行政書士 一般知識。 行政書士試験「一般知識」とは?おすすめの勉強法!

【行政書士】一般知識で足切りを回避する方法【独学】

行政書士 一般知識

行政書士 2019. 14 マイキャリアスタイル 編集部 行政書士試験の「一般知識」のおすすめ攻略法・対策とは? 行政書士試験の「一般知識」は対策にかける時間の配分が難しい科目です。 行政書士試験の対策では、配点の多い法令等の科目を中心とした学習になりますが、一般知識も足切りをクリアできるレベルまで対策する必要があります。 そのため、「一般知識は何をどの程度対策したらいいの?」と困る受験者の方が多い試験科目となっています。 今回は、行政書士試験の「一般知識」の内容やおすすめの勉強法などについて詳しく解説します。 効率的に対策をしたい方は、参考にしてみてください。 1.一般知識の科目は? 行政書士試験は、「行政書士の業務に関し必要な法令等(46題)」と「行政書士の業務に関連する一般知識等(14題)」の2科目が主な試験科目になります。 「行政書士の業務に関連する一般知識等」では、全60題のうち14題が出題されます。 一般知識の全出題数に占める割合は約23%と少なく、配点の割合も300点満点中56点(約19%)と低めです。 そのため、行政書士試験の対策では法令等の科目が中心となりますが、一般知識も対策が必要となる理由があります。 それは各科目に設けられた以下の足切り点です。 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が122点以上であるもの• 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が24点以上であるもの 2科目の足切り基準を満たした上で、300満点中180点以上の得点であることが試験合格の条件となります。 つまり、出題数の少ない一般知識についても24点以上得点できるように、14題中6題以上解けるレベルまでの対策が必要です。 なお、一般知識は主に以下の3つの科目に細分化して対策を行います。 政治・経済・社会• 情報通信・個人情報保護• 文章理解 それぞれ詳しく見ていきましょう。 内容は、政治・経済・社会の分野から幅広く出題されるのがこの科目の大きな特徴です。 具体的な出題範囲は次の通りです。 政治 大統領制や議院内閣制などの各国の政治制度や日本の選挙制度など 経済 財政問題や金融政策など 社会 環境問題や労働関係、社会保障など 「政治・経済・社会」は出題範囲が非常に広いため学習範囲を絞り込むのが難しく、受験生にとって厄介な科目となっています。 出題の難易度は、高校までに学習する政治経済や現代社会などの知識に時事問題を追加することで解答できるレベルです。 そのため、基本事項だけでなく日々の新聞やニュースで得られる知識も必要になります。 また、最近は行政書士業務に関連するような出題も行われているため行政書士の業務に関する理解も必要です。 このように、「税児・経済・社会」は出題範囲が広いだけでなく、明確な試験対策が立てにくい科目となっているので、効率的な対策が求められます。 現代における急速なIT技術の発展により情報漏洩などの問題も発生しており、個人情報保護の意識が高まる中、行政書士の試験でもこれらに関わる知識が問われます。 主な出題範囲は以下の通りです。 情報通信 暗号化技術や電子署名、行政手続きのオンライン申請、不正アクセス禁止法など 個人情報保護 個人情報保護法や行政機関個人情報保護法など 「情報通信・個人情報保護」はインターネットに関連する用語や個人情報保護法などの基本となる重要条文を理解することで対策ができる科目です。 いわゆるIT用語などに苦手意識を持つ方でも用語の理解から対策を始めることで、ある程度の得点が見込むことができます。 出題数は多くありませんが、一般知識の中では優先順位を高くして対策したい科目となっています。 大学入試センター試験の現代文のように出題形式や問題に慣れることで解答を導けるのが大きな特徴です。 一般知識の中では比較的得点しやすい科目となっています。 主な「文章理解」の出題形式は以下の通りです。 要旨把握 「次の本文の要旨として正しいものはどれか?」のような本文の要旨や趣旨を問う問題 空欄補充 「空欄のア~ウに入る組合せとして正しいものはどれか?」のような文章の空欄を補充する問題 並べ替え 「次の文章のA~Eの配列順序として最も妥当なのはどれか?」のような文章の並べ替えの順番を問われる問題 「文章理解」は毎年確実に3問出題されることや出題形式に大きな変化がないことから、しっかり対策を行うことで全問正解を目指したい科目となっています。 2.おすすめの「一般知識」の勉強法とは? 一般知識は科目によって試験範囲や対策の難易度が大きく変わるため、科目ごとの対策が合否に影響を与えることもあります。 試験合格を目指すためには、まず各科目の特徴を押さえ、科目ごとの対策を的確に行うことが重要です。 科目ごとの対策を確認していきましょう。 2-1.「政治・経済・社会」の対策 「政治・経済・社会」は出題範囲が広く、学習にかける時間に対して得点が伴いにくい科目です。 そのため、なるべく得点に直結しやすい項目のみを重点的に対策する程度にとどめておき、他の科目に時間をかけることも検討しましょう。 中でも時事問題は日々のニュースに目を通す程度で対策ができるのでおすすめです。 余力がある方は政治や経済の問題は基本事項を押さえることで得点にはつながるため、時間の取れる範囲で学習するのが良いでしょう。 2-2.「情報通信・個人情報保護」の対策 「情報通信・個人情報保護」は一般知識において比較的得点を伸ばすことができる科目です。 そのため、「政治・経済・社会」よりも優先して対策を行っても良いでしょう。 特に、個人情報保護の問題は学習範囲の狭い個人情報保護法からの出題となるため、過去問などを活用した対策が効果的です。 範囲も狭いことから同じ論点が繰り返し出題されています。 重要な論点については少し踏み込んだ条文解釈などの対策も行うことができます。 情報通信については、過去問に出てくる基本的な用語や最新用語を押さえながら広い知識を身につけることが重要です。 情報通信に関連する法令の問題は、重要条文を押さえておけば得点できる問題がほとんどなので、出題されたら必ず正解できるように対策をしておく必要があります。 2-3.「文章理解」の対策 「文章理解」は一般知識の中でも全問正解を目指すことのできる科目です。 対策方法としては出題形式に慣れるために問題演習を繰り返すことが重要で、その中で解法のテクニックなどを身につける必要があります。 また、「文章理解」は比較的長い文章で出題される上、時間も限られているため出題形式を見極めてから本文に入るなどの解き方を確立させておく必要があるでしょう。 法令等科目の対策を行う合間でもいいので、週に1、2度は問題演習を行う時間を確保して、継続的に対策しておくことが大切です。 このように、行政書士試験の一般知識は科目ごとにメリハリをつけた対策を行うのがおすすめの攻略法となります。 効率的に対策することで「文章理解」3問、「情報通信・個人情報保護」2~3問、「政治・経済・社会」2~3問対の正解ができれば、足切りの6問はクリアできるでしょう。 3.まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は行政書士試験の一般知識について科目の概要やおすすめの対策について解説しました。 法令等の科目になるべく多くの時間を割いた対策が重要となるため、一般知識は限られた学習時間のなかで効率よく学習しておく必要があります。 勉強方法を自分で確立するのが難しい場合は、資格スクールなどの専門講座を活用することも選択肢の一つになります。 行政書士試験を受験する方は、この記事を参考にご自身に最も合った対策方法を検討してみてください。 aviva. 先日、MOS Word Excel(満点で合格!)PowerPointも合格しました。 aviva. 水野さんは来年に迫った就職活動に向けて簿記の学習をしていましたが、パソコンのスキルアップと資格取得も併せてご通学されています。 aviva. aviva. aviva.

次の

行政書士 一般知識(情報通信・個人情報保護など)の勉強方法とは

行政書士 一般知識

いよいよ試験直前。 行政書士試験の季節がやってまいりました。 「 一般知識問題なんか対策しようがないよ。 」ってのが受験生の本音じゃないでしょうか。 そんなあなたのために、資格スクエア編集部の研究結果をちょっとお裾分けしましょう。 行政書士試験の一般知識の試験は、 14問で構成されています。 カテゴリは大きく分けて3つ。 政治経済社会、 情報通信・個人情報保護、 文章理解の3つ。 政治経済社会で6〜8問、情報通信個人情報保護で2〜4問、文章理解で2〜4問というのが一般的な出題構成になります。 もっとも、 昨年度は情報通信・個人情報保護は2問しか出題されませんでした。 さて、 一般知識の攻略法、それはずばり「 勉強しすぎないこと!!」 これにつきます。 まず、勉強する順番ですが、 1 情報通信・個人情報保護 2 文章理解 3 政治経済社会 の順番です。 この順番を決して崩してはいけません。 勉強時間の割合の比率でいうと 情報通信・個人情報=8 文章理解=1 政治経済社会=1 というイメージです。 文章理解と政治経済社会に時間を使って勉強すればするほど、合格は遠のくと思ってください。 しかも、行政書士の法令科目と一般知識の勉強時間の比率は 9:1が適正です。 つまり、法令科目を900時間勉強するのに対し、一般知識は100時間で足りるということ。 その中でも 80時間は情報通信・個人情報保護にあててほしい、ということです。 文章理解と政治経済社会は10時間ずつ勉強すれば十分です。 一般知識なんかやる暇があれば、民法や行政法の条文や判例を一つでも多く暗記した方が合格に近づきます。 一般知識は14問中、 足切りの6問をクリアできるようにすることを目標にしましょう。 そのうえで、各カテゴリの勉強法に入っていきます。 1 情報通信・個人情報保護 情報通信については用語を理解していないと全く問題が解けませんので、 過去問に出てきた用語を中心に用語の意味を覚えていきましょう。 また、 クラウドや IOTなど、比較的新しい情報通信の用語も出題されますので、社会の動向は常にチェックしておきましょう。 個人情報保護法・行政機関個人情報保護法の2つが出題範囲となります。 個人情報保護については、個人情報該当性、個人情報の取り扱い、個人情報取扱事業者該当の有無などが出題されますので無難に押さえておきます。 行政機関個人情報保護法については個人がどのような情報を、どのような手続で開示できるのか、拒否できる場合はどのような場合なのか、という点を押さえておきましょう。 個人情報保護法、 行政機関個人情報保護法は一般知識の中で 最も得点しやすい科目ですので、絶対にとりこぼしのないようにしましょう。 2 文章理解 文章理解は空欄補充、並び替え、文章要旨の3つの出題形式がありますが、近年は並び替えが多く出題されています。 並び替え問題の場合、 先頭に来る文を最初に探すのがコツです。 接続語や指示語が来る文章はこれで切ることができます。 次にキーワードの連動をみていくことになります。 段落には必ずつながりがありますので、 前の段落で使われていた言葉が、次の段落で使用されることが多々あります。 文章要旨の問題の場合、繰り返し使われている言葉に着目します。 それがその文章のメインテーマであり、メッセージであることが殆どです。 そして、具体例と筆者の説明の部分を区別して、筆者の説明の部分に近い説明を要旨として選ぶことになります。 3 政治経済社会 政治では各国の政治制度、日本の選挙制度、行政改革、経済では財政問題、金融政策、社会では社会保障や環境が出題されます。 こうした事項は、先にも述べた通り、一朝一夕に身につく知識ではなく、これまでの人生でどれだけ政治や経済に興味を持って生きてきたか、ということが重要になります。 したがって、 試験前の付け焼刃はムダです。 もっとも、 政治経済社会については、いわゆる択一式の解法テクニックが使える場合が非常に多いです。 また、「 〜の場合がある」とか「 〜の中には〜なものもある」という選択肢は、 正解の確率が非常に高いです。 こうした事項は政治経済社会の知識とは無関係ですが、 どうやって肢を切ればいいか、という指針にはなりますので、覚えておいて損はありません。 いかがでしたでしょうか? 編集部で出した結論は、「 いまさら政治経済社会と文章理解に時間をつかうな。 」ということです。 もっとも 専業受験生はまだ20時間ぐらいは楽勝に時間取れますので、どんな問題がでるか知っておいてください。

次の

行政書士 一般知識対策

行政書士 一般知識

<人気講座ランキング (上位3社)> 第1位 : 高品質で 業界最安価格:45,900円 税別 第2位 : 全国平均の3. 7倍、高い合格率 第3位 : 価格は高めだが、 全国平均6. 32倍の最高合格率 こんにちは、トモです。 今回は、行政書士試験の「一般知識」科目のポイントや勉強方法についてお伝えします。 一般知識は、正式な科目名を 「行政書士の業務に関連する一般知識等」といい、行政書士試験にしかない独特な科目です。 というのも、行政書士以外の国家試験(法律系)は、ほとんどが試験科目は法律に関するものだけなのです。 行政書士の一般知識は、一部の法律も含まれますが、一般常識的な内容が、広い範囲から問われる点が、独特ということです。 そのため、多くの受験生が 「一般知識の科目は、捨てたい(捨て問としたい)」 と思うようですが、単純に捨てるわけにはいきません。 なぜなら、一般知識の科目には「足切り点」が設定されているからです。 たとえ、法令科目で満点を取ろうとも、一般知識が足切り点以下の場合、行政書士試験には合格できません(というより、一般知識から採点され、足切りが確定すると、法令科目は採点されません)。 このように、一筋縄ではいかないイメージの強い一般知識ですが、どのように対応すべきでしょうか。 この記事では、行政書士試験の一般知識について、その概要や試験対策、勉強法について説明します。 ぜひチェックしてみてください。 なお、一般知識の勉強法については本記事で説明しますが、行政書士試験全体の 「最速勉強法」ノウハウについては、現在、資格スクールのクレアールが、 市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。 無料【0円】ですので、そちらもチェックしてみてください。 Contents• 一般知識とは 行政書士試験の一般知識は、以下の3分野から出題されます。 政治・経済・社会 行政書士は「街の身近な法律屋さん」として、法律に関わる様々な業務を依頼されることになります。 そのため、政治・経済に関する制度や状況、社会の動向など、ある程度、正しく認識しておくことが必要です。 以上のような理由から、政治・経済・社会に関する幅広い内容が問われることになります。 情報通信・個人情報保護 IT化により、社会は大きく変わりつつあります。 また、行政書士の業務においても、電子申請の進展など、ITに関する知識は必要不可欠になっていくでしょう。 また、そうしたIT化の状況においては、情報セキュリティや個人情報保護に関する知見も必要不可欠です。 以上のような理由から、情報通信・個人情報保護に関する内容が問われることになっています。 文章理解 行政書士の仕事は、許認可申請をはじめ、様々な書類を作成することが非常に多い仕事です。 そのため、国語や文章理解の能力は、法律知識と同じぐらい重要といえるでしょう。 文書理解の分野では、文章の並び替え・文章の空欄補充のような出題がされます。 行政書士試験における一般知識の特徴 それでは、他の科目と比較した、一般知識の特徴を見ていきましょう。 行政書士試験の中で配点が300満点中、56点。 4割未満では足切りになる! まずは、行政書士試験全体と一般知識の配点を確認してみましょう。 <科目別勉強法の記事 一覧>• 出題傾向 ~一般知識は5肢択一式、広範囲で難問も多い。 つづいて、出題傾向や配点の詳細を見てみましょう。 通例では、政治・経済・社会が7問、情報通信・個人情報が4問、文章理解が3問、出題されます。 出題内容と難易度 ~まずは、文章理解や情報通信・個人情報で得点を稼ぐことを考える 政治・経済・社会 政治・経済・社会は、以下のような出題がされます。 ・高校や大学入試の「政治経済」のような内容 ・政治の基本原理(権力分立制など) ・国内政治や国際政治の制度 ・行政改革 ・国内経済 ・日本の財政 ・国際経済 ・公害問題や地球温暖化問題 ・社会保障(年金、介護) ・少子高齢化問題 ・各種時事問題 以上のように、非常に広範な範囲から、まんべんなく出題されるのが、政治・経済・社会の特徴です。 そのため、非常に対処が難しく、難易度は相当高くなっています。 正直なところ、政治・経済・社会の分野は得点を計算することが難しいでしょう。 そのため、情報通信・個人情報保護や文章理解の分野で得点を稼げるように対応することが必要です。 情報通信・個人情報保護 情報通信では、まず、用語について問われます。 IoT・クラウド・4G・LTEなど、比較的新しい用語もよく問われます。 また、暗号化技術や情報セキュリティについても頻出です。 行政手続きのオンライン化や、情報通信周りの法律なども出題されます。 個人情報保護の分野では、個人情報保護法と行政機関個人情報保護法の2つが出題されます。 この分野は、まったくの法令科目と考えて構いません。 条文をきちんと押さえることで正答を導けますので、、一般知識のなかでは、もっとも対応しやすい分野です。 とりこぼしのないようにしましょう。 文章理解 文章理解は、個人情報保護と同じぐらい得点しやすい分野です。 内容・レベルは、大学受験の現代国語と同等程度と考えてください。 文章の並べ替え、空欄補充、文章の内容把握の3パターンがあり、毎回、1問ずつ出題されるのが通例です。 出題形式が決まっているため、演習で形式に慣れておくことで対応できるでしょう。 3問中2問は正答する必要があります。 一般知識の得点目標 一般知識は14問中6問は死守、8問得点できれば十分です。 試験対策のポイントと勉強方法 分野別の勉強のポイント 政治・経済・社会 前述のとおり、政治・経済・社会の分野は、広い範囲からまんべんなく出題されるので、対応が非常に難しいです。 というより、正確に言えば 対策はあるのだが、きちんと対応をしようとすると、時間がかかり過ぎてしまう という感じです。 さらに、 対策をしたところで、どれぐらい得点に結びつくのか予想できない ということもあります。 そのため、まずはテキスト(基本書)に掲載されているトピックと過去問を実施しましょう。 また、時事問題対策としては、普段からニュースや新聞の内容を意識してチェックするようにします。 そのうえで余裕があれば、大学入試センター試験や公務員試験のテキスト(政治・経済や時事問題のテキスト)を利用しましょう。 情報通信・個人情報保護 まず、個人情報保護については、個人情報保護法と行政機関個人情報保護法の2つについて、法令科目として対応しましょう。 情報通信については、最新のITトレンド用語や情報セキュリティ、暗号化技術、情報通信関連の法規が頻出です。 これに関しては、情報処理の国家試験の1つである「ITパスポート試験」のテキストの該当部分を読んでおくと効率的です。 上記の書籍は、物語風に各論点を説明しているので、他のテキストより読みやすい印象です。 繰り返しになりますが、一冊まるごと読む必要はありません。 前述の該当箇所だけピンポイントでおさえましょう。 文章理解 前述のとおり、文章理解の出題パターンは決まっています。 あらかじめ出題パターンに慣れておくだけで対応のしやすさが全く違ってきます。 過去問を何度か繰り返してパターンを身につけたり、公務員試験の対策本で学習しましょう。 おすすめテキスト・六法・判例集・アプリなど 下記の記事では、おすすめのや、・などを紹介しています。 よろしければ参考にしてください。 初学者の方は、以下のも参考にしてみてください。 行政書士 一般知識の試験対策のポイントと勉強法 <まとめ> ここまで、行政書士試験の一般知識の概要から試験対策、勉強法まで説明してきました。 行政書士試験のなかでは、対応の難しい部分もある一般知識の科目ですが、ポイントを押さえて、7~8問以上の正答を目標としてください。 ぜひあなたも、この記事に書いた方法を実践して、一般知識を攻略してほしいと思います。

次の