マルエツ ペイペイ キャンペーン。 PayPay(ペイペイ)はお得?各電子マネーと比較!(楽天ペイ LINEPay Kyash Suica Edy QUICPay iD)

Tポイント提携先スーパーはマルエツなど10社。イオン・ヨーカドーでも貯まるヤフーカード!

マルエツ ペイペイ キャンペーン

もくじ• コード決済(スマホ決済) マルエツ(マルエツプチ・リンコス含む。 以下同)で使えるコード決済は、以下の通りです。 マルエツプチ・リンコスでは、全店舗でPayPayに対応しています。 対応していないコード決済は、PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、d払い(コード決済)、メルペイ(コード決済)、au PAY(エーユーペイ)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、ネイバーペイなどです。 クレジットカード・電子マネーは使える? マルエツでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。 Visaのタッチ決済にも対応しています。 2019年9月1日からは、「マルエツカード」の発行が始まっています。 電子マネーは、WAONがほぼ全店舗で使えます。 一部の店舗では、交通系電子マネー、楽天Edyにも、対応しています。 nanaco、iD、QUICPayには対応していません。 セミセルフレジが導入されている店舗・レジレーンで交通系電子マネーを利用する場合は、レジスタッフに交通系電子マネーを使う旨を伝えて、レジで決済することになります。 セミセルフレジでの精算機では、現金・クレジットカード(タッチ決済対応)・WAONに対応しています。 そのほかの支払い方法は? マルエツでは、マルエツ商品券・カスミ商品券が使えます(お釣りは出ます)。 また、クレジットカード会社発行のギフトカード(商品券)も使えます(お釣りは出ません)。 ビール券、おこめ券、たまご券なども使えます。 イオングループではありますが、イオン商品券は使えません。 共通ポイントカード マルエツでは、Tポイントカードに対応しています。 プラスチックカードのTポイントカードのみ対応です。 アプリ画面のバーコード(モバイルTカードなど)では使えません。 また、マルエツはイオングループではありますが、WAON POINTカードには対応してません。 2020年3月以降も毎週日曜日5%割引となる「マルエツカード」の申し込みをご検討ください。 毎週日曜日は「マルエツカード」でのクレジット払いで5%割引となります。 お酒等は割引対象外です。 深夜営業店舗では、24時を過ぎると、営業時間中でも割引対象外となりますのでご注意ください。 また、マルエツの親会社である、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U. Holdings)の株主になるともらえる株主優待券が使えます。 株主優待券は100円割引券で、税込1,000円ごとに1枚使えます。 ビールなどを含むお酒類の購入にも使えます。 たばこや金券類は対象外です。

次の

初心者必見!PayPayの期間限定1番おトクなキャンペーンは?? | はじめようPayPayペイペイ・LINEPayラインペイ・楽天ペイ

マルエツ ペイペイ キャンペーン

PayPayは10月1日~11月30日、「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元対象店舗で、さらに5%を上乗せして合計最大10%をいつでも還元する「まちかどペイペイ」を実施する。 <まちかどペイペイの告知> 国が補助する5%に加え、PayPayが5%を付与することで、最大10%のポイントを還元する施策。 10月1日から開始したキャッシュレス・ポイント還元事業に関連したキャンペーンで、還元事業の対象加盟店のうち、5%還元対象店舗における「PayPay」での支払いに対し、PayPayが最大5%のPayPayボーナスを上乗せする。 付与上限は、国の還元事業のよる還元は、1回あたりの付与上限2万5000円相当(決済金額50万円)、1カ月あたりの付与合計上限2万5000円相当(決済金額50万円)。 「まちかどペイペイ第1弾」による計5%の付与(PayPay利用特典を含む)の場合は、1回あたりの付与上限1000円相当(決済金額2万円)。 1カ月あたりの付与上限2万5000円相当(決済金額50万円)となっている。 <まちかどペイペイの付与率> また、新キャンペーン開始にあわせて、「PayPay」の利用特典を改定した。 現在、支払方法に応じて最大3%のPayPayボーナスを付与しているPayPay利用特典は、10月1日から最大 1. 5%へ変更した。 これまで20回に1回の確率で最大1000円相当のPayPayボーナスが当たる抽選企画「PayPay チャンス」は、当選金額と当選確率を変更し、25回に1回の確率で最大100円相当、100回に1回の確率で最大1000円相当のPayPayボーナスが当たる企画に変更した。

次の

マルエツ・マルエツプチで使えるコード決済

マルエツ ペイペイ キャンペーン

東急ストアとは 「東急ストア」は名前の通り、東急(東京急行電鉄)の関連会社で東京に本社があり、東京・埼玉・神奈川・千葉・静岡にスーパーマーケットを展開している会社。 東急の関連会社なので東急電鉄沿線の駅に多く展開されており、駅に併設されているお店が多いです。 安いスーパーではないですが、駅に近いという利便性から会社帰りにちょっと足りないものを購入するのに便利なスーパーというイメージです。 店内の様子。 まぁ、普通のスーパーですね。 東急ストアでののキャッシュレス QRコード決済 「東急ストア」ではPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)をはじめとしたQRコード決済は利用できるのでしょうか? 2020年2月現在は、答えは「 YES」です。 使えるのは、 ・PayPay(ペイペイ) ・LINE Pay(ラインペイ) ・メルペイ ・RPay(楽天ペイ) ・Alipay(アリペイ) ・WeChatPay(ウィーチャットペイ) とかなりのラインナップです!! これに2020年3月2日からは、 d払いと a uPAY(エーユーペイ)も利用可能になります!! スーパーとしてはかなりの現在のところではかなりのラインナップです。 クレジットカード キャッシュレスという観点であれば、 「東急ストア」で利用できるクレジットカードはビザ・マスター・JCB・アメックス・ダイナースと一通り利用することはできます。 お店によって違うかもしれませんが、クレジットカードを利用するには支払いのみセルフレジでの支払いとなります。 電子マネー 電子マネーについては、 交通系はSuica・PASMOは利用可能です。 しかし、それ以外の iD(アイディ)やQUICPayなどのポストペイ形式のものや楽天Edy(エディ)は利用できません。 ちなみに、SuicaやPASMOについてはレジでの支払いになります。 東急ストアでのポイント制度 キャッシュレスとは少し違いますが、東急ストアにはポイント制度があります。 ポイントは「TOKYU POINT」で、東急グループでの共通ポイント。 ポイントカードはクレジットカード機能のないポイントカードと クレジットカード機能付きのポイントカードがあります。 東急ストアでのポイントのたまり方は以下の通り。 今まではクレジットカード機能のないポイントカードは現金払いでないとポイントが貯まりませんでしたが、現在は東急カード以外のクレジットカードでの支払いでもポイントが貯まるようになっています。 最後に 現在(2020年2月)は東急ストアではPayPay(ペイペイ)をはじめとしたかなりの種類の QRコード(スマホ)決済が導入されています。 冒頭でご紹介した通り、PayPay(ペイペイ)についてはスーパーマーケットで利用できる会社が増えつつあります。 未導入の頃からラインによる公式アカウントもありましたので、LINE Pay(ラインペイ )などの導入の可能性は高いと考えていましたが、一気に増えましたね!! キャッシュレスという意味ではクレジットカードとSuicaやPASMOも使えるので何を持っていてもストレスなく対応できるお店だと思います。

次の