コロナ 海外 旅行 キャンセル 料。 コロナウイルスで海外旅行は大丈夫?キャンセル料なども詳しく解説!

新型コロナウイルスでの旅行キャンセルは早めに!キャンセル料や期日まとめ

コロナ 海外 旅行 キャンセル 料

コロナ法律相談 回答:田村康正弁護士 新型コロナウイルスが、社会や経済をも急速にむしばみ始めています。 朝日新聞に寄せられた事例などについて、各分野の専門家に聞きました。 (聞き手・米田優人) Q 海外旅行を申し込んでいましたが、新型コロナウイルスの感染が心配なのでキャンセルを申し出たところ、旅行会社にキャンセル料を支払わなければならないと言われました。 A 前回取り上げた国内での結婚式場のキャンセルと同様、相談が多いのが海外旅行のキャンセルです。 世界的な感染拡大から日本人の受け入れを拒否する国もある状況を踏まえると、民法によれば、そうした国への旅行はそもそも旅行会社との契約内容通りのサービスの提供は難しく、キャンセル料が免除される可能性が十分にあります。 また、入国を拒否されない国への旅行でも、新型コロナの影響で移動手段や宿泊施設でのサービスなどが予約内容の通りとはならないことが想定されます。 その場合、消費者保護を図る消費者契約法で契約の一部が無効となったり、キャンセル料を減額できたりする可能性もあります。 減額交渉を試みましょう。 新型コロナ収束を見越し、夏休みに海外旅行を検討する人がいるかもしれません。 原則は契約で決められたキャンセル料を支払わなければいけませんが、新型コロナが収束せずに旅行ができなくなったとしても、特例として支払った旅行代金を返金する仕組みを設けている旅行会社もあります。 キャンセル料の取り扱い基準を公表している旅行会社もあります。 契約時には、キャンセルや代金の取り扱いについてきちんと確認してから契約しましょう。 市民目線で消費者問題に取り組む。 4月から大阪弁護士会の消費者保護委員会委員長。 ご質問はにメールでお寄せください。 個別の事情によっては、回答内容があてはまらないことがあります。

次の

コロナウィルスでやむなく旅行をキャンセル。キャンセル料ってかかるの?

コロナ 海外 旅行 キャンセル 料

コロナ法律相談 回答:田村康正弁護士 新型コロナウイルスが、社会や経済をも急速にむしばみ始めています。 朝日新聞に寄せられた事例などについて、各分野の専門家に聞きました。 (聞き手・米田優人) Q 海外旅行を申し込んでいましたが、新型コロナウイルスの感染が心配なのでキャンセルを申し出たところ、旅行会社にキャンセル料を支払わなければならないと言われました。 A 前回取り上げた国内での結婚式場のキャンセルと同様、相談が多いのが海外旅行のキャンセルです。 世界的な感染拡大から日本人の受け入れを拒否する国もある状況を踏まえると、民法によれば、そうした国への旅行はそもそも旅行会社との契約内容通りのサービスの提供は難しく、キャンセル料が免除される可能性が十分にあります。 また、入国を拒否されない国への旅行でも、新型コロナの影響で移動手段や宿泊施設でのサービスなどが予約内容の通りとはならないことが想定されます。 その場合、消費者保護を図る消費者契約法で契約の一部が無効となったり、キャンセル料を減額できたりする可能性もあります。 減額交渉を試みましょう。 新型コロナ収束を見越し、夏休みに海外旅行を検討する人がいるかもしれません。 原則は契約で決められたキャンセル料を支払わなければいけませんが、新型コロナが収束せずに旅行ができなくなったとしても、特例として支払った旅行代金を返金する仕組みを設けている旅行会社もあります。 キャンセル料の取り扱い基準を公表している旅行会社もあります。 契約時には、キャンセルや代金の取り扱いについてきちんと確認してから契約しましょう。 市民目線で消費者問題に取り組む。 4月から大阪弁護士会の消費者保護委員会委員長。 ご質問はにメールでお寄せください。 個別の事情によっては、回答内容があてはまらないことがあります。

次の

新型コロナ対策でHISのハワイ旅行をキャンセルした場合の取消料は?

コロナ 海外 旅行 キャンセル 料

旅行先: ベトナムのハノイ• 旅行期間2020年3月14日~3月24日 (10日間)• 友人と2人の個人旅行• 1月上旬に航空券を購入• なので、旅行準備期間は比較的短かったです。 キャンセルに至った経緯 2月中旬から新型コロナウイルスが深刻化してきて、「3月に海外旅行はやばいかも。 」という雰囲気になってきました。 キャンセルも視野に浮かびましたが、キャンセルした場合、航空券の払い戻しがほとんどなく、返金不可のホテルも予約してしたので、旅行代金が無駄になるとの考えから、2月中旬の時点ではまだ旅行に行く可能性のほうが高かったです。 しかし、2月24日に「 ハノイ市は日韓からの入国者に隔離措置を検討 」というニュースがあり、さすがにこの時期に旅行に行くのはリスクが高いと考え、旅行キャンセルを決断しました。 不安を抱えた状態で旅行にいっても楽しめない• 移動中の電車や飛行機内での感染リスク• 入国拒否されるリスク• 現地で隔離されて長期間帰国できなくなるリスク• 日本人であるために現地で差別されるリスク• 万一自分が感染していた場合、他人にうつすリスク• 万一現地で発症した場合、日本でもベトナムでも大ニュースになる 新型コロナウイルスは未知のウイルスなので、もし感染した場合は恐怖です。 持病がなければ軽症で済むとか、大したことないという人もいますが、京都のバスガイドが再発するなどこれまでのウイルスとは明らかに異なるので、とても楽観視はできません。 手配していた航空券・ホテル・ツアー 2月上旬までに以下を予約済みでした。 往復航空券• ホテル• 現地オプショナルツアー 購入先 金額 2人分 キャンセルポリシー 航空券 JAL 104,440円 返金不可 税26,440円のみ返金 ホテル ブッキングドットコム 19,798円 直前までキャンセル無料 ホテル ブッキングドットコム 20,615円 返金不可 ホテル ブッキングドットコム 9,516円 直前までキャンセル無料 ホテル ブッキングドットコム 19,754円 直前までキャンセル無料 現地ツアー ベルトラ 70,034円 7日までキャンセル無料 合計 244,157円 手配済みの旅行代(航空券、ホテル、現地ツアー)は2人合計で約24万円。 1人12万円です。 旅行まで7日以上あるので、多くのホテルと現地ツアーは無料キャンセルできます。 返金不可なのは、 航空券代(78,000円)+1施設のホテル代金 20,615円 =98,615円(2人分で) すなわち、 返金不可で無駄になるのは1人49,308円という計算になります。 ホテルも航空券も最終的にはすべて無料でキャンセルができました! 航空券のキャンセル JAL チケットはJALウェブサイトから購入しました。 支払い金額 1人分 払い戻し 払い戻し額 1人分 往路 Economy Special Saver 14,000円 不可 0円 復路 Economy Saver 25,000円 可 0円 税金・燃油など 13,220円 可 13,220円 合計 52,220円 13,220円 往路のEconomy Special Saverというのは返金不可の格安チケットです。 復路の Economy Saver は1万円の払い戻しが可能ですが、往復チケットの場合は低いクラスの条件がすべてに適用されるため、復路も返金不可となり、払い戻されるのは税金・燃油などの13,220円 のみです。 したがって、キャンセルすることで 39,000円(52,200円ー13,220円)は戻ってきません。 今後ベトナムで日本人の入国措置、飛行機の欠航など状況によっては、払い戻し対象になる可能性もあるので、現段階ではまだキャンセル手続きはしていません(キャンセルは今でも直前でも払い戻し金額はかわらないため)。 ホテル代はすべてキャンセル無料で処理できました。 オプショナルツアーのキャンセル Veltra オプショナルツアーのベルトラで「 往復高速道路で行く セスナ遊覧飛行付 世界遺産ハロン湾クルーズ」という高額なツアーに申し込んでいました。 2人で 70,034円なので1人約3万円です。 後日クレジットカード明細を確認したら、すぐに返金されていました。 まとめ 返金されない旅行代金は39,000円となりました。 幸運にも返金不可のホテル代が無料になったので、当初考えていたよりは少し少なく済みました。。 39,000円で済んだと思えば安いとも思いますが、39,000円あればあれもこれも買えて、美味しいものもたくさん食べられる…と考えることもできます。 でも、潔く諦めるしかありません。 今回のコロナウイルスの件で航空券の払い戻しがないことに不満を言っている人もいますが、購入時の条件なので仕方ありません。 今回の場合は格安航空券で払い戻し不可の条件で購入しているので文句は言えません。 払い戻し不可の航空券を購入する際は、航空券代は捨ててもよい覚悟が必要だということです。 また、ホテルや現地ツアーは直前までキャンセル無料のものにしておくのが無難だと感じました。 いつもはベトナムに行くときはベトナム航空のセールチケットを利用していたのですが、今回は珍しくJALで購入していました。 緊急事態のときの対応はJALやANAが安心だと実感しました。 最終的にはキャンセル料はすべて無料となりましたが、キャンセルするかどうかであちこちの情報を調べたり、キャンセルを決めてからはキャンセルに関する問い合わせなどで結構疲弊しました。 コロナウイルスは簡単に終息するとは思えないので、しばらくは国内も海外も旅行は控えるつもりです。 せっかくパスポート更新したのに当分海外にはいけなさそうです。 Kamomeさん、コメントありがとうございます。 私も同じ状況になっています。 参考(Twitter) ホテル側が返金をしていない状況だと思います。 何も言わないと泣き寝入り…となる可能性が高いので、Booking. comに連絡するのが良いと思います。 ただし、現在ブッキングドットコムの電話サポートが非常に混んでおり、緊急性のある日程での予約番号以外は受け付けていないようです。 先ほど電話して、自動音声に従って、予約番号・暗証番号を入れたところ、予約日程から算出して緊急性のない予約とみなされ、電話が繋がりませんでした。 なので、メールをだしました。 混んでいるようなので、すぐに返信をもらうのは難しい状況かもしれませんが、ブッキングドットコムにコンタクトをとるのがよいと思います。 カスタマーのメールアドレス:customer. service booking. com ブッキングドットコムから以下のメールの返事がきました。 2時間位で返信がきたので、対応早かったです。 この度のご返金に関しましてはお客様をお待たせし申し訳ございません。 宿泊施設からの回答によりますと、当施設は新型コロナウィルスの影響で3月末まで閉鎖しているそうです。 経理担当が勤務に戻り次第返金をするとの回答を頂きました。 当条件にてご了承を頂けますかどうかご教示願えませんでしょうか。 なお弊社側からのご返金対応も新型コロナウィルスの影響で、 通常よりもお時間が掛かります旨ご了承頂けましたら幸いです。 ホテル閉鎖となっていて返金手続きが滞っているようです。 ブッキングドットコムもコロナの影響で返金に時間がかかっているとのことなので、今回ばかりは気長に待つしかなさそうですね。

次の