持続化給付金申請必要書類個人事業主。 個人事業主 100万円 申請方法【新型コロナ緊急経済対策】持続化給付金は課税対象(更新)

【個人事業者向け】持続化給付金の必要資料、給付対象、給付額の確認

持続化給付金申請必要書類個人事業主

私は 個人事業主 フリーランス なのですが、新型コロナウィルスの影響で月間事業収入が前年同月比50%以下となる月があるため 持続化給付金を申請する予定です。 確定申告は 白色申告で行っています。 5月1日に「持続化給付金」ホームページが公開されたこともあり、個人事業者 白色申告 の場合の確認と自身の今の状況とを照らし合わせてまとめたいと思います。 持続化給付金について 持続化給付金の概要をまとめています。 持続化給付金とは、「感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える」給付金です。 また、医療法人、農業法人、NPO法人など、会社以外の法人についても対象となります。 個人事業主と同じ意味ととらえて問題ないでしょう。 個人事業者の場合、例えば、小売業や卸売業をしている人をはじめ、賃貸業や取引の仲介、運送、請負、加工、修繕、清掃、クリーニング、理容や美容といった業を営んでいる人はすべて事業者になります。 さらに、医師、弁護士、公認会計士、税理士などの人も事業者になります。 引用元: 受け取れる金額は、法人は200万円まで、個人事業者は100万円までです。 ただし、昨年1年間の売上から減少分が上限です。 申請方法は、証拠書類とパソコンやスマートフォンで電子申請を行えます。 また、「申請サポート会場」を開設する予定です。 給付金の申請期間は令和2年5月1日 金 から令和3年1月15日 金 まで、電子申請の送信完了の締め切りは、令和3年1月15日 金 の24時までです。 期間が長いので現在対象でない方も準備だけはしておいたほうがいいです。 持続化給付金の申請の流れ 持続化給付金の申請の流れについて、個人事業者 白色申告 を対象にまとめています。 対象者要件 「持続化給付金」ホームページとは前後しますが、対象者要件をまずはまとめます。 これが満たされていないと、そもそも持続化給付金が受け取れないからです。 給付対象 フリーランスを含む個人事業者 給付対象者 1 2019年以前から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業継続する意思があること。 2 2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月(以下「対象月」という。 )があること。 簡単にいうと確定申告をしていること、2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年2019年の月平均の事業収入と比べて、事業収入が50%以上減少した月があることの2点です。 詳細は、対象者要件の「個人事業者等のみなさま」を参照してください。 また、申請の特例についても記載されています。 給付額の算定 給付金の給付額は、100万円を超えない範囲で、2019年の年間事業収入から、対象月の月間事業収入に12を乗じて得た金額を差し引いたもの(金額は10万円単位。 10万円未満の端数があるときは、その端数は、切り捨てる。 )とします。 対象月は、2020年1月から12月までの間で、事業者が選択した月とします。 引用元: 事業収入とは、確定申告書 第一表の「収入金額等」の事業欄に記載される金額のことです。 確定申告書(所得税法第二条第一項三十七号に規定する確定申告書を指す。 以下同じ。 )第一表における「収入金額等」の事業欄に記載される額と同様の算定方法によるものとし、2019年の年間事業収入は、当該欄に記載されるものを用いることとします。 jizokuka-kyufu. 申請期間と給付にかかる時間 申請期間は令和2年5月1日 金 から令和3年1月15日 金 まで、電子申請の送信完了の締め切りは、令和3年1月15日 金 の24時までです。 なお令和2年5月現在、毎日2:00~3:00がシステムメンテナンスのため、申請や仮登録、マイページへのログイン等ができません。 申請後、通常2週間程度で給付金が登録の銀行口座に振込まれます。 申請方法・必要書類 証拠書類 申請方法と個人事業者 白色申告 の場合に必要となる書類 証拠書類 です。 私の場合、この書類でドツボにハマりました。 詳細は以下も必ずご覧ください。 申請の流れ• 申請の要件を確認し、証拠書類 添付書類 を準備• 「申請する」ボタンを押して、メールアドレスなどを入力 仮登録 される• 入力したメールアドレスに、メールが届いていることを確認し「本登録」を行う• ID・パスワードを入力すると「マイページ」が作成される• マイページから申請情報を入力、証拠書類をアップロードして申請• 通常、2週間程度で、給付通知書を発送され、登録した銀行口座に入金される 証拠書類 添付書類 個人事業者 白色申告 の場合に必要となる証拠書類 添付書類 です。 2020年分の対象とする月(対象月)の売上台帳等 対象月の売上台帳等 これについては別記事にてまとめる予定です。 銀行通帳の写し 銀行名・支店番号・支店名・口座種別、口座番号・口座名義人が確認できるもの 本人確認書の写し• 運転免許証(両面)(返納している場合は、運転経歴証明書で代替可能。 個人番号カード(オモテ面のみ)• 写真付きの住民基本台帳カード(オモテ面のみ)• 在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る。 ) (両面) いずれの場合も申請を行う月において有効なものであり、記載された住所が申請時に登録する住所と同一のものに限る。 住民票の写し及びパスポート(顔写真の掲載されているページ)の両方• 住民票の写し及び各種健康保険証(両面)の両方 なお、(1)から(4)を保有していない場合は、(5)又は(6)で代替可能です。 私は、個人番号カードにする予定です。 注意点 確定申告書第一表の控には収受日付印が押印 受付日時が印字 されていなければなりません。 e-Taxによる申告の場合は「受信通知」を添付します。 私の場合、確定申告を郵送で提出しており、収受日付印のある控えをもらっていないため、納税証明書(その2所得金額用)も提出しなければなりません。 この納税証明書の申請と取得がかなり面倒なことがわかりました。 納税証明書を取得する方法は「税務署の窓口で申請して受け取る」「オンラインで申請して税務署の窓口で受け取る」「オンラインで申請して郵送で受け取る」「オンラインで申請して電子データを受け取る」の4種類あります。 しかし、郵送もしくは電子データで受け取る場合は、マイナンバーカードなどの電子証明書が必要になります。 さらに電子証明書を使用したオンライン申請はパソコンにしか対応していないためICカードリーダライタが必要になります。 ICカードリーダライタがなくても納税証明書は取得できるのですが、これを機に購入することにしました。 購入したのはアイデンティブ 株 の「接触ICカードリーダーライター CLOUD2700R 」という製品です。

次の

個人事業主 100万円 申請方法【新型コロナ緊急経済対策】持続化給付金は課税対象(更新)

持続化給付金申請必要書類個人事業主

特に、フリーランスや個人事業主の方は会社から補償があるわけじゃないし、収入を得る手段がなくなってしまいますよね。 そんな中、事業を続けるためのお金が給付される「 持続化給付金」が2020年5月からはじまりました。 フリーランス・個人事業主は、 最大100万円の給付が受けられます。 (法人は最大200万円) 私も、なんとしてでもこの給付を受けたかったのです。 だって音楽活動続けたいしね。 私は自分のお給料にしたいと思います。 もし最大額の100万円が給付されたら安心ですよね。 給付金ゲットのためにここはがんばりたいところです。 例えば、今年の7月と昨年の7月との売上を比べてもよくて。 「自分は対象じゃないだろう」と思っていた方も、まだ期間あるから頭の片隅においといて、随時情報チェックしてみてください。 (青色申告・白色申告どちらも)2019年分の確定申告第一表の控え(1枚)• (青色申告のみ)所得税青色申告決算書の控え(2枚)• 対象月の月間収入がわかるもの• 申請者本人名義の口座の写し• 本人確認書類 ここから詳しくご紹介します。 文字よりもビジュアルのほうがわかりやすい方もいらっしゃると思うので、参考までに私が実際に申請した書類をお見せしますね! 2019年分の確定申告第一表の控え これが提出した実際の「2019年分の確定申告第一表の控え」です。 右下の印、青い印鑑が税務署の収受日付印です。 これが押されているものが必要です! 電子申請の方は収受日付印がないと思いますが、申請はできます。 詳しくは「」ページからご確認くださいね! 所得税青色申告決算書の控え(2枚) こちらは青色申告の方のみの提出です!こちらも税務署の収受日付印があるはずです。 注意点ですが、こちらの書類は 1枚づつ別のファイルにしておくと良いです。 電子申請するときに、1枚づつアップロードすることになるからです。 対象月の月間収入がわかるもの 「対象月の月間収入がわかるもの」は、今年の対象月の売上がわかるものという意味です。 私は、freeeという会計ソフトを使っているので、そのスクリーンショットを撮りました。 「売上帳」という項目がなかったので、仕訳帳で勘定科目を「売上高」にして検索かけたものでしたが大丈夫でした! この「対象月の月間収入がわかるもの」の準備に迷う方もいらっしゃるかもしれませんね。 エクセルで入力したものや、手書きの売上台帳でもいいそうです!以下の項目のように簡単なものでもOKだそう。 運転免許証(裏表)• マイナンバーカード(表)• 写真付きの住民基本台帳カード• 在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書 在留資格が特別永住者のもの• 住民票の写し及びパスポートの両方• 住民票の写し及び各種健康保険証の両方 私は、マイナンバーカードの表をスマホで撮影したものでOKでした! 「こうしておけば良かった」こと 書類がそろったらいよいよ申請!ですが、申請の時に「こうしておけば良かった」と感じたことが3つあるのでご紹介します。 例えばPDFファイルが一緒になっちゃっていたら、事前に1つずつに分けておいた方がスムーズです。 私は確定申告の書類を全部一緒のPDFにしちゃってたから、分けるのに手間がかかっちゃった。 だから所得税もかかるんですよね。 2020年の確定申告でも申告する必要があるので、入金先は「事業用口座」ですね。 私は家計用口座にしてしまったので、あとで自分で事業用口座に振り込みました。 大分類:生活関連サービス業,娯楽業• 中分類:娯楽業• 小分類:興行場(別掲を除く),興行団 いよいよ申請 申請は「」ページの「申請する」ボタンからできます。 ここからは本当に分かりやすくできているので、画面の指示にしたがってください。 そのページの情報が最新なので、ここでは詳しく紹介しないことにします。 まとめ 持続化給付金について、簡単にですがまとめてみました! 書類の準備さえしておけば 申請自体は10〜15分ほどでスムーズにできます!申請ページも迷わずにわかりやすかったです。 ちょっと心配だなという方は、インターネットに慣れている人に手伝ってもらうと安心です。 申請から給付までは2週間。 「なかなか入金されない…」という方は不安ですよね。 私もそうでした。 持続化給付金、申請の初日に申し込んだのにまだ入金されてないなぁ…。 申請者番号は1600番台だったし、初日の朝9時台には申請終えたのに。 コールセンターに電話されてみてください。 コールセンターの番号や、最新の情報は必ず「」ページからご確認くださいね!申請もこのページからできます。

次の

5分でわかる!『持続化給付金』 個人事業主に最大100万円、中小企業に最大200万円。返済の義務のない現金給付

持続化給付金申請必要書類個人事業主

このページでは、コロナウイルス感染症の影響で売上が半減している方向けの中小企業庁の「持続化給付金」の申請に必要な確定申告書の控えなどについて記載しております。 よく分からなくて困っている場合には、確定申告を依頼した税理士へ聞いてみると教えてくれるかもしれません。 という方は、まず確定申告をなさってください。 ここで、宣伝です。 法人であれば、申告を税理士へ依頼していることも多いかと存じます。 税理士から申告書の控えが送られてきているかと存じますので、ご確認ください。 「 確定申告書別表一」というのは、 法人税の申告書の1ページ目のことです。 右上に縦書きで「別表一 各事業年度の所得に係る申告書」と小さく書かれているかと存じます。 (印刷状況によっては切れてしまっているかもしれませんが、縦書きの文字が切れていても心配ありません。 ) 電子申告といって申告書を電子提出している場合には、受信通知、いわゆる「 メール詳細」も必要となってきます。 これは、税務署の収受印の代わりとなるもので、電子提出すると税務署から送られてくるメッセージとなります。 申告したという証明として使っています。 」は,確定版では 「e-Taxの場合は「受信通知」を添付」という表現に変わったようですが、これらの意味は同じで、「電子申告しているなら、収受日付印は押されないから、代わりに、受信通知(=メール詳細)も提出してください」という意味です。 e-Taxの「受信通知」と「メール詳細」は同じものを指しています。 これは書類というよりも、税務署とのやり取りに使っているe-Taxの メッセージボックスというところに届くメール(メッセージ)のことで、 税理士たちが「メール詳細」と呼んでいるものを、国側が「受信通知」と言っているのです。 なお、「確定申告書の上部に「電子申告の日時」と「受付番号」の記載のあるものについては、「受信通知」の添付は不要」とのこと。 申告ソフトによっては、確定申告書の上部に印字されることがあり、その場合には、メール詳細不要といっているのですね。 また、中小法人等については確定申告書(控え)に収受印がない場合、代わりとして、税理士による押印及び署名がなされた月ごとの事業収入を証明する書類(様式自由)を提出してすればよいというルールになったようです。 地方税の申告書の前辺りに綴じこむ税理士が多いように感じています。 裏表の両面印刷で綴じこまれていることもありますし、1ページ目、2ページ目と2枚に分けて綴じこまれていることもあります。 中には提出していないという税理士もいるようです。 そうなると困っちゃいますよね。 もしも申告書の控えに綴じこまれていなかったら、提出していないことも考えられます。 「 対象月の月間事業収入がわかるもの」というのは、手書きでも、エクセルでも、会計ソフトなどを使って作成してもいいようです。 料金払えなくて、税理士との顧問契約を解除してしまった方などは、エクセル等で作成なさってはいかがでしょうか。 「銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・名義人」が分かるページを提出してください。 カメラで撮影する場合には、ピントを合わせて、数字や文字が読めるかを必ず確認した上で提出してください。 なお、申請要領を読むと、口座名義人は申請される法人名と一致している必要があるが、法人の代表者名義でも可という記載がありました。 「 確定申告書第一表」は、いわゆる確定申告書の1枚目のことです。 右側に縦書きで「第一表」と書かれています。 「受信通知(いわゆる メール詳細のこと)」は、電子申告をしている場合に必要となってきます。 税理士へ確定申告を依頼した場合には、電子申告をしていることが多いです。 その場合、税務署の収受印はありません。 税務署の収受印の代わりとなるものが受信通知やメール詳細となります。 なお、 e-TAXの「受信通知」と「メール詳細」は同じものを指しています。 税理士たちが「メール詳細」と呼んでいるものを、国側が「受信通知」と言っているのです。 ご自分で電子申告なさっている方は分かるかもしれませんが、 これは書類というよりも、税務署とのやり取りに使っているe-Tax メッセージボックスという ところに届く単なるメッセージのことです。 」という部分が、確定版では、「 e-Taxの場合は「受信通知」を添付」になっていますが、この意味は、「電子申告しているなら、収受日付印は押されないから、代わりに、メール詳細(受信通知)も提出してください」という意味です。 なお、税務署においてe-Taxにより申告した場合は、 確定申告書第一表の控えに受付日時が印字されていればよいとのことです。 また、確定申告書の上部に「電子申告の日時」と「受付番号」の記載のあるものについては、「受信通知」の添付は不要とのこと。 申告ソフトによっては提出すると確定申告書の控えに自動的に印字されるのですが、その場合には受信通知の添付は不要ですということです。 個人事業主等が確定申告書(控え)に税務署の収受印がない場合には、代わりとして納税証明書(その2)という税務署で発行している所得金額の証明書を提出とのことです。 国税庁の公式サイトにある「」を読むと、申告後間もない場合は、納税証明書を発行できないときがあるとのこと。 コンビニ納付した場合には約3週間かかるという記載もあります。 また最近に納付したときは納税の確認をするために「領収証書(=納付書の控え)」をという内容も記載されています。 心配な方は税務署へ電話して「納税証明書(その2)を急ぎで発行してほしいのだが、先週、納付した場合、納付書の控えは必要か」などと聞いてみてはいかがでしょうか。 納税証明書(その2)も提出できない場合は、証拠書類等の確認に時間を要するため、給付までに大幅に時間を要するとのこと。 なお、証拠書類等の真正性が確認できないときは給付できない場合があるとのことです。 「 所得税青色申告決算書2枚」がある場合には、それを提出してもいいようです。 任意と書かれていますので、提出しなくてもよいようです。 提出するかどうかで支給額の計算に影響が出るようですので、自分がいくらもらえるのか、計算してから、提出するかどうか決めた方がいいのかもしれません。 青色申告決算書を提出しなかったり、「月別売上(収入)金額及び仕入金額」の欄を空欄で出したり、12月にまとめて年間売り上げを記載している場合には、月の売上が分かりませんので、月ごとの比較ではなく、前年の平均売上と比較して計算されるようです。 所得税青色申告決算書は、元々4枚ありますが、1枚目と2枚目だけを出せばよいということのようです。 1枚目損益計算書が記載されているページとなります。 2枚目は月別売上(収入)金額などが記載されているページとなります。 「 対象月の月間事業収入がわかるもの」というのは、手書きでも、エクセルでも、会計ソフトなどを使って作成してもいいようです。 税理士との顧問契約している方は、作成してもらった方が、帳簿との整合性がとれて安心かもしれません。 見本が公式サイトの申請要領にも載っておりますので、詳しくはそちらを参照ください。 給与明細などを提出してしまい、「不備有り」という連絡が来ている方もいるようです。 申請要領をみると「売上台帳等」となっていますから、売上表などの書類を作った方が無難だと存じます。 なお、ポイントと思われる点を記載しておきますと、下記5つほどが思いつきます。 1、「売上表」や「売上帳」などと書類のタイトルを書くこと。 3、自分の名前や屋号を書くこと。 「銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・名義人」が分かるページを提出してください。 カメラで撮影する場合には、ピントを合わせて、数字や文字が読めるかを確認した上で提出してください。 正確な振込先が分からないと入金されません。 なお、 口座名義人と 申請者名 は一致している必要があるとのこと。 「本人確認資料」は、免許証の場合には両面です。 お忘れなく。 免許証がなければ、「住民票の写し及び各種健康保険証の両方」や「個人番号カード(オモテ面のみ)」など。 詳しくは申請要領をご確認ください。 今は 持続化給付金などの給付金詐欺が流行っているようですので、お気を付けください。 手続きする際には、URLなどを確かめてから、手続きなさってください。 念のためURL記載しておきます。 の後の文字は「j」です。 ) よく分からなければ人に頼むのも良いかもしれませんが、その人が詐欺師かもしれませんので、お気を付けください。 経済産業省の公式サイト内「持続化給付金に関するよくあるお問合せ」にも、「代理申請や代行入力を装った詐欺」に注意するようにと記載されております。 この給付金は「代理の名義」での申請はできないとのこと。 そして、不正受給をしないように! 書面提出といって確定申告書を紙で提出した場合に、確定申告書の控えに税務署の収受印(受付印)ないケースについて、ここでもう一度記載しておこうと思います。 (電子申告した場合には、そもそも収受印はありません。 ) まず抑えていただきたいポイントとしては、 「 税務署の収受印がない場合には、いまから税務署へ行っても収受印はもらえない」 という点です。 (このことは東京都の公式サイトの中の「よくある質問」の「営業活動を行っていることが分かる書類については、どのようなものを提出する必要がありますか?」ところにも記載されております。 同じページの「平成30年の確定申告書の控えがない又は確定申告を行っていなければ、何を提出すればよいですか?」には、「納税証明書(その2)は確定申告を行っていないともらえない」といった内容の記載もあります。 ) 持続化給付金の申請ではその対応策として、 【法人の場合】には、 直前の 事業年度の確定申告書別表第一の控えに収受日付印が押印されていないときは 「 2事業年度前の確定申告書類の控え」か、 「 税理士による押印及び署名がなされた、対象月の属する事業年度の直前の事 業年度の確定申告で申告した又は申告予定の月次の事業収入を証明する書類。 」 のどちらかを提出すればよいということになっているようです。 (申請要領より) 【個人事業主の場合】には、 「提出する確定申告書類の年度の「納税証明書(その2所得金額用)」(事業所得金額の記載のあるもの)を提出する」か、 「「納税証明書(その2所得金額用)」による代替提出がない場合も 内容の確認等に時間を要する申請を受け付ける」ということですので、時間がかかってもいいなら、納税証明書(その2)は出さないという方法もあるようです。 (申請要領より) 個人事業主の場合には、確定申告書の提出ルートがいくつもあるため、申請要領にはいろいろと書いてあります。 確定申告書の控えに税務署の収受印がない場合には、下記のようになっていると存じます。 なお、確定申告書の上部に「電子申告の日時」と「受付番号」の記載のあるものについては、「受信通知」の添付は不要。 申請するにあたって、税理士のサイン(署名)が必要なケースもあります。 既に述べた場合の他、開業したばかりで前年(前期)の確定申告書がない場合などに売り上げを確認するために税理士の署名(サイン)が求められているようです。 例えば、持続化給付金に係る収入等申立書(個人事業者等向け)の提出が必要なケースなどです。 (この申立書については、個人事業主編の持続化給付金申請要領 C-1 2020年新規開業特例(持続化給付金に係る収入等申立書)を参照ください。 ) 会社の場合も、持続化給付金に係る収入等申立書(中小法人等向け)の提出が必要なケースがあります。 (こちらの申立書については、中小法人編の持続化給付金申請要領 C-1 2020年新規創業特例(持続化給付金に係る収入等申立書)を参照ください。 ) こういったケースに当てはまる方は、税理士にサインをもらってください。 契約している税理士がいればその税理士に、お知り合いに税理士がいればその税理士に、全く税理士の知り合いがいないということですとネットで探すのも良いかもしれません。 (詐欺にお気を付けください。 ) 税理士としては 持続化給付金に係る収入等申立書に記載された売上が正しいという確認をする必要がありますので、売上の根拠資料を税理士に確認してもらって、サインをもらうという流れになるかと思います。 申請要領の速報版のときから比べると、確定版では、確定申告書の収受印のところがより細かく説明されていますが、細かくなりすぎて、ちょっと読むのがしんどいですね。 個人事業の方は、自力で手続きしたけれども、不備があるということでなかなか入金されないという方もいるようです。 持続化給付金についての最新情報は、経済産業省の公式サイトや持続化給付金の公式サイトで入手なさってください。 よく分からないという場合には「手続きを助けてもらえませんか?」と確定申告を依頼した税理士事務所などに聞いてみるのも一つの方法かもしれません。 最後にもう一度、宣伝です。 お気軽にお声がけください。 (追記)国税庁のサイトにも記載されているのですが、個人事業主が受け取った「持続化給付金」は所得税の計算上、課税対象となるとのことです。 忘れずに申告してください。 課税対象となる主なものとしては、 ・小学校休業等対応助成金、小学校休業等対応支援金 ・雇用調整助成金 ・持続化給付金、家賃支援給付金、東京都の感染拡大協力防止金 などが挙げられています。 東京都の感染拡大協力防止金は申請期限が短いようですので、ご留意ください。 なお、「東京都は、申請書類に記載された情報を税務情報として使用することがあります。 」とのこと。

次の