東方ヤンデレss 帰る。 #2 東方ヤンデレシリーズ 『八雲 紫』 1

ヤンデレ系短編集。

東方ヤンデレss 帰る

行燈の蝋燭の炎が揺らめいて、障子に映った私達の影が揺れた。 ような気がした。 だけど私にも、目の前のこいつにも、それを気にかける余裕はなかった。 私自身が初めて聞いた、私の声。 真っ白に塗りつぶされるような感覚の中で、私はそんなことを考える。 そんな事を考えていなければ、私はすぐに意識の手綱を放して、叫びながら快楽の湖に 沈んでしまうから。 それでも、全く構わずに、私が組み敷いたこいつは、馬乗りになった私を突き上げる。 突き上げるたびに、私の奥から全身へ、甘い痺れが伝わって、粘ついた声音を吐き出す。 春になったら、帰ると。 ただ一言、こいつは言った。 そのわけは、何度聞いても答えない。 ただただ、私への謝辞を繰り返すだけ。 あるいは話をはぐらかすだけで。 寂寥と悲哀を紛らわすため。 いつか告げると思っていた、私の想いを伝えるだめ。 そして、証を授かるために。 でも分かっている。 情欲を放ちたがっていることを。 許さない。 許さない。 私の奥に放たれる、熱と滾りを感じながら。 そして、暗い夜が更けていく。 txt へ戻る wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 草しか、生えない。 2020-07-10• by 名無し ID:NUC06gz4jA• 2020-06-05• by ヴォルデモート卿• by ヴォルデモート卿• 2020-05-26• 2020-05-16• by 名無し ID:80q0wKMHqw• 2020-05-01• by 名無し ID:WuHLHSwuIw• 2020-04-22• by 名無し ID:1kFqpg3PBQ• 2020-04-18• by light• 2020-04-09• by 名無し ID:WuHLHSwuIw• 2020-04-07• by 名無し ID:bZsJ7JKCAA.

次の

微ヤンデレ?暗すぎてテラワロスwww

東方ヤンデレss 帰る

06 ID:a47qJRyr0 真琴「って、おいおい。 決意表明の後でいきなりいつも見たく恥ずかしがるなよ」ズルッ 優衣「ご、ごめんっ……でもね、今回は本当にいつもの私じゃないんだよ!!」 真琴「いつもの優衣じゃない?」 優衣「うん。 01 ID:a47qJRyr0 優衣「そんなに踊ろなくても……。 私、本気だよ! 私が騎士くんのことを好きだっていう気持ちは本気だよ!!」 真琴「いや、そりゃわかるよ。 散々優衣から恋愛のことで相談されたしな……。 68 ID:a47qJRyr0 真琴「びっくりしたぜ。 25 ID:a47qJRyr0 真琴 こういうところなんだろうな、優衣が男子たちから人気あんのは。 それなのに"アイツ"は変に鈍感というか、今度あったらぶっ飛ばしてやんねえとな ブツブツ 優衣「真琴ちゃん?」 真琴「ああ、悪い悪い。 私も騎士くんも今はまだ高校生だし、だからその……そういうことをするときはちゃんと赤ちゃんが出来ないように気をつけるよ!! お薬飲むとか、定期的に検査するとかっ!!」 真琴 今にでもそういうこと出来らたする気満々なのかよ…… 優衣「でね、私たちの将来を考えたとき思ったの。 37 ID:a47qJRyr0 優衣「真琴ちゃん、その……このことは誰にも言わないでねっ!」アセアセ 真琴「言わねえよ。 なら俺らが協力してやんよ!」 優衣「や、やめてください……」オドオド ヤンキーA「怖がった顔も可愛いねぇ……へへっ、安心しろって。 15 ID:a47qJRyr0 優衣「いや、離して……誰か、誰か助けて……」ビクビク 優衣 いや、私がそういうことしたいのは"あの人"だけなのに……。 17 ID:a47qJRyr0 真琴「優衣、おい優衣! 目を覚ませ!!」 優衣「はっ」パッ 真琴「やっと目が覚めたか。 はぁ……たく、心配したんだぜ」 優衣「真琴ちゃん?えっと……ここは」 真琴「ここは近くの病院だ。 優衣は近くの道で気を失って倒れてたんだぜ」 優衣「公園で……。 そうだ、私帰る途中で怖い人たちに絡まれて、そして連れていかれそうになった時……」 真琴「ひとまず落ち着け。 59 ID:a47qJRyr0 優衣「騎士くんにお礼言わないと。 そういえば騎士くんは?」 真琴「ああ、実はあいつあのヤンキー達に殴られて怪我したみたいでよ」 優衣「ええっ!? 騎士くん大丈夫なのー? 騎士くんは今どこに?」アタフタ 真琴「落ち着けって! 大丈夫だ、大したことはねえらしいけど、でも今別室で治療受けてるらしいぜ」 優衣「そうなんだ……、私のせいで騎士くんに迷惑かけちゃったかな」シュン 真琴「何行ってんだよ。 あいつは自分から優衣のことを助けたんだ。 迷惑だなんて言ったらあいつに逆に悪いぞ」 優衣「真琴ちゃん……。 うん、そうだね。 騎士くんのおかけで私こうして助かったわけだし、感謝しないとね」 真琴「へへっ、まああいつのことだし心配すんな。 さあ、そんじゃ帰ろうぜ」 優衣「えっ、でも騎士くんにお礼伝えてないし」 真琴「あいつの治療まだ終わってないし、それにすっかり暗くなっちまったからな。 私が送ってくよ。 あいつへの礼なら後日でいいだろ」 優衣「…………うん。 えっとね、この間のことでお礼をまだ言えてなかったから」 騎士くん「ああ、別にいいって。 草野をたまたま見かけて助けただけだし。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月02日 23:44• 今日は普段ならあまり取り上げない二次作品ばかり上げてるな…。 プリコネは一時期やってたな。 サービス再開するらしいけど、いつになるやら。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 00:00• 主人公キツすぎてすぐやめたな…• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 00:03• リダイブのPVでみたけど騎士クンが普通にイケメンだったな……おつ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 00:05• 岸くんイケメンなんだけど台詞回しがね…• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 00:24• プリコネはいいぞ〜 復活はよ!はよ!• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 00:27• プリコネとは珍しい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 00:50• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 01:13• 色々ssrとか当ててたけどもう戻ってこないんだろうな…一緒に遊んでたギルドの面々も……はぁ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 03:25• CVタネキだしまだまだ始まらないかな• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 03:25• CVタネキだしまだまだ始まらないかな• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 07:05• ガチャをメッチャ渋くして絞り取るだけ絞り取り運営を放置して1年半でサービス終了したあの悪名高きプリコネか 正月のイベントもなく、ガチャの更新もなく突如サービス終了を発表したあのプリコネか ぶっ壊れ性能のカードを度々出しゲームバランス完全破壊してデッキを組む楽しみさえ無くしたあのプリコネか• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月03日 07:42• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月04日 14:18• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2017年01月05日 10:01• プリコネはいいぞ タネキ….

次の

#4 東方ヤンデレシリーズ 『フランドール・スカーレット』 1

東方ヤンデレss 帰る

ところでここは?』 「ここは幻想郷といって、外の世界とは隔離された世界よ。 あなたみたところ外来人よね?どうせ泊まるところも無いんだしうちにこない?」 『ありがとう!』 「ただし、タダとは言わないわ。 そして夜道を迷っていたところを霊夢に保護され、神社で生活することになったのだ。 しかし、幻想郷の暮らしにも慣れてきたので、もう少し残りたいと思い始めていた。 何より余所者であるはずの自分に対しても平等に接してくれる霊夢のことが気になり始めていたのだ。 そんな自分が霊夢とつりあうわけも無いと思い彼女にその想いを伝えることは無かった。 しばらくの内は何事も無く過ぎていった。 しかし狭い神社で男女2人きりである。 それも自分の想い人とである。 そして、このままではいけないと思った彼は、外の世界に帰ることを決めたのだ。 幸い人里は常に人手不足なので働き口には困らなかった。 もちろん、余ったお金は今までのお礼として霊夢に渡すつもりだったのだ。 このままだと俺は大変なことをしてしまいそうなんだ。

次の