茶の水女子大コンビ) お二人とも現職ではありませんが、よろしくお願いいたします。 ・鈴木ちなみ さま (どーも、NHK)& サヘル・ローズ さま (「探検バクモン」) ふらっとあの街 旅ラン10キロ(BSプレミアム 水曜19:30-)という番組に、 旅ランナーとして出演されています。 ぜひ、紹介をお願いいたします。 旅ランナーは、他には、 安田美沙子さま、福島和可菜さま、虻川美穂子さま、白鳥久美子さま です。 nhk. よろしくお願いいたします。

次の

NHKの元職員アナウンサーの一覧

元 nhk アナウンサー 男性

「あさチャン!」はTBS系列で放送される朝のニュース・報道・情報番組。 前番組であった「みのもんたの朝ズバッ! (後に「朝ズバッ! 」)」が出演者による諸々のトラブルにより打ち切りが決定。 その後任として2014年3月31日から放送開始されたのが、元・日本テレビで現・フリーアナウンサーの夏目三久を起用した「あさチャン!」である。 番組名の「チャン」には「ちゃんと」「チャンス」「チャンネル」といった複数の意味が込められているという。 視聴率では同時間帯に放送されている日本テレビ「ZIP! 」やテレビ朝日「グッド!モーニング」、フジテレビ「めざましテレビ」に後れをとっている。 これまでに何度も番組のテコ入れで徐々に改善しているが、過去最高は2016年の第4週・4. 現在の出演者はアナウンサーを中心にコメンテーターには学者・弁護士・編集者を揃えているが、番組の開始当初は曜日レギュラーに芸能人を起用するなどニュース番組に馴染みの薄い視聴者層を意識したものとなっていた。 この記事では「あさチャン!」のキャスターやアナウンサー、リポーター、コメンテーターなど番組への出演者に関する情報を紹介する。 田辺エージェンシー所属のフリーアナウンサーで元・日本テレビの女子アナ 1984年8月6日生まれ、大阪府箕面市出身の35歳 東京外国語大学外国語学部 卒 身長170cm、血液型はO型 2007年~2011年1月まで日本テレビに在籍 週刊誌のゴシップ記事をきっかけに日テレを退社したものの、失墜したイメージはすっかり回復 現在は日本テレビ「真相報道 バンキシャ! 」やTBS「あさチャン! 」、テレビ朝日の深夜トークバラエティなど報道からバラエティまで幅広く活躍している人気フリーアナウンサーのポジションを確立した TBS「あさチャン! 」には番組開始の2014年3月31日からメインキャスターとして出演している TBS女子アナ 2008年入社 1986年1月4日生まれ、埼玉県入間市出身の34歳 お茶の水女子大学理学部物理学科 卒、一橋大学大学院国際・公共政策大学院 修了 身長164cm、血液型はA型 日本人の父親とポーランド人の母親を持つハーフ TBS入社以来、同局の人気アナウンサーとしてニュース・バラエティから大型特番の司会まで様々な番組を担当している 特にかつて放送された深夜番組「女子アナの罰」での活躍が知名度を獲得するキッカケとなった プライベートでは2016年に一般男性と結婚 2018年10月に第2子を出産、2019年春に職場復帰した 2019年4月より「あさチャン!」にレギュラー出演、本格的にテレビ番組の担当を再開している ホリプロ所属のジャーナリスト 元・NHK解説委員 1953年9月27日生まれ、福島県会津若松市出身の66歳 早稲田大学政治経済学部 卒 NHK時代には「ニュースウォッチ9」「あさイチ」といった人気番組でキャスターを務めていた 「あさイチ」では井ノ原&有働コンビの時代に解説者として番組に出演、2018年3月で井ノ原&有働アナらと共に卒業している 2018年9月30日付でNHKを退職しホリプロ所属 同年10月から「ワイドスクランブル」の水曜&金曜コメンテーターに就任 その他、「徹子の部屋」や「Qさま!! 変化の兆しは2016年頃から。 日テレ「ZIP!」、テレ朝「グッド!モーニング」、フジテレビ「めざましテレビ」の3番組が熾烈な争いを繰り広げる中、蚊帳の外だった「あさチャン!」もあと一歩でトップ争奪戦に参加できるところまで来ている。 しかし、それ以降に状況が改善されることはなく「あさチャン!」は同時間帯の他局で放送される番組と比較しても頻繁な番組リニューアルを強いられている。 朝の時間帯はトップの番組でも10%に届かない日があるから、『あさチャン!』だって、そんなに離されているわけではない。 「Nスタ」は「イブニングワイド」の後を継ぐ形で2010年3月29日から放送開始されたTBS系列のニュース・報道番組。 当時はワイドショー的な前半パート「Nスタ ニュースワイド」と報道要素の強い後半パート「Nスタ ニューズアイ」という大きく2つの番組で構成されるコンプレックス化された内容だった2017年4月、番組の大幅リニューアルが行わた。 2部構成だった番組は統合され、番組名は「Nスタ」に統一。 メインキャスターは「堀尾正明・佐古忠彦」から井上貴博・ホラン千秋に変更され、その他も若手中心のフレッシュなメンバーに刷新されている。 これ以降も比較的短期間にキャスターが入れ替わっており、いずれも入社歴の浅い若手アナウンサーが起用される傾向にある。 一方、「Nスタ」は日曜日にも放送が行われており、2019年6月には長らくキャスターを務めた長峰由紀アナから赤荻歩アナへとメインが交代している。 ここでは現在「Nスタ」に出演するキャスターや番組の情報について紹介していく。 「はやドキ!」はTBS系列で平日の早朝に放送されているニュース・情報番組。 2015年3月27日まで放送された「はやチャン!」の後番組として放送を開始。 番組自体はニュース・報道と生活やスポーツエンタメを含めた情報を複合的に紹介するというオーソドックスな内容となっている。 「はやドキ!」の出演キャスターには女性が多数起用され、男性メインキャスターを中心としたハーレム状態の布陣が特徴的。 2019年4月からは旧体制から大幅な刷新が行われており、それまで単独でMCを務めていたTBS男性アナ・高野貴裕が降板。 変わってTBS山本匠晃アナ&皆川玲奈アナのWメインキャスター体制が敷かれたことで男性アナのハーレム体制は崩壊を迎えている。 ここでは「はやドキ!」に出演するアナウンサーやキャスターの一覧と番組の基本情報を掲載する。 1979年4月に放送開始したABC朝日放送が制作する朝の生放送情報番組。 月曜~金曜の「おはよう朝日です」だけでなく、土曜日には姉妹番組「おはよう朝日土曜日です」が放送される。 この番組から、後にフリーアナウンサーとして人気番組の司会を多数務める宮根誠司や赤江珠緒といった著名な人物を始め、フジテレビのアナウンサーとなった永島優美、宮根誠司と共に「ミヤネ屋」の司会を務める読売テレビ・林マオなど局アナとして人気が高い女性を多数輩出している。 2016年からはラジオ放送での姉妹番組「ほろ酔い朝日です」も開始。 「おはよう朝日です」の出演者が夜な夜な集う日本酒バーという設定上、パーソナリティはキャスター・アシスタント陣が務めている。 この記事では「おはよう朝日です」に現在出演する司会・アシスタント・キャスター・リポーター・気象予報士などの情報をまとめた。 「ひるおび!」はTBS系で平日昼に3時間半の枠で放送されるワイドショー。 開始当初は、日替わりのMCにタレントを起用し、取り扱う内容も主婦向けの生活情報や芸能情報が中心となっていた。 時事ニュースを取り上げることがあっても、生活に密着した話題のみに絞られてることとなった。 数度の改変で、日替わりのタレントは降板し、弁護士の八代英輝がMCのひとりに昇格。 2014年からは当番組の後に放送されるCBCテレビ制作の「ゴゴスマ」と姉妹番組という扱いになったことで、夕方のニュース番組「Nスタ」とも合わせ、TBSは10:25~19:00の8時間半をニュース・ワイドショー枠として放送している。 この記事では「ひるおび」出演者・アナウンサーの情報をまとめた。 「報道特集」はTBS系列で土曜日の夕方に放送されている報道番組。 元々は1980年10月4日から始まった「JNN報道特集」の後継番組であり、「報道特集NEXT」を経て2010年4月3日から「報道特集」として現在まで放送が継続されている。 「JNN報道特集」から数えれば放送開始から約40年という長寿番組である、番組は、事件や事故、時事問題に関する取材リポートを中心に進行。 文字通り「報道」の「特集企画」が番組構成の中核となっている。 放送時間は17:30~18:50までの80分で、特集の他に最新ニュースやスポーツ、気象情報なども取り扱う。 出演するキャスターは報道畑のジャーナリストやフリーアナウンサーが中心となっているため、番組は常に硬派な雰囲気を漂わせている。 この記事では「報道特集」に現在出演するキャスターやアナウンサーの情報を中心に紹介している。 「NEWS23」はTBSが平日の夜に放送するニュース・報道番組。 1989年に「筑紫哲也 NEWS23」として放送を開始。 20年以上も続く長寿番組で、過去には多くの人物がキャスターとして出演している。 筑紫哲也の入院などもあり2008年3月31日からは「NEWS23」にリニューアル。 歴代のメーンキャスターには後藤謙次、膳場貴子、雨宮塔子などが名を連ね、最新の番組メインキャスターは星浩&元テレビ朝日の小川彩佳が務める。 小川彩佳アナのTBS「NEWS23」キャスター就任は彼女がテレビ朝日に在籍時から週刊誌などで報じられており、退社理由などと絡んで様々な憶測を呼んでいたが結果的には報じられた通りの展開となった。 また同タイミングから番組タイトルが「NEWS23」から「news23」へと変更されている。 この記事では現在の「news23」出演キャスター・アナウンサーや番組関連情報について紹介している。 「緊急!公開大捜索」はTBS系列で2014年の年末から特番として放送されている生放送の報道番組である。 行方が分からなくなっている人物を捜索・発見、または身元が不明な人物の素性を明らかにすることを主な目的としており、実際に同番組をキッカケとして解決した事件も存在している。 番組は事前の取材VTRと生放送の視聴者情報提供で進行し、複数の失踪・身元不明な事案を扱う。 同番組の生放送中に事案の解決することは少なく、あくまで情報収集が中心となり、以降の捜査に貢献するという役割を担っている。 MCはTBS「ひるおび!」でお馴染みのタレント・恵俊彰とニュース・報道・ワイドショーでお馴染みのTBSアナウンサー陣。 さらにゲストとしてタレントと元捜査機関や医療関係者など専門家が出演する。 この記事では最新放送回『私はドコの誰なのか? 記憶喪失の男女3名を緊急! 公開大捜索'20春』の出演MC・進行アナウンサー・ゲストの情報を中心にまとめている。 また姉妹番組(と当サイトでは便宜上呼称する)である「緊急!TV公開大捜査 特捜事件ファイル2016」と出演者が共通しているため、同番組についても触れている 幾度かの改題を経て現在の番組名になっているが、放送開始は1993年10月の「ネスレ・スーパーサッカー Jリーグエクスプレス」。 当時のMCは、生島ヒロシと西田ひかるであった。 現在のMC・加藤浩次は3代目である。 男性のサブキャスターは開始当初からTBSの男性アナウンサーが担当。 女性のサブキャスターは長らくタレントが務めていたが、2009年からはTBS女子アナが担当するようになった。 2017年4月から放送時間が変更。 それに伴い宇垣美里アナが番組を卒業。 変わって上村彩子アナが加入した。 また、BS-TBSでの放送も2017年4月度のタイミングで終了した。 この記事ではTBS「SUPER SOCCER」の出演者情報を中心にまとめている。 「JNNニュース」は1958年から放送されているJNN系列のスポットニュース。 平日は主に情報番組・ワイドショーなどのニュースコーナーとして放送されるが、土日など「JNNニュース」として単体枠が設けられていることもある。 ニュースを担当するのは、TBSアナウンサーやフリーアナウンサー、気象情報は各社の気象予報士と資格を持つ一部のアナウンサーとなっている。 2019年7月、前月まで放送されていた「土曜日 早朝」のJNNニュース放送枠が新番組「まるっと!サタデー」の開始に伴い統合。 同番組に内包される形となった。 この記事では2020年4月時点における最新の「JNNニュース」出演アナウンサー、気象キャスターの情報をまとめた。

次の