給料 30代。 地方公務員の30代の年収はいくら?元県庁の給与担当が試算!|公務員試験おすすめ予備校・通信講座比較

30代の給料はプライベートも見据えながら考えるといい!?看護師、理学療法士、作業療法士向け

給料 30代

tabibitojin. com - JINのブログ 年収の手取り 年収の次は「手取り」です。 年収から手取りをザクッと計算しますが、手取りとは何かを確認しておくと、• 手取り = 給料から税金とか保険料が引かれ、実際手元に残る額 以下の様なものが給料からザクザク引かれるわけですね。 所得税• 住民税• 社会保険• 健康保険• 介護保険• 厚生年金• 雇用保険• その他• 組合費等 なんでこんなに引かれるんだー!? というぐらい猛烈な勢いで色々と引かれますが、そこはまぁしょうがないとして下さい。 一度、何がどれほど引かれているか、今後のためにも一度じっくり確認してみることをおすすめします! tabibitojin. com - JINのブログ 年収から手取りをざっくり計算 では、そんな手取りを先ほど見た年収からざっくり計算してみます。 保険料や扶養の有り無しで引かれる額も結構変わることから、ここでは一律に以下の条件で計算してみることにします。 計算の前提• 夫婦のみ• 子供なし• その他扶養なし 計算でお世話になったサイトは以下。 デジットさんの手取り計算 (法的控除額のシミュレーション) 手取り計算の結果 さて、計算してみた結果をグラフで見ると以下のとおりです。 手取りの全体平均は• 「年収の手取り」の全体平均• 男性で416万• 女性で230万 となりました。 大雑把に各年代を見てみると、• 各年代の「年収の手取り平均」(男性)• 20代では、約265万• 30代では、約380万• 40代では、約485万• 50代では、約510万• 60代では、約350万 となるでしょうか。 これも やはり40代、50代強し!の結果の数値であることを考慮に入れて見る必要があります。 さて、こちらもそうですが、あなたはどの年代に属しますか? 手取りはどれぐらい、と年収として見る機会は年末調整時ぐらいなのかもしれませんが、平均に届いてない場合には、何か今までと違う行動をとってみる、考えてみる、ということが必要そうです。 tabibitojin. com - JINのブログ 月収の手取りは? さて最後は「月収の手取り」をみてみたいですが、年収には賞与が含まれます。 それらを取り除くのは難しいので、ここでは丸ごと12ヶ月で均等に割った値を出してみます。 手取りの月収については、• 「手取りの月収」の全体平均• 男性で35万• 女性で19万 賞与(ボーナス)も含まれての12ヶ月の均等割となってますのでご注意を。 大雑把に各年代を見てみると、• 各年代の「手取り月収の平均」(男性)• 20代では、約23万• 30代では、約32万• 40代では、約40万• 50代では、約42万• 60代では、約29万 毎月得られる月収は賞与は勿論含まれませんので、 実際の手取り額はここで見た額より下がります。 ということから、• 結婚を考える30代前後では手取り30万は行ってなくて20万円台、• 子育てなどの教育費、住宅ローンなどが重くのしかかる40代、50代では30万円代、 と見ることが出来るでしょうか。 子育てなどを見れば、生涯で3000万、平均収入は年収500万必要(あくまで平均ですよ)、ということ聞かれますので、これからすると、 かなり辛そうな現実が見えてきそうです。 なななんと、過去から推移を眺めて見れば、 平均給与は衝撃のダダ下がりでした。 最近こそベースアップやボーナスアップの話が聞かれるようになってますので、グラフの向きは若干上がっているとは思いますが、流れは早々簡単に変わるものではありません。 最も高い15年前と比べると、 その差は年間60万!この数字がどれほどのものか分かるでしょうか。 月にすれば5万円、日で割れば約2千円です。 一昔以上前と同じ生活水準を保とうとすれば、それだけで毎月5万円の節約が必要となって来ています。 日々の暮らしの感覚で言えば、 気が付かない内に徐々に徐々に毎日2千円少ない生活になってました。 毎月ではないですよ、毎日です。 今と比べれば一昔前まで毎日2千円のランチがタダで食べれたわけです。 毎月5万もの節約が必要、毎日2千円も使える金額が変わっている現在。 日々いろいろ節約してギリギリの生活をしている、ガンバてるんだよ、と思っていても、それでも今後更に苦しくなる未来が来るとしたら。 あなたに今できることは何でしょうか? tabibitojin. com - JINのブログ 今後を考えると... ここで見た数値は、あくまでざっくり計算した平均値。 それでも自分の経験からしても厳しい数値です。 共働きならもう少し良いかとも思いますが、特に40代から50代といった教育費や住宅ローン、将来に向けた貯蓄などに費用がかかる年代では大変です。 最後に見た給料平均の推移にはビックリします。 具体的に日々の金額に換算してみれば、なんと15年前から比べて生活水準がかなり低くなっているんですね。 日々の暮らしが苦しく感じるわけです。 同じようなペースで行ってしまえば、一時的に良くなったとしても数年後には更に苦しい状況に追い込まれる、そんな未来がやってくることになるのでしょう。 景気が良くなって来ていると何か指標が出る度に大々的にニュースとなって流れますが、会社が潤ってまず最初にすることが投資の拡大。 そして業務が拡大し、仕事も更に忙しくなり、給料アップは一番最後。 私もそうでしたが、住宅ローンや各種保険料などの月々の支払、加えて将来に対する備え(貯蓄)など、分かっていても中々不安を直視できないもの。 日々の忙しさに見えないふりをしていても、リスクは大きくなるだけです。 15年前と比べた毎月5万年の差。 この差が更に広がるとしたら? 今後経済的な安定に向かうためには、会社の給料だけに依存するのではなく、新たな収入源を考える必要性が今まで以上に高まって来ていると言えます。 今からでも遅くはない。 少なくとも毎月5万円以上は別のところから獲得する手段を考えるべきでしょう。 こうした中、現在私は自分の体験を通し、先を見越して何をしたら良いのか、どうしたら、と考えている人向けに、無料のメールマガジンを配信しています。 詳しくは是非以下をご覧ください。 コンサルタント・コピーライター・ウェブデザイナー、プランナーとして活動中。 本格的に取り組みだした2年目2016年には年収1000万円突破、2017年5月に自動化で月収170万突破。 2018年にはコンサル生の平均月収最高200万の大台達成など実績者を輩出中。 名古屋大学大学院卒業後、大手電機メーカー就職。 多忙な時期を過ごすが、自由に憧れ退職、海外移住し、ネットビジネスの道へ入る。 現在は海外にいながら自分らしく生きるとは何かを追求するとともに、主に日本国内、またその他海外に住むネットで収入を得たい方に対し、いかにネットビジネスを成功に導き、時間や場所、不要な人間関係にとらわれず自由を得る人、会社、社会に依存しないで自由に稼ぐ人を増やすことに全力を注いでいます。

次の

30代の平均年収

給料 30代

給料 割合 ~9. 9万円 0. 9万円 0. 9万円 1. 9万円 3. 9万円 5. 9万円 8. 9万円 10. 9万円 12. 9万円 12. 9万円 10. 9万円 8. 9万円 6. 9万円 4. 9万円 6. 9万円 3. 9万円 1. 9万円 1. 9万円 0. 9万円 0. 9万円 0. 9万円 0. 9万円 0. 9万円 0. 9万円 1. 9万円 2. 9万円 3. 9万円 5. 9万円 7. 9万円 8. 9万円 9. 9万円 8. 9万円 9. 9万円 7. 9万円 6. 9万円 9. 9万円 7. 9万円 4. 9万円 3. 9万円 1. 9万円 0. 9万円 0. 9万円 0. 給料や年収の面でも同期との格差が出始める頃で、ある意味でとても大切な時期だとも言えます。 上記の表でも分かるように 30代前半の給料で最も多いのは24万円 ~25. 9万円の12. 4%と26万円~27. 9万円の12. 5%ですが、これからもわずか0. 1%ですが30代前半の給料で2万円の格差があります。 20代後半で最も多かった給料は22万円~23. 9万円の18. 2%なので、30代前半のこの給料の金額は日本の年功賃金を表しているとも言えます。 30代前半の給料で次に多いのが22万円~23. 9万円の10. 8%と28万円~29. 9万円の10. 5%なので、このことからも30代前半は給料面で格差が出始めていることがよく分かります。 さらに22万円~23. 9万円より少ない給料と28万円~29. 9万円よりも多い給料の割合も、30代前半ではほぼ同じような割合であることもとても興味深いことです。 たださすがに20代後半では50万円~59. 9万円の割合は0. 3%しかいなかったのが、30代前半では50万円~59. 9万円の割合も 1. 3%と増えていて60万円以上の割合も一定数あります。 30代前半の給料で最も多い給料も24万円と27. 9万円の差があり仮にボーナスが年間に4か月分あれば、給料が24万円であれば年収384万円で給料が約28万円であれば年収448万円とかなりの格差があります。 転職を真剣に考えだすのも30代前半からが多いのも、給料や年収の面で同期との格差が出始めるからです。 ただ30代前半で転職をしたからと言って必ずしも給料や年収が必ずしもアップするとは限らず、もし転職をするのであれば自分のキャリアアップに繋がるような職場も視野に入れたほうが良いかもしれません。 30代後半の給料年収の特徴 30代後半であれば管理職に就き部下が何人かいるのが普通で、もしまだ何の役職にも就いていなければ給料の面でもかなりの格差が出始めます。 また早ければ30代後半で部長になるなど同じ30代後半でも部長になれる人と、将来的に部長になれない人とのすみ分けがだんだんとはっきりしてきます。 部長になることができれば会社からリストラされる可能性が少なくなりますが、もし将来的に部長になれないと会社から判断されるとリストラされる可能性が高まってきます。 上記の表で見てみると30代後半の給料で最も多いのは 26万円~27. 9万円の9. 7%ですが、次に多いのが 36万円~39. 9万円の9. 5%なので少し意外な感じを受けます。 30代前半の給料で最も多いのは24万円~25. 9万円なので、30代後半の給料で最も多いのが26万円~27. 9万円なのは妥当だと思われます。 しかし次に多いのが36万円~39. 9万円であることは30代後半で、部長になるなどすでに重要なポストに就いていることが考えられます。 30代前半では給料が36万円~39. 9万円の割合は6. 6%なので、30代後半で給料が36万円~39. 9万円の割合が9. 5%もいるのは出世して重要な管理職に就いていると思われます。 それ以外の点では30代後半の給料も最も多い26万円~27. 9万円を境にほぼ均等に分かれていて、30代後半になれば仕事の面での評価がそのまま給料や年収にそのまま反映されていることがよく分かります。 また30代後半になればこのまま会社にいても自分が部長になれるか、 どんなに頑張っても部長になれないかもだいたい分かってきます。 昔であれば転職も35歳限界説が囁かれていましたが、今の時代は会社も部長になれない社員はリストラの対象にする時代です。 そう考えると会社での自分の立場を見極めて、30代後半での転職も視野に入れたほうが良いかもしれません。 30代で月収50万円以上稼いでる人達ってどんなことをやってるの? 月給が50万円であれば仮にボーナスがなくても年収が600万円で、もしボーナスが年間に4か月分あれば年収が800万円です。 上場企業であればボーナスが年間に4か月前後あるのが普通なので、社員の平均年収が800万円以上であれば可能性があります。 それか社員の30歳の時点での平均年収が700万円を超えている企業であれば、30代で月収50万円以上を稼いでる可能性はさらに高くなります。 ただサラリーマンでなければ30代で月収50万円以上を稼いでる職業はいくつかあり例えば医師であれば、30代であれば後期研修医でアルバイトも解禁になるので月収50万円以上は十分に届きそうです。 医師でなくても自分で開業している弁護士や公認会計士であれば、30代で月収50万円以上稼いでるのも特に珍しくことではありません。 他にも自分で会社を経営していたり起業しネットビジネスで成功している30代も多く、月収50万円以上を稼いでる30代はたくさんいると考えられます。 もちろんプロ野球選手やプロゴルファーや競艇選手や騎士などのプロスポーツの世界でも、30代で月収50万円以上稼いでる選手はたくさんいます。 ただ会社経営や起業とは違いプロスポーツは30代後半で引退することもあるので、安定している職業とは言えないかもしれません。

次の

30代の働く女子に聞く! ズバリ、月収はいくら?|「マイナビウーマン」

給料 30代

男女別で平均年収を出すと、男女で年収に差があることが分かります。 情報通信業や金融・保険業、専学術研究部門や教育学習支援業など、平均年収が500万円を超える職種があります。 これらの職種は、女性でも年収400万円を超えるなど男女共に高額年収が期待できる業界です。 最も平均年収が低いのは宿泊・飲食サービス業で、男性でようやく平均年収が400万円を超えています。 ちなみに金融・保険業界は平均年収が男女共に高めですが、単純に男女の年収格差を見てみると圧倒的な差があることも分かります。 職種 男性 女性 建設業 494. 1万円 412. 2万円 製造業 431. 5万円 346. 7万円 情報通信業 515. 7万円 475. 0万円 運輸業郵便業 429. 6万円 359. 8万円 卸売業小売業 458. 6万円 378. 2万円 金融業保険業 614. 6万円 423. 5万円 専学術研究門・技術 516. 6万円 451. 8万円 宿泊業 飲食サービス業 410. 2万円 341. 0万円 生活関連サービス業娯楽業 434. 1万円 357. 6万円 教育学習支援業 515. 8万円 415. 4万円 医療福祉 453. 1万円 396. 6万円 サービス業(他に分類されないもの) 409. 8万円 352. 3万円 あなたの本当の年収は高い?低い?潜在年収力を診断 平均年収. jpでは、実際にあなたが貰っている現在の年収、そして本来もらうべき年収と呼ばれる潜在的な年収「年収力」をAIにデータを蓄積して計測しています。 是非あなたの潜在的な年収力をチェックし、新しい未来を探してみましょう。 職種・業界別でより詳しく平均年収を算出した結果がこちらです。 【出版・新聞】 30~34歳の年収:846万円 30~34歳の年収:483万円 30~34歳の年収:990万円 【広告】 30~34歳の年収:929万円 30~34歳の年収:775万円 【商社】 30~34歳の年収:1059万円 30~34歳の年収:847万円 【IT】 30~34歳の年収:439万円 30~34歳の年収:340万円 職種・業界で大きな差があります。 同じ年齢でもサイボウズでは平均年収が400万円半ばですが、三菱商事レベルの大手となると年収が1,000万円超え。 額面にすると600万円もの差が出ているのです。 専門知識を必要とされる業務があるアルプス技研では、年収が400万円に届きません。 また、同じ業種である講談社と集英社でも倍近く年収に開きがあります。 同じ年齢・同じ業界で働いていても、勤め先によって平均年収に差が出ているのです。 データをまとめた結果、企業の規模や大きさで同年代でも平均年収に格差が出ていることが分かりました。 月額給与の格差については、下記資料にてご確認いただけます。 30代前半の女性は年収が400万円を超えないケースもあり、女性進出と言われているものの、まだまだ女性の働く環境・条件では公平とは言えないようです。 年齢 大企業 中企業 小企業 男性30~34歳 585. 3万円 494. 6万円 464. 2万円 女性30~34歳 424. 6万円 382. 4万円 347. 8万円 30歳、31歳、32歳、33歳、34歳の仕事上は会社でどんな立ち位置・役割になる? 30代前半となると、入社して5年経過する人も増えてきます。 一般的なサラリーマンの場合、30代前半でプロジェクトリーダーや主任を任されることも増えるでしょう。 入社して数年働いてきた実績や功績が、人事に反映されるようになる年齢です。 特に、33歳を超えると「会社の中堅社員」という立ち位置になります。 業務上でも中心的役割を果たす機会が増え、経営陣からの期待値も大きくなり始める頃です。 営業職なら契約数が、研究部門なら研究成果で評価されることも増えます。 上司からは30代以降の昇給・昇進に関する評価をつけられ始めるのです。 金融や保険業界では、過去の実績+ミスや失敗も評価に加えられます。 ただ、金融・保険業界では入社からの実績を元に、条件のいい会社への転職が増えるのもこの年齢です。 評価が良ければ賞与額UPや昇進という形になって還元され、役職につく人も出てきます。 建設業界の場合、30代前半になると管理業務を任されたり、現場主任として責任ある立場につくことも増えます。 また、さらなるスキルアップのために資格の数を増やしたり、より責任の重い業務経験を積み始めるタイミングでもあります。 運送業界だと、ルート配送の知識が増えて配送効率がグンと高くなる年齢なので、評価も上がりやすいと言われています。 教育関連でも、中堅として業務が増えたり、部下や後輩を指導する機会も増えてくるでしょう。 メーカーや製造業界では、企画の中核としてリーダーシップをとる機会が増える年齢です。 会社の売り上げや実績に直結する結果を出せるかどうか、上層部からの期待も高まります。 そして、30代前半頃から出世コースにのれるか否かが分かれ始めます。 【比較検証】30代前半の生活スタイルでは大きな変化が!? 30代前半になると、結婚・出産・子育てをしながら働く人の割合が増えます。 昇進・昇給を機に結婚に踏み切る人も増えますが、子育てや家族サービスなど仕事以外では家族中心の生活へとシフトしていくのです。 家族を養うための出費も増えますが、万が一に備えて貯蓄を意識したライフスタイルに切り替えます。 ただ、仕事の上の付き合いで飲み会に出席しなければならないことも増えます。 取引先との飲み会や直属上司との飲み会など、趣味にかける時間が減って仕事時間と家族時間という2極化が進むのです。 現在の日本では、家族を養うのに必要な年収は40代で600万円という見解もあります。 30代前半で年収400万円を超えておくのが、家族を持つ一つのラインとも言えるのです。 20代では趣味の時間がグッと減り、出費面で増えるのは食費の割合です。 ちなみに、30代前半で年収350万円前後だと、将来的な昇給ペースが遅く同年代の平均年収を大きく割るだろうと言われています。 【貯金事情】30代前半のの貯金額!理想的な金額は!? 趣味の時間が減って趣味に費やしていた費用はダウン傾向にありますが、私生活では結婚・妊娠・出産などで出費が増えます。 取引先などの飲み会や付き合いで交際費もかさみますし、20代と比較しても出費はどうしても高くなるのが30代前半です。 結婚し家庭を持つならば、30代前半で400万円は貯蓄があるのが理想的とされています。 また、毎月の貯金額は5万円以上が理想的。 ボーナスでも毎回10万ほど貯蓄に回せば、40代に突入する頃に貯蓄額1,000万円も実現可能です。 ちなみに、業界別で貯蓄額を比較すると、最も貯蓄額が高くなったのは ・建設業 ・製造業 という結果になりました。 ひとえに残業の多さが影響しているようです。 医者が最も稼いでいそうなイメージですが、医者を目指す人たちは30代になって一人前になる以前、20代の頃の研修や就学で多額の費用を要します。 就学や研修で借金を抱えるケースが非常に多いので、30代になって稼ぐようになっても借金返済が優先。 貯蓄にまで回せないというのが現状なのです。 平均年収が低めな宿泊・飲食サービスだと、待遇や労働条件に不満を抱えやすくなる年齢で、30代を機に転職する人が増えます。 金融・保険業界では、20代前半から30代にかけての実績が評価され始めます。 シビアな評価で昇給に苦戦するケースも増えますし、ストレス発散のための旅費や娯楽費が増えやすくなると言われています そして、特に女性は30代前半で結婚退職をめぐる上司とのトラブル・社内でのトラブルも少なくありません。 結婚・出産で時短勤務に切り替える女性が増えるなど、女性の平均年収も上がりにくくなるのが30代前半の傾向です。 実際に、同じ30代前半でも大手企業と中小企業を比較すると、年収格差が100万円を超えているケースが多いので、貯金額も同様に格差が広がると考えていいでしょう。 30~34歳でで年収1000万円以上達成のためのコツ・働き方とは? 誰もが目指したいと思っている年収1,000万円の壁。 30代前半で年収8桁超えを目指すならば、起業もしくはより条件のいい企業への転職。 この2つの選択肢が出てきます。 起業して年収1,000万円超えを目指すならば、全く新しい業界に飛び込むよりも、これまで培ってきた経験や知識を発揮できる業界を選ぶのがベスト。 異業種で初心者同然のまま起業するのは、非常にリスクが高いです。 巷では「今流行りのビジネス」なんて宣伝もありますが、経験や知識がないままアイデア頼りに企画に手を出してしまうと、失敗する可能性がとても高いのです。 起業に対する成功の自信は、根拠のありかが非常に重要です。 起業は全ての責任が自分にあります。 勤めていたときのような会社という後ろ盾や保証はなく、会社の資金も自分で調達しなければなりません。 ビジネスを軌道に乗せるまで2年前後かかると言われており、それまで会社を支える資金+生活を支える資金がなければ大惨事となってしまいます。 好条件・高待遇の会社へと転職するのも、年収8桁超えの可能性を秘めています。 ただし、前職と全く異なる異業種を狙ってしまうと、知識も経験もゼロの新卒と同等の扱いになることが多く、年収ダウンの原因になりかねません。 知識と経験を積んだ業界内の、より高待遇な会社を狙って転職活動するのがポイントです。 例えば、運送業で活躍してきた人が、歩合制の営業職へと転職するのは非常にリスクが高いのです。 営業職で働いていたなら、よりインセンティブ条件がいい会社を探すのがベスト。 しかし、年収1,000万超えを意識するばかりブラックな会社を選んだり、体を壊すような働き方をするのは危険です。 業務効率がアップするわけもなく、逆に年収がダウンする危険性の方が高いので要注意ですよ。 また、実力主義な外資系企業では、自分の能力次第で30代前半での年収1,000万円超えも夢ではありません。 関連コンテンツ 【口コミ】30歳、31歳、32歳、33歳、34歳のリアルな年収事情! 30代前半の社会人がどのような労働環境で働いているのか、口コミを集めてみました。 30歳 業種:運送業・海運 年収は600万円になりました。 末端営業職とは100万くらいの差があるようです。 国内では単価ダウンが深刻化していますし、距離や規模でも価格が変動します。 年齢的にも経験・実績・役職手当などがつき始めますが、エリア格差もかなり大きいです。 31歳 業種:大手総合商社(本社勤務) マネージャーに昇格して年収は1,000万円を超えました。 業界全体が年俸制にシフトする流れですね。 大手総合商社ですが社内は日本独特の年功序列な空気。 国内での仕事は手当も期待できません。 業績が悪いと賞与に響くので、毎日必死です。 うちくらいの大手だと、同年代の年収1,000万円超えは珍しくありません。 32歳 業種:運輸業(宅配事業) 通販の仕事が増えて多忙なのに、年収はまだまだ280万円。 そもそも配送の単価自体が低いので、末端業者になればなるほど給料が安く激務です。 正社員で働いていても、ボーナスは1ヶ月分が精一杯。 男女間で格差は大きくないものの、40代のベテランになっても年収が300万円代なんてザラです。 一昔前だともっと給与は高かったらしいですが、業者間競争も激しいので稼ぐのは難しいでしょうね。 33歳 業種:製造業(電気機器メーカー) 年収がやっと500万になったと思いきや、業績が悪いため削られています。 ただ、大手なので基本給が下がる心配はしていません。 理不尽な減給ではないということは理解しています。 これまでの働きが30代後半の昇給・昇格にかかっています。 34歳 業種:総合小売業 今は年収290万円程度ですが、店長など役職につけばもうちょっと貰えます。 ヒラ社員のままだと、30代後半になっても年収300万円半ばがいいところ。 20代はもっと安いので、給与面で厳しい業界ですね。 30歳 業種:中堅建設業・総務 ようやく年収400万円達成。 稼げてそうなイメージのあるゼネコンですが、資格の数や管理責任者の仕事ができるかどうかがダイレクトに影響します。 また、景気の良し悪しもダイレクトに影響するので、今後も整備や建設があるエリアでは稼げるでしょうね。 ここ数年は福利厚生が削られたり、ボーナスが1ヶ月分だけなど景気の悪さを痛感します。 31歳 業種:生命保険業・営業職(女性) 年収280万円ですが、同じ女性でも稼いでいる人は年収400万円くらい。 ただバリバリ仕事ができる人に限るので、私のような平々凡々な社員は300万円いかないことも。 歩合制なので月によって稼げるときもあれば、10万円未満なんてことも。 法人顧客があったとしても、歩合制含めて年収300万円いくかどうか。 30歳目前で人事異動となるケースが多く、法人顧客で成績が悪ければ離職する人も少なくありません。 32歳 業種:金融業(地方銀行) 年収は600万円。 役職は細かなランクに分けられています。 昇給は2年ごとですが、役職手当が大きいので昇給での大幅給与アップは見込めません。 同年代でも評価に差が出れば、年収にも格差が出てきます。 課長以上の役職になれれば、お給料がグッとアップします。 33歳 業種:食品関連会社・主任 年収は480万円前後。 幅広い食品関連業務があるので、業績はそこまで悪くありません。 ただ、基本給が20代からずっと横ばい。 役職なしだと年収500万円もらえればラッキーな会社ですね。 ちなみに事務職はほぼ女性。 男性よりも年収が若干低めとのこと。 34歳 業種:大手IT関連企業・一般業務 年収はだいたい520万円くらいです。 ただ残業がとても多いので、残業を一切しないと月額給与は20万円あるかないか… 実績とかインセンティブより、上司に頑張りをアピールできるかどうかの方が大きい会社です。 実力主義なんて周囲からは言われますが、中身はほぼ年功序列な感じ。 システムエンジニアの場合、残業代ありきor裁量労働制を選べます。 33歳 業種:インターネット関連 年収は380万円くらいで、同年代同業種からすると貰えている方かと。 ただ中途入社はより条件が厳しいみたいです。 なかなか昇給できない・給料がアップしないなんてこともあるので、昇給条件についてもチェックすべし。 ちなみにこの業界はみなし労働が主流です。 全てサービス残業なんてとこがあったり、残業代未払いの会社もあります。 残業代を発生させないために残業禁止令を出している会社もあるようですが、期限はきっちり守れとかなりハードな業務内容になっていると聞きます。 ネット社会に携わる仕事なのに、社風は古い年功序列というチグハグさ。 31歳 業種:経営コンサルタント 年収は640万円をこえ、おそらく同業者の中でももらっている方だと思います。 年俸制プラス残業代支給なので、残業代目的で夜遅くまで残っている社員も… 入社して数年は順調に昇給しますが、そのうち実績評価が入ってきます。 顧客によって売り上げも違うので、実力だけでなくどんな顧客を抱えるかも重要ポイントです。 実績と経験を積んだ社員の中には、より好条件の会社に転職する人も増えてきました。 コンサルタント業で起業した人もいます。 残っているのは安定性を好むタイプの社員ですね。 30歳 業種:薬剤師 年収は440万円を超えました。 勤務先はドラッグストア。 調剤薬局と違って接客できるのが魅力的です。 お客さんと話をしてお薬を提案したり販売するので、接客業に向いている人にとってはやりがいがあります。 ドラッグストアが深夜営業もしているなら、深夜シフトになることもあるので生活スタイルがバラバラになりがち。 給与面は満足ですが、同僚の多くは給与よりも職場の人間関係を最優先して職場選びをしているようです。 【その他】年代別の年収一覧まとめ その他、年代別の平均年収をまとめてありますので、どうぞご覧ください。

次の