みちのく あ た み。 「みちのくアタミ」全覧・著者略歴

みちのく

みちのく あ た み

展示サークルに行く際は「予約」を 自主制作漫画誌展示即売会COMITIA(以下コミティア)は、1984年から開催されているオリジナルの作品限定の同人誌即売会。 コミティアには、趣旨に賛同しそれぞれの場所でも同じ形でイベントを行ないたいと考えた地元のスタッフが独自に主催団体を組織し開催する「地方コミティア」も存在する。 「みちのくCOMITIA」もその一つで、福島県内を中心に同人誌展示即売会やコスプレイベントを主催する「ADV企画」によって運営されている。 J-CASTニュース既報の通り、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け2月9日に開催された東京コミティア「COMITIA131」を最後に、全国のコミティアが中止となった()。 そんな中、福島県が6月19日から県外からの観光客の呼び込みを再開することを受けて、ADV企画は、「みちのくコミティア6~創作旅行~」(以下みちのくコミティア)を8月16日に開催すると発表した。 実施されれば、現時点で発表されているものとしては、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言解除後初のコミティア系列同人誌即売会となる。 開催にあたって、ADV企画は従来のイベントとは異なる体制を提示。 例年の約2倍の展示ホールを用意するとし、出展団体(サークル)の数やレイアウトを変更した。 会場スペースを増やし、参加可能人数を減らすことで、3密を避ける方針だ。 また、参加者には検温や大声での会話を控えること、入場時に名前や連絡先の提供をお願いしている。 さらに、展示サークルに行く際は事前にSNSで訪問時間帯を予約するなど、密を避けるように呼び掛けている。 少年サンデーも「出張編集部」 みちのくコミティアでは、出版社が会場でマンガ・イラストなどの持込を受け付ける「出張マンガ編集部」を開催する。 公式サイトによれば、今回は小学館から「少年サンデー出張編集部」と、ウェブコミック配信サイトである「ネクストF編集部」が参加する。 「少年サンデー出張編集部」はみちのくコミティア公式サイト上で、1年で約30人の新人作家がデビューあるいはデビューが決定したとして、 「内容、ジャンル不問! 『サンデーっぽくないかも?』と気にする必要はありません。 漫画家として力をつけたい方、是非お気軽にお持ち込みください!!」 と、コメントした。 みちのくコミティア以降は、9月21日に「COMITIA133」(東京コミティア)、27日に「関西コミティア59」、11月29日に「Comitia in 名古屋57W」(名古屋コミティア)などが予定されている。 会場の制限で中止・延期が相次ぐ 多くの同人誌即売会の申込受付を行う「サークルドットエムエス」を参照すると、6月開催予定のイベントの多くは、9月ごろに延期開催を予定している。 「陸海空フレンズ合同演習2020」という複数ジャンルの二次創作同人誌即売会による合同イベントは、6月21に大田区産業プラザPioで開催予定だったが、会場より施設利用不可とする通達を受けたとして9月22日に延期。 都立産業貿易センター浜松町館に会場を移して実施予定だ。 同人誌即売会でもたびたび用いられる大田区産業プラザPioは、6月4日から施設利用を再開したが、東京都のロードマップをもとに利用制限を設け、多くの同人誌即売会が中止や延期を余儀なくされた。

次の

公益財団法人みちのく未来基金

みちのく あ た み

2020年3月14日(土)・15日 日 に予定しておりました「みちのく未来基金 第9期生の集い」 について、3月に開催延期を発表いたしました。 その後、8月下旬での開催を目指し、事務局にて準備を進めてまいりました。 しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大に終息の目途が立たない状況を鑑み、8月の開催を断念することといたしました。 参加を予定しているみちのく生、サポーターの皆さまはもとより、 みちのく生の保護者の不安やご心配を考えると、年内の開催はできないとの判断に至りました。 今後は感染状況の推移を見守りながら、2021年春に第9期生・第10期生合同での集いとして 開催することを目指し、検討を進めてまいりたいと思います。 集いでの交流を心から楽しみにしているみちのく生、サポーターの皆さまのご期待に応えるためにも、 来春の開催を目指し、検討を進めてまいります。 どうか、この決定に皆様のご理解をいただきたく、お願い申し上げます。 開催の目途がつきましたら、改めて関係の皆様にご案内いたしますので、 その際はご参加賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 今号では「第9期生の進学状況」「第9期生の抱負」「卒業生のことば」「新スタッフ紹介」 などを掲載しております。 お手元に届きましたら、是非ともご覧ください。 1.収入について 2019年10月から2020年3月までの期間に、269,578,580円のご寄附をいただいております。 皆様からのご寄附は全て奨学金給付のためにのみ使用する奨学金指定寄附としてお預かりしており、 他の目的には使用いたしません。 (運営費用等はスタッフ派遣企業からの支援金で賄っています。 ) 2.支出について 総額で163,744,152円を支出しております。 このうち奨学金給付費用として140,457,019円、奨学生交流費用などの事業費として3,796,031円、基金の運営管理費用として19,491,102円を支出しました。 なお詳細につきましては、2020年9月末の決算が完了次第、皆様にご報告させていただきます。 (2020年12月にホームページに掲載予定) 皆様からの温かいご支援に感謝申し上げます。 このため、事務局へのお電話がつながりにくくなることがございます。 学費のお支払い手続きやご寄附に関するお問い合わせは、メールにてお送りいただきますようお願いいたします。 メール宛先: なお、4月6日(月)~5月29日(金)の期間は営業時間を月~金10:00-16:00とさせていただきます。 ご不便をおかけしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。 伊藤 健人(ニックネーム: けんちゃん) カルビー株式会社より着任。 東京都出身。 これまでの学生支援の経験も活かしつつ、少しでもみちのく生のために力になれるよう一生懸命頑張ります!仙台でも変わらずに人との出会いやご縁を大切にしていきます。 よろしくお願いします。 営業時間の変更に伴い、ご寄附受領証の発行やお届けが通常より遅くなる場合がございます。 皆様におかれましてはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。 3月14日(土)・15日 日 に開催を予定しておりました「みちのく未来基金 第9期生の集い」について、『開催の延期』を決定いたしました。 新型コロナウイルスの感染拡大の状況を鑑み、参加を予定しているみちのく生、サポーターの皆さまはもとより、みちのく生の保護者の不安やご心配を考えると、この時期の開催はできないと判断する一方、この集いでの交流を心から楽しみにしているみちのく生、サポーターの皆さまの期待にも応えたいとの思いから時期を延期し、開催することといたしました。 どうか、この決定に皆様のご理解をいただきたく、お願い申し上げます。 新型コロナウイルスの終息の目途がつきましたら、改めて開催の日程を決定し関係の皆様にご案内いたしますので、その際はご参加賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。 支援者・進学を希望する子供たちへ みちのく生・発起3社からの メッセージ 年3回発行。 基金の取り組みや みちのく生の活動を御紹介 サポーターの皆様から 震災遺児へ応援メッセージ 基金の設立に対する思いと考え方 公益財団法人みちのく未来基金 〒980-0022宮城県仙台市青葉区五橋2丁目4番1号 エクセルジオ五橋5F TEL022(724)7645 FAX022(724)7646 Copyright C 2013 All Rights Reserved.

次の

医療法人 杏林会 みちのく記念病院 青森県八戸市

みちのく あ た み

2020. 「精神保健および精神障害者福祉に関する法律、障害者虐待防止、障害者権利擁護に関する支援などに関する法律」について研修会を行いました。 「精神保健福祉法を遵守し患者の人権に配慮した適正な医療の提供を図る」について研修会を行いました。 2020. 新入職員研修を行いました。 2020. 「介護予防支援の視点について」の研修会を行いました。 2020. 「八戸市医療と介護の他職種連携研修会」での研修内容について伝達講習を行いました。 2019. 医療介護連携調整実証事業に係る病院協議研修を行いました。 2019. 看護管理研修「人材育成に生かすレジリエンスについて」を行いました。 2019. 「精神保健及び精神保健福祉に関する法律について」の研修会を行いました。 2019. 「精神科看護について」の研修を行いました。 2019. 「抗精神病剤の服薬指導について」の研修会を行いました。 2019. 看護補助(介護)研修を行いました。 2019. 褥瘡防止対策研修として、「褥瘡予防の看護」「圧と摩擦を考える」についての研修を行いました。 2019. 医療安全管理研修として、「日常的にヒヤリハットを意識する」「根拠ある客観的記録の作成」「事故後の対処方法」についての研修を行いました。 2019. 「電解質異常についての理解とその対応について」の研修会を行いました。 2019. 「インフルエンザワクチンについて」の研修会を行いました。 「疥癬の症状と対応について」の研修会を行いました。 2019. 「身体拘束と倫理的視点」についての研修会を行いました。 「拘束しない看護・介護の工夫とその実践について」の研修会を行いました。 2019. 「県内の事故発生状況の確認と交通安全について」の研修会を行いました。 2019. 「介護保険認定調査における模擬審査と伝わる特記事項の書き方について」の研修会を行いました。 医療機器安全管理研修として「院内至急検査時の手順・工程などの注意点について」の研修を行いました。 2019. 「介護保険認定調査における模擬審査と伝わる特記事項の書き方について」の研修会を行いました。 医療機器安全管理研修として「院内至急検査時の手順・工程などの注意点について」の研修を行いました。 2019. 医療安全管理研修として「睡眠薬と転倒について」の研修会を行いました。 2019. 「我が国の医療保険の現状と課題について」の研修会を行いました。 2019. 医療安全管理研修として「患者確認は安全管理の第一歩」 「エラーを防ぐコミュニケーション」の研修会を行いました。 「認知症高齢者の看護実践に必要な知識・対応について」の研修会を行いました。 2019. 「予防接種の際の間違い防止対策の徹底について」の研修会を行いました。 2019. 「感染に関する基本的な知識と感染防止対策」についての研修会を行いました。 「失禁時のスキンケア」・「ポジショニングと体位変換」についての研修会を行いました。 2019. 新入職員を対象に接遇についての研修会を行いました。 新入職員を対象に医療保険制度と介護保険制度についての研修会を行いました。 2019. 「レビー小体型認知症について」の研修会を行いました。 2019. 「高齢者の権利擁護」についての研修会を行いました。 2019. 「人体の中の腸内細菌叢(マイクロビオータ)を知る」についての研修会を行いました。 2019. 「日常生活動作から考えるアルツハイマー型認知症」についての研修会を行いました。 「アルツハイマー型認知症の薬剤」についての研修会を行いました。 2018. 「地域ケアシステムにおける多職種連携の重要性について」の研修会を行いました。 2018. 精神デイケアにてクリスマス会を行いました。 2018. 認知症デイケアにてクリスマス会を行いました。 2018. 「医療と介護の連携について」をテーマに、「地域ケアの会議と可能性」・「グリーフケア・看取りについて」・「複雑・多様な課題を抱える人への支援について」の研修会を行いました• 2018. 2018. 「症状別にみる精神科の看護ケアについて」の研修会を行いました。 2018. 褥瘡防止対策研修として 「・創傷処置、サージカルテープとフィルム材の貼り方 ・清潔保持と褥瘡予防について」の研修会を行いました。 2018. 「健康寿命はお口の健康から~誤嚥性肺炎予防のために~」の研修会を行いました。 2018. 「成年後見人制度について」の研修会を行いました。 2018. 「高齢者の低栄養問題について学ぶ~フレイル・サルコペニアの予防のために~」についての研修会を行いました。 2018. リスクマネジメントの事例について研修会を行いました。 2018. 精神保健および精神障害者福祉に関する法律の研修会を行いました。 2018. インフルエンザについての研修会を行いました。 2018. 緊急検査の手順についての研修会を行いました。 2018. 「介護保険をめぐる課題と展望」についての講習会を行いました。 2018. 安全な吸引・排痰を行うための研修会を行いました。 2018. 嚥下障害のある患者様のための食事介助の研修会を行いました。 2018. 「認知症施策の方向性を理解し、各市町村における推進役を果たしていくための知識・技術習得」の講習を行いました。 2018. 認定調査「審査会における特記事項の書き方」の講習を行いました。 2018. 精神保健及び精神障害福祉に関する法律についての研修会を行いました。 2018. 行動制限の正しい理解についての研修会を行いました。 2018. 「食中毒防止について」の講習会を行いました。 2018. 認知症看護についての研修会を行いました。 医療安全管理「危険予知トレーニングの本当の意義」についての研修会を行いました。 2018. 「青森県の高齢者施策について」の講習を行いました。 2018. 手指衛生・個人防護具の使い方、薬剤耐性菌感染対策のポイントの研修会を行いました。 褥瘡ケアにおける予防の重要性、褥瘡ケアの実際についての研修会を行いました。 2018. 「地域ケア会議力を高める」についての講習を行いました。 2018. 「骨形成促進剤 実践の手技、実地指導」についての研修会を行いました。 2018. 「播種性血管内凝固症候群治療薬について」の研修会を行いました。 2018. 「青森県地域医療構想の推進と在宅医療の確保に向けた取組と今後の課題」についての講習を行いました。 2018. 「蛋白分解酵素阻害剤について」の研修会を行いました。 2018. 精神デイケアにて、作業喫茶(おしるこ作り)を行いました。 2018. 「医療と介護の多職種連携意見交換会」についての講習を行いました。 2018. 臨床現場における医療ケアスタッフに必要な姿勢についての研修会を行いました。 離館・離院防止~徘徊への理解~についての研修会を行いました。 2018. 認知症デイケアにて、節分会を行いました。 2018. 「高齢者の栄養について考える~元気で長生きするための食事~」についての研修会を行いました。 2018. 「医療介護連携調整実証事業に係る病院協議」についての講習を 行いました。 2018. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、隔離・身体拘束の法的根拠と医学的根拠についての研修会を行いました。 精神科看護 対象者の特性に配慮した介入についての研修会を行いました。 2018. 「生活支援サービス充実強化事業」についての研修会を行いました。

次の