オステオ ステム マム アキラ。 オステオスペルマムを切り戻して来年も咲かせる!剪定の時期・やり方を解説

オステオスペルマムの育て方|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

オステオ ステム マム アキラ

栽培環境・日当たり・置き場 鉢植えは、9月中旬から3月までは雨の当たらない、日当たりのよい場所で管理しますが、12月から2月までは霜よけを行うか、室内に取り込んでください。 4月から9月上旬までは、雨の当たらない半日陰で管理します。 4月から5月までは日当たりのよい場所でもよく育ちますが、半日陰で管理したほうが花を長く楽しめます。 庭植えは、軒下など雨が当たりにくく、日当たりと水はけのよい場所を選んで植えつけます。 12月から2月までは霜よけを行ってください。 水やり 3月から11月までは土の表面が乾いたらたっぷり与えます。 6月から9月中旬までは特に過湿に注意しましょう。 12月から2月までは土の表面が乾いたら少量与えます。 肥料 9月中旬から5月まで、緩効性化成肥料と液体肥料を施します。 液体肥料は2週間に1回施します。 病気と害虫 病気:灰色かび病 灰色かび病が3月から7月に発生します。 予防のため、花がらと枯れ葉をこまめに取り除きます。 害虫:アブラムシ、ハスモンヨトウ、ヨトウムシ アブラムシが一年中、新芽に発生します。 また、ハスモンヨトウ、ヨトウムシが春から秋に発生し、新芽と蕾を食害します。 用土(鉢植え) 赤玉土中粒4、腐葉土4、鹿沼土中粒2の配合土など、水はけのよい用土で植えつけます。 8号以上の鉢植えは、生育が悪くなるまで植え替えなくてもかまいません。 ふやし方 さし芽:適期は6月と9月です。 発根促進剤をつけてさすとよいでしょう。 タネまき:適期は9月中旬から10月です。 タネができにくい園芸品種が多いので通常はさし芽でふやしますが、タネができる園芸品種もあります。 主な作業 花がら摘み:次々に開花させるため、2月から5月と、9月下旬から11月に行います。 摘心:適期は10月です。 冬の低温で花芽ができるので、寒くなる前に行います。 冬から春に行うと、花芽を切ってしまいます。 切り戻し:6月と10月に行います。 冬から春に行うと、花芽を切ることになります。 特徴 オステオスペルマム属には一・二年草の種類もありますが、日本で出回っているのはオステオスペルマム・バーベリエ、オステオスペルマム・フルティコサムなどを交配させた、多年草の園芸品種です。 株を埋めるように次々と咲くカラフルな花が特徴です。

次の

オステオスペルマムとは

オステオ ステム マム アキラ

オステオスペルマム アキラ 各色 3. 沢山の花が咲くのは 当たり前なんだけど 植えこむだけでモリモリ 育って大株に成長してくれる 隠れた実力の持ち主。 見た目が普通だから 知らなければ素通りしちゃう ところだけれど、 植えた人たちの満足度が高い のは、そういう部分に あったんですね! あなたのお庭でも モリモリボリュームの 大株に育てて、見ごたえのある 花が次々に咲くお庭。 やっぱり作りたいですよね! 植えこむなら断然お庭の 東側から南側。 軒下があればなお良いです。 20センチほどの間隔で 円になるように植えこんで あとはしばし待つだけ。 あっという間に大株に育ち 間延びせずカチッとした 良い株に成長します! もちろん花芽は次々に 上がりますから、成長途中も お花が咲き続けますよ! 魅力ある 3色のラインナップ どの花色が好きですか? 一番人気はやっぱりパープル お家の白い壁に映える 定番の人気カラーです! もしも、レンガっぽい壁なら 僕なら迷わずホワイトを 選びます。 南仏プロヴァンスな雰囲気を 味わうことができるからです。 ニュアンスカラーの ラベンダーシェードなら 寄せ植えの時の花色同士を つなぐ色にピッタリ! どの花色にするか じっくり吟味してくださいね! 知っておきたいオステオスペルマムの裏ワザ オステオスペルマムは毎年咲いてしまう多年草。 寒さにも比較的強いので、3月上旬の まだ肌寒い時期に植え付けても成長してくれるんです! 夏の暑さや梅雨時期の雨、そして真冬の霜。 これらがなんとなく避けれる場所に植えるのがコツ! 地植えなら迷わず軒下、鉢植えならさらに良いです! だって置き場所を変えられるじゃないですか。 もし、12号の大きな鉢に大株を作りたい場合には 6株くらいを植えこむだけでも凄いことになります! モリモリボリュームの花盛りを楽しみたい方は 植えこんで2週間経ったら、置き肥と液肥をお忘れなく! 尚、切り戻しや水やり、肥料や土に関しましては、 当店からのサポートメールにて詳しくご案内いたしますので その点に関しましてはご安心くださいませ。 春の花 5月20日以降順次出荷 ゆうパック 7,180円(税込) 5月下旬より出荷 3,780円(税込) 2〜3営業日で出荷 4,280円(税込) 5月20日以降順次 6,480円(税込) 5月15日ごろより出荷 12,800円(税込) 4月上旬から出荷 3,480円(税込) 2〜3営業日で出荷【No. 75のみ5月中旬以降出荷】 4,980円(税込) 2〜3営業日で出荷(wラベンダーのみ4月下旬) 1,680円(税込) 受注生産のため14日以内で出荷【出荷曜日:火・金】 4,180円(税込) 3月中旬より出荷 5,500円(税込) 2〜3営業日で出荷 3,680円(税込) 2〜3営業日で出荷 4,840円(税込) 2〜3営業日で出荷 4,780円(税込) 2〜3営業日で出荷 4,980円(税込) 現在出荷中 (出荷曜日:火・木限定) 5,380円(税込) 出荷曜日:月ー金 5,500円(税込) 受注生産のため14日以内で出荷【出荷曜日:火・金】 4,180円(税込) 出荷曜日:月〜金 4,380円(税込) 1月下旬から順次出荷 8,980円(税込) 10月中旬より出荷 5,980円(税込) 2〜3営業日で出荷 11,800円(税込) 1〜2営業日以内に出荷 5,500円(税込) 2〜3日以内に発送 3,580円(税込) 10月上旬より出荷 9,900円(税込) 9月中旬頃より出荷 5,500円(税込) 4月5日 木 一斉出荷です! 6,180円(税込) 2〜3営業日で出荷 6,180円(税込) 2〜3営業日で出荷 6,180円(税込) 出荷曜日:月〜金 3,780円(税込) 5月下旬より出荷予定 5,500円(税込) 5月下旬より出荷予定 5,500円(税込) 2〜3営業日以内で出荷 4,180円(税込) 2〜3営業日以内で出荷 4,180円(税込) 4月頃より出荷予定 5,080円(税込) 毎週木曜日出荷(水曜日正午締め切り) 4,180円(税込) 4月頃より出荷 4,180円(税込) 4月上旬より出荷 5,500円(税込) 出荷曜日:月〜金 4,180円(税込) 出荷曜日:月〜金 4,180円(税込) 出荷曜日:月〜金 4,380円(税込) 出荷曜日:月〜金 4,380円(税込) 出荷曜日:月〜金 4,180円(税込) 出荷曜日:月〜金 4,380円(税込) 出荷曜日:月〜金 4,380円(税込) 出荷曜日:月〜金 4,180円(税込) 4月頃より出荷 5,500円(税込) 4月頃より出荷 5,500円(税込) 4月頃より出荷 5,500円(税込) 出荷曜日:月〜金 5,500円(税込) 2〜3営業日以内で出荷 6,180円(税込) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

オステオスペルマム、キンセンカ

オステオ ステム マム アキラ

会員プレゼント• 新商品• セール• 営業日 新鮮なカラーで強健なオステオスペルマム。 アフリカ原産の多年草で、早春から晩春にかけての鉢植えや花壇の花として親しまれています。 アキラシリーズは株がコンパクトにまとまりたくさんの花が咲く品種。 根元からの分枝性が優れているので、1株でもこんもりとした株となり、最盛期には数十輪の花が一斉に咲きます。 つややかな花弁を持ち、コンパクトで多花性で、花壇、コンテナ、ハンギングにも向いています。 多年草ですが、高温多湿の日本の夏越しは難しく、1年草として扱われます。 夏越しさせる場合は、夏は半日陰の風通しの良い場所で管理してください。 パープルは、咲はじめはシルバーで次第に紫色の深みを帯びた花色となります。 学名 Osteospermum hybrids タイプ キク科オステオスペルマム属の耐寒性宿根草 原産地 南アフリカ 草丈 20cm、株張り最大40〜50cm 植え時 初春〜初夏 開花 3月〜5月頃 用途 花壇、鉢植え、ハンギングバスケット 日照 日当たりを好む 栽培方法 : 日当たりと水はけのよいところを好みます。 酸性土にやや弱いので、苦土石灰をすこしまいてから植えつけます。 寒さには比較的強いのですが、霜や寒風からは敷き藁やフレームで保護するようにします。 乾燥に強いので、水は乾いたらたっぷり与えるようにします。 春から秋は緩効性肥料を1ヶ月に1回程度根元にまくか、あるいは薄めた液肥を週に1回程度与えてください。 咲き終わった花は枝分かれした上のところで摘み取ると長く楽しめます。 全ての花が終わったら3分の1程度の高さに刈り込み新しい芽をださせると秋にもう一度開花します。 4号(直径12cm)鉢入りです。 この商品からのおすすめのカテゴリ.

次の