カツオ 剣豪。 鰹剣豪1T2000万編成(ヴァジラなし)で3ポチで達成したのご紹介

鰹剣豪に生きるグラブル

カツオ 剣豪

片方はマグナ2武器、片方はリミテッド武器と4凸1個作るのにもかなりの労力が必要なので、この記事を見て必要最低数が分かればと思い、今回の内容を執筆しました。 前提条件• リヴァマグ編成は分かりません……• ブルースフィア、テュロスビネットの最大編成数はどちらも3個とします(筆者が両方3個ずつ持っているため)。 ここから編成に入れる数を調整していきます。 騎空艇は水有利以外の古戦場を想定しているので、 エンゼラ 以外になります。 上記に伴い、 騎空艇サポートの炉も 水属性以外とします。 キャラ・武器編成 キャラ編成 シエテ、ヴァジラ、ヨダルラーハで検証します。 シエテ自体のダメージはほんの僅かしか出ませんが、サポートアビリティのおかげで居るだけで他のキャラの奥義ダメージがあがります。 剣豪リミットボーナス 特筆すべきは水属性攻撃力を振っているところでしょうか。 ヴァジラリミットボーナス ヴァジラには久遠の指輪をあげています。 ヨダルラーハリミットボーナス 対非有利やワンポチにしか使わないのならばクリティカルをなくして攻撃力に振るべきですね。 武器編成• メイン:オメガ刀(渾身+奥義上限)• ゼノコキュ ブルースフィア、テュロスビネットを両方共3個ずつ入れたこの編成をベースに編成に入れる数を調整していきます。 必殺武器を抜いた代わりに入れる武器はできるだけダメージが高くなる武器を詰め込んでいきます。 サブ石はカツオの加護を受けるため全て水属性の召喚石で、ステータスが高い石を詰め込んでいます。 対非有利属性の場合、第2スキルをチェインバーストダメージ上限にしたほうがダメージが伸びます。 また、今回の記事はコスモス武器を検証材料として使用していません。 オメガ刀の第2スキルをチェインバースト上限にして、コスモス武器を編成に入れると、1,550万ダメージを出すために編成に入れる必殺武器の数を少なくできます。 後日この記事は再度検証・編集したいと思っています。 約1,750万ダメージとなります。 約1,720万ダメージとなります。 ブルースフィア3個と2個の差はやはり大きいのか、ここから急にダメージが落ちました。 1,640万ダメージとなります。 かなり厳しくなってきました。 1,620万ダメージとなります。 1,600万ダメージとなります。 指輪の厳選やリミットボーナスとプラスを振れていない場合はおそらく届かないと思います。 1,500万ダメージとなり、 1,550万ダメージに届かなくなりました。 1,490万ダメージになります。 1,450万ダメージになります。 しかし、これは指輪の厳選やリミットボーナス、武器や召喚石のプラスをちゃんと振っていることが前提なので、ダメージの乱数も考えると、 ブルースフィアは2個、できればテュロスビネットも2~3個必要かもしれません。 調べてみると想像以上に編成のハードルが高いことがわかりました。 水属性に心中している人はともかく、カツオ1ポチ専用編成を組むためにブルースフィアを数セットも集める事とダマスカス鋼を大量に使うのはあまりオススメできませんね…….

次の

鰹剣豪に生きるグラブル

カツオ 剣豪

編成紹介 キャラ編成 主人公 剣豪 メンバー1 最終シエテ メンバー2 ミリン メンバー3 サビルバラ 最終シエテ、ミリン、サビルバラの順で試します。 シエテが2番目なのは奥義効果によるバフのため。 ミリンが3番目なのは奥義効果に風属性防御ダウンがあるので、4番目のサビルバラの奥義ダメージをあげるためです。 剣豪リミットボーナス 特筆すべきところとして、風属性攻撃力アップを振っています。 シエテリミットボーナス 全く厳選できてません。 カツオ編成特化ならば奥義ダメージ、普段使いを考えるならば奥義上限が良いです。 ミリンリミットボーナス 指輪で奥義ダメージを付けています。 また、クリティカルはダメージにムラがでるので、振っておらず、奥義ダメージと攻撃力をメインに振っています。 奥義ゲージ上昇量はメカニック使用時の名残なので、カツオ編成ならば不要です。 サビルバラリミットボーナス ミリンと同じく奥義ダメージと攻撃力をメイン振っています。 召喚石の組み合わせは、自石4凸カツオ、フレンド石4凸ティアマグとマグナ石の加護が片面だけの編成になるので、全キャラ奥義ダメージが奥義上限に届きません。 よって、スキルが奥義上限ではなく、チェインバースト上限になります。 召喚石編成は攻撃力が高いのを詰め込みました。 アーカルム石のジャッジメントは無しで試します。 上限ダメージがあがる天司石のラファエルは、奥義ダメージが上限に届かないので入りません。 実際に試してみた トライアルの対土属性にて10回試してみました。 船及び炉は 風船・風炉になります。 1回目 1,644万 2回目 1,636万 3回目 1,576万 4回目 1,606万 5回目 1,583万 6回目 1,570万 7回目 1,620万 8回目 1,593万 9回目 1,618万 10回目 1,616万 1度も1,550万ダメージを下回ることはありませんでした。 1回目の主人公奥義ダメージ… 約180万• 2回目の主人公奥義ダメージ… 約240万• シエテの奥義ダメージ… 約200万• ミリンの奥義ダメージ… 約330万• 1回目のサビルバラの奥義ダメージ… 約200万• 2回目のサビルバラの奥義ダメージ… 約200万• チェインバーストダメージ… 約250万 ブレはありますが、各キャラの奥義ダメージがおおよそ上記のように出て、 合計で約1,600万ダメージが出るようになります。 アーカルム石のジャッジメントがなくても、ちゃんと指輪を 厳選してプラスを振っていれば届くことがわかりました。 また、攻刃枠として入れているエタラブですが、リミ武器になるため、持っていない方もいると思います。 そこで、 エタラブをバハ銃に代えた状態でも何回か試してみましたが、こちらも一度も1,550万ダメージを下回りませんでした。 ほとんどダメージとしては変わらなかったので、リミ武器であるエタラブを持っていない方でも、ちゃんと1,550万ダメージは出せることができます。 ちなみに、風船・風炉がないと全く届きません。 グリム琴5本風カツオ剣豪のまとめ 今回使用した武器編成は、エタラブをバハ銃に代えれば、全てゲーム内で集めることができる武器のみとなっています。 4凸カツオさえ用意できれば形は組むことができます。 カツオ1ポチのみの肉集めは、非常に快適で時間短縮になり、効率が良くなります。 個人的には古戦場始まるまで様子見が正解かもしれません。 ただ、私のように備えておかないと気が済まないような人は、やってみるのも面白いかもしれません。

次の

【グラブル】剣豪とライジングフォース、真の奥義ジョブはどっちだ

カツオ 剣豪

剣豪について 剣豪は奥義ゲージを最大200%までためることができます。 奥義ゲージを増やしたり奥義ダメージを上昇させる手段は乏しい 剣豪は奥義アタッカーなのですが、自分で奥義ゲージを増やしたり、奥義ダメージを上昇させる手段はほとんど持っていません。 剣豪自体はそんなに強くないと思っておいたほうがいいでしょう。 飽くまで剣豪と噛み合うキャラや装備が強いだけです。 雑に運用するならライジングフォースのほうがオススメ 装備やキャラを揃えるのがめんどくさい場合は、アビリティの性能が高いEX2ジョブのライジングフォースのほうがおすすめです。 ライジングフォースは自分で奥義ゲージを増やしたり、奥義ダメージを上昇させることができます。 4凸カツオについて 正式名称:「カツウォヌス」 水属性のSSR召喚石。 サプライズガチャチケットで入手可能です。 メイン加護に 「水属性召喚石の編成数に応じて水属性攻撃力UP」が付いているのが特徴です。 他属性にも同じような加護効果を持つ召喚石があります。 召喚効果に「稀に奥義ゲージUP」が付いている カツウォヌスは無凸時代から「稀に味方全体の奥義ゲージUP」が付いています。 奥義ゲージUP量は200%以上ということで強力な効果なのですが、発動する確率が低すぎるので実戦に組み込むのは難しい。 これのおかげで任意のタイミングで味方全員の奥義ゲージをフルチャージすることができるようになりました。 4凸カツオをメインかフレ石に設定し、開幕一気に奥義ゲージを200%にするのがテンプレ メインかフレ石にあるカツオを召喚し、全員の奥義ゲージを200% 100% にして一気に敵のHPを削ってしまいましょう! サブ枠に設定すると奥義ゲージUP効果は確定にならないので注意が必要です。 アサルトタイムなどあらかじめ奥義ゲージがたまっている時に使うか、他心陣で奥義ゲージを確保してから使いましょう。 カツオ剣豪編成を作るためのステップ 1. 編成に入れられるキャラを持っているかどうか確認 まずは剣豪編成を作る前に、編成で使えそうなキャラがいるか確認してみましょう。 重要パーツに十二神将のヴァジラや、季節限定キャラのグレアなどもいるので、編成難易度は高めです。 特に水属性は武器がそこまで強くなく、キャラパワーに頼ることが多い属性です。 キャラは最重要項目。 それらがなくてもある程度形にはなりますが、ない場合は剣豪編成に時間を使うより、他の編成や属性を強化したほうが結果的に強くなれるかもしれません。 自分で入手するか、4凸カツオ持ちの人にフレになってもらいましょう。 最近はフレ石を何回も使い回せるようになったので、自分で入手しなくてもなんとかなる気がします。 自分で確保するメリットは、召喚エフェクトの短い召喚石をかぶせてクエスト周回が時短できることです。 奥義編成寄りの装備を徐々に集めていく 剣豪編成を作る際、最初はリヴァマグ短剣やゼノコキュ武器など普通の編成でもある程度は形にはなります。 そこから徐々にテュロスビネットなどの必殺武器を集めて奥義ダメージを高くしていきましょう。 召喚石は水属性で固めよう カツオのメイン加護が「水属性召喚石が多いほど水属性攻撃力」なため、基本的に召喚石は水属性で固めます。 マキュラ・マリウス サマー 、ガブリエル、カー・オンとかが理想的ですが、いない場合はリヴァマグとかコキュートスでも良いです。 対火属性ボスの場合はアーカルム石のザ・ムーンが使えます。 SR時点でも割と使えるのでとっておくのがオススメです。 剣豪編成で使えるキャラ ヴァジラ 奥義が200%ためられる 水属性キャラで200%ためられるのはヴァジラのみ チェインバーストで奥義ゲージUP アビリティで2回行動 グレア サマー 自分と任意の味方1人を大幅に強化 奥義ダメージ上限を大幅にUP ウーノ 最終上限解放 2アビで自身のダメージ大幅UP 1ターン目で500万ダメージ超えの奥義が撃てる ヨダルラーハ 奥義追加ダメージで固定99万ダメージ ワンターンキル編成で使いやすい シルヴァ 最終上限解放 奥義ダメージ上限UP持ち 1ターン目で600万超えの奥義が撃てる アルタイル 最終上限解放 味方に奥義ゲージを配れる デバフ要員として使ってもOK リリィ 最終上限解放 補助キャラに見えて実は奥義火力高め PTメンバーの種族かぶりに注意 デバフ要員としてもOK ロミオ 英霊がある場合、奥義追加ダメージ ワンターンキル編成でたまに採用 ルリア 奥義ダメージ上限が高い 奥義で防御デバフが付けられる その他:実装されたばかりでまだよくわかりませんが、レジェフェス限定の水スツルム殿も使えそうかも? 剣豪編成で使う武器 無銘金重 英雄武器の無銘金重 むめいきんじゅう。 剣豪を習得する際に天叢雲剣 あめのむらくものつるぎ を作ることになりますが、そこからさらにもう一段階強化すると無銘金重に変化します。 無銘金重は奥義ゲージ上昇量UPに優れた武器です。 エンブレムの魔獄を付与すると 味方全体の奥義ゲージ上昇量を50%UPできます。 PT全体の奥義回転率も上がるのでオススメ! ただ、エンブレムを付与するためには共闘クエストの一番奥の階層までたどり着き、クエストを周回する必要があります。 装備が揃ってくるとソロで攻略可能ですが、初心者の頃は難しく、野良で募集することが必要不可欠になるでしょう。 心理的ハードルがある方は注意。 オメガブレイド オメガ刀 アルバハHLで落ちる素材で作れるオメガウェポンです。 こちらはワンターンキル編成のダメージの底上げ目的などで使うことが多いですね。 第一スキルと第二スキルを任意でセットできます。 ワンターンキル編成なら、一番目を渾身 強壮 、2番目は奥義上限UPやチェインバーストダメージ上限UPをセットするのが一般的です。 3ターン以上続くクエストなら連撃確率UP 闘争 にするのもアリ。 テュロスビネット 剣豪編成をやるなら必須パーツです。 エウロペHLに通ったり、栄誉の輝きで交換していれば入手できるので最低限これだけは揃えましょう。 奥義編成には欠かせない「必殺スキル」が付いています。 奥義ダメージはダメージ倍率が高めですぐにダメージ減衰に引っかかり、与ダメージが頭打ちになりますが、必殺スキルを入れることでさらなるダメージ上昇を見込めます。 ダメージ上限だけ考えるなら4凸3本くらいあれば十分。 ただし敵の防御力が高かったりする場合はなかなか奥義ダメージが上限に届かないので、奥義ダメージを引き上げるために4本以上編成することもあります。 ブルースフィア グラフェス限定のリミテッド武器です。 水属性のドランクの解放武器。 テュロスビネットと同じく必殺スキルが付いていますが、テュロスビネットとは上限が別枠なため、両方の武器を編成することで大幅に奥義ダメージを底上げしてくれます。 Lv120で必殺スキルが付与されるため、4凸しないと意味がありません。 リミテッド武器ということもあり編成ハードルが高いのでこちらは省略してもOK。 テュロスビネットだけでも十分形にはなります。 私も最初の頃はそうしてました。 とにかく手持ちの攻撃力が高い水属性召喚石をぶっこもう。

次の