けけ だい みょう。 【なだい(名代)】 と 【なしろ(名代)】 と 【みょうだい(名代)】 はどう違いますか?

岐阜大学図書館

けけ だい みょう

仏教の ほうえ でが唱える。 「声明」の語は,もとはのバラモンの学修すべき「」の一つで,学の意味であったが,それが日本に入って現在の意味に変化した。 音楽としての声明も,インドに起源があると考えられるが,それが実際にどのようなものであったのか知ることができない。 また,中国には,魏の曹植が山東省の奥山で天来の妙音を得たという有名な伝説があるが,やはりその伝統は今日に伝わらない。 現在大陸において声明の伝統を保持し続けているのは,チベットのラマ教である。 ラマ教の侶が唱える声明は,きわめて低い音域のもので,一般に低音が少いといわれるアジア音楽にあって特異な存在である。 しかしラマ教の声明には,日本の声明と非常に似通った音楽構造も指摘することができる。 日本の声明は,とともに中国から伝承したものであるが,仏教そのものと同様に,日本で独自のをとげ,これと伴奏に楽器をほとんど用いないことによって,きわめて日本的な声楽に変質した。 仏教にができたのに伴い,声明も各宗派ごとの固有の様式が生じ,同じ宗派のなかでもいくつかのに分立するようになった。 現在では,との2つが日本の声明の中心を形成するが,両声明ともいくつかの流派に分れ,特に声明における「南山進流声明」と「新義声明」とは,音楽構造上きわだった対照をみせている。 ,真言両声明のほかには奈良の南都六宗の諸寺院に伝わる声明があり,これを南都声明とか奈良声明などと称する。 また,浄土宗系統では,天台声明を受継いだほかに数々の新様式の曲をもち,その教理と同様に,古くから一般信者が身近に接してきた。 日蓮宗や禅宗各派にも,それぞれの声明の伝統があり,本格的な儀式には欠かせないものとなっている。 これらの声明には,仏や先徳をたたえるもの,その業績を述べるもの,その名を連呼するもの,法会の趣旨を述べるもの,経典に旋律をつけたものなどがあり,詞章は,,日本語のものがある。 多くはの音楽で,独唱または独唱と斉唱から成る。 伴奏楽器としては,旋律を奏さない打楽器が多く用いられるが,雅楽器によって伴奏される場合もある。 声明,特に日本で新作された日本語の声明が,平曲,,,など,その後に起った日本音楽に与えた影響も少くない。 インドで学問区分に関する五明の一つ。 言語・文字・音韻に関する学問で,中国ではもこの名で呼んだ。 (2)仏前で誦する声楽の総称。 通俗には梵唄 ぼんばい とも。 僧侶が誦するもののみをさす場合が多い。 仏の徳をたたえた内容のもの,特別の法会の意味を伝えるものなどがある。 インドの詠法が中国に伝わり,日本へはが伝えたという。 それを受けた良忍が大原流として集大成,浄土宗,浄土真宗にも伝えられた。 真言系では寛朝を始祖とし,小野・広浄の2流派があるが,ともに中国のに擬して魚山流という。 邦楽の成立に大きな影響を及ぼした。 〔1〕古代インドの学術区分としての五明(声明・工巧明 くぎょうみょう ・医方明 いほうみょう ・因明 いんみょう ・内明 ないみょう )の一つ。 文法・音韻に関する学問のこと。 〔2〕仏教儀式で経文を諷誦 ふじゅ すること。 中国では梵唄 ぼんばい 、讃 さん 、祭文 さいもん などとも別称。 日本では仏教声楽の全体を声明と総称する。 [小川 宏] インド古代インドでは、聖典ベーダに曲節を付して詠じたことから、バラモン教の音楽が発達したといわれる。 仏教でも、当時の諸宗教で行われた定期的な唄誦説法の集会を仏陀 ぶっだ が聴許した例(『薩婆多毘尼勒伽 さつばたびにろくぎゃ 』6)や、伎楽 ぎがく による仏僧供養 くよう を仏陀が勧めた例(『百縁 ひゃくえん 経』3)がある。 また『賢愚 けんぐ 経』11には、美声で国王の軍勢が停止した唄比丘 うたびく の話がみられる。 『長阿含 じょうあごん 経』5では五種清浄 しょうじょう あるものを梵音というと説かれ、『十誦律 じゅうじゅりつ 』37では声唄には五種利益ありと説かれている。 ただしバラモン教の曲調は禁じられた(『根本薩婆多部律摂 こんぽんさつばたぶりつしょう 』9)。 後代、大乗仏教の馬鳴 めみょう が仏陀の一代記を詠んだサンスクリット詩『ブッダチャリタ(仏所行讃 ぶっしょぎょうさん )』などは讃歌の傑作として著名である。 [小川 宏] 中国三国時代に来朝した康僧会 こうそうえ が声明の名手と称せられた。 『法苑珠林 ほうおんじゅりん 』36によると、魏 ぎ の曹植 そうしょく が山東省魚山 ぎょさん で梵音を感得して梵唄を創作したと伝え、それが「魚山声明」と称する声明の起源とされる。 唐代以前には帛法橋 はくほうきょう 、康法平 こうほうへい が有名で、それ以降には僧弁 そうべん らがいる。 また密教音楽をインド僧善無畏 ぜんむい が伝えた。 しかし845年(会昌5)の仏教弾圧で衰滅した。 [小川 宏] 日本日本には、552年(欽明天皇13)の仏教伝来とともに声明も伝えられたとみられる。 『続日本紀 しょくにほんぎ 』8によると、720年(養老4)唐僧道栄 どうえい の曲節に基づき「転経唱礼」を統一させる詔 みことのり が出されている。 また『東大寺要録』12によれば、752年(天平勝宝4)に東大寺大仏開眼法会 かいげんほうえ において種々の音楽が演奏され、そのとき声明も行われた。 その導師を勤めたインド僧菩提遷那 ぼだいせんな や林邑 りんゆう 国(インドシナ半島にあった国)の僧仏哲 ぶってつ は、ともに声明の達人であったという。 このときの奈良仏教における声明の一部は、東大寺二月堂修二会 しゅにえ (御水取 おみずとり )の声明にいまも伝わる。 しかし、現行の声明は、ほぼ天台 てんだい 声明と真言 しんごん 声明の流れである。 天台声明は、平安時代の847年(承知14)唐から帰国した慈覚 じかく 大師円仁 えんにん が中国五台山の声明を伝えたのに始まる。 これが比叡山 ひえいざん を中心に広まり5流に分派したが、良源 りょうげん が中興し、「論義」という形式を創始した。 さらに源信は日本語による声明「和讃 わさん 」をつくった。 また、円仁から9代目の良忍 りょうにん は5流を統一し、中国に倣って京都大原に、日本の魚山といわれる声明道場「来迎院 らいごういん 」をおこし、天台声明の大成者となった。 その門下に頼澄 らいちょう と家寛 けかん がおり、それぞれ流派をおこして2流をなし、現在に及ぶ。 天台声明は禅宗、浄土宗、日蓮 にちれん 宗などの声明に影響を与えた。 一方、真言声明は、806年(大同1)唐より帰朝した弘法 こうぼう 大師空海 くうかい が伝え、真雅 しんが 、源仁 げんにん 、益信 やくしん 、寛空 かんくう を経て、寛朝 かんちょう が大成した。 その後は分派したが久安 きゅうあん 年間(1145~1151)、仁和 にんな 寺の覚性 かくしょう 法親王が評定会 ひょうじょうえ を開き、本相応 ほんそうおう 院流、新相応院流、醍醐 だいご 流、進 しん 流の4流が公認された。 このうち、進流は貞永 じょうえい 年間(1232~1233)に勝心 しょうしん の要請で高野山 こうやさん に移され、南山 なんざん 進流となった。 正応 しょうおう 年間(1288~1293)、紀伊(和歌山県)根来 ねごろ の頼瑜 らいゆ は南山進流と醍醐流をあわせて新義声明をつくったが、これはのちに智山 ちさん 派と豊山 ぶざん 派に分かれた。 現在この2派と南山進流が真言声明として伝わる。 鎌倉時代に、教義的には天台宗の流れをくむ浄土宗、浄土真宗、日蓮宗などの新仏教がおこり、仏教儀式や声明もそれに多くの影響を受けながらそれぞれ独自の展開をしていった。 宋 そう 代の禅宗よりおこった臨済 りんざい 宗と曹洞 そうとう 宗は天台・真言両声明の影響を受けつつ、中国的な性格をもつ儀式や声明を展開させた。 今日これらの宗派の声明も格別な位置を占めている。 [小川 宏] 声明の種類声明曲はその詞章の形式から、 1 サンスクリット語(梵語 ぼんご )で書かれた梵文 ぼんぶん 系、 2 漢語で書かれた漢文 かんぶん 系、 3 日本語で書かれた和文系、の三つに大別できる。 梵文系の曲には『四智梵語讃 しちぼんごさん 』『吉慶 きっきょう 梵語讃』『不動讃』などがあり、漢文系には唄 ばい 、散華 さんげ 、梵音 ぼんのん 、錫丈 しゃくじょう など、そして和文系には讃嘆 さんだん 、教化 きょうけ 、講式 こうしき 、和讃、論議などがあげられる。 [坂 公道] 音楽的性格声明は、発達した音楽理論をもち、天台声明と真言声明にそれが顕著である。 しかし、実際の演唱と理論には食い違った部分もある。 また、両宗派の音楽理論は、鎌倉仏教の各宗派にも少なからず影響を及ぼしている。 声明は単旋律音楽であり、その旋律構造は大小の単位の旋律型の連鎖によってできている。 このような旋律型の組合せといった現象は、日本の伝統音楽全般に共通している。 これらの旋律型には、それぞれに名称がつけられている。 講式の旋律型である三重 さんじゅう の名称は、浄土真宗大谷 おおたに 派の念仏・和讃や、平曲 へいきょく 、浄瑠璃 じょうるり などにもみられる。 拍子は、拍節的リズムと非拍節的リズムの2種類がある。 天台宗では前者を定曲 ていきょく 、後者を序曲といい、この中間的のものを倶曲 ぐきょく (破曲 はきょく )と名づけている。 声明の楽譜は博士 はかせ (墨譜 ぼくふ 、節譜 せっぷ などともよぶ)といい、文字の右または左に記された記号で表される。 博士は宗派や時代によりその形態・名称が異なるが、音高を表す五音 ごいん 博士と、旋律の動きを表す目安 めやす 博士に大別できる。 近年では五線譜を用いたものもある。 また、早歌 そうが 、謡曲の胡麻点譜 ごまてんふ は、博士の影響が大きい。 このように声明は、その旋律型、記譜法などの多くの点で、後世の声楽に影響を与えた。 つまり、広い意味において日本伝統音楽の源流といえる。

次の

Wikipedia:索引 け

けけ だい みょう

nihongo de ii desu ka ne ? na dai ha edo jidai hassyou no kotoba de , " hyouban ga takai koto ya sono sama " wo arawasi masu. o mise nado de kakage rare te ire ba , hyouban ga takai o mise toiu koto desu ne. nasi ro ha " kofun jidai no bemin sei niokeru syuudan no meisyou no hitotsu " desu. yamato seiken ni housi suru koto wo gimudzuke rare ta daiou chokuzoku no syuudan wo sasi masu. sosite mi xyoudaiha dare ka no dairi wo tsutomeru koto mosikuha sono dairinin wo sasi masu ne. " chichi no nadai to si te mairi masi ta. " nado no reibun ga ari masu. mittsu subete imi ha kotonari masu. desu ga , osoraku gendai de mo yoku tsukawa reru no ha myou dai no hitotsu ni sibora reru to omoi masu yo. にほんご で いい です か ね ? な だい は えど じだい はっしょう の ことば で 、 " ひょうばん が たかい こと や その さま " を あらわし ます。 お みせ など で かかげ られ て いれ ば 、 ひょうばん が たかい お みせ という こと です ね。 なし ろ は " こふん じだい の べみん せい における しゅうだん の めいしょう の ひとつ " です。 やまと せいけん に ほうし する こと を ぎむづけ られ た だいおう ちょくぞく の しゅうだん を さし ます。 そして み ょうだいは だれ か の だいり を つとめる こと もしくは その だいりにん を さし ます ね。 " ちち の なだい と し て まいり まし た。 " など の れいぶん が あり ます。 みっつ すべて いみ は ことなり ます。 です が 、 おそらく げんだい で も よく つかわ れる の は みょう だい の ひとつ に しぼら れる と おもい ます よ。

次の

「名代」とは?

けけ だい みょう

< ・ Wikipedia:索引 けは読み仮名が「け」で始まる記事の一覧である。 下表太字の読み仮名で始まる記事は別のページに分離されている。 け あ行 は行 か行 ま行 さ行 や行 た行 ら行 な行 わ行 け [ ]• (け)【曖昧さ回避】• (け)【】• (け)【】• (けー)【】• (げ)• (げ)【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• (げー)【ラテン文字】• (げー)【】• 【仮名】 けあ [ ]• (けあきとのすけん)【ギリシャ】• 【ハワイの人物】• (けあげインクライン)【インクライン】• (けあげえき)【】• 【曖昧さ回避】• (けあとう)【】• (けあな)• 【神学者】• 【首相】• 【の都市】• 【鳥】• 【企業】• 【福祉】• (けぁるそいとう)【】• 【登山】• (げあんしょう)【】• 【の都市】• (けあんずこくさいくうこう)【オーストラリア】• 【犬】• 【英国】 けい [ ]• 参照 けう [ ]• 【英民族】• (けうけげん)【】• 【企業】• 【企業】• 【企業】• 【企業】• (げえずご)【】• (けーえすびー)【曖昧さ回避】• (げえずもじ)【エチオピア】• 【企業】• 【企業】• 【哺乳類】• 【哺乳類】• 【】 けお [ ] 参照 けか [ ]• (げかい)【曖昧さ回避】• (げかいありもりさえこ)【】• (げかいきどしゅうへい)【TVドラマ】• (げかいすまひさよし)【書籍】• (げかいなつめさんしろう)【TVドラマ】• (けがいのち)【の用語】• (げかいはとむらしゅうごろう)【TVドラマ】• (げかいひいらぎまたさぶろう)【TVドラマ】• (げかいれいこ)【TVドラマ】• (けがえき)【】• (けかえし)【】• (げかがく)【】• 【果樹】• (けがきばり)【道具】• (げかけいがっかいしゃかいほけんいいんかいれんごう)• (-か)【昆虫】• (げかこういち)【アナウンサー】• (げかしつ)【】• (けかちさんざん)【】• 【スリランカの都市】• (けーがっらけん)【スリランカ】• (けがのむら)【茨城県】• (けかびあもん)【菌類】• (けかびか)【菌類】• (けかびもく)【菌類】• (げかびょうとうじょいのじけんふぁいる)【TVドラマ】• (げかむすび)【結び目】• (けがりたい)【架空組織】• (げがるくにくちほう)【】• (げがるどしゅうどういんとかわじょうりゅういき)【世界遺産】• ()【宗教】• (けがれおおきひとにあらず)【映画】• (けがれたえいゆうじゃいんせいじょがり)【ゲーム】• (けがれたした)【TVドラマ】• (けがれなきいたずら)【】• (けがれなきせいぼのきしかい)【カトリック】• (けがれなきせいぼのきしせい-しゅうどうじょかい)【カトリック】• 【曖昧さ回避】• (けがわ)【素材】• (けがわぞく)【劇団】• (けがわのまりー)【戯曲】• (けがわのまりーず)【楽団】• (けがわぼうえき)【産業】• (けがわをきたヴィーナス)【小説】• (げかん)【】• (げかんしゅう)【書籍】 けき [ ]• 参照 けく [ ]• 【容器】• (げくうさんどう)【三重県の道路】• (げぐほうげん)【】• 【曖昧さ回避】• 【化合物】• (けくろぴあか)【植物】• 【】 けけ [ ]• (げげ)【小説】• (げげげのかけいぼ)【】• (げげげのきたろう)【】• 【ゲーム】• 【アニメ】• 【ラジオ番組】• (げげげのにょうぼう)【】• 【選手】• (けぐむすすいりょくはつでんしょ)【】• 【楽曲】• 【運転手】• (けご)• (げこ)【飲酒】• (けごうさくせん)【】• (けこうじ)【曖昧さ回避】• (けごうばくだん)【】• (けこがさたけぞく)【茸】• (げこくじょう)【】• (けごこうえん)【福岡市】• (けごじんじゃ)• (けごだんそう)• (けごむら)【福岡県】• 【デジモン】• (けごやせんきょ)【企業】• 【曖昧さ回避】• 【植物】• (けごんぎょう)【経典】• (けごんじ)【】• 【韓国】• (けごんしゅう)【】• (けごんのたき)【】• 【輸送機器】• (けごんやま)【】 けさ [ ]• (けさ)【】• 【曖昧さ回避】• 【奏者】• (げーざいっせい)【王】• (げざおんがく)【歌舞伎】• (けさかしすてむ)【企業】• (けさがため)【】• (けさきりじぞう)【妖怪】• (げさく)【日本文学】• (けさし、げさし)• (げさじつうしんじょ)【米軍基地】• (げさしわん)【沖縄県】• (けさたすきもんどうたくこうちけんかみぐんびらふむらおおあざにろうのしゅつど)【】• 【料理】• (げーざにせい)【ハンガリー王】• 【陸上選手】• (けさまるやま)【】• (げざみ)【官職】• 【楽曲】• 【伝説の生物】• (けされたへっどらいん)【映画】• (げざん)• (けさんえき)【韓国】• (けさんのたたかい)【】 けし [ ] 参照 けす [ ]• 【映画】• 【アパレルメーカー】• 【ソフトリダイレクト】• 【官職】• 【曖昧さ回避】• (けーすあいえいち)【企業】• (げすいがい)【】• 【食品】• (げすいしょりじょう)• (げすいどう)• (げすいどうかがくかん)【曖昧さ回避】• (げすいどうかんりぎじゅつにんていしけん)• (げすいどうかんろかんりぎし)【資格】• (げすいどうぎじゅつけんてい)• (げすいどうきょく)【曖昧さ回避】• (げすいどうのひ)• (げすいどうほう)• (けーすうぇすたんりざーぶだいがく)【米国】• (けすこうほう)【建築】• 【建築】• 【作曲家】• 【地形】• 【格闘家】• 【企業】• 【競技団】• 【企業】• 【曖昧さ回避】• 【介助】• 【TV番組】• 【曖昧さ回避】• 【の都市】• (けーずとらんすみっしょん)【ラジオ番組】• 【ドイツ】• 【曖昧さ回避】• 【植物】• (けすねーぼくじょう)【企業】• (げすのかんぐり)【人間関係】• (げすのきわみおとめ)【楽団】• (けーずばー)【テレビ番組】• 【ドイツの町】• 【作曲家】• 【企業】• 【法学】• 【曖昧さ回避】• 【ドイツの町】• (けずりかまぼこ)【食品】• (けずりこ)【食品】• (けずりだし)【製造】• (けずりばな)【造花】• (けずりぶし)【食品】• 【教育】• 【】 けせ [ ]• 【架空兵器】• 【曖昧】• 【貴族】• 【ドイツの町】• (けせないつみ)【楽曲・シングル】• (けせないやくそく)【楽曲・シングル】• 【語句】• 【曖昧さ回避】• 【コミューン】• (けせんいんせき)• (けせんかいどう)【曖昧さ回避】• (けせんぐん)【】• (けせんご)【日本語】• (げーせんでであったふしぎなこのはなし)【小説】• (けせんぬまえき)【JR東日本】• (けせんぬまぎょこう)【港湾】• (けせんぬまけいさつしょ)【】• (けせんぬまけーぶるねっとわーく)【放送局】• (けせんぬまこうえき)【廃駅】• (けせんぬまし)【宮城県】• (けせんぬましおおやこうざんれきししりょうかん)【博物館】• (けせんぬましけいさつ)【自治体警察】• (けせんぬまししおりてれびちゅうけいきょく)【中継局】• (けせんぬましりつじょうなんちゅうがっこう)• (けせんぬましりつつやちゅうがっこう)• (けせんぬましりつびょういん)• (けせんぬましりつまついわちゅうがっこう)• (けせんぬましりつみずなししょうがっこう)• (けせんぬましりつみなみけせんぬましょうがっこう)• (けせんぬまじょしこうとうがっこう)【】• (けせんぬまじろう)【レスラー】• (けせんぬましんようきんこ)• (けせんぬません)【鉄道】• (けせんぬまちゃん)【タレント】• (けせんぬまちゅうがっこう)【曖昧さ回避】• (けせんぬまとしけん)【宮城県】• (けせんぬまばいぱす)【】• (けせんぬまほるもん)【料理】• (けせんぬままち)【】• (けせんぬまやつせてれびちゅうけいきょく)• (けせんぬまゆうびんきょく)• (けせんぬまらじおちゅうけいきょく)• (けせんぬまわん)• (けせんみち)【街道】• (げーせんゆーえすえー みっどうぇいあーけーどとれじゃーず)【ゲーム】• (げーせんよこちょう)【サイト】• 【】 けそ [ ]• (けぞうじこうえん)【】• (けぞうじこうえんゆうえんち)• (けそくじ)【宮城県】• 【サイト】• (げそどん)【ご当地グルメ】• 【キャラクター】• 【チーズ】• 【曖昧さ回避】• (げぞらがにめかめーばけっせんなんかいのだいかいじゅう)【映画】• 【の都市】• (けそん)【北朝鮮の都市】• 【構造物】• (けそんえき)【北朝鮮の鉄道駅】• (けそんしゅう)【フィリピン】• 【食品】• 【公園】 けた [ ] 参照 けち [ ]• 【性格】• (けちえんじ)【千葉県の寺】• (けちかわ)【】• 【都市】• 【ハンガリーの都市】• (けちび)【怪火】• (けちみゃくざくら)【サクラの古木】• (けちみゃくそうじょう)【仏教】• 【民俗芸能】• 【食品】• (けちゃっぷまにあ)【楽団】• 【調味料】• 【中南米先住民】• 【地名】• 【化合物】• (けちょんし)【北朝鮮の都市】 けつ [ ] 参照 けて [ ]• 【死神】• 【曖昧さ回避】• 【製造業】• 【イタリアの町】• (けーでぃーあーす)【楽団】• (けーでぃーえーかんさほうじん)【企業】• 【恐竜】• 【曖昧さ回避】• 【アメリカ合衆国】• 【アメリカ合衆国海軍】• 【アメリカ合衆国】• 【ドイツの町】• 【アメリカ合衆国海軍】• 【企業】• 【女優】• (げでぃみなすちょう)【】• 【シンガーソングライター】• 【俳優】• 【アルバム】• 【ベトナムの革命運動】• (げーてかいどう)【ドイツ】• 【陸上選手】• (けーてーじどうしゃこうぎょう)【企業】• 【住宅地の形態】• 【食】• (-よそう)【数学】• 【メインベルトの小惑星】• (げーてりんくてんもんだい)【アメリカ合衆国】• 【曖昧さ回避】• 【書籍】• 【野球選手】• (-たに)【エルサレム】• 【陸上選手】• 【ドイツ】• (けーてん)【スキージャンプ】• 【曖昧さ回避】• (げてんはゆめか)【小説】 けと [ ] 参照 けな [ ]• 【曖昧さ回避】• 【楽器】• (けながかわ)• 【哺乳類】• (けなけん)【】• (けなしがせん)• (けなしとうげ)【曖昧さ回避】• (けなしやま)【曖昧さ回避】• 【植物】• 【曖昧さ回避】• 【大統領】 けに [ ] 参照 けぬ [ ]• (けぬうじ)【】• (けぬき)【日用品】• (けぬき)• (けぬきがたたち)【日本刀】• (けぬきがたとう)【刀剣】• (けぬきがたわらびてとう)【刀剣】• (けぬずご)【言語】• (けぬのくに)【古地名】 けね [ ] 参照 けの [ ]• (けのおうこく)【架空国】• (けのでおきしこーるさん)【ステロイド】• (けのひかりがおか)【地名】• 【生物学】• (げのむはいれつがけっていされたこさいきんのいちらん)• 【生物学】• (けのむら)【】• 【生物学】• 【の町】• (けのーらちく)【カナダ】• (けのれすてすもく)【哺乳類】 けは [ ]• 【曖昧さ回避】• (げば)【曖昧さ回避】• (げば)【新潟県】• (げば)• (けはい)• (げばえき)【】• (げばじ)【】• 【料理】• 【蹴球選手】• 【映画】• (けはらいちえき)【】• (げばらにっき)【日記】• (けばり)【釣具】• 【企業】• 【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• (げぱーるきゅうおおがたくちくかん)【仏海軍】• 【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• (げぱるときゅうみさいるてい)【独海軍】• (げぱるとじそうたいくうほう)【独連邦軍】• (げばるとぼう)【武器】• 【陸上選手】• 【蹴球選手】• 参照 けへ [ ]• 【ソ連】• 【人名】• (けべく)• (けべすさい)【】• 【曖昧さ回避】• 【祭】• (けべっくえんせい)【戦闘】• (けべっくかいぎ)【曖昧さ回避】• 【カナダの歴史】• (けべっくかいだん)【1943年】• (けべっくかいほうせんせん)【組織】• (けべっくきょう)【カナダ】• (けべっくきょうてい)【核開発】• (けべっくじゃんるさーじこくさいくうこう)【カナダ】• (けべっくしゅう)【カナダ】• (けべっくしゅとちいき)【カナダ】• (けべっくじん)【民族】• (けべっくだいがくもんとりおーるこう)• (けべっくのたたかい)• (けべっくのたたかい)• 【アイスホッケーチーム】• (けべっくふらんすご)• (けべっくほう)【英法】• (けべっくれきしちく)【世界遺産】• 【キリスト教】• (けべめーるけん)【】• (げべーるじゅう)• 【世界遺産】• (げべん)【奈良・平安時代の宮廷】• 【曖昧さ回避】• (げーべんついせきせん)【】• 【の町】• 【魚】• (げほう)【】• 【蜘蛛】• (けぽどんえき)【韓国鉄道公社盆唐線】• 【スパイ】• (けぼんえき)【韓国の鉄道駅】 けま [ ]• 【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• 【漫画】• 【雑誌】• (けまきゅうり)【キュウリ】• (けまこうげん)【北朝鮮】• 【小売店】• 【小説】• (けますいもん)【水門】• 【雑誌】• (けまちょう)【大阪市】• (けーまっくす)【格闘家】• (けまないえき)【曖昧さ回避】• (けまないし)【氏族】• (けまないのぼんおどり)【祭り】• (けまないひでのり)【】• (けまないまさつぐ)【戦国武将】• (けまないまち)【秋田県の自治体(廃止)】• (けまはつでんしょ)【曖昧さ回避】• 【火力発電所】• 【ユダヤ教】• (けまり)• 【奏者】• (けまん)【仏具】• 【植物】• (けまんそうあか)【植物】• 【楽器】 けみ [ ]• 【の都市】(Kemi)• (Kemi)• 【都市】(Kem)• ()【雑誌】• 【レコードレーベル】• 【音楽アルバム】• 【船舶】• 【化学】• 【皮膚科学】• 【楽団】• 【照明器具】• 【グループ】• 【衣料】• (けみかわ)【曖昧さ回避】• (けみがわえき)【】• (けみがわじんじゃ)【】• (けみがわそうしんじょ)【建築物】• (けみがわはまえき)【】• (けみがわまち)【千葉県の自治体】• ()【楽団】• 【モロッコの都市】• (けみょう)【曖昧さ回避】• (けみょんだいがっこう)【韓国の私立大学】• (けみょんでえき)【大邱都市鉄道公社2号線】• (けみりーそのこ)【】• 【中性子星】• 【周辺機器】 けむ [ ] 参照 けめ [ ]• 【漫画】• (けめこでらっくすぷりっぷりんたいそう)【楽曲】• (けめこのうた)【楽曲】• 【雑誌】• (げーめすといーえっくす)【雑誌】• (げーめすとぜーたぶんこ)【レーベル】• (げーめすとたいしょう)【ゲーム】• 【雑誌】• 【曖昧さ回避】• 【フランスのコミューン】• 【の都市】• (けめろう゛ぉしゅう)【ロシア】 けも [ ]• 【生物学】• 【俗語】• (けもの)【曖昧さ回避】• 【小説】• (けものがれおれらのさると)【映画】• (けものぎやせい)【漫画家】• (けものたちのよるぶらっどざらすとう゛ぁんぱいあ)【小説】• 【アニメ】• 【漫画】• 【漫画家】• (けもののすうじ)【新約聖書】• (けもののそうじゃ)【小説】• (けもののたわむれ)【小説】• (けものははだかになりたがる)【楽曲】• 【コンピューターゲーム】• 【テレビアニメ】• 【小説】• (けものみち)【交通】• (けものみみ)【俗語】• 【アンソロジー本】• (げや)【曖昧さ回避】• 【植物】• (けやき)【曖昧さ回避】• (けやき)【曖昧さ回避】• (けやきうぉーくまえばし)【商業施設】• (けやきざかフォーティーシックス)【アイドル】• 【テレビ番組】• (けやきだい)【曖昧さ回避】• (けやきだいえき)【】• (けやきだいこうえん)【公園】• (けやきだいちゅうがっこう)【曖昧さ回避】• (けやきだいら)• (けやきだいらえき)【】• (けやきてぃーでぃーゆーねっと)【パソコン通信】• (けやきどおりのひとびと)【TVドラマ】• (けやきのほーる)【公共施設】• (けやきヒルズニュース)【ウェブテレビ番組】• (けやたけひさ)【戦国武将】• (けやん)【曖昧さ回避】• (けやんえき)【韓国の鉄道駅】• (けやんく)【韓国仁川広域市】 けゆ [ ]• 【ギリシア神話の人物】• (げゆじょう)• 【企業】 けよ [ ]• 【企業】• (けよういん)【戦国女性】• (けら)【】• (けら)【】• (けら)【楽団】• 【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• 【ドイツの都市】 けらあ [ ]• (けらい)• (けらいけだぐすくようちょ)【琉球王国の人物】• 【ギリシア神話の人物】• 【漫画家】 けらか [ ]• (けらくてん)【仏教】• (けらけらおんな)【】• (げらげらぶーすものがたり)【アニメ】• 【地質時代】• (けらじけん)【未確認飛行物体】• 【曖昧さ回避】• (けらーしじゅうそうだん)• (けらーしやく)• (げらしゅう)【】• (けらじょう)【高知県の城】• (けーらーしょうめい)【光学】• 【の神】• 【イタリアの町】• 【美容品】• 【】 けらた [ ]• 【哺乳類】• (けらたんりゅうさん)• 【原生動物・藻類】• 【タンパク質】• 【楽曲】• (げらてぃしゅうどういん)【世界遺産】• (けらどおりていりゅうじょう)【】• 【恐竜】• 【植物】• (けらとぷすか)【恐竜】• 【の人物】• 【化合物】• (けらにがわ)【】• (げらにるにりんさん)【化合物】• (げらのたたかい)【古代シチリアの戦争】• 【ギリシア神話の人物】 けらは [ ]• 【ドイツの町】• 【ドイツの町】 けらま [ ]• (けらまくうこう)【空港】• 【哺乳類】• (けらましょとう)【沖縄県】• (けらむいざき)【北海道】• (けらむら)【岐阜県】 けらら [ ]• (けーららしゅう)【】• 【俳優】• 【作曲家】• 【サッカー選手】• 【地理学者】• 【作曲家】• 【選手】• 【自転車選手】 けらわ [ ]• 【ブランド】• 【雑誌】• 【植物】• (げらんたいじょおう)【訴訟】• 【フランスの町】• 【食品】 けり・ける [ ]• 参照 けれ [ ]• 【フランスの町】• (けれい)【公家社会】• 【政治家】• 【曖昧さ回避】• 【都市】• 【ローマの神】• (けれすてぃぬすいっせい)• (けれすてぃぬすごせい)• (けれすてぃぬすさんせい)• (けれすてぃぬすにせい)• (けれすとばっかすがいないとびーなすはこごえてしまう)【慣用句】• (けれたろしゅう)【】• (けれたろしゅうしえらごるだのふらんしすこかいでんどうしょぐん)【世界遺産】• 【元女子選手】• 【イタリアの村】• 【映画】• (げれーるとおんせん)【ハンガリー】• 【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• (げれーろしゅう)【メキシコ】• 【メキシコの町】• 【歌手】• (げれんでがとけるほどこいしたい)【映画】• 【スキー場】• 【バスケットボール選手】 けろ [ ]• 【病変】• (げろう)【曖昧さ回避】• 【カナダの都市】• (げろえき)【】• (げろおんせん)【温泉】• (げろおんせんがっしょうむら)【博物館】• (けろきゅう)【ゲーム】• (げろけいさつしょ)【岐阜県】• 【雑誌】• 【ゲーム】• 【キャラクター】• 【漫画】• 【パチスロ】• (げろし)【】• (げろししょうぼうほんぶ)【消防部局】• (げろしりつかなやまびょういん)【病院】• 【石油】• 【曖昧さ回避】• (げろせん)【未成線】• (けろちえき)【湧網線】• 【曖昧さ回避】• (げろちゅうけいきょく)【中継局】• (けろちょう)【愛知県】• (げろちょう)【岐阜県】• 【曖昧さ回避】• (けろっぐけいえいだいがくいん)【米国】• 【アニメ】• 【キャラクター】• 【映画】• 【化石両生類】• 【怪獣】• 【化石動物】• (げろねっとさーびす)【CATV】• (げろのたのかみまつり)• (げろはつおんせんはくぶつかん)【博物館】• 【シングル】• 【化石両生類】• 【マスコット】• 【インドネシア】• 【ブランド】• 【ドイツの町】• 【ドイツの町】• 【架空人】• (けろろあーるぴーじーきしとむしゃとでんせつのかいぞく)【ゲーム】• (けろろぐんそう)【漫画】• 【ゲーム】• (けろろしょうたい)【架空団体】• (けろろとぎろろのぺこぽんしんりゃくらじお)【ラジオ番組】• 【雑誌】• 【曖昧さ回避】• (けろんえき)【鉄道駅】• (けろんじん)【架空種族】• 【陸上選手】• (げろんてぃあすのゆめ)【楽曲】• (けわいざか)【神奈川県】• (けわいし)【映画】• (けわいでん)【農業史】• 【鳥類】• (けーわんだいなまいと)【漫画】• (けーわんぷれみあむだいなまいと)【興行】 けを [ ]•

次の