ジーニアス 英和 辞典 第 5 版。 ジーニアス (辞典)

ジーニアス英和・和英辞典(第5版/第3版)

ジーニアス 英和 辞典 第 5 版

投稿者: 1ベクトル - 本と電子本、辞書と電子辞書、その二分法的テーマが浮かぶ場面の一つは、辞書の購入時ではないでしょうか。 何となく紙の手触りが離れがたくて迷った店頭で、多分私はこれまでの辞書を買ってリュックに入れて帰る理由を探している。 カラカラに乾いた落ち葉をシャッ、となで倒すようにページを捲り「今自分は辞書を読んでいるのだ、どうだ知的だろう、誰も見てはいないが」と思いながらクレジットカードの一回払い。 紙幣と電子マネー。 電子辞書の支払いは、キャッシュレスが相応しいのだろうか。 投稿者: 岩波文庫愛好家 - 幾つか他の辞書と比較しましたが、訳語の観点からすると、本書で良いかもしれないと思いました。 ただやはり辞書には得意な分野があるのは否めません。 例えば前置詞に強いとか、古典的な動詞に強いとか。 完璧な辞書は無いと思いますので、用途と自分の求めているレベルで選ぶしかないです。 中1になった長女に購入しましたが、私の妹が高校生だった頃に使っていた昔のジーニアスとは中身の雰囲気がガラッと変わっていました。 かなり専門書的な感じでしたが、それでももしかすると長女が高校生になる頃には陳腐化し、別の辞書を購入し直すかもしれません。 その位長女がレベルアップしてくれれば良いのですが・・。

次の

Amazon

ジーニアス 英和 辞典 第 5 版

どういう目的で使用するのかで変わると思います。 ただ本カテだったか別のサイトだったか忘れましたが、ジーニアスは第2版がベストといっていた人がいたような記憶があります。 よく辞書は新しい方がよいと言われますが、出版社は改訂の度に時代に即して語彙数を増やす傾向があります。 かといってコストの関係で頁数をむやみに増やすこともできません。 その結果、主要単語について従来あった語法などの説明や例文が一部削られ簡略化されることもありえます。 別にこれは英和辞典だけでなく英英辞典でも以前はイラストによる説明があったのにスペースをとりすぎということで改訂版では削除されていたというような例も経験しています。 古い辞書も邪魔でなければ捨てずにおいて時々活用すればよいと思います。 新しい辞書の方がいいと言えば言いのですが… 1. 改訂時に、編集方針が変わって、説明が読みやすくなったり、前の版にはなかった、説明項目が加えられていて、使いやすくなっていることがあります。 細かい説明は、そこまで気にしなくていいのですが、もっと、古くからある辞書で、もっと昔の版のものの場合、例えば、今の辞書には、動詞のD,S 動作動詞・状態動詞 の区別が、ほとんど漏れなく載っていますが、昔過ぎるとない、などのような使いにくさがあったりします。 ジーニアスだと、そこらへんは多分大丈夫でしょう。 改訂時に、ミスやミスプリなどが、修正されていたりします。 それで、新しいものがいい、という考え方は正当ですが、改訂時に加筆された部分にも、そういうものが紛れ込んでいることはあるので、新しければ、一律にミスがないとも言えません。 当然、もっともミスが多いのは、分量的に、初版なので、第二版なら、そこまで神経質にならなくてもいい、という考え方はあります。 TOEICの目標スコアレベルにもよりますが、そもそも、いい辞書が1冊あれば、間に合う、という考え方自体に、問題があるという考え方もあります。 いいと言われる辞書でも、編集方針の違いや編著者の考え方・紙面の制限などで、採用できなかった説明や例文があったりしますから、よく解らないときに、似たようなレベルの辞書を引くと、解決することがあります。 特に、こういうサブに使う辞書を何冊か用意する場合、新しいに越したことはないにしても、古書店の百均コーナーものでも、十分、という考え方はありえますし、ちゃんと割り切れれば、メイン辞書もそれで問題ないと考えるのも、十分アリかと思います。 また、目標スコアが高ければ、ビジネス現場の用語など、アップデートが必要だったりしますが、学習辞典に毛が生えた程度の辞書が、新しければ、そういう単語をカバーしているはずと期待するのは期待しすぎ、それなりの専門用語辞書が必要だったり、ネット検索などを活用しないといけないケースは多いですから、ジーニアスレベルの辞書が、多少新しいからと言って、それでTOEIC対策には十分なんてことはありません。 逆に、語彙でなく、ベースの英語を読むための辞書として、多少古いものが役にたたない、なんてこともありません。 特に、目標が、TOEFLだったり、工業英検だったりすれば、学術英語、特に理系のものについては、普通の辞書はかなり無力 例えば、日本語の理系用語も、広辞苑を引いたとして、とんでもない嘘は余り書いてないとしても、ちゃんとした百科事典に比べて、アテにできる度合いは低く、さらに、それも、専門分野の本・事典に比べれば、十分ではない こういうことを頭に入れて、しっかり、使える限りは活用する、というのが、正しい態度かと思います。 TOEICの試験のスタイルが変わる以前の参考書・問題集なども、直接の対策やとれる点数の見当をつける参考にはならないにしても、英語の教材として価値がないなんて考えるのはばかげているので、そこらへんを割り切って使えるなら、百均コーナーに転がっているものを漁ってくるのは、とてもいい手かと思います。

次の

ジーニアス (辞典)

ジーニアス 英和 辞典 第 5 版

特に中学校や高校で学習する1000余語に及ぶ基本英単語に関する用法に関しては、非常に多くページが割かれており、その後、発売された他社の英和辞典に大きな影響を与えたと言われている。 本シリーズの頂点に位置し、イメージリーダーでもある「 ジーニアス英和辞典」は、発行部数も約800万部(初版からの累計)を数え、大修館書店、および日本の英和辞典を代表する辞典の一つにもなっている。 「高校二年生を中心に、中学生高学年から社会人まで」使える辞書を目指し編集されており、前述の特徴から中学生以上の学生や教員、実務者など幅広い分野に渡り、多くの人々に利用されていて、多くのにジーニアス英和辞典、またはジーニアス英和大辞典がされている。 発売から20年ほど経過し、その間に改訂も着実に進んでいることから、「 ジーニアス英和辞典」を学校での指定英和辞書として採用している学校も多い。 しかし、その一方で、オーラルコミュニケーションに力点を移しつつある現代の高校英語においては、一般の高校生にとって、内容、訳語、解説などの表現が難しすぎると敬遠する向きもある。 ジーニアス英和辞典内の記述に関する質問などは、大修館書店が発行している月刊誌『』のQuestion Boxのコーナーで取り上げられることもある。 主なシリーズ一覧 [ ] 英和辞典 [ ] ジーニアス英和辞典(並装版以外に、革装版、机上版などがある)• 初版 - 発行。 収録語数約75,000。 初版の「ジーニアス英和辞典」において、重要な動詞、形容詞に、 s stative と d dymamic という表記を取り入れた。 これは、「 進行形や命令形で用いることができない動詞、形容詞 stative 」と、 「もちいることができる動詞、形容詞 dymamic 」に分類したもので、学習二ヶ国語辞典では初めての試み(編集者らは、これらの分類は、名詞の c countable と u uncountable に匹敵すると強調している)。 しかし、これらの分類の表記は、「ジーニアス英和辞典(改訂版)」、およびそののちに編纂された「ジーニアス英和大辞典」に受け継がれたが、「ジーニアス英和辞典(第三版)」以降は、表記されなくなった。 改訂版 - 発行。 収録語数約92,000。 現在古本屋等で出回っているものはこちらの二色刷の方が多い。 第三版 - 発行。 収録語数約95,000。 第四版 - 発行。 収録語数約96,000。 第五版 - 発行。 収録語数約105,000。 初版に携わった小西の手を離れて、南出康世が監修している。 ジーニアス英和大辞典• 書籍版 - 発行。 収録語数約255,000。 CD-ROM版 - 発行。 「ジーニアス英和大辞典」は、大英和辞書でありながら、学習英和辞書に欠かせない情報である語法、用法などが余すところなく採用されている。 そのため、電子辞書においては、用法と語彙の両面を充実させるため、学習英和辞書と大英和辞書が両方入っているケースが多いが、「ジーニアス英和大辞典」を採用している電子辞書では、英和辞書としてこの一冊だけの場合が多い。 高校生向け英和辞典• フレッシュジーニアス英和辞典• 初版 - 発行。 収録語数約55,500。 改訂版 - 発行。 改訂版(二色刷) - 発行。 アクティブジーニアス英和辞典 - 発行。 収録語数約54,300。 プラクティカルジーニアス英和辞典 - 発行。 収録語数約60,000。 アクシスジーニアス英和辞典 - 発行。 収録項目約75,000。 和英小辞典約25,000項目。 初心者向け英和辞典• ヤングジーニアス英和辞典 - 発行。 収録語数約35,000。 ベーシックジーニアス英和辞典• 初版 - 発行。 約40,000項目収録。 第2版 - 発行。 小型版英和辞典• ハンディジーニアス英和辞典 - 発行。 和英辞典 [ ] ジーニアス和英辞典• 初版 - 発行。 収録語数約80,000。 「ジーニアス和英辞典」では、英和辞典を引き直すことがないように、日本語の見出しの下に英単語の中見出しを記述し、その下にそれぞれの語における、語法の解説を載せる「ハイブリッド方式」がとられている。 ちなみにジーニアス英和辞典の二色刷よりも後に発売された関係から、こちらは当初より二色刷である。 は発行。 第二版 - 発行。 収録語数約82,000。 この第二版では、がぶっちぎりの優勝をした2003年発行という事から、タイガースびいきと取れる例文がたくさん掲載されていた。 第三版 - 発行。 収録語数約83,000。 ハイブリッド方式は廃止された。 英単語・熟語集 [ ] ジーニアス英単語2500• 初版 - 発行。 改訂版 - 発行。 ジーニアス英熟語1000• 初版 - 発行。 改訂版 - 発行。 その他• ジーニアス基礎英単語・英熟語1440 - 発行。 関連項目 [ ]• - 大修館書店の• 脚注 [ ].

次の