近鉄 運賃。 運賃・定期券代

JITBOXチャーター便販売|近物レックス株式会社

近鉄 運賃

近鉄名古屋線急行の車両と編成 使用車両 近鉄名古屋線急行では主に5200系、2610系が運行されます。 また、名古屋方の増結車両にはそのh化の車両も連結されます。 5200系 5200系は1988年(昭和63年)に登場しました。 3扉のクロスシート車となっており近鉄では珍しい車両です。 2610系 2610系は1972年(昭和47年)に登場しました。 長距離急行用とした登場し当初はクロスシートでした。 その他一般車両 6両編成のうち名古屋方の2両には1400系や9000系などの車両が増結されます。 編成 近鉄名古屋線の急行は主に6両編成で運行されます。 一部の列車は4両で運行されます。 名古屋方の2両はロングシート車両、松阪・五十鈴川方の4両はクロスシート車両です。 みやこ路快速の車内 5200系 5200系の車内 5200系の車内はクロスシートです。 座席の向きは転換できます。 柔らかめの座席で長時間の乗車は少し疲れますが、それでもロングシートよりは快適です。 優先座席の部分はつり革がオレンジです。 5200系のお手洗い、トイレ 松阪・宇治山田方面の先頭から1両目と4両目にはお手洗い、トイレが設置されています。 お手洗いは洋式便座です。 2610系 2610系の車内 名古屋線の2610系の車内はロングシートとクロスシートが切替できるデュアルシートです、 クロスシートに設定されているときの車内です。 クロスシートの時は座席の向きを変えられます。 車両端部はロングシートになっていますが、1席ごとにヘッドレストがあります。 優先座席はグレーの座席です。 つり革もオレンジとなっておりわかりやすいです。 2610系のお手洗い、トイレ 松阪・宇治山田方面の先頭から2両目にはお手洗い、トイレが設置されています。 お手洗いは和式トイレです。 その他一般車両 その他の車両は名古屋方に増結されている車両はロングシートです。 優先座席や車いすスペースが設置されている車両もあります。 近鉄名古屋線急行の停車駅 停車駅は次の通りです。 宇治山田・五十鈴川発着は1時間に1~2本の運行です。 また朝夕の一部は鳥羽まで運行しています。 近鉄名古屋線急行の所要時間や運賃 近鉄名古屋線の急行は終日にわたり1時間あたり3~4本を運行しています。 また、近鉄急行は運賃のみで乗車できます。 所要時間と運賃は次の通りです。 近鉄名古屋 20分~30分 32分~42分 1時間03分~1時間13分 1時間26分~1時間39分 1時間47分~1時間59分 450円 桑名 12分~15分 44分~57分 1時間06分~1時間20分 1時間27分~1時間39分 640円 300円 近鉄四日市 21分~30分 44分~56分 1時間07分~1時間15分 1,020円 700円 500円 津 23分~30分 43分~58分 1,290円 960円 840円 410円 松阪 20分~28分 1,470円 1,220円 1,090円 700円 410円 宇治山田 近鉄名古屋線急行にお得にのるには 近鉄では回数券を販売しています。 回数券には次の種類があります。 10回分の値段で11回乗車できる「パールカード11(普通回数券カード)」 10回の値段で12回乗車できる「オフピークチケット(時差回数券カード)」 10回の値段で14回乗車できる「サンキューチケット(土休日割引回数券「カード)」 オフピークチケットは平日の10時~16時までと土休日ダイヤ実施日に利用できます。 サンキューチケットは860円以内の区間で土休日ダイヤ実施日に利用できます。 オフピークチケットでは約28%割引になります。 自動販売機で発売しています。 近鉄京都線急行と競合する交通機関の比較 近鉄名古屋線急行と同じ区間を運行する交通機関は近鉄特急、特急「南紀」、快速「みえ」があります。 名古屋~津・松阪・伊勢市・鳥羽間の交通機関の比較をまとめました。 所要時間 近鉄名古屋~津 約45分~57分 近鉄名古屋~松阪 約1時間07分~1時間20分 近鉄名古屋~伊勢市 約1時間23分~1時間33分 近鉄名古屋~鳥羽 約1時間36分~1時間48分 津には1時間あたり2~4本の列車が停車します。 (しまかぜを除く全列車が停車) 松阪・伊勢市・鳥羽には1時間に2本の列車が停車します。 (宇治山田、鳥羽、五十鈴川、賢島行きが停車) 運賃・料金は次の通りです。 所要時間と本数は次の通りです。 (ひのとりやデラックスシートなどの特別料金は別途必要です) 運賃・料金 近鉄名古屋~津 1,940円 近鉄名古屋~松阪 2,630円 近鉄名古屋~伊勢市 2,810円 近鉄名古屋~鳥羽 3,090円 快速みえ 快速みえは名古屋~伊勢市、鳥羽間を運行する快速列車です。 快速列車なので運賃だけで乗車できます。 指定席車両もあります。 停車駅は次の通りです。 所要時間 名古屋~津 約53分~1時間08分 名古屋~松阪 約1時間08分~1時間28分 快速みえは終日にわたり1時間あたり1本運行しています。 運賃は次の通りです。 快速みえをはじめとする普通列車、快速列車が利用できるお得なも発売されています。 運賃 名古屋~津 790円~1,820円 名古屋~松阪 1,050円~2,220円 詳しくは次のページもご覧ください。 特急南紀 特急南紀は名古屋~紀伊勝浦間を運行する特急列車です。 名古屋~多気間で快速みえと同じ区間を運行します。 1日4往復で所要時間と値段(運賃と指定席特急料金の合計)は次の通りです。 所要時間 値段 名古屋~津 55分~1時間 2,270円~2,900円 名古屋~松阪 1時間10分~1時間19分 3,210円~3,740円 詳しくは次のページもご覧ください。 近鉄名古屋線急行から乗り換えできる列車 近鉄名古屋駅 JR新幹線、特急、快速等乗り換え 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」 特急「」、特急「」、特急「」、 桑名駅、近鉄四日市、白子駅 近鉄名阪特急(等) 近鉄名伊特急(、等) 津駅 近鉄名阪特急(、等) 近鉄名伊特急(、等) 特急「」、快速「」、 伊勢中川駅 近鉄阪伊特急、名伊特急(、等)、 松阪駅 近鉄阪伊特急、名伊特急(、等) 特急「」、快速「」 伊勢市駅 近鉄阪伊特急、名伊特急(、等) 快速「」 宇治山田駅、五十鈴川駅 近鉄阪伊特急、名伊特急(、等) 近鉄名古屋線急行とは 名古屋線の急行は長距離速達種別として早くから設定されています。 1時間に3本運転で、名古屋からは津新町行き、松阪行き、鳥羽行きを運転していました。 2004年(平成16年)には鳥羽行きが五十鈴川もしくは宇治山田行きに変更となります。 また津新町行きは徐々に延長され、2012年(平成24年)には松阪行きとなります。 ここで、現在の松阪行き2本、宇治山田行きもしくは五十鈴川行き1本の体制ができます。 現在は鈴鹿線に直通するきゅこうは平日朝に平田町行きが1本あるのみですが、1987年(昭和62年)以前は終日設定されていました。 近鉄名古屋線急行の関連商品 まとめ ・近鉄名古屋線急行は名古屋から四日市、津、松阪、伊勢を結ぶ ・15分~20分間隔で運行しており利用しやすい ・クロスシートの列車でお手洗い付きの車両があり長距離も快適 最後までお読みいただきありがとうございました。 よければブックマークお願いします。

次の

京都市交通局:定期券以外の運賃(地下鉄)

近鉄 運賃

時間にこだわるなら新幹線! 大阪~名古屋間の交通手段として、 最も大きなシェアを持ち、知名度も高い存在と言えばやはり 「新幹線」。 JR東海の新幹線は何と言ってもその 「所要時間」の短さが売りであり、タイムスケジュールに厳しい「ビジネス利用」などでは唯一無二の存在として日々大勢の方が利用されています。 大阪駅~名古屋駅間の所要時間は約1時間、新幹線の乗車時間は約50分程度と他の交通手段とは段違いの速さですので、 時間にこだわるならば新幹線の利用しかありません。 運行本数が多い! また、新幹線は 近鉄特急や高速バスと比較すると運行本数が多いことも特徴となっています。 名古屋・東京行きの最速列車である「のぞみ号」は、繁忙期・閑散期の状況によりますが 概ね10分おき程度に運行されており、 待たずに乗れるという点で大都市圏の在来線・通勤電車とそれほど変わりありません。 運賃は高い もっとも、 所要時間が短く、運行本数も多いという圧倒的なサービスレベルの高さの裏返しとして、 運賃は近鉄特急・高速バスと比較すると圧倒的に高くなります。 通常運賃ではのぞみ号自由席を使う場合の、5830円が最安となっており、近鉄特急の通常料金と1500円以上の開きがある状況となっています。 とにかく「格安」であること希望の場合は、新幹線はご利用にならないほうがよいでしょう。 割引きっぷは? 上記のように通常運賃では割高なので、新幹線の割引制度、割引きっぷの類を探したい。 そのようなニーズは非常に高く、実際に JR東海も様々な割引制度・割引きっぷを提供しています。 しかしながら、割引が効くとは言え、 LCCや格安高速バス的に極端な割引率を誇るものは一切ありませんので、近鉄・高速バスよりも安くなるようなことはない。 その点は理解した上で利用する必要があります。 また、割引きっぷを買う場合、JR線の在来線と運賃が通算できないため、天王寺・大阪駅などから新大阪駅までのアクセスについては別途運賃がかかります。 JR東海・西日本の 東海道・山陽新幹線の「会員制予約サービス」である。 入会手続き・年会費やカードが必要になるシステムであるため、1回だけのご利用ではなく、 月数回以上など頻繁に利用するビジネスマンなどが利用するサービスとなっています。 エクスプレス予約の会員になると、直前の予約であっても上記の割引運賃・料金でご利用頂けます。 割引率は1割以上となっており、会員であれば、 通常運賃・料金の自由席でご利用になるよりも指定席がお安くご利用頂けるようになっています。 なお、エクスプレス予約のご利用の場合、駅の窓口などできっぷを買う必要はありません。 スマホなどで予約して、あとは専用のICカードで改札機を通るだけでご利用頂けます。 なお、「スマートEX」というサービスもJR東海は提供していますが、こちらは年会費不要な代わりに割引はほとんどありません。 割引を適用したい場合は「エクスプレス予約」会員になる必要があります。 所要時間:大阪駅からの場合約1時間20分(こだま号のため所要時間が長くなります。 ) ぷらっとこだまは、最速の「のぞみ号」ではなく、 新幹線の中では最も遅い各駅停車の「こだま号(一部列車)」に限って利用可能という条件が付く代わりに、 運賃が比較的大幅に割り引かれる割引プランです。 こちらは厳密には「きっぷ」という扱いではなく、旅行商品を購入するという形式になりますので、駅の窓口で購入することはできません。 ぷらっとこだまプランは、 主要駅などにある「JR東海ツアーズ」の各店舗・一部のJTB店舗・JTB提携店舗で発売されています。 また、 からもご購入いただけます。 なお、こだま号ですが座席は指定席であり、改札口は有人の新幹線専用改札口を利用する必要があります。 また、ぷらっとこだまにはグリーン車プランも存在しますが、所要時間・運賃面でそれほどおすすめ出来るものではありません。 それは 近鉄の「(アーバンライナー)」を利用するというものです。 近鉄特急は 大阪難波・鶴橋~名古屋間を直通で結んでおり、 所要時間は約2時間~2時間20分程度と新幹線よりは遅くなりますが、極端に遅いという訳でもなく 「そこそこ速い」交通手段としてご利用頂けるようになっています。 また、最大の「売り」はなんといっても 新幹線と比較した場合の運賃の安さ。 通常運賃・料金の合計でも4260円と新幹線の最安運賃、また「ぷらっとこだま」の割引運賃よりも安くなっており、 コストを重視する一方で、時間もある程度気になるような場合には大変便利な交通手段になっています。 難波からダイレクトにアクセス! また、新幹線が「新大阪駅」という大阪市北部から発着しているのに対し、 近鉄電車は大阪難波駅という「ミナミ」の中心部からダイレクトにアクセス出来るようになっています。 なんばエリアから新大阪駅には地下鉄御堂筋線で移動する必要がありますが、近鉄特急なら乗り換えの必要はありません。 また、南海線・泉北高速線沿線・天王寺方面などのJR沿線からの場合でも、新大阪駅に行くよりも「大阪難波駅」・「鶴橋駅」に行く方が大阪駅を経由しませんので乗り換えが少なく済みます。 乗り換えを少なくしたい場合、 「大阪市・大阪府南部」からは「近鉄特急」は新幹線以上にお得で便利に使える選択肢になるのです。 割引制度が充実! 通常運賃・料金でも随分と安い近鉄「名阪特急」ですが、実は これ以上の「割引」がきく割引制度・きっぷが充実しています。 特急券ではなく乗車券分の割引きっぷとなっており、後述するチケットレス特急券の割引と組み合わせてのご利用が前提となっています。 この回数きっぷは14枚単位ですので1回だけのご利用などの場合、使いにくい状況ですが 「紙のきっぷ」ということで金券ショップに並ぶようになることが容易に想定されますので、1回だけのご利用でもお安い値段でご利用頂けることになるでしょう。 上記の回数きっぷと組み合わせると、 最安で大阪難波・大阪上本町~名古屋間が3360円となり、新幹線の通常運賃の半額程度の料金でご利用頂けます。 運賃:約1500円~3000円程度(高速バスの運賃システム・割引システムは複雑になっており、運賃は購入時期などにより変動します) 所要時間:いずれも最短で約3時間程度(経由地がある便ほど時間が掛かります) とにかく安い!1000円台も 高速バスのメリットは、とにもかくにも 運賃が安いこと。 運賃の安さは近鉄特急をもはるかにしのぐものであり、 当日購入でも3000円を超えることはなく、早めの購入の場合1500円程度で利用できるケースもあります。 とにかく「安さ」にこだわる場合、「近鉄特急」の運賃でも高いと感じるのであれば高速バスの利用一択となります。 なお、3つの路線ごとに設定されている運賃ですが、それほど目立った差はありません。 例えば名神ハイウェイバス大阪線は大手のJR・近鉄系列だから運賃が高いかと言えば、必ずしもそういった状況にもなく、やはり1500円で利用できるケースも多くなっています。 また、座席については一部を除き4列シートが基本となっています。 所要時間は長く、渋滞リスクも どの会社のどの路線であっても「高速バス」の宿命としては、 所要時間が比較的長く、更には 渋滞に遭うリスクが比較的高い。 という点が挙げられます。 特に観光シーズンや帰省ラッシュ・Uターンラッシュの時期は渋滞に巻き込まれる可能性は高く、所要時間が時刻表通りにはならないことも十分にあり得ますので、 「所要時間の短さ・時間の確実性」を重視するような場合、高速バスの利用は避けたほうがよいでしょう。 まとめ 以上、大阪~名古屋間を結ぶ交通アクセスについて「新幹線・近鉄特急・高速バス」それぞれの特徴や運賃・所要時間を解説してきました。 簡単にまとめ直すと、 ・時間をとにかく気にする、早く着きたいならば「新幹線」。 ・運賃の安さ、時間の早さの「いいとこどり」がしたいなら「近鉄特急」。 ・とにかく安くアクセスしたいなら「高速バス」。 という結果となりました。 それぞれ一長一短あり、どれがよいかはご利用になる方の「ニーズ」次第ですので、ぜひ使いやすいアクセス手段を見つけて快適に移動して頂ければと思います。 なお、本サイトは「奈良」の観光情報をじっくりご案内するサイト「奈良まちあるき風景紀行」です。 移動の折にはぜひ「奈良観光」に訪れることもご検討ください。

次の

近畿日本鉄道

近鉄 運賃

出典:近畿日本鉄道|路線図・停車駅のご案内 布施~大和西大寺~大和八木~布施の環状経路 近鉄の路線図を見ると、布施~大和西大寺~大和八木の3駅をつなぐ三角形の区間で大回り乗車が可能です。 近鉄生駒線と田原本線は大回り乗車の対象外 路線図を見ると、もうひとつ環状に見える区間に気付くと思います。 近鉄生駒線(生駒~王寺)と近鉄田原本線(新王寺~西田原本)がつないでいる区間です。 「田原本線が少し離れているけれど、同じ近鉄線なのだから大回り乗車に使えるのではないか?」と考える人がいるかもしれませんが、この区間で大回り乗車はできません。 王寺駅と新王寺駅、西田原本駅と田原本駅はそれぞれ別の駅で、一旦改札を出ないと乗り換えができません。 徒歩ですぐに乗り継げるのですが、そういう決まりだとしか言えません。 乗車券(普通券・回数券)の運賃計算経路以外をご乗車いただけるのは、つぎの場合とその区間に限ります。 ご指定のない限り距離の短い経路で運賃を計算します。 ) 1. はJRでいうところの「 大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例」にあたるものですね。 もJR流にいうと「 分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例」にあたります。 運賃計算に詳しくない人にはわかりにくいかもしれませんので、次項で説明します。 布施~鶴橋間を重複乗車できる特例 快速急行や多くの特急列車は布施駅やそのとなりの今里駅を通過しますが、鶴橋駅には全列車が停車します。 布施駅で乗り換えたくても乗り換えできない利用者が出てくる可能性があるわけです。 例.名古屋から生駒へ行く場合 名古屋で乗車した特急が布施に停車しない列車だと、手前の五位堂で普通列車に乗り換えなければなりません。 しかも布施駅には奈良行き快速急行が停車しないので、生駒まで非常に時間がかかってしまいます。 そこで、利用者の便益向上や運賃計算を単純化するために、布施~鶴橋間は重複乗車しても運賃計算に含めないことになっているのです。 近鉄大回り乗車の楽しみ方 近鉄奈良線から望む大阪平野 大阪側で新生駒トンネルに入る前、出た直後に見える大阪平野の眺めは格別です。 人工物に埋め尽くされた大地ですが、日本三大車窓に負けない景観だと私は勝手に思っています。 布施・大和西大寺・大和八木の3つのターミナル駅を観察 布施駅 近鉄大阪線と奈良線が分岐する高架駅で、ホーム階が上下に分かれているのは関西ではめずらしい構造といえます。 ホームに面しない通過線が設けられていて、分岐駅でありながら快速急行とほとんどの特急が停車しないというのもおもしろい特長です。 ホームにはファミリーマートの売店があるので便利です。 大和西大寺駅 近鉄奈良線と京都線、橿原線が平面交差していて、日夜ほぼ絶え間なくレールを刻む音が聞こえてきます。 複雑かつ頻繁に出入りする列車は眺めているだけでも迫力があります。 鉄道ファンにはたまらない! たくさんの電車が出入りする光景を気兼ねなく楽しめる展望デッキがあります。 2階の展望デッキから京都・大阪方面の電車を眺めることができます。 入口の壁面には車両の写真が並んでいます。 エキナカの充実ぶりにも目を見張ります。 改札内にという駅ナカショッピングモールがあって、スーパー、コンビニ、駅そば「二条庵」、イートインにスイーツのお店もあります。 大回り乗車の強い味方です。 大和八木駅 近鉄大阪線と橿原線が交差するこの駅の最大の見どころは、大阪線と橿原線をつなぐ短絡線(新ノ口連絡線)です。 主に京伊特急が乗り入れています。 ホームにはファミリーマートの売店があるので便利です。 近鉄の大回り乗車の前後につながるJRおおさか東線 布施駅の東隣の駅、 近鉄奈良線の河内永和駅と近鉄大阪線の俊徳道駅は、ともにJRおおさか東線との乗り換え駅です。 次のような近鉄大回り乗車をしてからJRおおさか東線に乗り換えできるので便利です。 布施駅に停車しない列車であれば鶴橋駅から利用できます。 近鉄大阪線、奈良線、橿原線ともに有料特急列車が走っているので、短い距離ですが、特急料金510円を払ってつかの間の旅行気分を味わってみてはいかがでしょう。 近鉄大阪線、奈良線、橿原線の有料特急列車を乗り継ぐことも可能です。 近鉄のホームページには以下のような乗り継ぎの規則が書かれています。 運転系統の異なる他の特急列車に乗継いで特急をご利用いただく場合は、 乗継ぎ駅での接続時間が30分以内であれば、ご利用区間をとおして1枚の特急券を発売いたします。 やるかやらないかは、あなた次第です! 近鉄大回り乗車を体験できるツアー 近鉄の大回り乗車をやってみたいけれど、ひとりで行くのはちょっと不安という方のために、近鉄大回り乗車を体験できる日帰りツアーを企画しました。 詳しくは下記のリンクをご覧ください。 まとめ JRに次ぐ長距離路線網を誇る近鉄では、JRと同様な大回り乗車が布施~大和西大寺~大和八木の環状経路で可能です。 通勤通学路線として、あるいは名古屋、伊勢方面の観光、ビジネス特急が行き交う近鉄は、眺めているだけでも飽きることがありません。 近鉄ファンや近鉄大好きなお子さんに、この大回り乗車をおすすめします。

次の